Twitter
Facebook
LINE

玉ねぎの種まき時期はいつ?失敗しない種まき方法と芽が出ないときの対処法もご紹介!

佐藤3

玉ねぎの種まき時期はいつ?失敗しない種まき方法と芽が出ないときの対処法もご紹介!

佐藤3

玉ねぎはいくつかのやり方で栽培することができますが今まで花などを育てたことがある人に馴染みがあるのは種まきからの方法でしょう。玉ねぎに限らず種まきは関西と関東で適した時期が変わってきますのでやり方を間違えると発芽しないということも。



はじめに

タマネギの種まきはいつ?種まき後の管理も紹介

タマネギの種まきはその種の種類によってやり方が変わってきます。深さやいつやるか等で間違えてしまうと最悪発芽どころかまったく芽が出ないという失敗に終わってしまうことも。タマネギを種まきからおこなう場合のやり方注意点を、発芽までの日数目安や関東・関西での時期の違い・種をまく深さなど細かく解説していきます。

玉ねぎを種まきから育てる方法1.時期

種まきをするにはまず知っておきたいのがいつまいたらいいのかというタイミングです。種まきからのタマネギ栽培、最初はその時期についてから解説していきましょう。

いつにする?関東と関西で変わる時期

Photo byPettycon

種まきで大切なのはその地域での気温と日照時間です。種は人よりもずっと温度に敏感で厳しくできていて、その時にならないと発芽しなかったり発芽時期がズレてしまうとその後の成長に大きく関わってしまいます。タマネギの場合は主に関東以北と関西以南で種まきをいつするかの目安としています。



関東の種まき時期はいつ

Photo byFree-Photos

関西と比べて関東は地図で見ると南にあるので早めに種まきすることになります。関東のタマネギの種まきは、早く成長する種類で8月末ころからとなっています。品種によってこれもズレてきますので、種袋をよくチェックしてください。

関西の種まき時期はいつ

関西では早生種でも9月初旬に種まきをします。ほんの10日くらいですがこの差がタマネギにはとても大きな成長の差となります。いつ種まきをするのか迷った場合は、まずは種の袋の裏側を見て自分の住んでいるところが関東よりか関西に近いかのチェックからはじめてみてください。



玉ねぎを種まきから育てる方法2.深さ

種まきのやり方をみると、野菜によっていろいろな方法があるのを知ることができるでしょう。タマネギの場合は直線的な溝を作ってそこにある程度の間隔をあけてパラパラと細かい種をまいていく筋蒔きというやり方をしています。

タマネギの種を埋める深さは

通常タマネギを種まきから育てる場合は苗作りという形になります。直まきして間引きではないので注意してください。平らで浅い育苗箱にゴロゴロとした土を深さの半分程度いれたところに、苗用の培養土をウォータースペースを引いた深さまで入れ木片で平らにならして1cmの深さの溝を作ってさこに種まきしていきます。

深さが深い浅いとどうなるのか

1cmの深さのまき溝に種をばらまき5ミリ程度の覆土をするのが一般的ですが、手の加減でそれよりも多少深くなったり浅くなったりすることもあるでしょう。極端に深さが深い場合は発芽までの日数がかかるということも考えられます。また極端に浅すぎると水やりのときに種が流れてしまう危険性が出てきます。深さというのはその種に適したものを紹介していますのでできるだけそれに合うようおこないましょう。

玉ねぎを種まきから育てる方法3.発芽

種をまいたら必ずそのすべてが発芽するわけではありません。今まで他の植物を育てたことがある方なら体験したことがあるでしょう。逆に思ったよりも多くの種が芽吹いてきて間引きが大変ということも。種自体の良し悪しもありますが、その時の気温にも大きく影響されます。

タマネギの発芽温度

育苗箱に種まきしたら気になるのがそのタマネギの発芽でしょう。種には発芽温度というものがあって、タマネギの場合は20度程度。北海道以外ではタマネギは秋に種まきをしますので、涼しくなってきたのを見計らっておこなうことになります。

タマネギの発芽日数

種の種類によっては発芽まで数週間かかるものもありますが、タマネギは早くて種まき後4-6日程度で発芽します。新聞紙などをかぶせて水やりをしていた人は、気づかないうちに発芽しておりうっかり徒長ぎみになることもありますので、日数を見て新聞紙を取るのを忘れないでください。

玉ねぎの種まき後のお世話1.間引き

少なければ生えてきてくれた芽を大切に育てれば良いですが、多すぎるとそのすべてを活かすわけにはいかなくなります。これを何とかするやり方を間引きといいます。間引きは苗までに2回おこなうのが一般的。ここではタマネギの苗作り間引きのやり方についての解説を御覧いただきましょう。

タマネギ種まき後の間引き

筋蒔きしたタマネギの種は必要な数以上にたくさん発芽してきたことでしょう。ある程度の日数が経過して大きく成長してきたら、生えてきたものの中からよいものを選んで他を間引きする詐欺用にはいります。まずは長さが6-7cmになったときに混雑しているところ(同じところから2-3本生えているようなもの)から抜いていきましょう。

タマネギの間引きの注意点

もう少し日数が経過して苗が10cmほどまで大きくなったら株間1.5cmを目安にしてさらに良い株を厳選して間引きしてください。苗床で管理するのはここまでなので、あとは定植できる大きさになるまでこのまま育てましょう。

玉ねぎの種まき後のお世話2.苗と定植

間引きがおわったら、これまでどおり水やりをして苗が定植できるような大きさになるまで育てるだけです。苗のお世話はすることが少なくなりますが、定植に向けて畑の用意をしておく時期となります。

種まき後の苗の管理

種まき後1ヶ月半くらいになると定植にちょうどよいくらいのサイズに株が育っているでしょう。品種にもよりますが秋も深まりだいぶ涼しい日が続くようになっているのではないでしょうか。2回めの間引きをしたあとに追肥を与えることで苗の成長が促進されます。

定植時期は10月か11月

秋に種まきしたものは、通常60日から90日程度日数がたった10月から11月に定植時期を迎えます。定植の方法は苗からのやり方と同じです。

タマネギ種まき後の総合注意点

種まきは育苗箱などでおこなっている人がほとんどでしょう。その間に空いた畑にタマネギ用の土を整えておきましょう。まずはpHの調整用に苦土石灰を混ぜます。その後植え付け前の元肥や堆肥をすきこんで定植を待ちます。15cm程度間隔で株の植え付けていきますので、畝の幅は植え付ける数に合わせて決めていきましょう。

玉ねぎの種まきで失敗しやすい原因は1.品種

種まきから苗を作る方法をご紹介しました。これ以降は買った苗を植え付けて育てる方法と同じになります。手軽に買い求めている苗もいざ作るとなると手がかかるものなのだと実感したのではないでしょうか。ここからはそんな種まきからのタマネギ栽培で失敗しやすい原因を紹介していきます。

成長時期が変わるタマネギの種類

秋蒔きの種は春まきに比べていつまくかというのがシビアに影響してきます。タマネギは早く成長する早生から一般的な中手、収穫時期が一番おそい晩生と大きく分けて3種類あります。極早生などまたここから分かれている品種もあるので種を購入するときは成長する時期をよくチェックしてください。

関東関西以外でも種まき時期が変わる

早生や晩生は収穫時期が変わるだけでなく、種まきする時期にもおおきなズレが生じます。たとえば関東といった中間気温の地域であれば早生は8月末には種まきにはいりますが晩生になると9月中旬すぎころと数週間の違いが出てきます。早く作りすぎると苗になるのも早く定植でズレを修正するのは難儀です。早く植えてしまうと、その後の成長に大きく影響がでるので種まき時期には特に注意してください。

玉ねぎの種まきで失敗しやすい原因は2.病害虫

タマネギづくりには土が大切といわれています。土の中の養分が不足すると病気や成長の障害が発生することもあります。また不健康な株は害虫のかっこうの餌食となるのも避けられません。虫や病気に抵抗できる強い株を育てるためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

タマネギの土づくりと病害虫

タマネギは秋に種をまいてから冬を越し、翌春から初夏にかけて根が太ってやっと収穫というパターンになります。栽培管理する期間が長いので、その間に病気や害虫の対策もしっかりしておく必要がでてくるでしょう。病害虫に負けない株を育てるためにはまず土づくりがポイントです。

タマネギはデリケート

まず基本は土の水はけの良さです。畝立てをするのもこの水はけのための対策です。畑の土も千差万別でどうしても粘土質が多く水はけの悪いものもあるでしょう。また土の中の窒素分が不足するととう立ちが多くなるとも言われています。元肥もしっかりと施しておくのをお忘れなく。また、少し話が前後しますが苗づくりのうちに消毒をしておくことである程度病気は防げる場合もあります。

玉ねぎの種まきで失敗しやすい原因は3.期間

種まきからのタマネギの栽培。手間がかかり難しいことも多い作業です。その分大きなタマネギが収穫できたときには嬉しいですが、つい手入れをうっかり忘れてしまうこともあります。期間が長い分気が抜ける時期があるのは仕方ないことですが、できるだけそのときにしなくてはいけないお世話は忘れずにするようにしましょう。

タマネギは栽培期間が長い

サラダタマネギ

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天

タマネギの種まきからの苗作りは2ヶ月ほどかかります。葉物野菜なんど成長の早い作物なら収穫まで終わってしまうものもあるくらいの期間、苗を作るのに時間をかけます。種まきからのタマネギ栽培がすんなりとできるようになれば、安いコストでタマネギを作ることが可能ですが家庭菜園ではそこまで無理をしたり手間をかけてやる必要があるのか考えてから実行すると失敗も少なくなります。

期間を短くするタマネギ栽培のやり方

もし秋植えのタマネギを年内12月には収穫しようとするなら種まきでは難しいです。早生種の子球を買ってきて植え付ければ早いものなら年内収穫も可能でしょう。子球でなくても肥大させるだけのタマネギ苗を買ってきても期間を短くすることができます。タマネギ栽培は種だけではないので、日数や栽培場所など自分のニーズにあった方法を選ぶと良いですね。

まとめ

玉ねぎを種まきから育てるには

タマネギを種から育てる方法とその失敗しやすい点・難しいところなどご紹介してきましたがいかがでしたか?種からのタマネギ栽培は野菜づくりの中でも特に難しいといわれている作業です。苗を自分で作る場合、心配なのが病気や害虫などの耐性があるものが作れるかです。ここでは簡単にしか触れていませんでしたが、途中消毒を必ずするというタマネギ農家さんもいらっしゃいます。丈夫な苗をつくりたいとお考えの方はこちらの消毒をする方法も試してみてはいかがでしょうか。

野菜栽培のやり方が気になる方はこちらもチェック

その他種まきに限らずいろいろな野菜づくりの方法も解説しています。自家菜園での農作業が気になるという方はぜひこちらも見てくださいね。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【ショアジギング】初心者でも安心!ボトムの取り方!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

親子で手作り・ハンドメイドしたい方へおすすめ!オーガンジーリボンのヘアゴムの作り方✨【ゆめかわポニー】

今回は親子で手作り・ハンドメイドしたい方へおすすめの内容です!100均セリアで購入した材料を使って「オーガンジーリボンのヘアゴムの作り方」をご紹介しました!お子様がお好きな、ゆめかわなポニーとなってい...

【Halloween🎃】セリアのガラスドームで作るハーバリウム風ピアスの作り方✨

今回は100均セリアで購入した材料を使って「セリアのガラスドームで作るハーバリウム風ピアスの作り方」をご紹介しました!ハロウィンデザインでゆめかわな雰囲気にしています♪ 用意するものは下記です。 ...

スーパーライトショアジギングおすすめジグ5選!!

「パームス スローブラッドキャストスリム 15g」 https://www.amazon.co.jp/dp/B01A58B0JG?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&cre...

折り紙でラッピングするおすすめの方法!お菓子やプチギフトをテトラ型ラッピング✨

今回は100均で購入した材料を使って「デコレーションボールで作るパステルモンスター+チャームにする方法」をご紹介しました! 用意するものは下記です。 【材料】 デコレーションボール めだま 針(長...