リコリス(彼岸花)の育て方!植え付けから増やし方まで栽培のコツをご紹介!

リコリス(彼岸花)の育て方!植え付けから増やし方まで栽培のコツをご紹介!

田園風景に美しい色と独特の花の形で心を捉えるリコリスですが、生命力が強く、植物の育て方をよく知らない初心者でも庭や鉢植えで比較的簡単に栽培することができます。リコリスの育て方を植え付けから増やし方まで紹介しますのでコツを押さえてリコリスの栽培をしてみましょう!

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.リコリス(彼岸花)とは?
  3. 3.リコリス(彼岸花)の育て方:1
  4. 4.リコリス(彼岸花)の育て方:2
  5. 5.リコリス(彼岸花)の育て方:3
  6. 6.リコリス(彼岸花)の育て方:4
  7. 7.リコリス(彼岸花)の育て方:5
  8. 8.リコリス(彼岸花)の育て方:6
  9. 9.リコリス(彼岸花)の育て方:7
  10. 10.リコリス(彼岸花)の育て方:8
  11. 11.リコリス(彼岸花)の育て方:9
  12. 12.リコリス(彼岸花)の育て方:10
  13. 13.リコリス(彼岸花)の育て方:11
  14. 14.リコリス(彼岸花)の育て方:12
  15. 15.まとめ

はじめに

リコリス(彼岸花)を栽培しよう!

リコリスはお彼岸の頃に咲くことから彼岸花と呼ばれています。田んぼや畦道で美しく咲いているリコリスは生命力が強いので初心者でも自宅の庭や鉢植えで比較的簡単に育てることができます。リコリスは種類によって花が咲く時期が異なりますので、複数の種類を栽培すると長期間花を楽しむことができます。

植え付けから増やし方までのコツを紹介!

リコリスの栽培方法を植え付けから日常管理、球根からの増やし方までのコツを紹介します。リコリス栽培のコツを押さえて庭や鉢植えでリコリス栽培を楽しんでみましょう!

リコリス(彼岸花)とは?

中国原産の花

Photo byDsndrn-Videolar

リコリスは中国が原産の花です。日本には北海道から沖縄まで幅広く自生しています。田んぼや畦道などに土竜よけとして栽培していることもあり、秋の時期には真っ赤な美しい花を咲かせている季節の風物詩とも言える植物です。

リコリスの花言葉

リコリスには種類がたくさんあります。それに伴ってたくさんの花言葉がありますが、リコリスの代表的な種類である「赤いラジアータ」の花言葉は「再会」・「悲しい思い出」・「情熱」・「また会う日を楽しみに」などです。リコリスの色や生態に因んだ花言葉が複数あります。

昔は球根を食した

Photo by8385

リコリスはアルカロイド系の成分が含まれており、毒性がありますが球根にはデンプン質が多く含まれており、食物が不作の年には非常食としても使われていました。現在では球根を食用にすることはあまりありませんが、漢方薬として使われます。しかし影響の出やすい毒性があるので素人判断で使わないようにしましょう。

畑やお墓に

畑やお墓の近くに栽培されていることが多くなっているリコリスですが、それには理由があります。リコリスには前述の通り毒性があるので、虫やモグラを避ける自然の忌避剤としての役割があり、農作物の保護や遺体を荒らされないような目的で植えられています。

毒抜きの方法

リコリスの毒抜きをする人はいないと思いますが、雑学として紹介します。リコリスを毒抜きするときは球根の皮を剥いで球根の中身を擦り潰し、水に何日も晒し続けます。あとは塩を作る時と同じ要領でリコリスの水溶液を火にかけて水分を飛ばしてから乾燥させデンプン粉にします。

日本のリコリスは種を付けない

Photo by salchuiwt

日本で栽培・自生しているリコリスは種をつけることがありません。そのため、リコリスの増やし方としては球根を株分けする方法が用いられます。同じリコリスから株分けした個体は花の時期や大きさが近くなります。

リコリス(彼岸花)の育て方:1

リコリス栽培に向いた土

リコリスは自生しているだけあって肥料がなくてもよく育つ植物となります。酸度などはあまり気にする必要はありませんが、乾燥に弱いのでできるだけ湿度を保てる土壌がリコリス栽培に向いていると言えます。

