大切にした革靴の水洗い方法を解説!失敗しない丸洗い・汚れ落としのやり方は?

大切にした革靴の水洗い方法を解説!失敗しない丸洗い・汚れ落としのやり方は?

長年大切にした革靴に取れない臭いや汚れが付いた時の最終手段として水洗いすることで復活させることができます。失敗しない革靴の水洗いの方法を必要な道具や役割を解説し、丸洗いの手順を紹介します。水洗いのコツを覚えてまたお気に入りの革靴を履いてみましょう!

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.革靴の水洗いに必要なものは?
  3. 3.革靴の水洗いに必要なもの①ブラシ類
  4. 4.革靴の水洗いに必要なもの②洗剤類
  5. 5.革靴の水洗いに必要なもの③乾燥・仕上げ
  6. 6.革靴の水洗い方法手順①ブラッシング
  7. 7.革靴の水洗い方法手順②汚れ浮かし
  8. 8.革靴の水洗い方法手順③すすぎ
  9. 9.革靴の水洗い方法手順④乾かし方
  10. 10.革靴の水洗い方法手順⑤仕上げの手入れ
  11. 11.革靴を水洗いするのに掛かる時間
  12. 12.革靴の水洗い頻度は?
  13. 13.どんなときに革靴を水洗いする?
  14. 14.革靴を水洗いするのは最終手段!
  15. 15.革靴日常の手入れ方法
  16. 16.まとめ

はじめに

大切にした革靴を丸洗い!

長年履いてきた大切な革靴を久しぶりに靴箱から取り出してみるとカビやひどい臭いが付いていたということはありませんか?「もうダメだ」と諦めて捨てるのではなく、水洗いすることで復活させられるかもしれません。

革靴の水洗いに必要なものと手順を解説!

革靴の水洗いに必要なものと水洗い方法、手順を解説します。「革靴を水洗いできるの?」と考える人でも必要なものを揃えて正しい方法で洗い方から乾かし方まで一つ一つこなしていくと臭いや汚れをサッパリと落とすことができます。

どんな時に革靴を丸洗いする?頻度や目安も紹介

どんな時に革靴を丸洗いするのか、頻度や革靴の汚れの目安を紹介します。できる限り普段のお手入れをしっかりとして水洗い頻度を下げることが革靴の寿命を伸ばすポイントとなります。しかし汚れや臭いを解消してくれる最終手段として水洗いの方法を覚えておくと安心です。

革靴の水洗いに必要なものは?

まずは必要なものを揃えよう!

革靴の臭いや汚れがどうしても取れない時は慌てずに必要なものを揃えましょう。とりあえず洗い始めてから「あれがない!」と言っても中断することはできません。まずはしっかりと必要なものを揃えましょう。

革靴の水洗いに必要なもの

革靴の水洗いに必要なものは馬毛ブラシ、豚毛ブラシ、革用洗剤、バケツ、スポンジ、古歯ブラシ、タオル、新聞紙、シューキーパー、靴用クリーム、靴クロスが必要です。スニーカーを洗うのと異なり、なるべく水洗いのダメージを抑えるためにこれだけのものが必要となります。

普段の手入れにも使える

先に紹介したものは普段の手入れにも使うことができますので、もったいないと思わず水洗いを機会に一通り揃えておくことをおすすめします。

道具の役割を覚えよう

具体的な水洗いの方法や手順を知る前に道具ごとの使い方や役割を覚えておきましょう。普段のお手入れにも応用できます。

革靴の水洗いに必要なもの①ブラシ類

馬毛ブラシ

馬毛ブラシは丸洗いする前に使います。革靴を水洗いする手順以外にも普段の手入れに使うことができますので1つは持っておくことをおすすめします。普段使う頻度としては革靴を履いた日に馬毛ブラシで革靴全体をサッとブラシ掛けすると汚れを定着させずに済みます。

豚毛ブラシ

豚毛ブラシは靴を丸洗いして乾燥させる時から仕上げに掛けて使います。豚毛ブラシは馬毛ブラシよりも固い質の毛先となっており革靴のクリームを革の深部にまで浸透させる使い方をします。これは普段の手入れも同じです。馬毛ブラシと併せて1つずつ持っておきましょう。

