【防寒・虫除けに必須】手作りテントスカートの自作方法をご紹介!メリデメも!のイメージ

【防寒・虫除けに必須】手作りテントスカートの自作方法をご紹介!メリデメも!

キャンプで使うテントをより快適にするために、テントスカートを取り付けたいと思う人も多いのではないでしょうか。でも、テントスカートはどのように付けたらいいの?という方のために、今回はテントスカートを手作りする方法をご紹介していきます。

2020年07月30日更新

ゆー
ゆー
DIYをメインに記事を書かせていただいています!誰にでも分かりやすく、DIY作品の作り方をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. テントスカートを手作りで
  2. テントスカートとは一体何?
  3. テントスカートのメリットとデメリットとは
  4. テントスカートのメリットとは
  5. テントスカートのデメリットとは
  6. テントスカートの自作方法をご紹介!
  7. テントスカートの自作方法①ダブルクリップ
  8. テントスカートの自作方法②ガチャ玉
  9. テントスカートの自作方法③マジックテープ
  10. テントスカートの自作方法④マジックテープ
  11. テントスカートの自作方法⑤マグネット
  12. テントスカートの自作方法⑥+グランドシート
  13. 自作テントスカートの実例をご紹介!
  14. 手作りのテントスカートをDIYして
  15. まとめ

テントスカートを手作りで

Photo byBen_Frieden

キャンプのためにテントを買ったけれど、スカートがついていないので後悔しているという方もいるかもしれません。スカートのあるテントがいいからといって、新しスカート付きテントを購入するのもお金がかかるので困ってしまいます。でも、テントスカートは自分で手作りすることもできるんです。今回はテントスカートの手作り方法をご紹介していきます。

テントスカートとは一体何?

テントスカートの使い方とは

そもそも、テントスカートとはどのようなものなのでしょうか。テントスカートという言葉は聞いたことがあるけれど、よくわからないという方もいるかもしれませんね。テントスカートとは、テントの下部に取り付けるスカートのことです。フライシートの下から地面までを覆っており、特に冬のキャンプでスカートがあるとテント内が温かくなります。

テントスカートはDIYできるの?

スカート付きテントでなくても、スカート部分を手作りしてテントスカートにする方法があるんです。もともとスカート付きテントは割高でもありますし、自分でDIYできれば安く済ませることができます。後付けでいつでも取り付けられるので、これからテントを購入する予定の方も、スカートなしのテントを購入して自作でスカートを作るというのもいいのではないでしょうか。

テントスカートのメリットとデメリットとは

Photo bypiviso

では次に、テントスカートのメリットとデメリットとは何なのかをご紹介していきます。実際にテントにスカートを付ける場合、どんなことが良くて、どんな問題があるのでしょうか。テントにつけるスカートは、そもそも必要なものなのか。テントスカートを付けるか迷っている。スカート付きのテントが必要なのかが分からない、という方も参考にしてみてください。

テントスカートのメリットとは

メリット1:冬の寒さ防止対策

メリットの一つ目ですが、冬の使い方に関してです。テントと地面との間の隙間をスカートが埋めてくれるので、テント内の温度が保たれます。テントではあろうと、布一枚でしか外気と隔てられていないので寒いわけです。少しでも隙間があると、そこから冷たい風が中に入ってきてしまうので、それを防いでくれるスカートがあると、寒い冬でも暖かく過ごせるようになるんですね。

メリット2:虫の侵入を防いでくれる

Photo by june29

これはないのと比べて多少の変化にはなりますが、スカートがあることで虫の侵入を減らせるというメリットもあります。もちろん、絶対に入らない、というわけではありませんが、虫が苦手な方であればテントスカートが合った方が安心かもしれません。後付けで取り外しができるものをDIYすれば、必要のない時は取り外せるのでそういうものを作るといいでしょう。

メリット3:雨の跳ね返り防止

Photo bypixel2013

スカート無しのテントで雨が降った場合、雨が跳ね返ってテント内に入ってきてしまいます。でも、スカートがあればそれを防いでくれるのでその点もメリットになるでしょう。キャンプの予定の日が雨になってしまった、という場合であれば、スカートを取り付けてキャンプに臨むと快適に過ごせるのではないでしょうか。

テントスカートのデメリットとは

デメリット1:夏は暑い!

Photo by torumiwa

次はデメリットです。冬に暖かくしてくれる、というスカートですが、逆に夏になると保温効果のために暑くなってしまいますのでそれがデメリットになります。スカート部分だけは後付けで取り付けられる使い方にすれば、取り外しができるので冬につけて夏には付けない、という使い方をすれば、問題なく利用することができるのではないでしょうか。

デメリット2:結露ができる

メリットのところに、テント内を暖かくしてくれるというものがありましたが、そのおかげでテント内に結露ができやすいというデメリットが生じます。ただ、これは多少対策できるものでもあります。例えばコットン系の素材のテントを利用したり、湿気の高い場所でのキャンプを避ける、テント内の空気を循環させる、除湿シートを利用すなどすれば、多少の結露は軽減できるのではないでしょうか。

デメリット3:汚れやすい

Photo by sybarite48

三つ目のデメリットは、汚れやすいというところではないでしょうか。地面にぴったり密着するスカート部分は、どうしても汚れが付きやすいです。しかも、雨が降るとテント内への雨の跳ね返りを防いでくれるのに対し、スカート部分が泥で汚れてしまいます。テントスカートはメリットもありつつデメリットもありますので、その場その場の環境によって付け替えるという使い方も考えていくといいかもしれませんね。

テントスカートの自作方法をご紹介!

Photo bycoyot

テントスカートのメリットとデメリットが分かったところで、実際の自作方法をご紹介していきます。テントスカートを手作りするには、どのように作っていけばいいのでしょうか。裁縫で作る方法もご紹介しているのですが、そもそも裁縫ができないという方もいるのではないでしょうか。そんな方にも手軽に作れる方法がありますので、ぜひ参考にしてください。

テントスカートの自作方法①ダブルクリップ

ダブルクリップでスカートを後付けする方法

始めにご紹介するのは、ダブルクリップを使ってテントスカートを自作する方法です。ダブルクリップであれば、簡単に取り外せるので夏に必要ない時は外せます。また、縫い付けたり両面テープで付けるでもないので、買ったテントを加工したくない、という方におすすめです。また、ミシンで縫うなどしていないので簡単に作りたい方はぜひ参考にしてください。

テントスカートのDIY方法

作り方はとっても簡単。使っているのがODグリーンシートというものを使って作っていきます。スカート部分に必要な長さ、幅にハサミでカットしたら完成です。テントとの固定はダブルクリップを使っています。ただ、ダブルクリップの使い方によっては固定できていない部分は隙間が空くので、多めに利用すると隙間が減らせます。

テントスカートの自作方法②ガチャ玉

ガチャ玉を使って後付けするDIY方法

次にご紹介するのは、ガチャ玉を使って後付けで取り外しが自由にできるタイプのテントスカ―トの作り方です。これも取り外しが自由にできるタイプなので、そういった使い方がしたいという方はこちらの動画を参考にしてみてください。ミシンを使って縫っていますが、もちろん切りっぱなしでも使えますので、裁縫が苦手な方でも安心して作れます。

テントスカートの自作方法

この方のスカート部分で使っているのは、シリコナイジングキャンプマットという商品を使っています。もちろんレジャーシートなどでも代用できるので、それを使ってもいいでしょう。シートをテントの必要分カットし、端処理したらガチャ玉、PPテープを使ってテントと固定しています。これに関しては、ダブルクリップを使って固定するという人もいます。使いやすい方法で後付けするといいですね。

テントスカートの自作方法③マジックテープ

マジックテープで取り外し可能なスカートを手作り!

次はテントスカートをマジックテープで固定する使い方をご紹介していきます。使っているのは最近キャンパーの中でも人気のODグリーンシート。もちろんレジャーシートでも代用できるのですが、キャンプ用品の色合いと合わせたい、かっこいいスカートが作りたいという方はODシートを使う方がいいかもしれません。

テントスカートのDIY方法

ODスカートと、マジックテープを用意して作っていきます。必要分の幅、サイズのスカートをODシートから切り取っていきます。粘着付きのマジックテープをテントとスカート側に貼り付ければ完成です。動画ではテント側のマジックテープがすぐに取れてしまい、ミシンで縫っているようですが、ミシンは使いたくないという方であれば布用の強力両面テープを使って貼るか、もしくはダブルクリップを使って固定するといいでしょう。

テントスカートの自作方法④マジックテープ

マジックテープを少量におさえてDIYする方法

次もマジックテープを使って作る方法です。使っているのは100均のマジックテープ。実際に100均のマジックテープを使ってつくるとどのような結果になるの?と心配になる人もいるかもしれませんが、そういった方にも参考になる動画ではないでしょうか。手作りで作るなら、安く済ませられたらいいですよね。スカート部分もレジャーシートで代用したり、100均のもので作れば安く仕上がります。

テントスカートのDIY方法

この方が使っているのはブラックシートに、100均のマジックテープです。テントに必要なスカート部分をハサミで切り取り、マジックテープを貼り付けていきます。先ほどの使い方とは違い、数か所に切り取って貼り付けています。100均のマジックテープではありますが、実際に装着して一晩使った様子だと問題なく使えているようです。

テントスカートの自作方法⑤マグネット

マグネットを使って後付けするテントスカート

次はマグネットを使ってスカートを後付けする方法です。基本的にはスカートの作り方は、必要な幅と長さのシートを切り取るだけでできてしまいます。その固定方法がさまざまブログやSNS、YouTube等でシェアされているので、実際の使った様子なんかも参考にしながら取り付け方を選んでいくといいかもしれません。スカートを内側につけるか、外側につけるかでも変わってきますので、一番ベストな方法を探してください。

テントスカートの手作り方法

使っているのはこの方もODグリーンシート。もちろんレジャーシートで代用も可能です。ODシートをまずは必要なスカートの長さ、幅にカットしていきます。取り付けはマグネットを使い、外側と内部から所々に固定して後付けしています。マグネットを利用する場合、固定していない部分が隙間が空いてしまうので、スカートを上にして重ねた使い方の方が、雨風を防いでくれるようです。

テントスカートの自作方法⑥+グランドシート

テントスカートだけでなくグランドシートも手作りできる

次は切りっぱなしで使えるスカートと、あとはグランドシートの作り方もご紹介している動画です。テントスカートだけでなく、グランドシートも手作りで作りたいという方であれば参考になるのではないでしょうか。テントスカート部分も、切りっぱなしで使える方法なので、そもそもスカートが必要かどうか迷っているという方も、作るだけ作っておくということもできます。

グランドシートとテントスカートの手作り方法

使っているのはユタカシルバーシートと、ハトメ、ゴリラテープ、穴あけポンチ、ハサミ、トンカチを用意していきましょう。グランドシート部分はテントの大きさに切り取り、端にハトメを付けて作っていきます。スカートは必要な長さをハサミでカットして完了。切りっぱなしなので裁縫が苦手な方でも簡単に作れます。テントにつける場合はダブルクリップやガチャ玉を利用するといいでしょう。

自作テントスカートの実例をご紹介!

養生テープを使って

この方はビニールを代用してスカートにしています。固定は養生テープで。養生テープであれば、長く貼り付けていなければ粘着も残らずに取り付けられるのではないでしょうか。ビニールであれば汚れても手軽に捨てられるのでいいですね。あまりテントにはいかない、という方であれば後付けでかつ、処分もできるこの方法が良いかもしれません。また、ビニールと養生テープが一体になったマスカーで代用するのもいいかもしれません。

レジャーシートで代用して

この方はスカート部分にレジャーシートを代用して作っています。固定はDIY方法にもあったダブルクリップですね。先ほど代用していtビニールも、レジャーシートもそうですが、重さがあまりないものだと風で浮いてしまうので、写真のように石で固定する必要があります。ですが、あまりお金をかけたくない、という方であればレジャーシートやビニールで代用するのが一番ではないでしょうか。

テントに合った色のシートを利用して

テントスカートをDIYするにしても、色がはっきりと違うものを使うとせっかくのおしゃれなテントも台無しに思えてくるかもしれません。そんな方はテントの色に合ったシートを使うのがいいですね。この方は赤色のテントにオレンジ色のテントを取り付けています。固定はダブルクリップでしょうか。おしゃれなテントの雰囲気を損ねたくないという方は、テントに合った色のものを使うといいでしょう。

マジックテープで後付けに

この方もテントの色と合わせたスカートをDIYしています。また、テントにマジックテープを縫い付けて固定しています。スカート部分にはハトメも付け、風で浮き上がらないように処理されています。後付けの仕方は色々あるので、それぞれ使いやすいものや作りやすいものを考えて作ってみてください。

手作りのテントスカートをDIYして

手作りテントは簡単にできる!

テントスカートを作るとは、大変な作業だと思っていた方もいるかもしれませんが、作り方を見てそんなことはないというのが分かったのではないでしょうか。使い方も、作り方によっては簡単なものもありますし、自分でも自作できると思えたのでは。材料も、レジャーシートで代用したり、ビニールを使うなどすれば安く仕上げることも可能。もちろん使い心地を考えるなら厚手のシートがおすすめです。

何で固定する?

手作りのテントスカートは大体作り方同じ。固定の仕方が異なり、テントに直接固定する形で作る方法と、クリップなどで止めるだけの方法がありました。テント自体に加工を加えたくない、というのであれば、クリップやマグネットを使う方法がいいでしょう。それよりも、寒さをしのぎたい!というのであればしっかり隙間もなくせるマジックテープを使うか、もしくはスカート自体をテントに縫い付けてしまうのがいいですね。

まとめ

今回はテントスカートの作り方をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。色んな作り方がありましたが、いいなと思った方法はあったでしょうか。作り方、または素材もいろんなものがありますので、使い方は同じだけどレジャーシートで代用してみるなど、使えるお金や持っているテントに合わせたスカートを作ってみてください。

テントが気になる方はこちらもチェック!

ワンタッチテント、キャンプ用のテント、2ルームのテントなど気になる記事がある方はぜひこちらも合わせて読んでみてください。

Thumb2020!ワンタッチテントおすすめ10選!最新人気テントとその選び方を徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
だれでも一瞬で設営できるワンタッチテントは初心者におすすめです。しかし、ポップアップ式を含め...
Thumb【2020】キャンプ用テントのおすすめベスト11!初心者もこれを選べば間違いナシ! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプ用のテントは毎年のように新型や新製品が登場し数が多いです。そこで初心者でも使いやすい...
Thumb【2020最新】2ルームテントおすすめ11選!これでファミリーキャンプが超快適に! | 暮らし~の[クラシーノ]
2ルームテントはいろいろなメーカーから発売されていて、見た目や価格、大きさ、機能性など異なり...
関連するまとめ
おすすめの記事