苔盆栽の育て方と作り方!苔の貼り方や鉢植えのコツをご紹介!のイメージ

苔盆栽の育て方と作り方!苔の貼り方や鉢植えのコツをご紹介!

苔盆栽はテラリウムなどにも活用できてインテリアとしても注目されている植物の飾り方。ミニサイズの鉢植えなら室内でも十分楽しむことができるでしょう。はじめての人でも作りやすい苔盆栽の作り方を作るだけでなく水やりなどその後の育て方と一緒にご紹介します。

2019年11月10日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. 苔盆栽について
  3. 苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方1
  4. 苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方2
  5. 苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方3
  6. 苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方4
  7. 苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方5
  8. 苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方5
  9. 苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方6
  10. まとめ

はじめに

苔盆栽の作り方と育て方!ミニ盆栽を室内で楽しむ

苔も盆栽も昔から侘び寂びを風流とする日本人が長い間愛してきた植物の楽しみ方のひとつです。しかし最近は苔盆栽の楽しみ方も少し変わってきて、テラリウムなどとして洋風なものに仕立てたりと現代家屋の室内装飾にも使われ苔に対する関心が若い人にも高まりつつあります。はじめて苔を扱い盆栽を作るという人にもわかりやすいように、基本から苔の種類や鉢の選び方から苔張りの方法水やりなどの育て方と詳しく解説していきましょう。

苔盆栽について

苔の貼り方や育て方を見ていく前に苔の基本情報やその良さをご紹介しましょう。苔についてあまりよくご存知ないという方。なんとなく興味はあるけれどどんな良さがあるのか気になる方はこちらを是非見てみてくださいね。

苔とは

苔は土や木の表面に広がり成長する種類の植物です。ひとくちに苔といってもいろいろな種類があって菌類の仲間も広い意味で苔と呼ぶこともあります。家の庭の塀の下や樹木の影などあまり直射日光が当たらないような場所に自然に生えているのも特徴。

苔盆栽の良さ

苔盆栽は日光をあまり必要としないので室内でも簡単に育てることができるため、一人暮らしの部屋などでも飾ることが可能。大きさは小さいながらもよく見るとそのひとつひとつの形はバリエーションに富んでいて面白い形をしています。育て方に慣れてきたら増やすのも簡単で、たくさん作って育て親しい方にプレゼントするのも良いですね。

苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方1

苔という植物についておおまかにでもご理解いただけましたでしょうか。それでは早速苔の盆栽の作り方をご説明します。苔盆栽の作成には苔はなくてはならないものです。苔の中でも盆栽に向いているもの、育てて面白い人気の種類をこちらではご紹介していきます。

苔の種類を選ぶ

苔の中でも盆栽に向いている苔や人気の種類があります。苔盆栽の作り方がはじめてという初心者の方は貼り方も簡単で見栄えのよいものを選ぶと素敵な作品ができるでしょう。

盆栽向きの苔の種類1.蘚類

苔の中でも蘚類の特徴は直立に伸び水はけが良いといわれています。他の植物と合わせやすいという点で人気がある種類です。代表として綺麗な翡翠のような色をしたホソウリゴケ・先がとがった丸い葉が特徴のギンゴケ・まるで密生した芝生のような細い葉が美しいタカネモジゴケといったものがおすすめ。

盆栽向きの苔の種類2.地衣類

地衣類は岩や一緒に盆栽にされている樹木に張り付いて成長する姿が侘び寂びを感じさせる種類の苔。育てやすいのはヒメレンゲゴケの仲間。きくらげのような姿をしたウメノキゴケも増えてくると老木の趣きが出てきて一気に盆栽らしさがアップしてきます。

苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方2

どんな苔を育てるか決まったら早速材料集めに取り掛かりましょう。苔の手に入れ方は大きく分けて2種類あります。育て方が難しいものもありますので、買って枯らしてしまったというショックを少なくするためまずは近くで手に入るものからはじめてみるのがおすすめ。

苔盆栽の作りで準備するもの1.苔

まずはメインの植物である苔を用意するところから始めましょう。苔の手に入れ方は買ってくるか集めてくるかの2つ。まずは自分の周りにある苔を観察して気に入ったものがあればそれを使ってみるのが良いでしょう。自然に生えているものは育て方も簡単なので、初心者にはおすすめ。もっと別の苔が欲しい場合は買い求めるという形にしてはいかがでしょうか。

市販の苔を鉢植えにする

苔盆栽 テラリウム の 苔 選べる こけ お好み コケ 4種 セット
楽天で詳細を見る

市販の苔の中にはいろいろな種類がセットになって売られているものもあります。状態の良い苔が近所で見つからないという場合はこちらのようなセット販売になっているものを利用するのも良いでしょう。

鉢植え用の苔を採取してくる

苔を育てたいと思ったら毎日注意深く自宅近所を観察することからはじめるのがおすすめ。主に日なたでは育ちにくく日陰になるところに群生していることが多いです。他人の家の敷地内であったり、神社や仏閣などに生えているものもむやみに取るのはやめましょう。住宅街にもありますが、森の中などハイキングにいったときに探してみるのが良いですね。

苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方3

苔はあまり湿気に強くありませんので土台となる培養土は赤玉土のような水はけのよいものがおすすめ。ここは土についてどのようなものを用意したらよいかの解説です。

苔盆栽の作りで準備するもの2.土

苔の盆栽作りには数種類の土をあわせたものを使います。人によって配合が変わることもありますが、一般的なものとしてケト土・赤玉土・富士砂などの川砂の3種類あればいろいろな苔の鉢植えを作ることができます。富士砂はお化粧用なのでなくても盆栽を作ることが可能です。

苔盆栽用のおすすめの土

そのまま使える 苔玉培養土「苔玉の土」(混合ケト土)
楽天で詳細を見る

ケト土は苔盆栽を作るのには必需品ともいえる土で、詳しい使い方は苔の貼り方でご説明しますが失敗しないためにも苔の鉢植え用土として必ず用意してください。

苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方4

苔盆栽に使う鉢は特に決まりはありません。洋鉢でも良いですしジャムなどの空き瓶で育てていらっしゃる方もいます。鉢底穴が不要ですのでどのような入れ物でも苔盆栽を作ることができるでしょう。ただし大きさなど注意する点がいくつかあります。

苔盆栽の作りで準備するもの3.鉢

苔のミニ盆栽もかわいらしく流行っていますが、水分の蒸発が早くて水やりが大変という面もあります。はじめて鉢植えを作るという人には少し作ったあとのお手入れが難しいかもしれません。鉢選びは盆栽のその後の管理にも影響しますので、よく考えて選びましょう。

苔盆栽の鉢の寸法目安

苔盆栽初心者に向いている扱いやすい鉢植えの大きさは5-6センチ。穴はあってもなくても。苔盆栽も洋風な室内に置くミニ盆栽ならば、鉢にこだわらず身の回りにある適当な大きさの器に入れて自分らしさを出してみるのも楽しみ方のひとつです。

苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方5

苔の貼り方というと難しく感じる人も多いでしょうが、粘土の上に押し付けていくだけで簡単に貼り付けることができます。

苔の貼り方

苔を貼り付けた盆栽は平らな場所ばかりではなく凹凸をつけた自然な形に作ることが多いので、ケト土を使った貼り方をされることが多いです。準備するところでも必要なものとしてケト土をお知らせしてあったりでご用意いただけたものとしてお話を進めましょう。

1.ケト土に水分を含ませる

ケト土は水を含ませて粘り気のある状態にして使います。まずはケト土を粘土のような状態になるよう水を加えて軽く練ってください。

2.鉢に土をセットする

用意したお好みの鉢に赤玉土を入れます。苔の盆栽は少しこんもりしているくらいがかわいいのでウォータースポットなど考えずにいっぱいまで入れてしまってもかまわないでしょう。その上を練ったケト土で覆ってください。

3.苔を貼る

用意しておいた苔をハサミで形が合うように整えながら先ほどのケト土に貼り付ける要領で抑え気味に置いていきます。鉢の縁の部分などはピンセットの先を使って押し込むようにしてあげるときれいに定着するでしょう。

4.お好みで砂でお化粧も

全面苔でも良いですが砂で変化を与えてあげることで小さな庭のような見た目になって面白い鉢植えが作れます。この飾り付けは好みなので苔だけで良いという人は無理にやる必要はありません。

苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方5

苔盆栽の育て方!ポイントは日当たりと水やり

苔盆栽の基本の作り方はとっても簡単でしたね。それではせっかく作った鉢植えを枯らさないようにここでは育て方を紹介します。苔の育て方では置き場所と水やりが大切なポイントとなります。

苔盆栽の置き場所は

苔は直射日光が長時間当たるような場所を好みません。室内でも窓際などには置かないようにしましょう。注意したいのはトイレなど普段は光が入らず暗くなる場所に置く場合。電灯の光でも光合成できる植物ですが窓もなく時々しか明かりが付かないような場所では日照不足になります。どうしても置きたい場合は時々は明るい室内に移動させて、苔の健康に気をつけてあげてください。

ミニ盆栽の苔への水やりは

苔が自然に生えている環境からのイメージで、育て方を勘違いされる方が多いのですが苔は乾燥に強く湿気に弱い植物です。あまり水やりをしすぎてしまうと枯れてしまったりカビが生えてきたりということもあります。よほど乾燥している室内以外はあまり水やりは控えて乾いているくらいが苔にとってちょうどよい塩梅となるでしょう。

苔盆栽の育て方と作り方・植え方と貼り方6

最後になりますが実際に苔の盆栽を作られている方の画像を紹介しながら、素敵な鉢植えの作り方・飾り方例を見ていきましょう。自分の苔盆栽を作る時にきっと参考になるのではないでしょうか。

ミニ苔盆栽の飾り方例1.

苔の鉢は何も陶器のものでなくてはいけないということはありません。また底穴も必要ありませんのでこのようなガラス製の入れ物でも作ることが可能。これなら洋風の部屋にもマッチするのではないでしょうか。

ミニ苔盆栽の飾り方例2.

手のひらに乗るサイズの鉢植えなのにその中にはいくつもの種類の苔と岩に見立てた石までも配置されています。まるで小さな自分だけの庭がそこにあるように感じる作品ですね。種類もその姿のバリエーションも多い苔ならではの楽しみ方ではないでしょうか。

ミニ苔盆栽の飾り方例3.

乾燥に強い植物なのでほんの少しの土と水があればこのような石の上に着生させることもできます。これなら鉢を用意することなく苔を楽しむことができるでしょう。また、自然の雄大さや生命力を感じることもできるのも素敵です。

まとめ

おしゃれなミニ苔盆栽を作ってみよう

出典: https://www.photo-ac.com

初心者の方でもできる簡単な苔盆栽の作り方を、おすすめの種類や用意する土や鉢の選び方から貼り付け方・水やりとご紹介してきましたがいかがでしたか?室内のみで育てていても十分に青々とした様子を見せてくれる苔の鉢植えは現代人の癒やしとなってくれるでしょう。近くで苔が手に入らないという方は市販の人工培養苔を使用するのもおすすめです。慣れてきたらいろいろな種類の寄植えにも挑戦してみると楽しそうですね。もっと苔を身近に感じ気軽に楽しんでいただければ幸いです。

苔が気になる方はこちらもチェック

苔の増やし方のコツや苔玉の作り方、苔で作るテラリウムの楽しみ方などもご紹介しています。もっと苔について知りたいという方は是非こちらも見てくださいね。

Thumb苔の育て方は?植え方や増やし方など成長に合わせた栽培方法とコツを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
苔には多くの種類があり育て方や楽しみ方もさまざまです。肥料やそれほどのお手入れがいらず一度定...
Thumbハイゴケ(這苔)の育て方と増やし方!苔玉でも楽しめるその魅力をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
苔の種類は多いですが、中でもハイゴケ(這苔)は公園などでも見かける身近な苔です。育て方が簡単...
Thumb人気の苔テラリウムの楽しみ方!おしゃれインテリアにもなる作り方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
誰でも気軽に作れて、インテリアアートにもなるおしゃれな苔テラリウムをご存じですか?ガラス瓶や...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