Twitter
Facebook
LINE

観葉植物の正しい水やり講座!初心者でも失敗しない頻度やタイミング、方法を解説!

佐藤3

観葉植物の正しい水やり講座!初心者でも失敗しない頻度やタイミング、方法を解説!

佐藤3

はじめに

季節や土で変える観葉植物の水やり目安

Photo bysuju

室内で大小さまざまな観葉植物を置くのは部屋を癒やし空間にしてくれる良い方法だけでなく、インテリアとしても多くの方に好まれています。屋外にたくさん緑を増やせないという方でも手軽に栽培できる室内の観葉植物。最近は100均などでも手軽に手に入るようになりさらにガーデニング人口を増やしていますが、あまり長生きしてくれず枯れてしまうというご経験はありませんか?その枯れた原因はもしかしたら水やりのせいかも知れません。植物の水のやり方をもう一度確認したい方のための失敗しない水やり解説です。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり1.注意点

植物を枯らす原因となる毎日の水やり

頻度やタイミング・方法を説明する前に、まず水やりで起こる問題点や注意点をご紹介しましょう。毎日おこなう水やりはなぜ植物を枯らす原因となってしまうのか?どんな病気が水やりで起こるのか知ることで、自然と上手な水やり方法が見えてきます。

毎日の水やりが原因で起こる重要な問題点



小さなかわいらしいサイズの鉢植え植物を購入し育てているお写真はSNSでもたくさんのいいねを集めています。若い方の流行ともいえますね。そんな小さな鉢にありがちなのですが、ほんの少しの間水を切らしてしまうだけでも植物が水不足で枯れてしまう問題です。鉢が小さすぎて土の保水が極端に少ないことが原因。植物のサイズに合った鉢に植え替えると共に土の乾き具合も毎日チェックして水を与えましょう。

水のやりすぎ注意!

植物にとって水やりは人のご飯のようなもの。いつも土が湿っているように水やりは毎日欠かさないという優しい方も多く見かけます。しかしいつも土が湿っているのは植物にとって病気を誘発する危険な行為。水分により水を吸い上げる大切な根が腐る根腐れ病の原因となるからです。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり2.土



上手な水やりのコツは土を見る

Photo byklimkin

植物は水が足りなくても多すぎてもいけないということがおわかりいただけましたね。ではその多い少ないはどこで見たらよいのか?というわかりやすい目安は土の様子です。

与える時期目安は土が乾いたらが基本

Photo by けんたま/KENTAMA

水やりのしすぎで起こる根腐れは土の中が常時湿っていると起こりやすくなります。土は必ず乾いてから次の水をあげるようにすることで、簡単に根腐れで枯れる対策を取ることができるでしょう。

表面だけではNG?土の乾きの確認方法

水は植物が吸い上げるだけでなく地表付近の土は自然な蒸発もおこないますので、少し下まで掘って湿り気を確認することがコツです。掘るのは手が汚れるので抵抗があるという方は割り箸などを土に刺して中の水分量を確認することもできますのでお試しください。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり3.量の目安

水の適量目安

Photo byMAKY_OREL

それでは次にどのくらいの量をあげたらよいかという適量の目安のお話をしましょう。これは鉢の大きさ・土の量などによって変わるので具体的に何リットルとはいえません。どのようなケースでも言える適量目安はたっぷりと土の中の水分が飽和状態になるくらい。これは季節に関係なく夏でも冬でもこのくらい与えて問題ありません。

与える時は鉢底から水が出るまで

土の保水の飽和状態を見極めるのはとても簡単で単純。鉢の底から水がジャバジャバと流れてくるまで与え続ければ良いのです。上げた水と同量近い水が出てくるまで十分にあげましょう。大きな鉢で面倒な場合はたらいや大きなバケツの中に鉢が全部隠れるくらいの水を入れ1-2時間程度までなら浸けてしまってもかまいません。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり4.頻度

水やりは毎日する方のは良い?悪い?

Photo by akikoyanagawa

長く育てていると正しい水やりの頻度がわかってくるでしょう。たまたま水やりの頻度が毎日という場合を除き、24時間ごとに決まって与えなくてはいけないということはありませんので、毎日というワードは気にしないでください。このような管理をすると水のやりすぎが心配されます。

室内管理なら毎日与える必要はほぼ無い

Photo by marumeganechan

基本的に室内で管理する観葉植物は屋外のものよりも自然乾燥はゆっくり。そのため夏場でも毎日与える必要はほぼないと思ってよいでしょう。植物の水吸いがとても良く土の水はけも非常に良い場合はたまたま24時間で土が乾く場合もあるでしょうが目安とするのは頻度は時間では見ない方が管理しやすいでしょう。季節(冷暖房器具の使用・成長期間)によって変わるからです。

外に出した時は頻度も変わる

頻度は時期や冷暖房器具の使用の他、日光にあてるために外に出した場合にも変わってきます。気温差だけでなく風に当たることで地表の水分は多く蒸発します。定期的に戸外に出して日光に当てている方はその後は土の乾燥具合をこまめにチェックして水切れにご注意を。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり5.時間

1日のうち水やりのタイミングは

Photo byPexels

基本の植物の水やりタイミングは午前中。それも太陽が昇ってから朝10時くらいまでがベストタイミングと言われています。人と同じで植物にも1日のサイクルが存在しその間に特に大きく成長しようとするため水をたくさん必要とするためです。室内管理の観葉植物はこのサイクルが崩れがちですが、水やりは午前中にするという基本は守っておいてください。

夏の季節の戸外置きは水やり時間に注意

Photo bystevepb

観葉植物を戸外置きにしているお宅では、夏の水やりは注意してください。30度40度とうだるような暑さで鉢の中の水がお湯になり植物を枯らしてしまうことがあるためです。この場合は午前中なら気温がまだ低めの早い時間。それが無理であればこの場合のみ夕方あげるのもひとつの方法です。夏の水やりは絶対に昼の暑い時間には与えないのが基本。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり6.季節

季節により水やり方法を変える

Photo by jacob jung

夏場の水やりタイミングのお話が出たところで、もう少し季節により水やり方法の違いについてご説明しましょう。植物の1年は成長期と休眠期があり、たくさん水を求める時と休みたいので乾燥ぎみが良い時期に分かれるのはご存知ですか?そんな季節の変化も考慮して水やりをしてください。

春や秋の季節の水やり

具体的に春と秋は基本の水やりの方法を目安とすれば問題ありません。水やりタイミングは土が乾いていたら午前中に。鉢底からたくさん水が出てくるまで戸外にて水やり後水が垂れてこなくなるまで放置(目安は1時間くらい)。その後新しい乾いた鉢皿と交換して室内に戻しましょう。

夏の季節の水やり

Photo byannawaldl

夏もたっぷりと水を与えるのは春・秋と変わりませんがあげる時間に注意するのは前述の通りです。それだけでなく夏は虫の発生に悩まされる季節でもあります。ハダニ被害がひどいときは通常の水やりに葉水をプラスしてください。葉水のやり方のくわしい方法は葉水の章で詳しくご説明しましょう。

冬の季節の水やり

日本の冬のように寒い季節にはどの植物も成長がゆるやかな休眠期に入ります。この時期には春から秋までより頻度を下げてあげてください。まったくあげないのはよくありませんので、目安として土が乾いたら2日放置。その後たっぷりくらいで良いでしょう。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり7.種類

種類によって水やり量やタイミングを変える

植物の水やりはその性質によって水やりの量や頻度も大きく変わってきます。自分が室内や戸外で育てている植物は水をたくさん必要とするか乾燥させた方が健康でいられるかを調べる・買った時のカードなどで確認する・お店の方に聞いておくなど事前に知っていることが大切です。そしてそれにあった水やりの頻度・量・夏や冬といった過酷な環境でのお世話をしてください。

水好きな観葉植物例

Photo bytookapic

観葉植物とは少し違いますが室内で育てる方も多いハーブ類。その中で葉が大きめなものは水が好きなものが多いです。例えば人気ハーブであるバジルとミント。これはどちらも水をとても必要とします。しかしハーブでも逆に乾燥させぎみに育てた方が調子が良いものもあるので、ハーブだからとひとくくりにたくさん水やりをしてはいけません。

水を頻繁に必要としない植物例

多肉植物を代表とする葉が肉厚で水分を蓄える系の植物は頻繁に水やりをする必要がありません。100均やフラワーショップ・園芸店でよく見かける有名な多肉植物としては金のなる木。室内に飾っている方も多いでしょう。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり8.葉水

葉水の大切さ

葉水にはいろいろな役割がありますが特に夏場には重要な植物の水やり方法のひとつとなります。植物自体の温度を下げて元気にする・付いている害虫やそのたまごを洗い流す・直接蒸発していく葉の水分をおぎなって生き生きとさせるの大きく3つがその役割です。

夏は特に葉水が重要

葉水は実は冬でもおこなう方がいます。それは暖房などで失われる葉の水分補給のためですが、一番重要となる季節は何といっても夏でしょう。観葉植物に発生しやすいハダニは夏の乾燥する季節に多いこと、気温が高すぎでぐったりした植物を復活させるのに役立つから。時間がないという方でも夏場には時々でもよいので葉水を与えてください。

夏の葉水あげ注意点

葉水が大切な方法となる夏ですが、そのあげるタイミングには注意が必要です。こちらも通常の水と同じく気温が高いとお湯をかけているのと同じことになってしまう場合も。葉水のタイミングは気温が下がった夕方がおすすめです。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり9.用土

ここからは知っていると役に立つ水やりのTipsとなる情報をご紹介しましょう。環境によって変わる頻度や量・タイミングを知る上で便利です。

土によって乾きやすさも変わる

水やりの頻度に大きく関係するのが用土の水はけの良さです。水かけが良いということはつまり保水力が弱いことにも他なりません。根腐れの予防には良いのですが水やり周期は短くなるのが特徴。逆に野草用の土など保水力が高く配合されているものはなかなか乾燥しないので頻度は低くなるでしょう。

