検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2020】札幌の遊園地・テーマパークおすすめは?観光で絶対行くべきはココ!

札幌でおすすめなアトラクションの楽しい遊園地やテーマパークを紹介してきます。入場料金も安い値段で、家族や友達や恋人と共に、楽しく過ごすことのできる札幌市内にある遊園地を多数紹介しますので、休日を利用して出かけてみたい所を探してみてくださいね。
2020年8月28日
hanashin

観光でおすすめな札幌のテーマパークを紹介!

旅行客からも人気の高い北海道の街といえば「札幌」です。札幌市内には国の重要文化財にも指定されている札幌市時計台や、日本最大級の巨大ショッピングモールの札幌ステラプレイスや、日本三大歓楽街のひとつとしても知られるススキノなど、大人同士での旅行での観光でも楽しめるスポットが豊富にあります。


今回は札幌市内にあるアトラクションの楽しい遊園地やテーマパークを沢山紹介していきます。札幌駅からもさほど離れていない距離にあるテーマパークもあるので、近くのホテルに宿泊する予定がありましたら、利用してみるのもおすすめです。(記載されている内容は2020年3月10日現在の情報を元に作成しています。)

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク①

ノースサファリサッポロ

札幌市の南区にあるノースサファリサッポロは、2005年の7月頃に北海道としては初となるサファリパークとしてオープンしたアミューズメントパークです。水陸両用車ジャングル探検やポニーの乗馬体験、DTVシュレッダーやミニセグウェイなど、様々な体験ができます。


入園料金は冬季営業中は中学生以上の大人は1200円、小学生以下の子供は500円という安い値段で入場できます。また夏季営業中は中学生以上の大人が1800円、小学生以下の子供であれば600円と安い値段で入場できます。また3歳以下の子供であれば無料で入場可能です。乗り物だけでなく、たくさんのかわいい動物達を鑑賞できるる人気アミューズメントパークです。

おすすめスポットの基本情報

【住所】札幌市南区豊滝469-1
【アクセス】地下鉄・バスでJR札幌駅から約45分
【電話番号】080-1869-6443
【営業時間】10〜17時
【定休日】無し

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク②


札幌らーめん共和国

札幌ラーメン共和国は、旅行で宿泊するホテルも近くに色々とあり、札幌駅にも直結している大型ショッピングモール「札幌エスタ」にあるラーメンのテーマパークになります。札幌の有名店である「麺処白樺山荘」や函館ラーメンの老舗人気店「函館麺厨房あじさい」や、醤油ラーメンが美味しいと評判の人気店で、小樽市に本店を構えている「初代」などのラーメン店を含め、全8店舗があるラーメンテーマパークです。

美味しいラーメンだけでなく、安いお値段で食べられるサイドメニューも充実しているお店ばかりなので、近くのホテルに宿泊する予定がありましたら、ディナーやランチなどでお好みの店にお出かけしてみてくださいね。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市中央区北5条西2
【アクセス】R札幌駅直結
【電話番号】011-209-5031
【営業時間】11〜22時
【定休日】無し

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク③

サッポロさとらんど

札幌市の東区にある「サッポロさとらんど」は、遊びながら農業体験ができるアミューズメントパークです。一年を通して体験できるバター作り体験も好評で、その他にも夏季限定のアイスクリーム作り体験や冬季限定のソーセージ作り体験も人気です。またさとらんど体験農園では、5月から11月の上旬頃までにかけて、季節の新鮮野菜を自分の手で収穫する体験も行う事ができます。

園内には安いお値段で美味しいランチを味わう事ができるレストランもあります。またSLバスや馬車に乗って園内を周遊する事もできます。アトラクションなどはこれといってありませんが、親子で楽しく自然と触れ合いながら過ごせるアミューズメントパークなので、札幌旅行の計画に入れて利用してみてくださいね。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市東区丘珠町584-2
【アクセス】南北線北34条駅または東豊線新道東駅より東76中沼小学校通ゆきに乗車しいずれも丘珠高校前下車、徒歩10分。
【電話番号】011-787-0223
【営業時間】4月28日~9月30日/9:00~18:00、10月1日~4月27日/9:00~17:00
【定休日】4月28日~11月3日/無休、11月4日~4月27日/月曜日(祝日の場合はその翌日)・年末年始(12月29日~1月3日)
【駐車場】有り

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク④

北海道開拓の村

北海道開拓の村は、2007年の8月頃に博物館相当施設に指定されている野外博物館になります。一般のお客様で800円、大学生・高校生で600円と入場料金も安いです。夏季は馬車鉄道に乗りながら村を周回する事ができます。まあ冬は馬ソリに乗りながら村を周回する事ができます。どちらも大人(15歳以上)が250円で、子供が100円(3歳から14歳まで)という安い値段で利用する事ができます。