根が深く伸びる

リコリスは根が深く伸びますので、リコリスを植え付ける場所は根が伸びやすいように良く耕しておくことが大切です。無肥料でも育ちますが、堆肥や化成肥料を混ぜ込んでおくと花付き・生長が良くなります。

リコリス(彼岸花)の育て方:2

リコリスの種類

リコリスと言えば赤い花を思い浮かべますが、品種改良によって様々な種類のリコリスがあります。ひとくちにリコリスと言っても球根の大きさや花の形、開花する時期の違いがあります。ここでは栽培におすすめする種類を解説します。

おすすめの種類①

リコリス栽培おすすめの種類①は「ラジアータ」です。「ラジアータ」はもっとも良く見かけるリコリスの種類となっており、秋に真っ赤な花を咲かせてくれます。

おすすめの種類②

リコリス栽培おすすめの種類②は「スプレンゲリー」です。「スプレンゲリー」は小さな白い花をつける種類となります。暑さにも強い種類となり逞しく育ってくれます。花後には赤い実を付けてくれますので、花以外も楽しむことができます。

おすすめの種類③

リコリス栽培おすすめの種類③は「キツネノカミソリ」です。「キツネノカミソリ」はユリのような花をつける種類となっており、生長過程は「ラジアータ」と同じように花と葉がつく時期が分かれています。

リコリス(彼岸花)の育て方:3

植え付け時期

Photo byJCamargo

リコリスを植え付けるのに適した時期は6月〜8月の間が最も適しています。リコリスは多年草となり、見た目に葉や花がなくても生きています。そのため、リコリスの球根を手に入れたときはなるべく早く植え付けることが大切です。

乾燥が大敵

リコリスを植え付ける時期は梅雨〜夏の間となっており、乾燥を嫌うリコリスの管理の仕方を常に天気を考えながら行う必要があります。梅雨の時期は雨が多いため、雨が当たるところであれば水やりに気をつける必要はありませんが、鉢植えや地植えでも雨が続かない時などは極端に乾燥させないように土の状態を良く管理することが大切です。

加湿にも注意

乾燥すると根が張りませんが、かといって水をあげすぎても加湿のため根腐れの原因になってしまいます。要は常に湿り気は必要ですが、常に水浸しのような状態は避けて適度な水分量を管理することが植え付けた時に大切なこととなります。

リコリス(彼岸花)の育て方:4

植え付け方法

リコリスの植え付け方法は地植え・鉢植えを問わずに大きな球根は土を10cm程度の植え付け穴を掘り、球根を植え付けます。小さな球根の場合は5cm程度の植え付け穴を掘って植え付けるようにしましょう。

植え付け後は水分管理を

リコリスに限った話ではありませんが、植物を植え付けたあとはしっかりと根が張るようにたっぷりと水やりをします。リコリスは特に乾燥すると根が張りません。根が張らないということは生長が遅くなったり、花付きが悪くなりますので、特に植え付け後しばらくは水分量の管理をこまめに行うようにしましょう。

日当たり

水分の管理以外にも日当たりに注意を払いましょう。花が咲いている時期は日当たりが良い場所に、葉が生長する時期には風通しの良い半日陰になるような場所を選ぶとよく育ちます。地植えの場合は周りの植物とバランスを取り、鉢植えの場合は時期ごとに置き場所を考慮するようにしましょう。

リコリス(彼岸花)の育て方:5

日常管理:鉢植え

リコリスを鉢植えにする場合の日常管理は水やりをしっかりと行うことが大切です。地植えと違い、鉢植えの場合は元々入っている土の量に限りがありますので水切れを起こしやすくなっています。朝・夕と土の状態を観察して根がしっかりと張るまでは乾燥させないように管理しましょう。

根が張ったら

しっかりと根が張ったら茎がどんどん生長します。生長が止まったら花が咲く時期に近づいてきていますので、リコリスの倒れを防ぐために支柱を立てておくと安心です。支柱を立てない場合は球根を複数寄せ植えにしておくとお互いが風除けになって倒れずらくなります。

リコリス(彼岸花)の育て方:6

日常管理:地植え

地植えにする場合は基本的に水の管理は天気任せでも良いのですが、鉢植えの時と同様に根がしっかりと張るまでは地植えでも水分管理をしっかりとするようにしましょう。

地植え・鉢植えともに

球根を植え付けたその年はまだしっかりと根が張っていない状態のまま開花の時期を迎えますので、花が咲かなかったり、咲いても小さな花である場合があります。球根には栄養が詰まっているのでほとんどの場合は根がまだ生長していないことが原因となりますので、気長に翌年の開花時期まで栽培しましょう。

リコリス(彼岸花)の育て方:7

花の管理

リコリスは秋に花を咲かせます。花が咲き終わったあとは急に萎んでしまいます。そのままにしておくと葉が伸びるのを邪魔してしまいますので花ガラを摘み取るようにしましょう。

冬越し

雪が積もる時期、リコリスの球根は土の中で活動しています。「ラジアータ」の場合はそのままにしておいても構いませんが、原産地が暖かい場所の種類のリコリスは鉢上げしたり、ポリキャップを被せて霜や寒さの対策をする必要があります。

リコリス(彼岸花)の育て方:8

肥料の与え方:鉢植え・地植え共通

リコリスを植え付けた年は堆肥や化成肥料を最初に混ぜ込んでいる場合は肥料を与える必要はありません。追肥を与える時は翌年の草が生長する時期に施すようにしましょう。

リコリスは多年草

リコリスは多年草のため、花が散って見た目には休眠しているように見えますが花の時期が終わったあとは翌年の開花に向けて球根を大きくしたり、根をしっかりと張るために活動しています。堆肥を施す場合は花後の冬に、液肥を施す場合は草が生長する時期に肥料を与えましょう。追肥を与えることで生長が良くなり、球根からの増やし方を早めることができます。

リコリス(彼岸花)の育て方:9

植え替えの時期

リコリスの植え替えの時期は花を咲かせる前の夏に植え替えるのが一番適しています。リコリスの球根を植え付けする時期と同じです。

植え替え方法:鉢植え

リコリスは根が深く張るので、鉢植えの場合は根が詰まってしまう前にひとまわり大きな鉢に植え替えをする必要があります。しかし、リコリスは植え替えを苦手としますので最初に鉢植えにしてから3年ほどは植え替えをしなくても良いように大きめの鉢に植えるようにすると良いでしょう。

植え替えは根を傷つけないように

根と同じような大きさの鉢植えにした時は毎年根の大きさに合った鉢に植え替える必要があります。他の植物の場合は傷んでいる根を切除したり、軽く根を解してやりますがリコリスの場合はそのままの状態で引き抜いて、ひとまわり大きな鉢に植え替えるようにすると植え替えの影響を減らすことに繋がります。

リコリス(彼岸花)の育て方:10

植え替え方法:地植え

地植えの場合の植え替えは庭に植えているのか、自生に近い状態で植えているのかによって変化します。庭に植えていて、ある程度栽培範囲が決まっている場合は球根が混み合ってくるまではそのままの状態にして手狭になったら栽培する場所を広げたり、鉢上げするようにしましょう。畝などに栽培する場合は放っておいてもどんどん生育する範囲を拡大していきます。

場所を見失わないように

リコリスは地上に出る前は葉も花もなく、植え付けた場所を見失ってしまう場合があります。手探りで球根を探してうっかりと傷つけてしまうとそこから腐ってしまったり、生長しなくなってしまうおそれがあります。傷つけてしまうことを防ぐためにどこに植え付けたか目印をつけておきましょう。

リコリス(彼岸花)の育て方:11

リコリスの増やし方

日本で栽培されているリコリスは種を付けません。そのためリコリスの増やし方は球根の株分けとなります。リコリスは放っておいても自然分球して増えてくれます。栽培する本数を管理したい時は球根を掘り上げて植え替えするようにしましょう。

小さな球根を分ける

具体的な増やし方は植え替えをする時期に球根の状態を確認し、小さな分球ができていたら手で分けてそれぞれ植え付けるようにします。植え方は最初の植え付けと同じ時期・注意点で植えるようにしましょう。

