キャンピングカー生活ってどう?その魅力と暮らしに関わる疑問や必要知識を解説!のイメージ

キャンピングカー生活ってどう?その魅力と暮らしに関わる疑問や必要知識を解説!

キャンピングカー生活の魅力とはなんなのか?家を持つことでの費用とキャンピングカーで生活するときの費用はどんな違いがあるのか?住民税はどなるのかなどキャンピングカー生活で必要不可欠な情報をご紹介しいきますので是非チェックしてみてください。

2020年01月22日更新

kawakawaken5
kawakawaken5
アウトドア情報をみていただいた方に興味が湧いてくるような執筆を心がけています。また、長年の調理経験から、料理やアウトドアで使えるレシピも執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 夢のキャンピングカー暮らし
  2. キャンピングカー暮らしの衣食住
  3. キャンピングカー生活の必要知識①:キッチン
  4. キャンピングカー生活の必要知識②:風呂
  5. キャンピングカー生活の必要知識③:洗濯
  6. キャンピングカー生活の必要知識④:駐車場
  7. キャンピングカー生活の必要知識⑤:トイレ
  8. キャンピングカー生活の必要知識⑥:旅行
  9. キャンピングカー生活の必要知識⑦:収納
  10. キャンピングカー生活の必要知識⑧:人付き合い
  11. キャンピングカー生活の必要知識⑨:仕事
  12. キャンピングカー生活の必要知識⑩:ネット環境
  13. キャンピングカー生活の必要知識⑪:住所
  14. キャンピングカー生活の必要知識⑫:税金
  15. 夢のキャンピングカー暮らし:まとめ

夢のキャンピングカー暮らし

憧れのキャンピングカー暮らし

暮らすところを定めずに自由に暮らすところを変えて自由に生きるのは、誰もが憧れる生活です。そんな憧れの生活を実現できるのがキャンピングカーでの暮らしになります。何者にも縛られず、自由な生活を手に入れるために必要になってくる必要知識をご紹介していきます。日本ならではのキャンピングカー生活を知ってみましょう。

現実のキャンピングカー暮らし

キャンピングカー生活は夢が詰まったものですが、実際に生きていくためには少し面倒な現実が待っています。止めるための駐車場や、生活を維持していくための仕事はどうするのか、住民税などの税金の処理はどうすればいいのかなどちょっと辛い、キャンピングカー生活の魅力を現実に変える知識を知っておきましょう。

キャンピングカー暮らしの衣食住

キャンピングカー生活の「衣」

キャンピングカー生活で生活の「衣」を整えるのは、簡単です。しかし、保つには少し大変になってきます。洗濯をすると気にはするときには、当然のことですが洗濯機などを詰め込めるキャンピングカーはありません。そのため、コインランドリーで洗濯をして乾燥機までかける必要がありますし、干している間は停車する必要もあるので女性の方は特に気になる方が多いので注意しましょう。

キャンピングカー生活の「食」

キャンピングカー生活の「食」は、普通の生活とほとんど変わりません。オーブンレンジなどの大型家電を使用できないので、コンビニでの食生活とは自然と離れていくかもしれません。また、冷蔵庫などの保存に必要なものはキャンピングカーに備え付けられているので問題ありません。

キャンピングカー生活の「住」

キャンピングカー生活の「住」を満たすためには、キャンピングカーを購入するかもしくはトレーラを牽引する必要があります。日本ではあまり見ることのなトレーラーですが、海外では意外とトレーラー生活をおこなっている人々もいます。しかし、住を満たすとは建物だけではなく住民税や住所など日本で必要不可欠となってくる部分もありますので、少し厳しいところもしっかりとチェックしまんしょう。

キャンピングカー生活の必要知識①:キッチン

火の元は基本ガスボンベ

キャンピングカーのキッチンスペースには、ガスコンロとタンクから水を引き上げる蛇口がついています。そのため、料理などをする場合には家庭用のガスボンベを購入する必要があります。排水も基本タンクに貯めて置くタイプがほとんどなので、排水する際にもトイレと同じように専用の排水処理をするのがマナーになります。といっても、処理の方法は女性でも簡単にできるものになっています。

冷蔵庫は備え付け

キャンピングカーには冷蔵庫が備え付けられています。しかし、1人暮らし用程度の大きさなのでそこまで内容量を期待しない方がいいです。そのため、生鮮食品などは買いだめができませんが、移動が基本となるキャンピングカー生活では地方の新鮮な食品を食べながら移動できるのも魅力の1つになります。様々な土地の名物を楽し見ながらキャンピングカーで暮らしてみましょう。

キャンピングカー生活の必要知識②:風呂

風呂は基本的になし

女性の方が特に気になる方が多いお風呂事情ですが、キャンピングカーには、風呂は備え付けられていません。そのため、温泉や銭湯でお風呂に入ることになります。その分光熱費も掛からないと考えるとお得かもしれません。キャンピングカーで温泉地などに移動していると日帰りの温泉旅館も日本には多いので、お風呂で困るといったことはないことが多いです。

女性も安心な併設温泉施設

キャンピングカーでのお風呂事情で魅力的なのが大きなお風呂に常に入れて様々な、入浴施設に行けることです。女性の方には自由に温泉所などをはしごしたいと考える方も多いではないのでしょうか。また、キャンピングカーの性質上、夜は駐車場に停車しなければなりません。そんな時に24時間営業の温泉施設がある場所を選ぶのも賢い方法になります。

キャンピングカー生活の必要知識③:洗濯

洗濯は昔ながらの手洗い

キャンピングカー生活の洗濯事情は、少し女性の方にはしんどいかもしれません。小型の洗濯機などが販売されていますが、生活スペースなどを考えると基本は手洗いとなりますので、おしゃれな女性や衣装持ちの女性の方には少し難しいかもしれません。しかし、最近ではコインランドリーなども増えてきていますので、まとめて洗ってしまうのも手かもしれません。自分のお仕事となどを考えて洗濯を行えるようにしましょう。

もしくはコインランドリー

キャンピングカーでは、休日や自宅で仕事をする場合や帰宅時間を明確に判明している場合などを除いてどうしてもクリーニングなどに服を出すのは難しいです。なんといっても移動していますからね。そこで、便利になってくるのがコインランドリーです。晴れの日には結構空いているところが多いので、まとめた大量の洗濯をする場合には生活費用をケチらずにコインランドリーを使いましょう。

キャンピングカー生活の必要知識④:駐車場

深夜駐車するならば費用節約「道の駅」

キャンピングカー生活で欠かせないのが寝ている時に車を駐める駐車場になります。駐車場は基本コインパーキングなどの優料の駐車場を使うことが都心部では増えるでしょう。しかし、それでは費用がかかってしまいます。そこで、地方では無料でとめることのできるできる道の駅という施設の駐車場を利用することができますので、地方に訪れた時には手軽に無料で利用できる駐車場で生活費用を節約してみてください。

日本の便利なSA駐車場を利用

また、キャンピングカー生活で利用することの多い駐車場としては、高速道路のPAやSAが挙げられます。高速道路での移動中は単調な道が多いので、睡魔に襲われたら早めに休憩を取るようにしましょう。しかし、最近ではPAやSAの利用マナーが問われるケース「ゴミの投棄」「連日の宿泊」「ポータブルトイレの処理」などが問題となっていますので、高速道路のPA、SAの駐車場を使う際には周囲との軋轢を産まないように注意して駐車場を利用しましょう。

キャンピングカー生活の必要知識⑤:トイレ

ポータブルトイレが備え付け

キャンピングカーでの生活では、女性が気になるのがです。トイレは備え付けになっているので安心です。ちょっとした遠出の旅行の時などには大活躍です。匂い面でも最近では、防臭効果のある薬剤やブラックタンクがあるので処理の際の嫌悪感は少なくなっています。逆にトイレ事情を解決するために防臭グッズは必需品です。女性でも簡単に変えることができるので女性だけのキャンピングカー生活も可能ではあります。

処理が大変なので、施設トイレがおすすめ

といっても、これは海外の話ですがキャンピングカーのトイレの排水処理施設は海外にはたくさんありますが、日本にはまだまだ数が少ないです。日本にあるポータブルトイレ処理施設はオートキャンプ場などにしかないので処理は自宅で行うことがほとんどです。そのため、キャンピングカーのトイレは必要最低限の使用に控えて公共施設のトイレを積極的に使うようにするのがおすすめになります。

キャンピングカー生活の必要知識⑥:旅行

キャンピングカーの旅行はラクラク

キャンピングカーの生活の魅力のひとつが費用を抑えてにいろいろな場所に旅行に行けるといったものです。家ごと移動ができるのですから、思い立った時に費用を抑えて旅行には行くことができます。事前にホテルや旅館などを予約する必要なく費用も抑えて旅を楽しむことができるのでキャンピングカーで暮らす大きな魅力です。

キャンピングカー旅行の必需品は

キャンピングカーでの旅行での必需品は、情報になります。衣食住が満たされており、費用も抑えられて旅行は簡単と思われる方もいますが、意外と面倒なのがキャンピングカーが通れる道、止められる駐車場があるかなど事前にチェックしておくことが多数ありますので、旅行場所がアウトドアやキャンプなどでない場合には、特に現地の情報が必需品になってきますので費用面だけではなく注意してください。

キャンピングカー生活の必要知識⑦:収納

キャンピングカーで暮らすにはミニマニストに

キャンピングカーで暮らす上で気にしなければならないのが、収納スペースの少なさになります。特に女性は洋服や下着などは人目に触れさせたくないものですが、キャンピングカーにはそれほど大きな収納スペースあありませんので、洋服などは基本は椅子のうえなどに置く必要があります。そのため、小さなボックスなどはキャンピングカーで暮らすうえでの必需品になります。

キャンピングカーでの暮らしの必需品

キャンピングカーの生活は自由であるぶん危険なところももちろんあります。その1つが病気の時になります。病気の時にキャンピングカーのような大きな車を運転するのは大変危険になります。そのため、キャンピングカーのなかには基本的な薬類などはしっかりと事前に準備する必要があります。ほかにも地域でのキャンピングカー代行の連絡先も必需品になりますので、しっかりとチェックしておきましょう。

キャンピングカー生活の必要知識⑧:人付き合い

人付き合いは必需品

キャンピングカーで暮らすなかで人付き合いは最低限でいいと感じる方もいるかと思いますが、キャンピングカーのみで暮らすことはできません。住所や配達物などは必要になってきます。そのため、親戚や実家に住所を登録するなどして住所を得る必要があります。そのため、家族や周囲の人からのキャンピングカー生活の認知は必要不可欠です。

連絡先はしっかりと確保

キャンピングカーで生活していると連絡を取ることは、安全確認の大事なツールになります。携帯がつながっているだけでは、安全確認や報告をするには問題が発生した時に、大変です。そのため、携帯の他にもSNSやフリーメールアドレスを取得しておき連絡手段を複数確保するようにします。

キャンピングカー生活の必要知識⑨:仕事

キャンピングカーでの仕事はフリーランスが多い

キャンピングカーやトレーラーで生活をする方で多いのが、やはりフリーランスにて仕事をしている方になります。ネット環境さえあれば仕事ができるという方が多いので、自由な移動が多いキャンピングカーを使いこなすことができます。他にもいいアパートやマンションが見つかるまではキャンピングカーで暮らすなどの人も多いです。住民税など税金を払う必要がキャンピングカー生活でも必要ですので、仕事はしっかりと考えましょう。

仕事先に住所を報告

仕事で雇用形態の場合には、住所の登録が必要になってきます。住民税もその登録した土地に行います。そのため、キャンピングカーでの生活であること、仕事上問題ないかをしっかりと仕事先にチェックしてもらう必要があります。日本ではまだまだキャンピングカーやトレーラーで生活している人は少ないので、仕事をしながらでは様々な手続きがありますのでしっかりとチェックしてからキャンピングカー生活を始めましょう。

キャンピングカー生活の必要知識⑩:ネット環境

モバイルルーターで快適ネット

キャンピングカーやトレーラーで生活するときに気になるのがネット環境になります。最近ではフリーのwifiスポットも増えてきていますが、なかなかフリースポット使用するのは怖いものがあります。そのため、電源さえあればネットにつなげることのできるモバイルルーターの存在はキャンピングカー・トレーラーで暮らす上での必需品の1つになります。

おすすめはWIMAX

最近出たなかでおすすめのモバイルWIFIでおすすめなのがWIMAXになります。月額に金額さえ払っていればネットを通信速度変わらずに、使い放題というのが嬉しいところです。また、常時電源の接続するのではなく、充電式というのも魅力的なところです。

キャンピングカー生活の必要知識⑪:住所

暮らすうえで住所は必需品

日本で暮らすうえで、必需品なのが住所をもつことです。これは、キャンピングカーに住もうが、トレーラーに住もうが変わりません。生活実績がキャンピングカーにあったとしても、日本ではまだまだキャンピングカーに住所をというものにはなりません。そのため、実家や親戚の家などを登録している方が多いです。住民税などを収めるのもその土地になります。

郵便物のチェックも

固定資産税や災害保険などがかかりませんが、郵便物などのチェックも必要になってくるのがキャンピングカー、トレーラー生活です。そのため、住所を登録した場所の住民に郵便物のチェックなどを行ってもらえるようにしましょう。また、通販などもできないので注意してください。

キャンピングカー生活の必要知識⑫:税金

住民税は必要

キャンピングカー、トレーラーで暮らしていても住民税を払う義務は存在します。そのため、住所登録している場所に住民税を収める必要があります。しかし、住民税やそのほか税金は意外と通帳引き落としができる場合もありますので、面倒な人は通帳を登録してしまうので手になります。

年金、健康保険は必要か

会社に雇用されている場合には、大丈夫ですがフリーランスの方には住民税以外にも国民年金と健康保険を自分で払う必要があります。こちらの書類も住所に登録された場所に郵便されるため、郵便物のチェックができる用にしておきましょう。

夢のキャンピングカー暮らし:まとめ

いかがでしょうか?日本でのキャンピングカー、トレーラー生活の魅力や必需品、住民税などの税金の有無などをご紹介していきました。キャンピングカー、トレーラー生活で常日頃の費用を抑えて悠々自適に暮らす上での必要なことが多いので、今回ご紹介しましたポイントをよく覚えて置きましょう。

キャンピングカー生活が気になる方はコチラもチェック!

キャンピングカー、トレーラー生活には、普段の家でのライフハック以外にもたくさんのコツや工夫があります。こちらの記事もチェックして快適なキャンピングカー、トレーラー生活を実践してみましょう。

Thumb日本でキャンピングカー生活はできる?車で暮らすための14の基礎知識! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンパー憧れのキャンピングカー生活で日本中好きな時に好きな所へ移動できる最高のお家です。 ...
Thumbキャンピングカーのトイレの処理方法は?後始末の仕方や注意すべきポイントを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
車に家の機能をそのまま積み込んだような、キャンピングカーに付いているトイレの処理方法などを紹...
Thumbキャンピングカーで事故を防ぐための8つの注意事項!知らないと危険な事故は? | 暮らし~の[クラシーノ]
街中でもよく見かけることが多くなったキャンピングカー。特別な免許が必要かと思われますがキャン...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