【DIY】車中泊用の網戸の自作方法!自作に使える100均ダイソーグッズも!のイメージ

【DIY】車中泊用の網戸の自作方法!自作に使える100均ダイソーグッズも!

車中泊をする場合、より快適にするためにも網戸があった方が便利ですね。でも、車中泊のために車用の網戸を買うにしてもお金がかかります。でも、安く自作する方法もあるんです。今回は網戸の自作方法をさまざままとめていきますので参考にしてください。

2020年01月30日更新

ゆー
ゆー
DIYをメインに記事を書かせていただいています!誰にでも分かりやすく、DIY作品の作り方をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 車中泊用の網戸が欲しい
  2. 快適な車中泊にはどうしても必要な網戸
  3. 車中泊用の網戸は自作できる!
  4. 車中泊の網戸は100均アイテムを使って
  5. 車中泊用の網戸の作り方をご紹介!
  6. 車中泊用の網戸の作り方①はめる
  7. 車中泊用の網戸の作り方②挟む
  8. 車中泊用の網戸の作り方③スライドドア固定
  9. 車中泊用の網戸の作り方④スライドドア付け外し
  10. 車中泊用の網戸の作り方⑤ハッチバッグ
  11. 車中泊用の網戸の作り方⑥網戸&遮光
  12. 車中泊用の網戸の作り方⑦防犯対策
  13. 自作網戸の実例をご紹介!
  14. 車中泊用の網戸を作って快適な旅を!
  15. まとめ

車中泊用の網戸が欲しい

Photo by snogglethorpe

キャンプなどのアウトドアでは、特に夏などに車中泊する場合、網戸がないと快適に寝られませんね。そんな網戸を、自作で作る方法があるんです。しかも、100均のアイテムを使って作るDIY方法もあるので、安く快適なバグネットを作ることができるんです。今ある車を、より快適なものにするために、今回の記事を参考にして網戸を作ってみてください。

快適な車中泊にはどうしても必要な網戸

網戸がないと…

車中泊をしない方は特に網戸の必要を感じないかもしれませんが、やはりキャンプなどのアウトドアが好きな方は特に、車に網戸がついていた方が快適な夜を過ごせるもの。夏は暑いので窓を開けっぱなしにしてしまうと虫が入ってきてしまうこともありますし、かといってエアコンをつけっぱなしで寝るのもガソリン代もかかりますし、健康のことも考えてしまいますね。

網戸を作って車に取り付けよう

車中泊用の車に網戸を取り付ければ、虫の心配もなく快適に寝ることができるようになります。しかも、自分で作れば安く済みますね。もちろん、通販サイトでは車用のバグネットも販売されていますが、それだと数千円はしてしまいますし、車種によってはサイズがなく、オーダーでさらに高くつく場合もあります。できれば安く済ませたいもの。そのためにはやはり、自分で作る方法が一番なのではないでしょうか。

車中泊用の網戸は自作できる!

網戸の自作方法がたくさん!

Photo bystevepb

網戸の自作方法で調べてみると、たくさんの方法が見つかりました。自作するにも、どれくらいのお金がかかるのかと思うかもしれませんが、実は100均で使えるアイテムも売っているため、自作で十分安く作り上げることができるんです。車用のバグネットをわざわざ購入しなくても、自分で安く作れた方が他にお金を回せます。

どのような構造をしている?

Photo byijmaki

DIYで網戸を作る場合、どのような構造をしているのかというのを考えておくといいでしょう。車の窓はボタンでスライドさせるものが多いですが、ずっと取り付けておきたい、という方はスライド部分に当たらないように内側に取り付ける必要がありますし、寝る時だけに使えればいいという方は、はめ込んで使えるようにすればいいですね。作り方もいろいろあるので、紹介した中からいいなと思ったものを作ってみてください。

車中泊の網戸は100均アイテムを使って

100均ダイソーの防虫ネットが使える!

どんな商品でもほぼ手に入るといってもいいほどたくさんの商品が販売されている100均ダイソー。ダイソーに、網戸を作るものは実は販売されていないのですが、網戸に使えるアイテムというのがあるんです。それが防虫ネット。種類も豊富にあり、質感が柔らかいものから固いもの、さらに大きさもさまざまあるので、車の窓に合うサイズと質感の防虫ネットを購入するといいですね。

使うのは防虫ネットとボード

車の内側にぴったりはめる網戸を100均ダイソーのアイテムで作る場合は、防虫ネットにプラスして、硬めのカラーボードを使うといいでしょう。もちろん、ダイソーのボードを使わずダンボールで作る方もいますが、やはり見た目を気にするならカラーボードを使ったり、プラダンを使ってバグネットを自作する人が多いようです。

車中泊用の網戸の作り方をご紹介!

車中泊を快適に過ごすためのバグネットをDIYする方法について、さまざまな例を挙げていきます。もちろん100均ダイソーの防虫ネットを使って作っているDIY方法もありますし、作り方も人によってさまざま。いろんな例を見て、それを組み合わせてDIYしてもいいですね。快適な車中泊ができるよう、便利な網戸を作っていきましょう。

車中泊用の網戸の作り方①はめる

車の窓の内側に付けたままでいい網戸をDIY!

Photo bysaulhm

この方は、プラダンと網戸を使って車のバグネットを作る方法を紹介しています。ぴったり窓の内側に入るので、窓をスライドさせてもそのまま使えるタイプです。作り方も簡単で、材料も100均でそろうアイテムばかり。動画の方は100均で購入せずに作っているので1700円ほどかかったそうですが、防虫ネットとプラダン、両面テープ、プラスチック用の接着剤をダイソーで購入すれば安く快適な車中泊が実現します。

付けたままでOKな網戸のDIY方法

まずは車の窓の寸法を測り、それより少し大きめにプラダンをカット。窓枠にはめてみてぴったりサイズになるように調整しましょう。この方は全体を網戸にしているのではなく、窓の上部に網戸部分を作っています。網戸を付ける枠をカットし、両面テープで網戸を貼り付け、その上からさらにプラダンで押さえていくだけ。窓の内側に取り付けて、そのまま窓をスライドさせてもそのまま使える網戸が完成です。

車中泊用の網戸の作り方②挟む

窓で挟むタイプの網戸

Photo bycoyot

次は、窓の内側ではなく、窓枠に直接取り付けて窓ガラスで挟み込むような構造になったバグネットの作り方です。使っている材料はプラダンと網戸用ネット、両面テープ、接着剤、隙間テープです。網戸用ネットに防虫ネットを使えば、全部ダイソーでそろうので、格安で作ることができます。ぴったり密着させる網戸が作りたい方はこの方法で作ってみてください。

はめる網戸のDIY方法

まずは新聞紙で型取りし、プラダンを窓枠にカット。実際にはめて確認しましょう。この作り方は窓に挟んで使うタイプなので、ぴったりはまるように作っていきます。網戸を付ける枠をカットし、網戸用ネットもカット。両面テープ、接着剤でネットを接着させ、枠で固定。隙間テープを利用し、ガラスが当たるところに接着させ、ガイドを取り付けて完成です。

車中泊用の網戸の作り方③スライドドア固定

スライドドアの車に網戸を付けるには?

Photo by Cool-Rock.com

次はスライドドアについた窓に網戸を取り付ける方法です。使うのは家庭用網戸と両面テープと、窓枠に押し込むためのへらなどのアイテムです。この方法は、しっかりと窓にはめ込んで付けていく作り方なので、100均で売っている防虫ネットはあまり向いていないのではないでしょうか。固めの頑丈なネットを使い、バグネットを作ってみてください。

スライドドア網戸のDIY方法

スライドドアの窓より少し大きめにネットをカットしていきます。ゴムの中に、へらなどでネットを入れていきます。上部、サイドを入れていったあと、下をカットして調整するのがいいようです。最後は両面テープでスライドドアの窓と固定すれば完成です。窓を開け閉めしてもそのまま網戸が付いていますし、簡単に作れるのではないでしょうか。

車中泊用の網戸の作り方④スライドドア付け外し

付け外し可能なスライドドア用網戸を作る

Photo by ai3310X

次もスライドドア用の網戸の作り方です。窓の外側に取り付けるタイプで、網戸を付けながら開閉も可能。先ほどのスライドドア用網戸とは違い、取り外しが自由にできるので、付けはずしができる方がいいという方や、子供がいて走行中の網戸は危険だと思う方はこの作り方で作っていくといいでしょう。こちらもダイソーのアイテムで十分作れます。

スライドドア用付け外し可能な網戸のDIY方法

スライドドアの網戸の作り方は、まず窓の寸法をはかり、その大きさにPPシートをカットします。内側を切り抜き枠状にしたら、マジックテープを貼ります。窓にはめ込む用のPPシートをカットし、そこにもマジックテープを貼ります。枠に合わせてネットを接着させたら完成です。見た目が気になる方は、はめる方をPPシートではなくプラダンを使うといいかもしれませんね。

車中泊用の網戸の作り方⑤ハッチバッグ

ハッチバッグ部分の網戸はマグネット網戸を利用

次は窓だけでなく、車のハッチバッグにも網戸を取り付ける方法です。キャンプでは車中泊だけではなく、ちょっとした隙間時間に車の中でハッチバッグを開けて涼むという人もいるでしょう。そんな時に網戸がないとやはり虫が入ってきてしまいますね。窓だけでなく、ハッチバッグ部分に網戸を付ける方法の動画なのですが、実際に使ってみての感想、取り付けてみての改善点なども書いてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

ハッチバッグ部分の網戸の作り方

車のバッグ部分に網戸を取り付ける方法は、まず車の枠にマジックーテープを貼っていきます。マグネット網戸を車の大きさにカットし、足りない部分には切った余りを固定。マグネット網戸の周りにマジックテープを貼って固定すれば完成です。マグネットが付いているので、無駄に風で空いたりしないので安心です。バッグドアにもマグネット網戸を切り、マジックテープを貼り付けて作っています。また、よく開ける側の窓には真ん中でファスナーテープを取り付けています。

車中泊用の網戸の作り方⑥網戸&遮光

網戸&遮光パネルを自作する

次は窓の内側にはめ込むタイプの遮光パネルと網戸パネルを作った動画です。遮光パネルを作っておけば、まぶしい太陽の光も防げて便利ですね。網戸と遮光パネルを作って、さらに快適な旅ができるように、作っていきましょう。作り方も特に難しくなく、ダイソーの防虫ネットやカラーボードなどで十分作れますのでぜひ、作ってみてくださいね。

網戸と遮光のDIY方法:前編

使うのはカラーボード、リメイクシート、両面テープ、網戸です。カラーボードにリメイクシートを貼り、窓の内側の寸法に合わせてカット。網戸を取り付ける部分をカッターでカットし、両面テープを貼り付けてネットを固定しましょう。網戸はプラダン、カラーボードだけで作るのもいいのですが、リメイクシートを貼ることでおしゃれに仕上げることができるようです。

網戸と遮光のDIY方法:後編

次は遮光パネルです。ネットを固定したら、さらに上からも接着させていきます。窓の内側に作ったパネルをはめ、両面テープとパネルの切れ端を窓枠に取り付けていけば完成です。遮光パネルも網戸付きパネルも、同じ方法で簡単に作れるますし、100均で材料がそろいます。リメイクシートの柄を変え、好みのパネルを作ってみてください。

車中泊用の網戸の作り方⑦防犯対策

防犯対策のできるマグネット式網戸

Photo byPexels

次はマグネットを使った網戸の作り方です。また、それだけではなく防犯ブザーも取り付けて防犯対策もできるような網戸を作っています。車中泊中を網戸にしてしまうと、防犯がおろそかになってしまいます。でも、その点でも安心できる網戸の作り方。女性の方だと特に、車中泊が怖いと思われますが、防犯対策もできる網戸も作って置けば安心ですね。

防犯対策のできるマグネット式網戸のDIY方法

窓の寸法を測り、その大きさに合わせて網戸をカット。網戸の周りにマグネットテープを貼っていきます。マグネットテープだけでは接着が弱いようなので、ボンドで接着させるといいようですね。防犯対策にはマジックテープを使います。マジックテープを適当な大きさに切って網戸に接着させます。マジックテープに強力マグネットを固定して完成です。網戸は防犯が不安ですが、防犯ブザーも取り付けて安心して車中泊ができます。

自作網戸の実例をご紹介!

バグネットだけでなく換気扇も自作!

実際にバグネットを自分で作っている人が多く見つかりました。実際の例を写真で見ていきましょう!この方は網戸を作るだけでなく、換気扇を自作して取り付けたようです。網戸はプラダンとネットを使い、内側からはめ込むタイプを作っているようです。車は締め切ってしまうと換気ができないので、換気扇も付けておくと安心ですね。

ダイソー防虫ネットで作った車中泊用バグネット

窓の外側につけるタイプの網戸を自作しています。窓の外側に取り付ける場合、防虫ネットにマグネットを付ければボディ自体に固定できるので装着も簡単です。そして、写真のように使わない時はくるくると丸めて置けるので、収納する際も邪魔にはなりません。ボードなどを使わずに簡単に作りたい方はこの方法で作ってみてください。

網戸部分の形は自由でいい

網戸を作る場合、枠にはカラーボードやプラダン、他にも段ボールを使う人もいるようですが、枠を作れば網を張っていくだけで網戸が作れます。網戸部分は四角く切ってもいいですし、この方のように円形に切り抜いてもおしゃれですね。自分で作るので、デザインは自由にできます。動画にあったようにリメイクシートを使ってもいいですね。

自作バグネットは作り方もさまざま

動画も見ていて分かりますが、作っている人によっていろんな網戸の作り方がありましたね。使っている材料も、ネットは変わりませんが他のものがプラダンやマグネットテープ、ファスナーテープと異なっています。自分で作る場合、使いやすさや見た目、かかる金額なども考慮して作ってみてください。

車中泊用の網戸を作って快適な旅を!

車中泊の網戸を安く作ってみよう!

車中泊を快適にするために、できることはさまざまありますが、特に夏の車中泊ではやはり、網戸が一番の対策ではないでしょうか。今は100均もありますし、車中泊やキャンプ用に使える自作グッズで快適な車に改造していくことができます。一つ作れば作るのが楽しくなり、いろいろと試行錯誤しながらより快適な車を作っていけるのではないでしょうか。

DIYで快適な旅を楽しむ

網戸を自作したり、防犯対策やカーテンなどを自作していけば、さらに快適な車を作っていけます。車中泊だけでなく、車はキャンプなどのアウトドアには欠かせないものです。一つ一つ快適にしたい点を自作のものでクリアしていけば、今までの旅とは大違いの旅ができるようになるのではないでしょうか。網戸だけでなく、いろんなDIYに挑戦してみてください。

まとめ

Photo by ndb_photos

今回は網戸の作り方についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。人によって窓の内側に付ける方や外側にマグネットで付けるタイプ、さらに防犯対策や遮光パネルを作っている人もいましたね。自分の車にはどんな網戸を取り付けたいですか?いいな、と思ったアイデアがあればそれを組み合わせて網戸を作ってみてください。

車中泊が気になる方はこちらもチェック!

車中泊で気になる、ベッドの作り方やカーテンの作り方、さらに軽トラをキャンピングカーにする方法なども記事にしていますので、気になる方は合わせて読んでみてください。

Thumb【DIY】車中泊ベッドの作り方!おしゃれ×快適な改造方法と実例もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプなどのアウトドアが好きな方は、車中泊ベッドを作って快適に眠れたら素敵ですね。でも、車...
Thumb車中泊のカーテンや目隠しを自作しよう!100均グッズを使った方法をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
車中泊用の目隠し・間仕切りカーテンは自作するのがおすすめ!100均などを利用すればすべて市販...
Thumb軽トラで車中泊?荷台を改造してキャンピングカー仕様にする方法を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
軽トラで車中泊をするための箱を自作する人が増えています。移動の足と住むための箱がひとつになっ...

あなたへのおすすめ