あれば便利

なくても構いませんが、ペネトレイトブラシがあると手を汚さずにクリームを革靴全体に塗ることができます。

革靴の水洗いに必要なもの②洗剤類

革用洗剤

革靴を洗う時には革用洗剤を準備しておくのが一番安心です。革靴に水が良くないのは水の中に革の栄養素が流出してしまうことが形崩れや縮む原因となります。専用洗剤を使うことでダメージを最小限に留めながら優しく革靴を丸洗いすることができます。

レザーウォッシュEX for シューズ 200ml 革製靴用栄養洗剤 除菌 消臭ケア 日本製 天然皮革 合成皮革 起毛皮革 汚れ カビ ニオイ

楽天

バケツ

Photo bypixel2013

革靴を丸ごと漬け込むことができる大きさのバケツを用意しましょう。小さすぎるものだと汚れを浮かすのに手間と時間が掛かりますので大きめのものを準備してください。漬け込むことができれば形状は問いませんので大きなたらいや洗面器でも構いません。

スポンジ

Photo byjarmoluk

スポンジは食器洗い用のスポンジを準備しましょう。100円均一で売っているもので大丈夫ですが、目の粗いコゲ落としのスポンジは革靴の表面を傷つけるおそれがありますので柔らかいスポンジを選んでください。

古歯ブラシ

Photo by ketou-daisuki

革靴を丸洗いする時にスポンジだけでは洗い切れないコバや縫い目などの汚れを落とすのに古歯ブラシがあれば隅々まで綺麗にすることができます。

革靴の水洗いに必要なもの③乾燥・仕上げ

タオル

Photo byTesaPhotography

タオルは丸洗いしてから最初に水気を取る時に使います。たくさんあればあるほど水気を取りやすくなりますので使わなくなったタオルを捨てずに取っておくようにしましょう。

新聞紙

Photo bystevepb

タオルで水気を取ったあとに靴の中に新聞紙を詰めて乾燥させるのに使います。複数回入れ替えるのが早く乾燥させる乾かし方となりますのでタオルと同じく多めに貯めておきましょう。

シューキーパー

シューキーパーを使うと形崩れや縮むことを防いでくれます。水洗いするときはもちろんですが、靴を保管する時に重宝しますので1足に1つシューキーパーを買うとよいでしょう。

靴用クロス

靴用のクロスは革靴を丸洗いして乾燥させたあとに磨き上げるのに使います。靴用のクロスでなくても目の細か布であれば古いシャツの端切れなどでも代用することができます。

革靴クリーム

革靴クリームは丸洗いして靴から抜けた油分や栄養を補うのに使います。普段のお手入れにも使いますので持っていない方は丸洗いする機会に揃えておきましょう。

革靴の水洗い方法手順①ブラッシング

まずはシューレースを取る

革靴を水洗いする時は水に浸け込む前にブラッシングとシューレースを外しておきます。シューレースを外してからブラッシングをすることで汚れの溜まりやすいシューホールを事前に綺麗にしておくことができます。

馬毛ブラシで

水洗いする前に使うブラシは馬毛ブラシです。靴全体をブラッシングすることで表面の汚れを粗方取ることができます。手順としてはアッパーから側面、かかと部分とブラシを掛けていき、コバやソールの埃汚れを払っておくようにしてください。

革靴の水洗い方法手順②汚れ浮かし

バケツにぬるま湯を

ブラッシングを掛けて汚れを落としたらいよいよ水洗いです。バケツにぬるま湯を張って革靴を5分ほど浸けおきします。いきなり水洗いするよりもぬるま湯に浸けてから洗った方が汚れが落ちやすくなります。もしも革靴が浮いてくるようであればソールが上向くように浸けておくと良いでしょう。

洗剤を使って洗う

浸けおきしてから革靴用の洗剤かもしくは薄めたボディソープやシャンプーなどでも洗剤の替わりにつかうことができます。洗剤をスポンジに適量つけて表面から靴底、靴の中まで丁寧に洗っていきます。取れない臭いやカビは表面だけでなく革の内部にまで浸透していますのでしっかりと洗いましょう。

革靴の水洗い方法手順③すすぎ

ぬるま湯を張り替えて

洗剤で洗ったあとのぬるま湯は汚れています。綺麗な状態のぬるま湯にするため、一旦捨ててから必要であればバケツも軽くすすいでからぬるま湯を何度か張り替えながらすすぎましょう。

汚れ・すすぎ残しがないように

汚れやすすぎ残しがあると乾かしてから革靴にシミとなるおそれがありますので靴の中からソールまで汚れを綺麗にすすぎましょう。すすぎの目処としてはぬるま湯を張り替えながらすすいで行き、水に洗剤や汚れた色が出なくなるまで繰り返し行うことがポイントです。

革靴の水洗い方法手順④乾かし方

乾かし方が一番大事!

