【連載】南半球にあるオーストラリア!オーストラリアの気候と特徴を紹介

【連載】南半球にあるオーストラリア!オーストラリアの気候と特徴を紹介

日本とオーストラリアでは季節が真逆です。日本が暑い季節の時は、オーストラリアは、寒い季節になり、逆にオーストラリアが暑い季節の時は、日本は、寒い季節になります。ここでは、日本とオーストラリアの気候や季節の違いについて解説などをしていきます。

記事の目次

  1. 1.オーストラリアの気候の特徴は?
  2. 2.オーストラリアシドニーの季節1:春(9月〜11月)
  3. 3.オーストラリアシドニー季節2:夏(12月~2月)
  4. 4.オーストラリアシドニー季節3:秋(3月~5月)
  5. 5.オーストラリアシドニー季節4:冬(6月~8月)
  6. 6.日本の季節の特徴は?
  7. 7.日本東京の季節1:春(3月〜5月)
  8. 8.日本東京の季節2:夏(6月〜8月)
  9. 9.日本東京の季節3:秋(9月〜11月)
  10. 10.日本東京の季節4:冬
  11. 11.日本と季節が反対のオーストラリアに行こう

オーストラリアの気候の特徴は?

オーストラリアの1年気温

オーストラリアには日本と同じ四季がありますが、正反対の位置にある国のため、季節は逆です。そのため、オースラリアの夏は、12月〜2月、冬は6月〜8月になります。年間の平均気温は、約18℃位で1年間を通しても暖かく過ごしやすいのが特徴的ですが、紫外線などが強いこともあるので、サングラスなど1つあっても良いはずです。ここではオーストラリアシドニーの1年間の四季について解説をしていきます。

オーストラリアの平均降水量

オーストラリアの平均降水量は、約100mmちょっとと言われております。雨季の時期も日本とは逆で増えると言われ、冬の6月〜8月が降水量が多いと言われ、夏の12月〜2月のにかけては降水量が少ないと言われております。日本でいう梅雨という時期はないので日本と比較すると雨は多くないと感じるはずです。

オーストラリアシドニーの季節1:春(9月〜11月)

オーストラリアの春の気候

次へ

関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking