キャンプで淹れるコーヒー講座!美味しい淹れ方と野外で必要な最新道具も!のイメージ

キャンプで淹れるコーヒー講座!美味しい淹れ方と野外で必要な最新道具も!

コーヒー家で淹れて飲んでも美味しいですが、環境を変えるだけでもさらに美味しく飲むことができます。特に野外でのキャンプでコーヒーを飲む時の美味しさは格別ですね。コーヒーをさらに美味しく飲めるようにキャンプで淹れるコーヒーのおすすめな淹れ方や道具を紹介いたします。

2019年07月11日更新

touki241
touki241
アウトドア、食事や体づくりを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. キャンプで飲むコーヒーの美味しさ
  2. キャンプでコーヒーを淹れる方法
  3. キャンプでコーヒーを飲むさいに必要な道具
  4. キャンプでの湯沸かしに必要なグッズ:バーナー
  5. キャンプでの湯沸かしに必要なグッズ:クッカー
  6. キャンプでの湯沸かしに必要なグッズ:マグ
  7. キャンプで湯沸かしをするさいのバーナーの使い方
  8. キャンプでのコーヒーの美味しい淹れ方
  9. キャンプでコーヒーを淹れる時のこだわり
  10. インスタントかドリッパーフィルターコーヒーか
  11. キャンプにコーヒーサーバーを持っていこう
  12. キャンプでコーヒーを淹れる時に気を付けたいこと
  13. キャンプでコーヒーを飲む時に気を付けたいこと
  14. キャンプでコーヒーを飲む計画を立てよう
  15. キャンプで淹れるコーヒーの魅力まとめ

キャンプで飲むコーヒーの美味しさ

キャンプなど野外でコーヒーを淹れ、飲めば自宅では味わえない雰囲気や味を味わえます。勿論自宅でも最高のコーヒーを楽しめますが、あえて野外やキャンプで淹れ方にこだわってコーヒーを淹れ、こだわりの美味しいコーヒーを口に含むのはまた自宅で味わうコーヒーと別の物に感じます。

自然の涼しさと静けさの中で淹れるコーヒー

キャンプでコーヒーを淹れるときは色んな状況があり環境があります。複数人でキャンプに行き、野外が暗くなってからコーヒーを淹れて人と話をしながら飲むこともありますし、一人のソロキャンプで普段は出来ない静かな自然環境の中でこっそりコーヒーを淹れるのを楽しみ、またゆっくりとコーヒーを飲んで香りを楽しむことも出来ます。野外であるキャンプでのコーヒーは普段の生活を一旦忘れることができ、心身ともにリラックスすることができます。

キャンプでコーヒーを淹れる方法

野外でコーヒーを淹れる場合、自宅などの設備が整っている場所と違いコーヒーを淹れるために道具やアイテムを準備して持っていく必要があります。また自宅と違う雰囲気の演出のために便利で持っていきたいアイテムと道具やコーヒーを淹れるのに必要不可欠な道具が存在していますので、そちらも準備して持っていく必要があります。

どういう雰囲気で楽しみたいのか

わざわざキャンプなどの野外でコーヒーを淹れて楽しむということは、自宅と違う雰囲気を楽しみたいということです。同じ道具やコーヒーを使用すれば味おそらくキャンプで淹れたコーヒーと自宅で淹れたコーヒーとでは、は全く同じでしょう。しかし何が違い、わざわざ野外でコーヒーを楽しもうと思うのか、それは自宅と野外の雰囲気や空気など環境が変わるからでしょう。

キャンプでコーヒーを飲むさいに必要な道具

キャンプなどの野外でコーヒーを飲むには、最初に説明させていただきました通り必要な道具や雰囲気づくりのアイテムを持っていく必要があります。自宅でコーヒーを飲むには、ガスコンロやポッドで湯を沸かして、コーヒー豆を挽いて炙り粉をつくるかインスタントコーヒーの粉を用意し、好みの抽出方法でカップにコーヒーを注げばいい話ですが、野外ではそう簡単にできません。

野外でコーヒーを淹れるために必要な道具

野外で美味しいコーヒーを淹れるには、環境が揃っている自宅での淹れ方と違い少し時間がかかり難しいです。それでも野外でコーヒーを淹れて飲むのは楽しいですし、何より落ち着きます。そんな野外でコーヒーを美味し淹れるために必要なものやアイテムは複数存在します。まずコーヒーを淹れるにはお湯を沸かす必要がありますので、そのために必要な道具としてバーナーとガスなどの水を温める道具が必要です。さらに温める水をいれる容器であるクッカーが必要になります。そしてコーヒーを淹れるためのマグが必要になるでしょう。

キャンプでの湯沸かしに必要なグッズ:バーナー

ドリッパーでフィルターを通してコーヒーを淹れるのもインスタントコーヒーの粉でコーヒーを淹れるのにもまずコーヒーを淹れるために必要なお湯を作らなければコーヒーは飲めません。野外は自宅と違いポッドなどの電化製品は使用できませんし、仮に使用しようしても持ち運び可能な発電機が必要になります。それは苦労が大きいですし、わざわざ野外でコーヒーを飲むのに、若干無粋で雰囲気が悪いです。

小さくて便利なバーナー

せっかく野外でコーヒーを淹れて飲むのですから、自宅に当たり前にある物で淹れて飲んでも問題ないですが興がそがれます。つまりアウトドア活動において湯を沸かす時に重宝されるのはバーナーになります。バーナーであれば重量も軽いですし持つ運びも簡単です。暗い野外でバーナーから出るリアルな炎そのものを見るのも心が癒されますし、雰囲気的にもおすすめです。

キャンプでの湯沸かしに必要なグッズ:クッカー

野外でお湯を沸かすのにまず熱源となる物はバーナー以外にも固形燃料など多数が存在しますが、水を淹れて直火可能な物はチタン製品のシングルタイプクッカーに限ります。クッカーとはアウトドア業界において野外活動における料理道具を指し、種類も多数存在しますがコーヒーを淹れるために必要なクッカーは湯沸かし用のチタン製シングルポッドです。

素材は多数種類があるがおすすめはチタン製

アウトドアで美味しい料理を作るためのクッカーですが、素材は多数の種類が存在します。代表的なのは熱効率が比較的よく頑丈なアルミ製。そして安価でありながら丈夫なステンレス製。そして価格は少し上がりますが薄く軽く、そして丈夫なチタン製です。

キャンプでの湯沸かしに必要なグッズ:マグ

クッカーとバーナーなどの道具やアイテムで水を熱してお湯を作ることができれば後はお湯を淹れるだけですが、野外でコーヒーを淹れるために忘れてはならないものがコーヒーを注ぐマグです。意外とアウトドアシーンでマグを忘れる方が多いですので、キャンプなどでは忘れないように持っていきましょう。

マグにも多数の種類がある

マグは所謂クッカーの中にジャンルが入る道具ですので、クッカーと同じく多数の種類が存在します。マグで調べると分かりますが、アウトドアブランド、中でもキャンプ用品メーカーは絶対といっていいほどマグカップを製造販売していおり、多数の種類が存在します。美味しいコーヒーの淹れ方は、野外で飲む時に限らずコーヒーの味はマグなどの容器でも変わります。美味しいコーヒーを飲むためにはマグの特徴をよく調べ、自分に合ったマグを選ぶことが重要です。

キャンプで湯沸かしをするさいのバーナーの使い方

キャンプで美味しいコーヒーの淹れ方を調べれば必ずといっていいほどヒットするバーナーですが、キャンプなどの野外活動が初めての方にとってはバーナーという物が扱いの難しい物の様に思えるでしょう。しかし実際に触って扱ってみると意外と簡単ですので、一緒に使い方を確認していきましょう。もちろんキャンプでお湯を作る方法はバーナーの他にも多数存在しますが、手っ取り早くかつ雰囲気が壊れない物といえばやはりバーナー。キャンプや登山の趣味の方にもおすすめされている製品です。

ほとんどのバーナーが同じ構造

多くの沢山のメーカーが販売しているバーナーですが、構造は基本ほとんど同じです。バーナーは折畳になっている場合が多く、上のクッカーを支えるためのアームを拡げ、バーナーの下にガス缶をまわして付け、下部についている元栓を開けて圧電素子系の発火装置ボタンを押せば発火できます。

キャンプでのコーヒーの美味しい淹れ方

キャンプでのコーヒーの美味しい淹れ方は多数存在します。シンプルにコーヒーメーカーを持って行って淹れれば自宅で飲む美味しいコーヒーと変わらず美味しいコーヒーを楽しめますし、それは面倒という場合では簡易なドリッパーコーヒーをフィルター通して淹れても同じ味が味わえます。

雰囲気作りでも美味しく淹れられる

コーヒーメーカーやドリッパーフィルターを使ったコーヒーの様にこだわった淹れ方ではなくとも、インスタントコーヒーでも雰囲気をよくすれば自宅で飲むコーヒーよりも美味しく感じます。例えば焚火をして焚火の日でお湯を沸かし、それを注げば薪の香りや音を楽しみながら雰囲気もよくコーヒーを淹れられますので、非日常感からコーヒーメーカーやドリップフィルターで淹れたコーヒーより美味しいコーヒーを味わえるでしょう。

キャンプでコーヒーを淹れる時のこだわり

もちろんキャンプでも設備を持ってきてしまえば、自宅の様にこだわって美味しいコーヒーを淹れることができます。キャンプで簡易にコーヒーを淹れて飲むのもいいですが、美味しいコーヒーを飲むために淹れ方をこだわりたいという方は、多少手間はかかりますがどれだけでもこだわれます。

キャンプでも最高のコーヒーは淹れられる

皆様が思う最高のコーヒーとは何でしょうか。自宅にあるコーヒーメーカーやドリッパーフィルターで淹れた引き立てのコーヒー豆のコーヒーでしょうか、それともキャンプで簡易に作るコーヒーでしょうか。または自らが好む環境や状態で飲む缶コーヒーでしょうか。キャンプでも最高のコーヒーは作れるのです。コーヒー豆や抽出にこだわりがある場合はキャンプにミレーのコーヒーメーカーやサーバーを持っていくのもおすすめですし、ドリッパーフィルターやインスタントのコーヒーも美味しいです。また缶コーヒーをクッカーで温めて飲むのも良いでしょう。

インスタントかドリッパーフィルターコーヒーか

最高のコーヒーとは人それぞれによって違います。どんな環境であろうと道具があれば何でも作れますので、道具を持ってキャンプをすればいいのです。ドリッパーやフィルターはコーヒーメーカーと違いかさばりませんし軽い物なので、味にこだわりたい場合はドリッパーとフィルターをキャンプに持っていくことをおすすめします。

出典: https://pixabay.com

好きな物は人によって千差万別です。インスタントコーヒーでも豆を自ら挽いてフィルターに粉を入れ、ドリッパーでコーヒーを抽出したコーヒーでも好みは人によって変わります。ただコーヒーの美味しい淹れ方としては、インスタントコーヒーは粉の量やお湯の温度、マグの違いで味が変わりますが、ドリッパーフィルターの場合は美味しく淹れる淹れ方が存在します。持参しコーヒーの粉はフィルターに対して圧して詰めるのではなく、やわらかく盛ります。そして美味しい淹れ方としてお湯を注ぐさいはドリッパーフィルターの中心を狙って注ぐのがおすすめです。

キャンプにコーヒーサーバーを持っていこう

野外でインスタント以外のコーヒーの美味しい淹れ方はドリッパーフィルターで豆と淹れ方をこだわる以外にもまた違ったコーヒーの楽しみ方が存在します。それはサーバーを使用するという方法です。現代では保温力のとても高いサーバーが存在しますので、自宅のコーヒーサーバーでコーヒーを淹れて保温サーバーにいれてキャンプに持っていくことができます。

出典: https://pixabay.com

便利なコーヒーサーバー

勿論サーバーの使い方は自宅でコーヒーサーバーで淹れたコーヒーを持っていくほかにもキャンプ地でドリップフィルターでコーヒーを淹れ、そのコーヒーをサーバーに保管しておいて好きなタイミングで飲むという使い方があります。コーヒーサーバーにも多数の種類がありますが、特筆して必要な性能とは保温力と密閉率です。コーヒーメーカーで淹れようとドリッパーで淹れようとサーバーにいれるということは短時間保存することになりますので、コーヒーが酸化しない様に密閉率の高いコーヒーサーバーをおすすめします。

キャンプでコーヒーを淹れる時に気を付けたいこと

キャンプでコーヒーを淹れるには基本的に自宅にあるコーヒーメーカーでコーヒーを淹れるのと違い安全の差があります。キャンプにもコーヒーメーカーを持っていけばいい話ですが、せっかくの野外ですのでコーヒーメーカーを持っていくことはおすすめできません。基本的にキャンプでコーヒーを淹れるさいは直火でお湯を作りますので、熱く熱されたバーナーやクッカーの取り扱いに注意しましょう。炎を出した直後のバーナーやクッカーは非常に高温のため素手で触れば火傷してしまいます。

キャンプでコーヒーを飲む時に気を付けたいこと

キャンプでコーヒーを淹れる場合や自宅でコーヒーサーバーを使用してコーヒーを淹れる場合も湯の温度はさほど変わりませんが、キャンプで扱うマグは金属製の物が多いですので飲むさいには火傷に注意をしなければなりません。陶器製のマグと違い金属製のマグは熱伝導率が高いので、抽出したばかりの熱いコーヒーをマグ内にいれれば特にチタン製やアルミ製のマグは本体が非常に高温になりますので、取っ手を利用しましょう。

火傷防止のためのおすすめ

美味しい淹れ方でコーヒーを野外で楽しむのですから、火傷をしたら悲しいものです。そうならないためにいくつかおすすめがあります。まず一つとして、コーヒーを自宅のコーヒーメーカーで淹れ、コーヒーサーバーにいれて持ってくるという方法です。これでしたらお湯づくりでやけどをする心配もありませんし、適度に冷ませます。もう一つはマグの素材を変えることです。アウトドアメーカーの出すマグは金属製だけでなく木製の物も存在しますので、飲む際にやけどをしないのでおすすめです。

キャンプでコーヒーを飲む計画を立てよう

野外でコーヒーを楽しむには、まずどういう雰囲気でコーヒーを楽しむか計画する必要があります。雰囲気の演出のためにランタンなどのアイテムを持って行ったり、コーヒーの質を変えてみたりということです。

持っていく道具選び

野外でのお湯の淹れ方は直火のシーンが目立ちますので、コーヒーを美味しく淹れるには直火ができるクッカーが必要になります。アルミ製は熱伝導率も高く直火ができますが、炙っても見た目に変化がありません。ステンレスは熱を通しにくいため直火には向きません。チタン製は熱伝導率が低いですが、頑丈のため薄いので直火ができます。また変色がある為自分だけのクッカーが創れます。せっかくのキャンプですから、楽しむために自分の道具を選んで創るのも醍醐味です。

キャンプで淹れるコーヒーの魅力まとめ

キャンプで淹れるコーヒーの美味しい淹れ方について解説させていただきましたがいかがでしたでしょうか。現代ではキャンプ用品も増えていますので、キャンプなどの野外でも自宅のコーヒーメーカーの様に美味しいコーヒーを淹れられる道具が多数存在します。キャンプはあくまで野外ですので設備には限りがありますが、野外の雰囲気は何物にも代えられませんのでいつもより美味しいコーヒーが飲めるでしょう。

キャンプ用品が気になる方はコチラをチェック!

キャンプ用品はコーヒーを淹れるためのバーナーやクッカー、そしてマグ以外にも多数の種類が存在しますので、新しい雰囲気を作りたい場合は新しいアイテムを探すのがおすすめです。下記の記事がキャンプ用品を紹介していますので是非いご覧ください!

Thumb灯油ランプ/ランタンってどう?種類やおすすめ商品比較で特徴や魅力を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
灯油のランプやランタンなどの照明器具は昔と違い、現在ではキャンプなどのアウトドアで使用するこ...
Thumbスノーピークのタープはどれがいい?人気タープ比較で選び方の違いを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
スノーピークのタープは世界中に認められる知名度と性能を持っています。タープの機能を活かしたス...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