革靴を水洗いする時に一番重要なのは乾かし方です。正しい方法で乾かすことで形崩れや革が縮むことを最大限抑えることができます。正しい乾かし方の最初の手順はまず、すすぎ終わった革靴をバケツから水を切りながら取り出してタオルで取れるだけ水気を取ってしまいます。何枚か取り替えながら乾かすことで速く乾くことにつながります。

新聞紙を入れ替える

粗方水気を取れたら靴の中に新聞紙を丸めて入れます。最初は3時間おきに新聞紙を入れ替えながら日陰の風通しが良い場所で乾かしましょう。速く乾かしたいからと言って日向に置いたり、ドライヤーの風を当てる乾かし方はNGです。シミや形崩れ、革自体が縮むことにつながります。

形崩れ・縮むのを防ぐ

新聞紙を入れ替えながら乾かし、新聞紙があまり濡れなくなってきたら新聞紙をシューキーパーに入れ替えて乾燥させましょう。シューキーパーは靴の内側からテンションを掛けて形崩れや縮むのを防いでくれる役割があります。

革靴の水洗い方法手順⑤仕上げの手入れ

完全に乾く前に手入れ

シューキーパーを入れて完全に乾く一歩手前でペネトレイトブラシか指で靴クリームを使って栄養補給をします。この段階で塗り込む必要はありませんが、全体にムラなくクリームを塗っておくことで乾きながら同時に栄養を補う効果があります。

乾いたら磨き上げる

Photo by cinz

革靴が乾燥したらまず豚毛ブラシで全体をブラッシングします。ブラッシングすることで革の深部に栄養を届けることができます。ブラッシングをしたら最後に目の細かい布で革靴全体を磨き上げたら水洗いは完了です。これからは手入れの頻度を増して水洗いをしなければいけない状態になるまで汚れや臭いをそのままにしないように手入れをしましょう。

革靴を水洗いするのに掛かる時間

自分で革靴を洗うのには

Photo by200degrees

自分で革靴を水洗いするには洗剤を使って洗うだけではなく乾かし方にも気を配る必要があります。さらに道具を揃えたりと以外に手間ひまが掛かります。

仕上げまでに3日は必要

革靴を水洗いする時は洗剤での洗いから仕上げまでに3日は掛かると考えておいてください。1日目で水洗いをして新聞紙を詰める乾かし方の手順まで進め、2日目でシューキーパーへ入れ替えてさらに乾燥させます。2日目の晩にはある程度乾いていますのでクリームを施してさらに1日乾かします。3日目でようやく仕上げ磨きをして完成します。

革靴の水洗い頻度は?

できれば水洗いは避けたい

革靴は定期的な頻度で水洗いをしないようにしたいところです。普段の手入れの頻度を増やして臭いや汚れ、カビを発生させないことが重要です。水洗いは革靴を綺麗にすることができますがスニーカーのように高頻度でするものではないと覚えておきましょう。

形崩れや縮む可能性が

水洗いをする頻度が増えるほど形崩れや縮む可能性が高まります。水洗いすることで普通の手入れでは取れない汚れをさっぱり落とすことができますが、同時に靴の寿命を縮めてしまいますので注意してください。

どんなときに革靴を水洗いする?

臭いが取れない

乾燥剤を使ったり除菌剤を使っても臭いが取れない時は水洗いをする目安となります。除菌剤を使っても取れない臭いは革の深部に原因となる汚れや菌が入り込んでおり、表面上の手入れだけでは臭いを取り切ることができなくなっています。そんなときは水洗いを試してみましょう。

カビの発生

仕舞い込んだ革靴に発生しやすいのですが、取れない臭いだけでなく目に見えてカビが発生している時も水洗いをする目安となります。カビを革靴の深部から追い出すことができなければいくらでも発生してきて根絶することができません。

手入れしても

普段通りメンテナンスをしてもクリームの栄養成分の浸透が悪いと感じた時にはリセットする意味で水洗いをすると風合いが復活する可能性があります。

革靴を水洗いするのは最終手段!