また村内には「開拓の村食堂」という食堂もあります。安いお値段で色々な美味しいメニューを味わえるので、お昼時に利用するのにおすすめです。近くのホテルに泊まる予定があるのでしたらぜひ立ち寄ってみるのにもおすすめな旅行スポットです。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
【アクセス】道央自動車道・札幌南ICより国道12号線を江別方向へ約15分
【電話番号】011-898-2692
【営業時間】9時00分 ~ 16時30分 ※5~9月は17:00まで
【定休日】月曜、年末年始
【駐車場】有り

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク⑤

サッポロビール博物館

サッポロビール博物館では、時間に合わせて楽しめる自由見学コースが設けられており、ビールの歴史を学ぶ事ができます。また所要時間約50分で定員が20名様まで、大人が500円で、中学生から二十歳未満までは300円という安い値段で利用できるプレミアムツアーもあります。

プレミアムツアーは、ツアーの締めくくりとして、創業当時の味を復元した「復刻札幌製麦酒」や、サッポロ生ビール黒ラベルを試飲する事もできます。旅行者が泊まるホテルも周辺にたくさんある札幌駅周辺の人気スポットなので、利用してみてくださいね。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1
【アクセス】札幌駅から歩いて5分程度
【電話番号】011-748-1876
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】無し
【駐車場】有り

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク⑥

nORBESA(ノルベサ)・NORIA(ノリア)

旅行客が泊まるホテルも周辺に多くある「ススキノ」の”nORBESA(ノルベサ)”という施設の屋上には、アミューズメントパークの定番アトラクションでもある観覧車があります。ノリアと呼ばれるこちらの観覧車は、地上78mに達する札幌発の屋上観覧車です。よく晴れた日は大倉山、藻岩方面の美しい景色を眺める事もできます。

定員は4名様までで、家族や恋人と一緒に楽しむ事もできます。3歳以下は無料で、大人は一名様で600円という安いお値段で利用できます。またノルベサにはゴルフシミュレーションやダーツを楽しめる施設もあります。お買い物も楽しめるので、近くの札幌市内のホテルに宿泊するのであれば出かけてみるのもおすすめです。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市中央区南3条西5-1-1
【アクセス】地下鉄南北線すすきの駅より徒歩約2分
【電話番号】011-271-3630
【営業時間】テナントにより異なります
【定休日】無し

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク⑦

白い恋人パーク

札幌市西区にある「白い恋人パーク」は、古くから北海道旅行の人気お土産として親しまれている白い恋人の製造ラインを見学できるチョコレートのアミューズメントパークになります。観るだけでなく、人気お菓子の白い恋人を使ったスイーツを味わうことができるカフェもあります。

また自分でも白い恋人を作れる体験や、気軽に楽しめるチョコレート体験も行っている施設です。英国街の中庭「ローズガーデン」は、夏になると200種類以上のバラが咲き誇っています。また冬はイルミネーションが飾られて美しい風景を見せてくれます。大人のデートスポットとしても人気の高い施設です。ホテルが周辺に多い札幌駅からもさほど離れていない施設なので、ご興味ありましたらぜひお出かけしてみてくださいね。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
【アクセス】地下鉄東西線「宮の沢」駅下車、徒歩 約7分
【電話番号】011-666-1481
【営業時間】9:00~20:00 ※店舗によって異なる
【定休日】無し
【駐車場】有り

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク⑧

モエレ沼公園

北海道の札幌市にある「モエレ沼公園」は、彫刻家であるイサムノグチがデザインしたアートパークで、公園の中央の部分には直径48mの海の噴水があり、最大25mまで噴き上がります。また1900本の桜が植樹されているサクラの森には、七つの遊具エリアが隠れるように存在しています。設置している遊具は全てイサムノグチ氏がデザインしています。

近未来を思わせるかのようなガラスのピラミッド型建造物も見どころです。また公園内には地元でとれた新鮮な食材を使ったフレンチを味わえるレストランもあります。大人のデートスポットとしても楽しめるアミューズメントパークなので、近くまで来る予定がある時や、旅行で近くのホテルに泊まるご予定があるのでしたら、是非利用してみてください。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
【アクセス】札幌市街地から国道12号、国道275号、道道89号線(環状通)を経由し三角点通を中沼方面に進む
【電話番号】011-790-1231
【営業時間】7時00分 ~ 22時00分
【定休日】無し
【駐車場】有り

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク⑨

札幌市青少年科学館

札幌市厚別区にある「札幌市青少年科学館」は、大人と子供が一緒に科学について学ぶ事ができる人気スポットで、家族旅行などで訪れるのもおすすめです。新札幌駅からも歩いて5分程度と近い場所にあるので、近くのホテルに泊まってるのですが利用してみるのもおすすめです。

サイエンスショーやロボットショーなどが毎日開催されており、世界最高水準の機器で映し出すプラネタリウムを楽しむ事もできます。プラネタリウムは500円と安いお値段で利用する事ができます。また12人乗りカプセルが前後左右に動いて、臨場感たっぷりな宇宙冒険の疑似体験ができる「スーパードリームライド」というアトラクション感覚で楽しめる装置もあります。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市厚別区厚別中央1条5-2-20
【アクセス】JR千歳線 新札幌駅からサンピアザ経由歩いて5分
【電話番号】077-892-5001
【営業時間】9時00分 ~ 16時30分
【定休日】毎週月曜日、毎月最終火曜日、祝日の翌日、12月27日〜翌年1月4日
【駐車場】有り

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク⑩

国営滝野すずらん丘陵公園

札幌市の南区にある「国営滝野すずらん丘陵公園」は、公園とは感じられないほど施設が充実していて、大人同士での旅行でも楽しめる人気のアミューズメントパークです。冬は200mのロングコースを一気に滑り降りるチューブソリというアトラクションが子供から大人にまで人気の施設です。

園内には子供と大人が体を動かして楽しむ事ができるダイナミックな遊具や、自然を利用した遊具が色々とあります。また暖かい季節になると色とりどりの花々が一斉に咲き乱れ、園内を美しく染め上げますので、思い出の写真を残すのにもぴったりな旅行スポットです。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市南区滝野247
【アクセス】中央バス滝野線真106/地下鉄南北真駒内線→厚別の滝→すずらん公園東口 ※所要時間:地下鉄真駒内駅より25分
【電話番号】011-592-3333
【営業時間】9時00分 ~ 17時00分
【定休日】4月1日~4月20日・11月11日~12月22日の準備期間中は休園
【駐車場】有り

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク⑪

月寒公園

札幌市豊平区にある「月寒公園」は、1年を通して楽しむことができる総合公園です。子供と一緒に遊ぶ事ができる広場や遊び場も充実しているアミューズメントパークです。月寒の丘と呼ばれるエリアには、斜面を利用していて長さのあるロング滑り台があり、子供と共にアトラクション感覚で楽しむ事ができます。

また水の遊び場というエリアも設けられていて、水深が浅いために小さなお子様を安全に遊ばせる事ができます。またターザンロープ・階段遊具などのアトラクション感覚でクリアを目指す木製アスレチック遊具があるエリアもあります。旅行などで近くのホテルに宿泊するのでしたらぜひ立ち寄ってみるのにおすすめなスポットです。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市豊平区美園11条8丁目-1
【アクセス】地下鉄東豊線「美園駅」下車,徒歩10分
【電話番号】011-851-1681
【営業時間】午前9時~午後5時
【定休日】無し
【駐車場】有り

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク⑫

円山動物園

札幌市内にある円山動物園は、オープンしたのが1951年の5月頃と約70年の歴史を誇る動物園になります。入園料は高校生以上の大人で600円とお安い値段で、中学生以下は無料となっている動物園です。

園内にはゾウ舎・エゾヒグマ館・ホッキョクグマ館・チンパンジー館・熱帯鳥類館などの様々な動物舎をはじめ、お腹を満たせる食堂や小休憩に便利な休憩所などもあります。札幌駅からさほど離れていない距離にある動物園なので、家族旅行でお近くのホテルにお泊りになるのでしたら、子供と一緒に出かけるのにもおすすめです。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市中央区宮ヶ丘3-1
【アクセス】地下鉄円山公園駅3番出口より徒歩15分
【電話番号】011-621-1426
【営業時間】2月1日~10月31日/9時~17時、11月1日~1月31日/9時~16時
【定休日】12月29日、30日、31日
【駐車場】有り

観光で行くべき札幌の遊園地・テーマパーク⑬

札幌芸術の森

札幌市南区にある「札幌芸術の森」は、札幌市南区芸術の森内にある施設で、公共建築百選に選定されています。現代を代表する彫刻家の作品や、ノルウェーの彫刻家でありグスタフ・ヴィーゲランが製作した作品などが置かれています。

また野外美術館もある施設で、福田繁雄氏の「椅子になって休もう」というオブジェもあります。施設内には、北海道の旬な野菜をメインとした懐かしい昔ながらのお料理を味わう事ができるビュッフェレストランもあります。

おすすめスポットの基本情報

【住所】北海道札幌市南区芸術の森2-75
【アクセス】地下鉄札幌駅→地下鉄南北線真駒内駅→中央バス「芸術の森入口」または「芸術の森センター」下車
【電話番号】011-592-5111
【営業時間】9時45分 ~ 17時00分
【定休日】年末年始(4/29~11/3無休・11/4~4/28毎週月曜日定休)
【駐車場】有り

まとめ

いかがでしたでしょうか?北海道旅行で札幌に行くのであれば、友達や恋人や家族と楽しめる遊園地やテーマパークも予定に組むのをおすすめします。ぜひ行きたいスポットがありましたら利用してみてくださいね。

アミューズメントパークについて気になる方はこちらもチェック!

以下は、八景島シーパラダイスの人気アトラクションやプレジャーランドパスに関してを紹介している記事、大人同士の旅行やデートでも楽しめる、最新のアトラクション情報の含めた関東の人気遊園地やテーマパークを紹介している記事、旅行時にもオススメな仙台の人気アミューズメントパークや遊園地を紹介している記事です。