乾きの早い土は毎日水やりが必要なことも

Photo byannawaldl

毎日の水やりは必要ないと前述で申し上げましたが、砂などを混ぜた極端に水はけがよい土は毎日のように水やりが必要になる場合もあります。この場合も外の冷暖房器具による蒸発も大きく影響されますので土の様子をよく観察して水切れに注意してあげましょう。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり10.重さ

水やりタイミングの目安に重さをチェック

土が乾いたらあげるという基本は変わりませんが、大きな鉢だとその中の水分チェックが難しくなってきます。そんな観葉植物の場合でも簡単にできるチェック方法が鉢の重さです。

重さでわかりやすい土の乾燥と潤い

大きな鉢植えになればなるほど重たくて大変だとは思いますが、たっぷり水をあげたときに鉢を持ち上げてみてください。その重さを覚えておくと重さの変化で水が減ったと判断できるのですぐわかるでしょう。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり11.置き場所

窓際で外の光があたる場所は乾燥しやすい

同じ部屋の中に置いている植物は一緒のタイミングで水やりをすることも多いでしょう。しかし鉢の大きさや土の違い以外にも置き場所で乾燥する速さが変わることも。置き場所も水やりの頻度やタイミングに大きく影響を与えます。特に光が必要な植物で窓際に置きよく日に当てているものはこまめにチェックしてください。

室内での置き場所で水やり頻度も調節する

それと比べて室内でも常時半日陰状態の場所に置いている鉢はそれほど乾燥しません。窓際の観葉植物と一緒のタイミングでは水のあげすぎになりますので、個々に管理して調整してあげましょう。

タイミングや頻度は?観葉植物の水やり12.やり方

ベランダや庭など戸外で

特に水はけのよい用土に多いのですが、鉢底から水が出てきたからといって土が全部潤っているというわけではありません。水やりをするときは鉢全体に回しながらかけるようにし、与えた水と同量の水が出てくるくらいまで何度か繰り返しあげると良いでしょう。そのため室内では床がビショビショになってしまうことも。水やりの時だけでもベランダや庭など戸外に持ち出せるものは持ち出しておこなってください。

室内でしかあげられない場合

大きくて重たい鉢の場合は戸外に運び出すのが困難なものも。そんな場合でもできるだけ鉢受けに溜まった水だけはしっかり捨ててください。一気に与えると流れ出る量も多いので少しずつ土全体が潤うよう時間をかけて行うのもよいでしょう。

やってはいけない観葉植物の水やり方法

NG1.何度もこまめに与える

植物に合わせてこまめに与えるのなら良いですが、何でもずっと土が湿っていなければいけないと毎日毎日少しずつ水を与えることは植物にとってよくありません。いつも土の中が湿っていると根腐れ病などの原因となるからです。

NG2.鉢皿に水を貯める

逆に水やりを面倒と感じる方は鉢皿に溜まった水を吸い上げればこまめにしなくて良いだろうとそのまま放置するケースがあります。鉢皿に水をためておくことも根腐れの原因となるだけでなく、室内が腐った水の臭いで不快な空間になってしまうことも。水やりで鉢底から出た水は屋外などで1時間ほど水切りしてから乾いた鉢皿を添えて室内に入れてください。

NG3.少ししか与えない

植物を根腐れで枯らした事がある方に多いのは、あげすぎはいけないと思って少ししか与えないこと。植物がいつも水不足になり水切れのために枯れてしまうことがありますので、あげるときは土全体がしっとりとして底から余った水が出てくるのを確認できるまで十分に。

まとめ

観葉植物の水やりタイミングに気をつけて育てよう

ひとくちに観葉植物といってもいろいろな種類があります。買ったときに付いていた注意書きに準じた水やりをするのが一番良い方法です。それを踏まえて季節ごとや室内・屋外でのお世話として気をつけたいこと・良かれと思ってしてしまう失敗などをご紹介しました。観葉植物の水やりに困ったときのヒントにしてくださいね。

植物が気になる方はこちらもチェック

暮らし~のではこの他にも植物の育て方のコツ・ポイントの解説記事をご用意しています。観葉植物だけでなく庭木や花壇や鉢植え花のお世話にもご活用いただければさいわいです。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...

【価格破壊】ダイワ2022新製品22カルディアSWがエグいっ!

★DAIWA 22カルディアSW 公式HPはコチラ★ https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/special/product/caldiasw/ ※画像出典元 ★...

シマノから2022新製品22ステラ登場!ついにアノ機構が・・・!

本情報はシマノから一時的に公開された情報を元にしております。綺麗事ではありますが、「釣りフェスティバル」という年に1度のイベントであること等を考慮し、動画内の画像には全てモザイクをかけております。また...