普段から手入れをする

Photo byJamesDeMers

革靴を水洗いするのは臭い・汚れ・カビのいずれかが手入れだけでは取り切れない時の最終手段と考えてください。水洗いすることで汚れ・臭いは完全に落とすことができますが、同時に革が縮む・形崩れするリスクが付き纏います。できれば普段から履いたらブラッシング、定期的にクリーナーを使ってメンテナンスをし、クリームで栄養補給してあげれば水洗いする頻度を下げることができます。

自信がない時は

靴の水洗いは洗う方法から乾かし方まで一つ一つの手順や方法さほど難しいことではありません。しかしシミや形崩れ・縮むのがどうしても嫌だという人は革靴をクリーニングに出してみることをおすすめします。費用は掛かりますが、革靴を洗う手間や乾かし方の管理をせず、汚れ・匂いを落としてくれます。革靴のクリーニングをやっているプロの手に委ねることも選択肢の一つです。

革靴日常の手入れ方法

履いたら

Photo by6318832

革靴を履いたら必ずブラシ掛けをしましょう。すぐに靴箱にしまうのではなく、風通しのよい日陰で1日乾燥させてからしまうようにしましょう。習慣化することで時間や手間をそこまで掛けずに革靴の変化に早く気がつくことに繋がります。

ローテーション

革靴は1足をずっと履き続けるよりも3足用意して1日履いたら2日休ませるというローテーションで革靴を履くようにすると長く革靴を使い続けることができます。そして1足水洗いしたとしても残りの2足で履き続けられますので複数の革靴を用意することをおすすめします。

月に1回フルメンテナンス

革靴は日常の手入れ以外にも月に1回リムーバーを使って栄養やワックスを抜いてから新しくクリームを塗り込んでワックスで仕上げてあげるようにしましょう。フルメンテナンスはやりすぎてもやらなさすぎても革靴に悪影響を及ぼしますので適度な頻度で行いましょう。

まとめ

革靴は自分で丸洗いできる!

Photo byLoggaWiggler

長年履いている大切な革靴は臭いが取りきれない時やカビが発生してしまったら丸洗いすることで汚れもカビも一掃することができます。乾かし方に気をつければ形崩れや縮むことを最小限に抑えることができます。丸洗いできると言っても形崩れや縮むと言う劣化を避けることはできませんので可能な限り日常の手入れで汚れをこまめに落として、水洗いする頻度を最小限にすることが寿命を伸ばすのに重要です。

革靴の手入れが気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは大切にした革靴の水洗い方法を解説!失敗しない丸洗い・汚れ落としのやり方以外にも革靴の体入れに関する記事をたくさん掲載しています。気になる方はチェックしてみてください!

革靴のひび割れをキレイに修理する方法5選!原因も学んで予防に役立てよう! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
革靴のひび割れをキレイに修理する方法5選!原因も学んで予防に役立てよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
革靴のひび割れを綺麗に修理する方法を5選して紹介します。革靴のひび割れを原因から解説しますのでひび割れ予防に役立ててみてください。革靴のひび割れは大きくなると自分で修理することが困難になりますのでこまめなお手入れが重要です。
【部位別】革靴に付いたシワの取り方を丁寧に解説!大切な靴を長くキレイに履こう! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【部位別】革靴に付いたシワの取り方を丁寧に解説!大切な靴を長くキレイに履こう! | 暮らし~の[クラシーノ]
革靴に付いたシワの取り方を履き口・甲・かかと・つま先の部位別に分けて解説します。革靴に付いたシワの取り方や伸ばし方、そもそもなぜ革靴にシワが付いてしまうのか原因やシワの防止法や正しいお手入れの方法を紹介します。革靴を長く綺麗に履きましょう!
雨の日に革靴が濡れても大丈夫!正しいお手入れ方法とおすすめケア用品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
雨の日に革靴が濡れても大丈夫!正しいお手入れ方法とおすすめケア用品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
「雨の日でも革靴を綺麗に履きたい」スーツを着る人はみんなそう思いますが、雨の日でも革靴を綺麗に履きこなすには正しいお手入れや雨が降ったときの対策を欠かすことができません。革靴のお手入れ方法とおすすめケア用品を紹介します!
さくらドッグ
ライター

さくらドッグ

これまでキャンプからDIY・ガーデニングまでいろいろな趣味を楽しんできました。その経験を元に役立つ情報を発信します。水曜「旦那めし」・土曜「ダイエット日誌」2本の連載もぜひ読んでみてください!


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking