2020年春は岡山へ行こう!春こそ楽しめる岡山のおすすめ観光スポット13選!のイメージ

2020年春は岡山へ行こう!春こそ楽しめる岡山のおすすめ観光スポット13選!

桃太郎伝説や美しい瀬戸内海の景観でよく知られた岡山には、その他にも「後楽園」などの美しい庭園や、雲海に浮かぶ城、また桜の名所など春の観光で訪れたいおすすめの人気の観光名所がたくさんあります。今回は、岡山の春の観光で行きたい名所を集めてご紹介していきます。

2019年12月03日更新

fumiyama
fumiyama
旅行が好きで時間を作って旅行をするようにしています。これまで南半球の国々やヨーロッパ、南北アメリカなど訪れており、観光地巡りも興味ありますが、地元の何気ない場所で思いがけない心に残る風景に出会った時に、旅行の本当の良さを感じています。そんな旅行の良さを記事の執筆に反映して、各地の役立ち情報や穴場情報を発信していきたいと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. 春の岡山・おすすめ観光スポット①
  3. 春の岡山・おすすめ観光スポット②
  4. 春の岡山・おすすめ観光スポット③
  5. 春の岡山・おすすめ観光スポット④
  6. 春の岡山・おすすめ観光スポット⑤
  7. 春の岡山・おすすめ観光スポット⑥
  8. 春の岡山・おすすめ観光スポット⑦
  9. 春の岡山・おすすめ観光スポット⑧
  10. 春の岡山・おすすめ観光スポット⑨
  11. 春の岡山・おすすめ観光スポット⑩
  12. 春の岡山・おすすめ観光スポット⑪
  13. 春の岡山・おすすめ観光スポット⑫
  14. 春の岡山・おすすめ観光スポット⑬
  15. まとめ

はじめに

岡山は美しい瀬戸内海に面し、本州と四国を結ぶ玄関口として「瀬戸大橋」があり、また桃太郎伝説でも有名な県です。さらに後楽園に代表される美しい庭園や岡山城、そして雲海に浮かぶ天空の城など、春に訪れたい観光名所が目白押しです。今回は、岡山の春の観光で訪れるべきおすすめの観光名所を集めてご紹介していきます。

春の岡山・おすすめ観光スポット①

春の観光名所:後楽園

「後楽園」といえば岡山を代表する人気の観光地ですが、金沢の「兼六園」や水戸の「偕楽園」と並び「日本三名園」の一つに数えられています。その歴史は古く、江戸時代の初期に、岡山藩主であった池田綱政の発令により、約14年の歳月をかけて造園された「大名庭園」の粋を集めた名園です。

後楽園は、岡山市内を流れる「旭川」をはさんで丁度「岡山城」の対岸に位置しており、東京ドームの約三倍の広さの園内には、藩主が賓客をもてなした「延養亭(えんようてい)」を中心にして岡山城や周辺の山を借景としている「池泉回遊式」の庭園です。明治時代になって、園内を一般開放する際に、名前を「後楽園」として公開しました。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と季節ごとの景観が美しい人気の公園となっています。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県岡山市北区後楽園1-5
【問合せ先】086-272-1148
【アクセス】電車:JR岡山駅から徒歩25分。バス「後楽園口」下車すぐ。
車:山陽自動車道「岡山IC」から約20分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行の情報HP:後楽園
岡山の春・おもしろい見どころの地図:後楽園

春の岡山・おすすめ観光スポット②

春の観光名所:岡山城

「岡山城」は、戦国時代に「備前の国」を中心に勢力を伸ばしていた「宇喜多氏」の本拠地の城郭として造営されました。また標高が十数メートルの丘が連なる小高い場所に建造された自然の要衝を持つ「川面に映える漆黒の城」と呼ばれており、「日本100名城」の一つにも数えられている勇壮な外観の城です。

 城の天守閣は四重六階の「複合式望楼型」の剛毅な印象で、城の外観は黒漆塗の下見板が特徴的で、黒い烏のような印象から「烏城(うじょう)」とも呼ばれ、同じ山陽道の「白鷺城」と呼ばれる姫路城の「白」と対比されるところも興味深い点です。天守閣からは、かつて城下町となっていた岡山の市街地や旭川の対岸に広がる美しい「後楽園」を一望することができ、見る人を魅了しています。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
【問合せ先】086-225-2096
【アクセス】電車:JR「岡山駅」からバスで「県庁前」で下車、徒歩5分。
路面電車:「岡山駅前」から「東山行き」で、「城下」下車、徒歩10分。
車:山陽道「岡山IC」から約20分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:岡山城
岡山の春・おもしろい見どころの地図:岡山城

春の岡山・おすすめ観光スポット③

春の観光名所:井原堤(いばらづつみ)の桜

「井原堤」は、岡山市内を流れる小田川に沿って続く堤ですが、春の季節には、約2kmにわたって桜が咲き、満開の桜並木は見応えがあり、市内でも一、二を争う桜の名所となっています。桜が満開の時期には多くの人が花見に訪れ、美しい桜に魅了されています。

例年3月下旬から4月上旬にかけて「井原桜まつり」が開催され、桜並木に沿ってぼんぼりが灯され夜にはライトアップも行われ、夜桜が楽しめます。期間中は、桜の花が作るトンネルに癒される場所となり、昼間や夜にも市内や県外から家族連れやカップルなど大勢の人が花見に訪れてにぎわいます。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県井原市井原町
【問合せ先】0866-62-8850
【アクセス】電車:井原鉄道「井原駅」から徒歩20分。市内循環バスで5分。
車:山陽自動車道「笠岡IC」から20分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:井原堤の桜
岡山の春・おもしろい見どころの地図:井原堤の桜

春の岡山・おすすめ観光スポット④

春の観光名所:倉敷美観地区

倉敷市では、全国でも早い時期に町並み保存の活動が積極的に行われ、昭和40年代には、条例に基づき本格的に保存が開始されました。今では「倉敷美観地区」として倉敷川とその周辺には白壁家屋や蔵が建ち、レトロ感溢れる店やカフェが並び、昔懐かしい手毬(てまり)などのグッズが売られ、倉敷の土産として人気となっています。

この地区に建つ重要文化財に指定されている「旧大原家住宅」は2018年からその一部が一般公開されており、かつての倉敷町役場は現在では「倉敷館」として観光案内所兼無料休憩所となっています。また史跡や観光スポットとして「大原美術館」や「倉敷考古館」、「日本郷土玩具館」、「おもちゃの博物館」、「倉敷民藝館」などの見学もおすすめです。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県倉敷市本町
【問合せ先】086-421-0224
【アクセス】電車:JR山陽本線「倉敷駅」から徒歩10分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:倉敷美観地区
岡山の春・おもしろい見どころの地図:倉敷美観地区

春の岡山・おすすめ観光スポット⑤

春の観光名所:備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)

「備中松山城」は、高梁(たかはし)市の標高430メートルの臥牛山(がぎゅうざん)山頂にあり、現存天守を持つ山城としては最も高所にある城として「日本100名城」にも選ばれています。この地は山陰道と山陽道を結ぶ東西の街道が交差する要地に建っていたために、戦国時代には激しい争奪戦が繰り返され、絶えず城主が代わったという歴史を持っています。

天守は、二層二階建てで、西面に櫓が附属する「複合式望楼型天守」となっており、天然の岩盤の上に石垣を築き、さらに土塀を建てるという特殊な造りとなっています。また山頂にあるため、非常に攻めにくい城だったとされています。そして10月下旬から12月上旬の早朝に城を囲むように雲海が発生し、遠くから見ると幻想的な「雲海に浮かぶ天空の山城」として、メディアなどでも取り上げられ一躍有名となりました。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県高梁市内山下1
【問合せ先】0866-22-1487
【アクセス】
電車:JR西日本備中「高梁駅」よりバスで10分、「松山城登山口」下車徒歩約50分。乗合タクシーもあり。
車:岡山自動車道「賀陽IC」から「ふいご峠駐車場」まで20分。駐車場から徒歩20分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:備中松山城
岡山の春・おもしろい見どころの地図:備中松山城

春の岡山・おすすめ観光スポット⑥

春の観光名所:吉備津神社(きびつじんじゃ)

岡山といえば、「桃太郎」の話で有名ですが、この話のモデルなった伝説が「吉備津神社」に残っています。その昔、孝霊天皇の皇子「大吉備津彦(おおきびつひこ)」は、山陽道で乱暴を働き、民を苦しめていた異国から来た温羅(うら)を激闘の末に撃ち、この地に平和をもたらしました。という言い伝えが、後に桃太郎の話になったようです。「吉備」は桃太郎の「きびだんご」でも知られていますね。

吉備津神社の本殿は。今から600年ほど前に、足利義満によって25年の歳月をかけて再建され、入母屋の千鳥破風が前後に二つ並んだ大きな屋根は、全国でも珍しいここでしか見られない独特の様式で「吉備津造り」(画像上)と呼ばれ国宝となっています。また境内から続く回廊(画像下)は、戦国時代の造営とされ長さが398mあり、見応えある壮観な眺めで、県の重要文化財となっています。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県岡山市北区吉備津931
【問合せ先】086-287-4111
【アクセス】電車:JR吉備線「吉備津駅」から徒歩約10分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:吉備津神社
岡山の春・おもしろい見どころの地図:吉備津神社

春の岡山・おすすめ観光スポット⑦

春の観光名所:鷲羽山(わしゅうざん)

「鷲羽山」は、倉敷市の瀬戸内海にせり出す児島半島の最南端にある小高い山で、海上から眺めると、鷲が翼を広げたように見えることから山名になったとされています。この山の魅力は何といっても瀬戸内海やそこに架かる「瀬戸大橋」の絶景が見られることです。朝や昼、また夕暮れ時でシーンが異なり、いつ見ても美しい光景が広がっている人気の観光スポットです。

また山頂には2つの展望台や鷲羽山ビジターセンター、レストハウスがあり、食事をとったりドリンクを飲みゆっくり休憩しながら、瀬戸内海に浮かぶ島々や遥か彼方に見える四国の讃岐平野などの風景が満喫できます。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県倉敷市下津井田之浦
【問合せ先】086-426-3411
【アクセス】電車:JR瀬戸大橋線「児島駅」からバスで約30分、「鷲羽山第2展望台」下車、徒歩5分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:鷲羽山
岡山の春・おもしろい見どころの地図:鷲羽山

春の岡山・おすすめ観光スポット⑧

春の観光名所:閑谷学校(しずたにがっこう)

「閑谷学校」は、江戸の前期、1670年に備前藩主であった池田光政によって庶民教育を目的として開設された学校で、水戸藩の「弘道館」や長州藩の「明倫館」と並び、「日本三大学府」の一つに数えられています。敷地内の建物の中で講堂が国宝に、文庫や聖廟、石塀などが重要文化財に指定されています。

この学校では、指導者を育成するために武士のみならず庶民の子弟も教育しました。また広く門戸を開いて他藩の子弟も、学ぶことができ、就学年齢は八歳頃から二十歳頃までと幅広く、当時教育に力を入れていた藩主の先見性が高く評価されています。校内の巨大な二本の楷(かい)の木や周辺のもみじが美しく、秋は紅葉、春は桜の名所にもなっています。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県備前市閑谷784
【問合せ先】0869-67-1436
【アクセス】車:JR山陽本線「吉永駅」から約8分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:閑谷学校
岡山の春・おもしろい見どころの地図:閑谷学校

春の岡山・おすすめ観光スポット⑨

春の観光名所:大原美術館

大原美術館は、倉敷の実業家で「倉敷紡績」の社長・大原孫三郎氏が、サポートしていた友人の洋画家に依頼して、収集した西洋美術や中国美術などを展示するため、1930年に開設した美術館で、日本最初の近代美術を展示する美術館として注目されました。

美術館の建物は、当時としては珍しいギリシャ神殿風の建造物で、重厚な印象の外観となっていて、入り口にはロダンの「カレーの市民」の像が立っています。主な収蔵品としては、エル・グレコの「受胎告知」やモネの「睡蓮」、セガンティーニ「アルプスの真昼」(画像下)、セザンヌ「水浴」などの貴重な作品が並んでいます。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県倉敷市中央1-1-15
【問合せ先】086-422-0005
【アクセス】電車:JR山陽本線「倉敷駅」から徒歩約15分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:大原美術館
岡山の春・おもしろい見どころの地図:大原美術館

春の岡山・おすすめ観光スポット⑩

春の観光名所:吹屋ふるさと村

「吹屋ふるさと村」は高梁市にあり、ベンガラ色という酸化鉄で作られた紅色の塗料で町の建物が塗られ、外観が統一された古い町並みです。この地方では江戸末期から明治にかけて、「ベンガラ」という特産品の需要が急増し、商売で財を成した豪商が、屋根には石州瓦や外壁にはベンガラ格子をはめ込む豪邸を造らせたといわれています。

吹屋ふるさと村では、現在でも当時のべんがら色で塗られた郵便局などの建物が並んでおり、江戸末期の風情が感じられます。そして、この地域は文化庁から「重要伝統的建造物群保存地区」の認定を受けており、当地に建つ旧豪邸は国の重要文化財に指定されています。

例年祭りの季節には、道に灯篭が並べられ哀調に満ちた「吹屋小唄」に合わせて、鳥追い笠をかぶった女性達の優雅な「吹屋踊り」が舞われ、見ていると郷愁を感じます。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県高梁市成羽町吹屋838-2
【問合せ先】0866-29-2222
【アクセス】電車:JR伯備線「備中高梁駅」からバスで50分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:吹屋ふるさと村
岡山の春・おもしろい見どころの地図:吹屋ふるさと村

春の岡山・おすすめ観光スポット⑪

春の観光名所:津山城

「津山城」は、津山盆地の中央部にある「平山城」で、「姫路城」や愛媛の「松山城」と並び、「日本三大平山城」のひとつに数えられています。平山城とは平野の中にある山や丘陵地帯に築城された城のことで、この津山城は東部を流れる宮川や丘陵の断崖を天然の要衝や防御線として取り入れています。

津山城には、かつては姫路城をしのぐ日本でも最大級の77棟の櫓が建ち並んでいましたが、明治の廃城令により天守や櫓などが破却され、現在は遺構の石垣や建物の礎石のみが残っています。その後、2006年には「二重櫓」と「土塀」が再建されました。

春には城の周りの桜が満開となり、岡山県でも屈指の桜の見どころとなっていて、日本の「さくら名所100選」にも選らばれています。壮麗な城の石垣を背景に咲き乱れる桜は豪華絢欄で、花見に訪れた多くの人を魅了しています。また夜にはライトアップもされて、昼間とは違った夜桜も一見の価値ありです。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県津山市山下135
【問合せ先】0868-22-4572
【アクセス】電車:JR「津山駅」から徒歩10分。
車:中国自動車道「津山IC」から約15分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:津山城
岡山の春・おもしろい見どころの地図:津山城

春の岡山・おすすめ観光スポット⑫

春の観光名所:阿智(あち)神社

「阿智神社」は、倉敷美観地区の北にある「鶴形山」という倉敷の町を一望できる小高い山の上に鎮座しており、当地は大昔には海であったと言われ、海の守護神である「宗像三女神」を祀っています。境内には能舞台や芭蕉堂、絵馬殿など古色蒼然とした歴史の古い建物があります。また「もっこく」という縁結びの木があり、おみくじを結ぶと良縁に恵まれるとされ、特に女子たちに人気となっています。

また本殿の北側には、日本一の大きさと古い歴史を持つ有名な「阿知の藤」があります。この藤は、倉敷市の市花にも認定されており、県の天然記念物にも指定されています。毎年春の5月初旬には「藤まつり」が開催され、藤の花の下で雅楽などが演奏され、大勢の人が訪れる人気の祭りとなっています。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県倉敷市本町12-1
【問合せ先】086-425-4898
【アクセス】電車:JR「倉敷駅」から徒歩15分。
車:山陽自動車道「倉敷IC」から15分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:阿智神社
岡山の春・おもしろい見どころの地図:阿智神社

春の岡山・おすすめ観光スポット⑬

春の観光名所:三休公園(みやすみこうえん)

「三休公園」は、美咲町にある標高270mの緑の森に囲まれた公園で、ここは五千本の桜や1万本のツツジが咲くことでも有名です。またこの公園からは眼下に旭川ダムによって造られた美しい「旭川湖」の景観が広がります。

園内には民話の村があり、「桃太郎」の石像や「花咲かじいさん」の物語をモチーフにした施設や桜茶屋などもあり子供連れのファミリーやカップルなどにも大人気です。さらに春には旭川湖畔の満開の桜と湖、そしてツツジの競演のシーンは、忘れられない旅の思い出となるでしょう。

岡山の春の観光情報

【住所】岡山県久米郡美咲町西川上400-11
【問合せ先】0867-27-2039
【アクセス】車:中国自動車道「落合IC」から約25分。
電車:JR「福渡駅」から車、タクシーで約30分。

子供も大人も楽しい日帰り旅行などの情報HP:三休公園
岡山の春・おもしろい見どころの地図:三休公園

まとめ

2020年、春こそ楽しめる岡山のおすすめ観光スポットのご紹介、いかがでしたか?美しい瀬戸内海に面した岡山には、歴史のある庭園や城郭、古い街並みなど行ってみたい観光名所がたくさんありますね。2020年の春には、是非岡山の人気の観光地を訪れて、旅の思い出作りをしてください。

岡山の他の情報が気になる方はこちらもチェック!

岡山の冬に食べたい絶品グルメや人気温泉、泊まってみたいホテルや旅館などの情報が気になる方はこちらもチェックしてみてください。

【2018】岡山で冬に食べたい絶品グルメおすすめ13選!人気&有名店から厳選! | 暮らし~の[クラシーノ]
【19-20】岡山県の温泉といえばココ!一度は行きたい人気温泉おすすめ11選! | 暮らし~の[クラシーノ]
岡山のホテル・旅館おすすめ13選!一度は泊まってみたい人気施設をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