Twitter
Facebook
LINE

安いテントおすすめ10選!格安なのに高性能&高デザインなテントを厳選比較!

hosokawa_taka

安いテントおすすめ10選!格安なのに高性能&高デザインなテントを厳選比較!

hosokawa_taka

おすすめの安いテント:はじめに

Photo bychulmin1700

テントは比較的に大物のキャンプ道具ですので価格が高くなりがちです。中には高い理由が見いだせないテントメーカーもあります。確かに有名ブランドのテントは高性能で機能的ですし、デザインもかっこいいのですが、価格が安いテントであってもテント泊は可能です。

ここでは価格が安いテントを紹介し、機能や性能、人気やデザインについて検証します。

安いテントは初心者向け?

Photo by nidate

安いテントは初心者キャンパーをベテランキャンパーへと育てるテントだと捉えましょう。安いテントは高性能ではなかったり、快適な機能が省略されていたりするので、ちょっとした工夫が必要です。

そのちょっとした工夫をしようとする気持ちが初心者を育てます。あなたならではの工夫を凝らすことで、サイトアレンジに説得力が増すのです。

テントは重要な道具?

Photo by Yasuo Kida

テントは就寝時に使う重要なキャンプ道具です。十分な睡眠を得られなければ、楽しいキャンプにはなりません。逆にいえば、十分な睡眠を得られるのなら安いテントで十分!キャンプ場ではタープ下で過ごす時間のほうが長いので、テントは値段の安いもので間に合わせるという考え方も大いにありです。



安いテントを探すポイント:高性能か?

テントの生地

Photo by imgdive

高性能なテントは素材が理由で価格が高くなっています。その中でもテントの生地は耐候性を左右する素材。キャンプのハイシーズンからトップシーズンに適した生地のテントを物色すると、安いテントを見つけやすくなります。

フライシートの耐水圧が1,500mm以上なら豪雨でも浸水する可能性が低いですね。ちなみに、耐水圧が高すぎるテントは通気性が悪いので、夏場に蒸し暑さを感じます。

テントのフレーム



Photo bybhossfeld

テントのフレームの素材は耐風性を左右します。大まかにはグラスファイバー製とアルミ製に分けられますが、どちらがいいとはいえないのが事実。グラスファイバー製のフレームは柔らかいので折れにくいのですが、強風時に形状を保てなくなります。

その反面、アルミフレームは強風時でもしっかり自立しますが、折れたり曲がりグセが付いたりしやすいですね。しかし、張り綱で確実にペグダウンすれば、フレームの耐風性の差は縮まります。

安いテントを探すポイント:機能はどう?

テントの機能:ベンチレーション

Photo byBen_Frieden

テントの機能は構造で決まります。安いテントを選ぶならベンチレーション機能にこだわりましょう。ハイシーズンからトップシーズンのキャンプではベンチレーション機能は多いほど快適に過ごせます。

暑さ寒さはシュラフやシュラフカバーで調整するのがおすすめです。ちなみに、フライシートのスカートは保温性を高めるためのもの。ウインターシーズンでは効果的ですが、ハイシーズンやトップシーズンでは無用の長物です。

テントの機能:前室

Photo by imgdive

テントの前室はあったほうが機能的です。前室は靴置き場や物置場になるからです。前室と後室があれば、出入り口と荷物置き場に分けられます。後室は安いテントで省略されがちですので、価格と相談して決めましょう。

タープを設営しないコンパクトなキャンプスタイルなら、前室に屋根を張り出せるキャノピー付きのテントが機能的です。また、前室がリビングスペースになっている2ルームテントもおすすめです。

安いテントを探すポイント:かっこいいか?

Photo byyongxinz

安いテントはデザインにある程度の妥協が必要になります。しかし、テント選びで重要なのはデザイン!かっこいいテントはキャンプ気分を高めてくれますし、何らかのトラブルがあっても萎える気持ちを支えてくれます。

テント選びで迷ったら、かっこいいテントを選択するほうが後悔しにくいですね。なお、安いテントにはノーブランド品が多いので、テントのブランドにこだわる人にはおすめできません。

かっこいいテントは機能もgood

Photo byMaria1968

かっこいいテントは機能も優れていることが多いですね。テントのデザインはキャンプに対するキャンパーの姿勢が表れます。テントがかっこいいのではなく、キャンプのスタイルがかっこいいということ。

ちなみに、安いテントを選ぶ場合は、奇をてらったデザインよりスタンダードなデザインを中心に物色するのが正攻法です。必要な機能だけを凝縮したテントは、かっこいいサイトアレンジに役立ちます。

Photo by jetalone

では本題!ここでは、安いテントのチェックポイントを確認してからおすすめ商品を紹介しますね。人気のあるコールマンブランドのテントとも比較します。なお、この記事は2020年4月13日現在の情報をもとに作成しますことをご了承ください。

おすすめの安いテント:ソロキャンプ①

蚊帳テントad166の人気の秘密

テント ad166

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

蚊帳テントad166はハイシーズンからトップシーズンのソロキャンプで快適なテントです。高性能とはいえませんが、蒸し暑い日本の夏を想定した通気性がおすすめポイント。真夏のソロキャンプではタープ下にフライシートなしで設営すると快適です。

張り綱用ループの位置が的確で、ペグダウンすればFRPフレームの弱点である耐風性を高められます。コンパクトなソロキャンプにもおすすめ!価格は約4000~4400円と激安です。

蚊帳テントad166を比較

出典: https://shop.r10s.jp/patri/cabinet/ad/ad166-10.jpg

蚊帳テントad166をソロキャンプで人気のコールマンのツーリングドームSTと比較すると、フロアサイズでメリットを感じられます。収納サイズもコンパクトですね。

しかし、前室はキャノピータイプではありませんので、キャンプ場でくつろぐにはタープが必要になります。ちなみに、コールマンのツーリングドームSTはどのテントと比較しても最重量級。これは前室の面積が広いためです。

【蚊帳テントad166をツーリングドームSTと比較】

ブランド ノーブランド コールマン
テント名 ad166 ツーリングドームST
インナーサイズ 200×145×115cm 210×120×100cm
収納サイズ 45×15×15cm Φ23×52cm
重量 3.0kg 4.4kg
フライシート耐水圧 1,000mm 1,500mm
フレーム素材 FRP FRP
前室/後室 あり/あり キャノピー/あり

おすすめの安いテント:ソロキャンプ②

ツーリングテントUVの人気の秘密

ツーリングテント UV

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

バンドックのツーリングテントUVはツーリングでのソロキャンプで人気があります。ツーリングテントのスタンダードといっても過言ではないデザインがかっこいいですね。

耐水圧は1,000mmと低めですが、機能的には申し分ありません。1,000mmの耐水圧で浸水する可能性があるのは豪雨時。豪雨時は薄手のブルーシートを被せて浸水するのを防ぎましょう。価格は約6,000円です。

ツーリングテントUVを比較

出典: https://shop.r10s.jp/sekichu/cabinet/052/0001/4955985194328_1.jpg

コールマンのツーリングドームSTと比較すると、ツーリングテントUVは収納サイズと重量でメリットを感じられます。しかし、フロアサイズの長辺が短いので、背の高い人は要注意です。

のんびり過ごすキャンプではタープが必要になりますが、ツーリングでのソロキャンプならツーリングテントUVの前室と後室があれば十分。バンドックのブランド力は高まっていますので、イチオシでおすすめです。

【ツーリングテントUVをツーリングドームSTと比較】

ブランド バンドック コールマン
テント名 ツーリングテントUV ツーリングドームST
インナーサイズ 1970×135×105cm 210×120×100cm
収納サイズ 46×13×13cm Φ23×52cm
重量 2.3kg 4.4kg
フライシート耐水圧 1,000mm 1,500mm
フレーム素材 FRP FRP
前室/後室 あり/あり キャノピー/あり

おすすめの安いテント:ソロキャンプ③

NH18A095-Dの人気の秘密

NatureHike NH18A095-D

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

ネイチャーハイクのNH18A095-Dは登山でのテント泊、徒歩旅、サイクリングなど、人力移動でのソロキャンプで人気があります。フロアサイズを一人用に割り切った広さですが、非常に高性能なうえに軽量でコンパクト!人力移動だけでなく、バイクでのソロキャンプツーリングにもおすすめです。

張り綱用ループは2か所しかありませんが、アルミ製のフレームは耐風性に期待できます。価格は8,000強~14,000円弱です

NH18A095-Dを比較

出典: https://image.rakuten.co.jp/satex-j/cabinet/nh/imgrc0081775164.jpg

NH18A095-DをツーリングドームSTと比較すると、軽量でコンパクトな収納性にメリットを感じられます。耐水圧も高性能ですね。高性能な反面、ナイロンのテント生地が気になります。

ナイロン生地のテントは軽量でコンパクトな収納性に貢献しますが、濡れると乾きにくいので重くなります。ポリエステル生地と比較すると紫外線劣化しやすいのも気がかり。テントの設営は夕食前、撤収は朝食後など、直射日光に当たらないように工夫しましょう。

【NH18A095-DをツーリングドームSTと比較】

ブランド ネイチャーハイク コールマン
テント名 NH18A095-D(青/赤) ツーリングドームST
インナーサイズ 205×95×110cm 210×120×100cm
収納サイズ 40×15×15cm Φ23×52cm
重量 1.5+0.2kg 4.4kg
フライシート耐水圧 3,000mm 1,500mm
フレーム素材 アルミ FRP
前室/後室 あり/なし キャノピー/あり

おすすめの安いテント:ソロキャンプ④

ハヤブサテント2人用の人気の秘密

【Bears Rock】 ツーリングテント

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

ベアーズロックは安いテントの中ではナンバーワンの人気を誇るソロキャンプ用のテントです。テント名の通り、ハヤブサが羽を広げたような形状がおすすめポイント。

テントは出入り口を風下に向けて設営するのがセオリーですが、ハヤブサテントなら両方の入り口を風下にして設営できます。のんびり過ごすソロキャンプではタープを併用するのが望ましいですね。価格は10,000円弱です。

ハヤブサテント二人用を比較

出典: https://image.rakuten.co.jp/gorilla55/cabinet/outdoor/02973283/05508773/hayabusa-tent_09.jpg

ハヤブサテントとコールマンのツーリングドームSTと比較すると、すべての項目で上回っていることがわかります。設営の簡単さも互角です。長辺サイズが短いコンパクトな収納サイズはバイクツーリングでのソロキャンプ向き。

しかし、ツーリングドームSTの前室は広いキャノピーになっていますので、タープなしでソロキャンプを楽しめます。価格が接近していますので、コールマンのブランド力と比較することになるでしょう。

【ハヤブサテント二人用をツーリングドームSTと比較】

ブランド ベアーズロック コールマン
テント名 ハヤブサテント二人用 ツーリングドームST
インナーサイズ 210×140×120cm 210×120×100cm
収納サイズ 40×20×20cm Φ23×52cm
重量 2.6kg 4.4kg
フライシート耐水圧 2,000mm 1,500mm
フレーム素材 アルミ FRP
前室/後室 あり/あり キャノピー/あり

おすすめの安いテント:ペア&家族キャンプ①

Rockpals テントの人気の秘密

Rockpals テント 3~4人用

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらのテントは2層構造になっており、ワンタッチで設営できるタイプです。3秒もあれば設営ができるので、テントを初めて組み立てるという人でも安心。

また、点と生地には190Tポリエステルを利用し、最大で99%のUVカット効果を発揮します。小雨程度であれば問題なく利用できるので、天候の変わりやすい季節にももってこいのアイテムと言えるのではないでしょうか。

Rockpals テントを比較

ここでは、Rockpalsのワンタッチテントとコールマンのタフドーム240を比較しています。それぞれインナーサイズや収納時のサイズ、重量や前室の有無などを比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

価格においては、Rockpalsのワンタッチテントの方が安くて購入しやすいです。

【ワンタッチテントをタフドーム240と比較】

ブランド ノーブランド コールマン
テント名 ワンタッチテント タフドーム240
インナーサイズ ‎190 x 180 x 114 cm 240×240×160cm
収納サイズ 約73×12×15cm Φ20×72cm
重量 3.4kg 7.5kg
フライシート耐水圧 不明 2,000mm
フレーム素材 不明 アルミ+FRP
前室/後室 なし/なし キャノピー/あり

 

おすすめの安いテント:ペア&家族キャンプ②

FLYTON ワンタッチテントの人気の秘密

FLYTON ワンタッチテント

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

手軽に大人数で利用できるテントを購入したいのなら、FLYTONから販売されているワンタッチテントがおすすめです。最大で5人まで入ることのできる大きめサイズですが、価格は1万円以下ととてもお得。

スプリング油圧を採用しており、3秒もあればテントは開いてくれるのがポイントです。UVカットや防水機能も備わっているので、どんなシチュエーションでも活躍してくれることでしょう。

FLYTON ワンタッチテントを比較

ここでは、FLYTONのワンタッチテントとコールマンのタフドーム240を比較しています。それぞれ似ている部分もあれば、違っている部分もあります。

そのため、コストパフォーマンスがいい商品を取るのか、ブランドのものを買うのか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

【FLYTONワンタッチテントをタフドーム240と比較】

ブランド ノーブランド コールマン
テント名 FLYTONワンタッチテント タフドーム240
インナーサイズ 230X230X135cm 240×240×160cm
収納サイズ 不明 Φ20×72cm
重量 不明 7.5kg
フライシート耐水圧 3,000mm 2,000mm
フレーム素材 不明 アルミ+FRP
前室/後室 キャノピー/なし キャノピー/あり

おすすめの安いテント:ペア&家族キャンプ③

フィールドキャンプドーム200の人気の秘密

ドームテント シルバーコーティング FIELDOOR

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

フィールドアのフィールドキャンプドーム200はコンパクトな3人用テントです。ベンチレーション機能も豊富で前後室からの通気性にも期待できますので、夏のキャンプにおすすめです。

厳密にいえば、前室はキャノピーではありません。張り出しポールがないので、前室はそれほど広くないのです。しかし、前室部のフライシートを半開けでペグダウンすればプライバシーと風通しを両立できます。価格は8,000円強です。

フィールドキャンプドーム200を比較

コールマンのタフドーム240と比較すると、フィールドキャンプドーム200はひとまわり小さいサイズになっています。キャノピー状の前室面積はタフドーム240に軍配が上がりますが、大きな違いはインナーテントの立ち上げ方法。

タフドーム240が半スリーブ式なのに対し、フィールドキャンプドーム200は吊り下げ式です。設営がしやすい上に、スタンディングテープを自作すればフライシートをサンシェード代わりに使えます。

【フィールドキャンプドーム200をタフドーム240と比較】

ブランド フィールドア コールマン
テント名 フィールドキャンプドーム200 タフドーム240
インナーサイズ 200×220×125cm 240×240×160cm
収納サイズ 不明 Φ20×72cm
重量 3.0kg 7.5kg
フライシート耐水圧 1,500mm 2,000mm
フレーム素材 アルミ アルミ+FRP
前室/後室 キャノピー/あり キャノピー/あり

おすすめの安いテント:家族キャンプ①

プロモキャノピーテント5の人気の秘密

キャノピーテント5

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

キャンパーズコレクションのプロモキャノピーテント5は、家族キャンプのスタンダードテントとして人気があります。前室のキャノピーが広いのは当たり前!後室も跳ね上げられるのがおすすめポイント。

キャンパーズコレクションは価格と機能のバランスがいいので、ブランド力は高まっていますね。FRPフレームの大きなテントですが、張り綱ループの位置は的確!耐風性にも期待できます。価格は約15,000~21,000弱です。

プロモキャノピーテント5を比較

出典: https://image.rakuten.co.jp/e-kurashi/cabinet/pc_sub/033/xqd64-11t.jpg

コールマンのタフドーム3025と比較すると、プロモキャノピーテント5はフロアサイズが正方形になっています。正方形のフロアサイズはインナーテント内の整理がしやすいだけでなく、小さなテーブルを持ち込んで家族で団らんがしやすいですね。

270×270のフロアサイズは4.5畳のブルーシートをグランドシートにできるのもメリット。高性能なテントではありませんが、価格と機能のバランスに人気があります。

【プロモキャノピーテント5をタフドーム3025と比較】

ブランド キャンパーズコレクション コールマン
テント名 プロモキャノピーテント5 タフドーム3025
インナーサイズ 270×270×160cm 300×250×175cm
収納サイズ 23.5×23.5×66cm Φ26×72cm
重量 12.8kg 10kg
フライシート耐水圧 1,000mm 2,000mm
フレーム素材 FRP アルミ+FRP
前室/後室 キャノピー/あり キャノピー/あり

おすすめの安いテント:家族キャンプ②

テントファクトリー フォーシーズントンネル 2ルームテント

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらのテントは、2ルーム設計の大型テントとなっています。かなり大きめサイズのテントなので、ゆったり過ごしたいという人におすすめです。高さも十分なので、ハイタイプの椅子やテーブルも利用できます。

テントファクトリーは2012年に誕生したばかりのブランドではありますが、高品質のものをできるだけコストを抑えて販売することをコンセプトにしているブランドです。

テントファクトリー フォーシーズントンネル 2ルームテントを比較

ここでは、テントファクトリーのフォーシーズントンネル2ルームテントと、コールマンのタフドーム3025を比較しています。それぞれどちらも人気のあるブランドなので、ご存じの方もいるかもしれません。

どちらも広々と使えるタイプのテントなので、自然を最大限に堪能したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

【2ルームテントをタフドーム3025と比較】

ブランド テントファクトリー コールマン
テント名 2ルームテント タフドーム3025
インナーサイズ 5600×2550×1900(h)mm 300×250×175cm
収納サイズ 660×280×280mm Φ26×72cm
重量 15.5kg 10kg
フライシート耐水圧 3,000mm 2,000mm
フレーム素材 不明 アルミ+FRP
前室/後室 リビング/なし キャノピー/あり

おすすめの安いテント:家族キャンプ③

キャンプドーム300 FIELDOOR

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

フィールドアのフィールドキャンプドーム300は大きなキャノピー付きドームテントです。大人4人でも楽勝なフロアサイズがおすすめポイント。キャノピーを立ち上げるためのポールも2本付属しています。

また、インナーテント外側に設けられた小物入れは機能的です。タオルやお菓子など、地面に落として汚したくないものを収納するのに使えます。フライシート裏側には遮熱性が高いシルバーコーティングが施されています。

フィールドキャンプドーム300を比較

コールマンのタフドーム3025と比較するとフィールドドーム300はひとまわり大きく、どちらかというと人気のタフワイドドームⅣに近いサイズです。

フィールドドーム300の全長は5mもありますので、コンパクトだとはいえず、区画が狭いオートキャンプ場ではスクリーンタープの併用に苦心するかもです。ベンチレーション機能の豊富さではタフドームに軍配が上がりますが、13,000強の安い価格でコールマンのブランド力を脅かしています。

【フィールドキャンプドーム300をタフドーム3025と比較】

ブランド フィールドア コールマン
テント名 フィールドキャンプドーム300 タフドーム3025
インナーサイズ 300×300×175cm 300×250×175cm
収納サイズ 不明 Φ26×72cm
重量 7.5kg 10kg
フライシート耐水圧 1,500mm 2,000mm
フレーム素材 FRP アルミ+FRP
前室/後室 キャノピー/あり キャノピー/あり

おすすめの安いテント:まとめ

Photo bychanwity

安いテントには安い理由があります。しかし、キャンプをする季節やスタイルに合っていれば、安いテントでも十分活躍します。レジャーキャンプではテントよりもタープを重視する方が快適ですので、安いテントは機能と価格のバランスをみながら選びましょう。

テントが気になる人はこちらをチェック!

Photo byFree-Photos

人気ブランドのテントやテントの種類もチェックしましょう。ここではスタンダードな形状のテントを中心に紹介しましたので、あなたらしさを演出できるテントも視野に入れて欲しいですね。テントにはキャンプに対する姿勢が表れます。かっこいいテントでキャンプを充実させましょう。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【かぎ針編み】初心者の方向け!三つ巻き長編み(みつまきながあみ)の基本のやり方を解説✨How to double treble crochet knitting

今回は「三つ巻き長編み(カギ針)の仕方」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 鎖編みの動画はこちら↓ https://youtu.be/lqs...

【かぎ針編み】初心者の方向け!長々編み(ながながあみ)の基本のやり方を解説✨How to treble crochet knitting

どうも皆さんこんにちは!暮らしーのインドアライフチャンネルです!今回は「長々編み(カギ針)の仕方」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 鎖編み...

釣りのラジオ釣りラじ「第53回ぐらんでぇじおじさんより」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ▼釣りラジをSpo...

釣りのラジオ釣りラじ「第53回ぐらんでぇじおじさんより」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ▼釣りラジをSpo...

【室内再生栽培】Amazonで売ってる植物育成ライトで小松菜とカブをリボベジしてみたら、収穫までいけました!✨

どうも皆さんこんにちは!暮らしーのインドアライフCHです!今回は「Amazonで売ってる植物育成ライトで再生栽培をしてみた結果」をご紹介します! 今回使用したAmazonライトはこちらです↓ htt...