リコリス(彼岸花)の育て方:12

リコリス栽培の注意点・コツ

Photo by472301

リコリスは生命力が強く栽培は比較的容易ですが、これまで紹介した注意点とコツをまとめておきます。育て方や増やし方を押さえておきましょう。

水切れに注意

リコリス栽培のコツはしっかりと根を張らせることになります。最初に植え付けをしたときにしっかりと根を張らせるために水の管理を怠らないようにしましょう。通常地植えであれば水やりをする必要はありませんが、リコリスの場合は乾燥に弱いため、生長する時期に水切れを起こすと上手く育ちません。逆にいうと初年度にしっかりとした根を張らせることができれば翌年以降は綺麗な花を咲かせてくれるということになります。

肥料は翌年から

球根を植え付けた年は肥料を必要以上に施す必要はありません。土づくりで元肥をしている場合は尚更です。追肥をするのは花が咲き終わったあとにゆっくりと効果の現われる堆肥や牛ふんを直接根に当たらないように株の周囲に撒きます。即効性のある液肥は葉が生長する時期に与えるようにすると効果的です。

増やし方は株分け

リコリスの増やし方は自然分球した球根を手で分けて植え付けることです。放っておいてもどんどんと数を増やしますが、植え付ける場所を意図的にずらしたり鉢植えにするときは葉が黄色くなった時に掘り上げて植え付けるようにしましょう。

病気・害虫に強い

リコリスは病気や害虫に強い植物となっています。特に注意する必要はありませんが、加湿状態が続き過ぎると球根から腐ってしまったり、湿度が高くなる時期になめくじが蕾を食べてしまうことがあります。どちらともに少しの注意を傾けるだけで防ぐことができます。

まとめ

美しいリコリスを栽培しよう!

Photo by Kaydee H

リコリス(彼岸花)はお彼岸の頃に畦道などで美しく咲き誇っています。庭に植え付けたり、鉢植えにして自宅でも栽培してみましょう。野に自生するほどの強い生命力を持っていますので、花の栽培に慣れていない初心者でも立派に育てることができます。増やし方は球根を取って植え付ける方法となります。球根取りを続けていると長期間栽培を楽しむことができますので続けて育てて行きましょう。

植物栽培が気になる方はこちらもチェック!

当サイトではリコリス(彼岸花)の育て方以外にも植物栽培に関する記事を多数掲載しています。気になる方はチェックしてみてください!

ニラの育て方は?家庭菜園で収穫するまでに必要な4つのポイントを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
ニラの育て方は?家庭菜園で収穫するまでに必要な4つのポイントを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
ニラは生命力が強く、基本的には痩せた土でも育ってくれる野菜の品種となります。しかし土づくりから植え方、日々のお手入れなど育て方のポイントを押さえると複数年に渡り収穫することができます。ニラの育て方のポイントを解説しますので家庭菜園でニラ栽培をしてみましょう!
白色が美しいエーデルワイスの育て方!種や苗から元気に育てる方法をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
白色が美しいエーデルワイスの育て方!種や苗から元気に育てる方法をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
エーデルワイスは庭を白く彩る可憐で美しい花です。日常の手入れ不足で病気にも害虫にもなりやすい栽培の難易度が高い植物ですが、育て方のポイントを押さえることで元気に栽培することができます。育て方のポイントを押さえてエーデルワイスで華やかな庭作りをしてみましょう!
スイセンノウの育て方パーフェクトガイド!立派に栽培するポイントもご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
スイセンノウの育て方パーフェクトガイド!立派に栽培するポイントもご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
スイセンノウの育て方をお探しですか?この花はとても可憐な花を咲かせる植物で別名がたくさんある植物としても知られています。今回はこのスイセンノウの育て方を種まきから植え替え・切り戻しなどの剪定方法や株分けでの増やし方もご紹介しましょう。
さくらドッグ
ライター

さくらドッグ

これまでキャンプからDIY・ガーデニングまでいろいろな趣味を楽しんできました。その経験を元に役立つ情報を発信します。水曜「旦那めし」・土曜「ダイエット日誌」2本の連載もぜひ読んでみてください!


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking