【2109】アウトドアで最高のコーヒーを楽しめる最新道具&美味しい飲み方まとめ!のイメージ

【2109】アウトドアで最高のコーヒーを楽しめる最新道具&美味しい飲み方まとめ!

アウトドアの綺麗な雰囲気で飲み物がコーヒーです。澄んだ空気の中で飲むコーヒーは普段飲んでいるインスタントのものでも味わいはひとしおです。今回はそんなアウトドアイベントで美味しいコーヒーの淹れ方・飲み方についてご紹介していきます。

2019年10月31日更新

kawakawaken5
kawakawaken5
アウトドア情報をみていただいた方に興味が湧いてくるような執筆を心がけています。また、長年の調理経験から、料理やアウトドアで使えるレシピも執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. アウトドアで楽しめる美味しいコーヒー
  2. 一般的なコーヒーを淹れるための道具
  3. アウトドアならではのコーヒーを入れるための道具
  4. ソロキャンパーにおすすめのコーヒーを入れる道具
  5. ここまで進化した最新コーヒー器具
  6. アウトドアで美味しいコーヒーの淹れ方1:「炭火焙煎」
  7. アウトドアで美味しいコーヒーの淹れ方2:「パーコレーター」
  8. アウトドアで美味しいコーヒーの淹れ方3:「ハンドドリップ」
  9. アウトドアコーヒーの美味しい飲み方①
  10. アウトドアコーヒーの美味しい飲み方②
  11. アウトドアコーヒーの美味しい飲み方③
  12. アウトドアコーヒーの美味しい飲み方④
  13. アウトドアコーヒーの美味しい飲み方⑤
  14. アウトドアコーヒーの美味しい飲み方⑥
  15. アウトドアコーヒーの美味しい飲み方⑦
  16. アウトドアで楽しめる美味しいコーヒー:まとめ

アウトドアで楽しめる美味しいコーヒー

キャンプでも美味しい本格コーヒーを

澄んだ空気の中で淹れるコーヒーの美味しさは想像するだけでコーヒー好きにはたまりません。しかし、コーヒーの淹れ方は意外と道具が多く、また壊れやすいものや洗いにくいものなど少しアウトドアのような不便な状況では一苦労です。そんなちょっとキャンプやアウトドアで大変な美味しいコーヒーの淹れ方・美味しい飲み方をご紹介していきます。

キャンプだからこそ輝くおしゃれ道具も

キャンプでコーヒーを飲みたいという方はたくさんいるので、キャンプならではの便利でおしゃれなコーヒー道具も増えてきています。使い慣れた道具を使うのもいいですが、キャンプやアウトドアで使いやすい道具で淹れる普段と違うコーヒーを楽しんでみましょう。おしゃれな道具が多いので1セットコレクションとして持っておくのもインテリアになっておしゃれです。

一般的なコーヒーを淹れるための道具

豆を挽くなら「ミル」が必要

豆からコーヒーを入れる場合には、豆を細かく挽く必要が出てきます。その役割を果たす道具がミルになります。黒胡椒などを挽く時にコーヒーバージョンになります。このミルでの挽き方によってコーヒーの味が大きく異なりますので、自分で豆を挽く際に注意してください。もちろん、お店で豆を挽いてもらうこともできるのでご安心を。

意外と忘れがちな計量カップを

意外と忘れがちで重要なアイテムが、コーヒーの豆や粉を正確に取るための計量カップになります。コーヒーは意外と正確な計量が必要になります。正確な豆の量に対して、適切な量のお湯をかけてドリップすることでより美味しいコーヒーになります。

重要な先細りのやかん

コーヒーをハンドドリップで淹れるのはおしゃれなコーヒーのイメージとして多くの人が持つイメージです。しかし、普段使いのやかんでお湯をドリッパーに注ぐと豆にうまく当たらず、フィルターに当たってしまい味がぶれてしまいます。そのため、先細りしたやかん口のあるものをコーヒーを淹れる際には購入してみましょう。

アウトドアならではのコーヒーを入れるための道具

コーヒーを入れるために「バーナー」は必需品

アウトドアでは、お湯を沸かすのも一苦労です。そのため、簡単に火をつけることのできるバーナーは必要不可欠なものになります。バーナーでお湯を沸かす利点は2つです。すぐに再加熱することができることと、キャンプで焚き火などのバーナー以外でお湯を淹れるとどうしてもヤカンに煤がついてしまうので後片付けが大変です。

これ1つでコーヒーが「パーコレーター」

snow peak(スノーピーク) ステンレスパーコレーター 6カップ PR-006クッカー クッキング用品 バーべキュー ポット、ケトル パーコレーター アウトドアギア
楽天で詳細を見る

パーコレーターは、コーヒーをキャンプなどのアウトドアで簡単に豆からコーヒーを淹れることのできる道具になっています。簡単に言うとコーヒーを淹れる道具が全てセットになったヤカンと思ってください。これ1つあればドリップも蒸らしも自動で行ってくれるので大変便利です。キャンプなどで手軽にコーヒーを楽しみたい方におすすめのグッズになります。

焚き火台型「ドリッパー」

ドリッパーはコーヒーフィルターを設置するための台座のような物です。モノによっては陶器なものやガラスのものなどその素材も幅広くあります。今回はキャンプ場の雰囲気を壊さない焚き火型ドリッパーのご紹介です。このドリッパーは組立式になっているので持ち運にも非常に便利なコンパクトドリッパーになっています。しかし、排出口が大きいのでしっかりと豆を蒸らしてからお湯を注がないと味が薄くなるので注意です。

ソロキャンパーにおすすめのコーヒーを入れる道具

インスタントでコーヒーを1セットに

ソロキャンパーの場合には、少しコンパクトな道具が必要になってきます。ソロキャンパーのように多くの荷物を持つことのできない場合には、無理せずにインスタントコーヒーを購入しておくのも大切です。最近のインスタントコーヒーはドリッパーと1セットになっている物もありますし、美味しさも十分です。キャンプなど外でドリップコーヒーを飲むだけでもおしゃれな気分に浸ることができます。

持ち運び便利な小型マグ

キャンプならではのおしゃなコーヒーを楽しみたい場合には、小型でコンパクトな携帯マグを購入するのもおしゃれポイントになります。コンパクトなマグはクッカーとして1セットになっていたり、スプーンとセットになっていたりと道具が増えるアウトドアに歯止めをかけてくれるので、ぜひチェックしてみてください。ちょっと贅沢をしてハンドエスプレッソマシーンを購入すれば濃いコーヒーや飲み方の幅も広がります。

ここまで進化した最新コーヒー器具

電源不要のエスプレッソマシーン

コーヒー好きならば一度は味わったことのある濃いコーヒー「エスプレッソ」ですが、このコーヒーを入れるには専用のマシーンが必要です。よくコーヒーショップで「プシュー」という音が響きますが、その音は圧力をかけながらエスプレッソコーヒーを抽出している音になります。そんな専門店でしか味わえなかったエスプレッソがアウトドアで電源不要で楽しめるようになりました。コーヒー好きならばすぐにでもほしい1品になります。

【ポイント10倍!】WACACO(ワカコ) LG12-MP エスプレッソメーカー ミニプレッソ GR
楽天で詳細を見る

バーナーで加熱するだけでエスプレッソ

アウトドアでコーヒーを入れるときに面倒なのが、計量したりお湯を沸かしたりと意外と大変で道具が必要になってきます。そんな問題を解決してくれるのがビアレッティのモカエキスプレスになります。これは、パーコレーターのような仕組みになっていますが、抽出するコーヒー豆の荒らさが細かく風味高いエスプレッソを入れることができます。量は少ないですが、1杯にコーヒーの美味しさが詰まったコーヒーを飲むことのできる道具になります。

ビアレッティ 直火式コーヒーメーカー「モカエキスプレス」 1164
楽天で詳細を見る

アウトドアで美味しいコーヒーの淹れ方1:「炭火焙煎」

アウトドアだから試してみたい炭火焙煎

なかなか自宅ではできない炭火焙煎もアウトドアなどで炭起こしをしたならば挑戦することができます。1杯分のコーヒーを焙煎するには少し大変なのである程度まとまった量を焙煎するのがコツになります。また、初心者がコーヒー豆の焙煎をする時には少々注意点もあるのでしっかりとチェックしてからアウトドア焙煎をしてみましょう。焙煎器もコンパクトで1つあると何度も焙煎することができます。もちろん、炭火焙煎でなく火力の調整がしやすいバーナーで焙煎することも可能です。

アウトドア焙煎をするためのコツ

焙煎をする前には下準備が大切です。生豆の状態で虫食いのものや欠けている豆である不良豆を手作業で取り除きます。これをハンドピックといいます。そして、冷たい豆を急加熱すると表面のみの焙煎となってしまいあまり美味しい物ができないので遠火でじっくりと加熱していきます。軽く焙煎が進むと豆の皮が剥けてくるので空気を送って皮をむき飛ばします。この段階になるとコーヒーの香りが強くなるので、アウトドアでもおしゃれなカフェにいるような雰囲気を味わえます。

保存する時には空気穴を

コーヒー豆は焙煎してからしばらくの間ガスを放出しています。そのため、アウトドアでおしゃれに焙煎をして残った豆を保存するために容器に淹れる際には軽く穴を開けてガスの逃げ道を作っておきましょう。この工程を踏まないと容器が爆発するので要注意です。

アウトドアで美味しいコーヒーの淹れ方2:「パーコレーター」

便利すぎるパーコレーター

パーコレーターは、お湯の蒸気圧によって吸い上げてからコーヒー豆に垂らしてコーヒーを抽出する仕組みになっています。仕組みが非常に単純なため使い方も決して難しいものではありません。軽くお湯を沸騰させてから、盃型のバスケットに挽いたコーヒー豆をいれ中央に設置されているお湯の排出口にセットして蓋をしたら弱火で再沸騰させて4~5分待てば完成になります。失敗しやすいハンドドリップとは異なりほとんど失敗しないので初心者におすすめのおしゃれコーヒーセットになります。

アウトドアコーヒーは粗挽きで

おしゃれなパーコレーターを使う際の、豆の挽き具合は中挽きや粗挽きのような大きめの豆を使用します。パーコレーターは、抽出されているコーヒーを見ながら抽出ができるので色の濃さのによって判別できるのでアウトドアではなかなか難しい抽出具合を調整することができるので口コミでもパーコレーターは近年注目を集めています。

アウトドアで美味しいコーヒーの淹れ方3:「ハンドドリップ」

コンパクトなコーヒーセットならハンドドリップ

アウトドアではコーヒーセットのコンパクトさも必要になってきます。コンパクトなアウトドアコーヒーセットならばハンドドリップ式のものがおすすです。フィルターを何枚かと挽いた豆とドリッパーとコップさえあればできるので、持ち運びという点ではこれほど便利なコーヒーセットはありません。もちろん、バーナーやヤカンなどはアウトドア会場にもって行く必要があるので忘れないように注意しましょう。

失敗しないためには蒸らしが重要

アウトドアでコーヒーを楽しむときに大事になってくるのがドリップするときの、蒸らしになります。蒸らしはお湯を豆に垂らしてからドーム状に膨れたものが落ち着くまでしっかりと蒸らしましょう。特にサイクロン式のドリッパーだと蒸らしが大切になってきています。あまりにも薄い場合には再度ドリップして味を整えるようにしましょう。

アウトドアコーヒーの美味しい飲み方①

酸味の強い場合は「アメリカンコーヒー」

アウトドアコーヒーの美味しい飲み方は種類が何個かあります。今回はおすすめのちょっと変わったアウトドアコーヒーの淹れ方をご紹介していきます。バーナーや焚き火などで沸かしたアウトドアで作ったお湯は、家で沸かしたお湯よりも特別な物な気がします。そこで、そんなお湯を使ったアメリカンコーヒーも美味しいコーヒーとしてアウトドアでは口コミで人気を集めています。

アウトドアアメリカンコーヒーの淹れ方

アメリカンコーヒーの淹れ方は、何通りかありますがお湯で濃いコーヒーを薄めてつくる方法があります。バーナーなどコンパクトな火を使う場合には特に温度管理が大切になってきます。まずは、コーヒーを濃い目の物を入れます。その間にバーナーで新しいお湯を用意しておきます。抽出し終わったコーヒーに対してお湯の量は大体半分くらいになります。もちろん、自分のお好みの濃さを追求してみるの面白く口コミで人気があるアウトドアコーヒーになります。

アウトドアコーヒーの美味しい飲み方②

大人味の「アイリッシュコーヒー」

大人味のアウトドアコーヒーを飲みたい方におすすめなのがアイリッシュコーヒーになります。アイリッシュコーヒーの淹れ方は、非常に簡単です。コーヒーにウィスキーを入れるだけと云うのが有名ですが、せっかくのアウトドアなのでちょっと本格的なアイリッシュコーヒーの淹れ方をご紹介していきます。口コミでも評価の高いアウトドアコーヒーですので、是非ともチェックしてみてください。

アウトドアアイリッシュコーヒーの淹れ方

アイリッシュコーヒーを作るためにはまずは、マグからこだわります。バーナーや湯煎で軽くマグを温めてからザラメを入れて少し溶けてきたから、コーヒーを注ぎ入れます。そのコーヒーに対して、1/6程度のウィスキーを入れます。最後に生クリームをウィスキーと同程度加えれば完成になります。温める際にバーナーを使うと陶器製のマグだと砕けてしまうので、湯煎が安全でおすすめです。

アウトドアコーヒーの美味しい飲み方③

火を楽しむ「カフェロイヤル」

アウトドアの醍醐味としては、普段は危険で楽しめない火を楽しむというのが口コミでも多くの人が行っています。そこで、火を灯したコーヒーというのもおしゃれでアウトドア向きのコーヒーです。今回は、そんなちょっと珍しいカフェロイヤルの淹れ方をご紹介していきます。カフェロイヤルは、ほとんど準備するものがいらずコンパクトなアウトドアをする人でも楽しむことのできるコーヒーになります。

アウトドアカフェロイヤルの淹れ方

カフェロイヤルの作り方で大切なのが、燃えないスプーンを使うことです。アウトドアグッズは木製のものをが多いので特にチェックが必要です。金属製のスプーンのうえに角砂糖を1つ載せて、ブランデーを染み込ませます。そこに、バーナーなどで火をつけます。砂糖が9割りほど溶けてきたらコーヒーに加えて完成になります。このスプーンは、このコーヒー専用のロイヤルスプーンという角砂糖が載せやすいものもあります。コンパクトなグッズなので、アウトドアでも持って行っても大丈夫なので、ちょっとしたおしゃれアイテムとして口コミで評価を得ています。

アウトドアコーヒーの美味しい飲み方④

ココアと合わせた「カフェモカ」

アウトドアは、個人で楽しむのもいいですが家族や友人たちと一緒に楽しむのもいいものです。そこで、コーヒーを入れようとした時に少し問題になるのがコーヒーの苦味などが苦手な人がいることです。そこで、比較的に子供も楽しめ、苦いものが苦手な人でも楽しめるカフェモカは大変便利なコーヒーになります。最近ではコーヒーショップでも口コミで人気を集めいろんな種類のカフェモカも出ているので、自分なりのカフェモカをつくってみましょう。

アウトドアカフェモカの淹れ方

アウトドアでカフェモカをつくる場合には、まずはコッヘルやクッカーのようなコンパクトな鍋を用意します。濃い目に入れたコーヒーと牛乳を適量入れて鍋にかけてバーナーで加熱します。あとは、ふつふつと沸騰してからバーナーから離してからチョコシロップを加えて完成になります。このままだと少し乳脂肪分が足りないので、生クリームなどを入れてなめらかさを調節してみてください。コーヒーと牛乳の割り合いで味が変わるのでオリジナルのものをつくってみてください。

アウトドアコーヒーの美味しい飲み方⑤

砂糖の代わりに「マシュマロコーヒー」

砂糖など料理に使うものをコーヒーの甘さにするのもいいですが、キャンプなどのアウトドアでデザートとして使うマシュマロをコーヒーの甘味にするのも美味しいコーヒーの飲み方で口コミで人気を集めています。最近ではマシュマロに絵を書いたものなどで、インスタ映えするコーヒーをつくるなど各人のこだわりでアウトドアイベントでコーヒーを楽しむことができるイベント性のあるコーヒーになります。

アウトドアマシュマロコーヒーの淹れ方

アウトドアで映えるマシュマロコーヒーを作る際には、小さなマシュマロを使うのもおしゃれなポイントになります。コーヒーをマグに入れてからミニマシュマロを山のように浮かべてそこに、ココアパウダーをふりかけるだけでも、白い雪原に黒い光が灯ったようにおしゃれなマシュマロコーヒーになります。この他にも、口コミでは色々なマシュマロコーヒーが投稿されていますので、チェックして想像を膨らませてみてください。

アウトドアコーヒーの美味しい飲み方⑥

変わり種の「シナモンコーヒー」

ちょっと変わり種ですが、これまたシナモン好きの人には口コミで人気を得ているのがシナモンコーヒーになります。このシナモンコーヒーは、シナモンシュガーやシナモンパウダーなどシナモンの使い方は様々な工夫ができる変わり種コーヒーになります。コーヒーの香ばしい香りとシナモンの風味の2つの香りを楽しめる上に、シナモンには血行をよくする効果もありますので、朝に飲むコーヒーとしては最適です。

アウトドアシナモンコーヒーの淹れ方

口コミでも健康にいいと評判のシナモンコーヒーの淹れ方は非常にシンプルです。濃い目に淹れたコーヒーにシナモンスティックを入れるだけでになります。もちろん、このシンプルな使い方以外にもシナモンパウダーをドリップの際に加えて香りを追加するやり方も美味しいと口コミで人気です。少々スパイシーになりますので、ミルクなどを加えてチャイのようにして飲むのも人気になります。

アウトドアコーヒーの美味しい飲み方⑦

ちょっと大人なラムレーズンコーヒー

ちょっと大人なコーヒーを楽しみたいがお酒を入れるのは控えたいという方に、おすすめなのがラムレーズンを数個コーヒーに入れたものも人気を集めています。ラムレーズンの甘味と風味、ちょっとのアルコール成分でちょっと背伸びしたい年頃のコーヒーマニアには最適です。いろいろな世代でアウトドアコーヒーを楽しんでみましょう。

アウトドアラムレーズンコーヒーの淹れ方

ラムレーズンコーヒーを入れる場合には、ラムレーズンをただ入れるだけでも美味しいですが、もっと色々な作り方があります。アウトドアでは少し難しいですがラムレーズンのアイスクリームをコーヒーにちょい足ししたりするのも美味しいです。また、アウトドアでもちょい足しの中でもラムレーズンバターを入れるのも美味しいです。朝食のパンに塗っても美味しいですので少しアウトドアに訪れる際に持っていけば使い方は結構ありますのでラムレーズンバターはおすすめです。

アウトドアで楽しめる美味しいコーヒー:まとめ

いかがでしょうか?今回は、アウトドアでも簡単に美味しいコーヒーを淹れることのできる道具やちょっとした変わり種の飲み方をご紹介してきました。アウトドアならではのおしゃれな道具もたくさんありが、普段使いすることも問題ないのでコーヒー好きの方は是非購入してみてください。

コーヒーの美味しい淹れ方・飲み方が気になる方はコチラもチェック!

コーヒーはアウトドアイベントで飲むのも美味しいですが、普段から日常的に飲むドリンクです。そのため、詳しく調べると豆やおしゃれなセット、道具などたくさんのものがあります。そんなコーヒーセットについて気になる方はコチラもチェックしてみましょう。

Thumbキャンプで淹れるコーヒー講座!美味しい淹れ方と野外で必要な最新道具も! | 暮らし~の[クラシーノ]
コーヒー家で淹れて飲んでも美味しいですが、環境を変えるだけでもさらに美味しく飲むことができま...
Thumbハンドドリップコーヒーの美味しい入れ方講座!時間や分量などのコツも紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
コーヒーは、道具で入れるかハンドドリップで入れるかで香りや味が変わります。ハンドドリップでも...
Thumb【2019】コーヒー用水筒おすすめ7選!コーヒーを美味しく持ち運ぶならコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
コーヒー用水筒にはどのような種類があるかご存知ですか?水筒によって保温、保冷の効力も異なりま...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