灯油ランプ/ランタンってどう?種類やおすすめ商品比較で特徴や魅力を解説!のイメージ

灯油ランプ/ランタンってどう?種類やおすすめ商品比較で特徴や魅力を解説!

灯油のランプやランタンなどの照明器具は昔と違い、現在ではキャンプなどのアウトドアで使用することが多く、温かく雰囲気もよくなりますので人気なアイテムです。灯油ランプやランタンを使ってみたいけど選ぶのに迷うという方にランプの種類やおすすめ商品をご紹介していきます。

2019年07月06日更新

touki241
touki241
アウトドア、食事や体づくりを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 灯油ランプと灯油ランタンの魅力
  2. 灯油ランプと灯油ランタンの歴史
  3. 灯油ランプと灯油ランタンの特徴
  4. 灯油ランプ・灯油ランタンの種類
  5. 灯油ランプと灯油ランタンの明るさ
  6. 灯油ランプと灯油ランタンの持続時間
  7. 灯油ランプと灯油ランタンの選び方
  8. おすすめの灯油ランプ1
  9. おすすめの灯油ランプ2
  10. おすすめの灯油ランプ3
  11. おすすめの灯油ランプ4
  12. おすすめの灯油ランプ5
  13. 灯油ランプと灯油ランタンの手入れの仕方
  14. 灯油ランプと灯油ランタンを実際に使ってみよう!
  15. 灯油ランプと灯油ランタンの魅力まとめ

灯油ランプと灯油ランタンの魅力

灯油ランプや灯油ランタンには現代では主力の証明器具であるLED照明と比較しても素晴らしい魅力の違いがあります。灯油ランプや灯油ランタンの様な炎の明るさでしか味わえない魅力とは、ずばり雰囲気です。LEDでも最近は暖色LEDといった温かみのある色合いを放出させる製品も多く存在しますが、本物の炎とは比べられません。灯油ランプや灯油ランタンの炎は実際に温かく、照明器具だけではなく暖房器具にもなり得ますので、夜のキャンプでは明かりを灯しながら素敵な雰囲気を演出し、暖房のような暖かなぬくもりで体も温まります。

出典: https://pixabay.com

リアルな炎でしか表せない魅力

人類という存在は古来から炎を進化の源の一つとしていきました。人は炎を扱い、炎に魅せられ、炎に落ち着きます。他の哺乳類などでは確実に警戒する炎に対して人はぬくもりを得られるのですから、それだけをみても人が炎大好きな動物というのが確信できます。現在の世界での照明はほとんど電気による照明で室内や夜間を照れしているわけですが、キャンプなどのアウトドアをすればそのような明かりは少ないです。そのさいに昔の人間に戻ったように炎その物で明かりをとり、暖房をとるというのは趣味の世界であり魅力的です。

灯油ランプと灯油ランタンの歴史

灯油ランプというものはとても歴史が深く、日本では1860年に使われ始めたと言われています。古代や中世の人々は闇に明かりを灯すことや明かりを保つために沢山の工夫をしてきました。手軽に明かりが灯せて炎の温かさで暖房もとれ、さらには持ち運びができる灯油ランプを一般庶民が広く使えるようになったことは正しく人類の文明的進化といえるでしょう。現代での照明器具は効率やコスト、そして性能や能力を考慮してLEDによる電気照明になっていますが、キャンプなどの文明から少し離れるアウトドアでは灯油ランプを使ってみてはいかがでしょうか。

出典: https://pixabay.com

灯油ランプと灯油ランタンの特徴

キャンプなどのアウトドア用品である灯油ランプや灯油ストーブなどに使用する燃料は灯油の中でも特に純度の高い白灯油を使用する場合が多いです。白灯油は白ガスとも呼ばれていますが、同じく白ガスと呼ばれているホワイトガソリンとは全くの別物ですので、誤って白灯油をいれなければいけないアイテムにホワイトガソリンをいれたり、ホワイトガソリンをいれるべきアイテムに白灯油をいれてはいけません。故障や爆発の原因となりますので注意しましょう。

出典: https://pixabay.com

灯油ランプは種類が豊富

一つに灯油ランプといってしまってもいざ選ぼうとすると迷ってしまうぐらいに多数の種類が存在します。種類で分ければそれぞれの灯油ランプの特徴や魅力もありますが、同じ種類でもブランドやメーカーの違いによっては特徴や性能も仕様も魅力も変化します。多数種類がありますが、キャンプなどを趣味にする方々がおすすめするような人気で間違いのない種類の灯油ランプをご紹介させていただきますので、前知識として一緒に確認していきましょう。

灯油ランプ・灯油ランタンの種類

灯油ランプには大きく分けて二つの種類が存在します。それぞれに魅力がありますので、次はそれぞれの特徴や魅力を説明させていただきます。二つの種類に別れているだけでも、使用者からしたら比較対象が枝分かれしている訳ですので、悩むことは必須です。二つの種類の灯油ランプで悩んでいる方は是非両方の種類の特徴を知り、自分や自分の用途にピッタリ合った灯油ランタンを探してください!

出典: https://pixabay.com

圧力式ランタン

最初に説明させていただくのは圧力式ランタンという種類です。灯油ランプの中でも人気が非常に高く、キャンプ上級者の方々もおすすめできる種類です。特徴や仕組みは同じく化石燃料ランプであるガソリンランプとほとんどおなじで、それの灯油バージョンといえますので操作を覚えてしまえばどちらも扱えます。特徴は燃料である灯油を圧縮してガス状にし、マントルと呼ばれる袋状の部分にため込み発光すること。もう一種類の灯油ランプや他のランプと比較しても明るさはとても明るく、明かりが強い方がいいというかたにはおすすめしたい種類です。

フェアーハンド式ランタン

フェアーハンド式ランタンは緩やかな明かりがとても人気な灯油ランプの種類です。構造や特徴としては、液体の灯油を芯が毛細管現象で吸い上げ、通気口からおくられる空気によって緩やかに燃え続けるランタンです。構造のイメージとしては実験や試験などで使用するアルコールランプを想像していただければわかりやすいです。圧力式ランタンの様に明るさが非常に強いわけではないのでメイン照明として使用するには厳しいですが、食事をするさいの暖色明かりとしては雰囲気も出ていいです。他にも読書や就寝前の明かりとしてもおすすめできます。

灯油ランプと灯油ランタンの明るさ

灯油ランプの明るさは種類やブランドやメーカー別の製品でそれぞれ変わってきます。灯油やガソリンといった化石燃料ランプの明るさは暗くて130ワットほどで、明るくて400ワットほどの明るさです。数字でイメージがわかない方に例をもってイメージさせていただきますが、130ワットの明かりというのは大体レストランでディナーをする際のいい感じに暗いほどの明るさです。400ワットの明るさといえば、テントの中で使用した場合全体が明るくなるほどの明るさです。それぞれの明るさにも魅力はありますので、購入を検討している場合は自分の用途に合わせて購入することをおすすめいたします。

出典: https://pixabay.com

灯油ランプと灯油ランタンの持続時間

灯油ランプは明るさ以外にも重要なポイントが存在します。それは明るさを保つ時間です。よく持続時間や燃焼時間とメーカーのホームページでは記載されています。こちらが長ければ長いほど長く明るさを保つことができますが、燃焼時間については灯油ランプの種類やメーカーの製品によって大幅に異なります。製品によっては燃料タンクの容量が大きいのにもかかわらず燃焼時間が短い製品もございますし、燃料タンクが小型なのに燃焼時間が長い製品もございます。その差は燃費の違いですので、灯油ランプを選ぶさいは燃費も考えることをおすすめいたします。

出典: https://pixabay.com

燃費の問題

灯油ランプは永久機関ではありませんので動かすためには燃料を必要とします。キャンプ用の灯油ランプの燃料のほとんどが白灯油。灯油ランプを使用するさいにはランプ本体に白灯油を注入して点火をするわけですが、当然時間が経てばたつほど燃料である白灯油は消費され続けていきます。燃費がよければより少ない燃料で長く明かりを灯すことができ、暖房器具のように長く温まることができます。

灯油ランプと灯油ランタンの選び方

灯油ランプの魅力や特徴、そして多数の種類や製品があることがお分かりいただけたと思います。灯油ランプの魅力を知ってしまったらキャンプを趣味にされている方でしたら次回のキャンプに早速持っていきたくなるでしょう。しかし灯油ランプの基本的な前知識があったとしてもいざ選ぶとなると迷ってしませんか?そんなさいにおすすめできる選び方を説明させていただきますので、一緒に確認していきましょう!

出典: https://pixabay.com

想像してみよう

ますは自分が灯油ランプを手に入れたら何に使用するか想像してみましょう。おすすめしたい迷ったさいの選択方法とは、もし製品やアイテムを購入して手に入れた場合に自分の使用方法や用途を想像して計画することです。例としては、「灯油ランプを購入した場合には食事のさいに使おう。灯油ランプは温かみのある明るさだし、炎そのものだから暖房としても使えるはず。」といった感じですね。こう考えた場合はフェアーハンド式の明るさが低いランプを選ぶのがおすすめ。自身の用途をはっきり想像しておけばショップでも店員にアドバイスを受けやすいですよ。

おすすめの灯油ランプ1

ロゴスブロンズランタンL

【取寄品】 LOGOS(ロゴス) ブロンズランタン L 【 オイルランタン ライト 灯り レジャー用品 液体燃料 屋外 アウトドア用品 ランプ 野外 キャンプ用品 】

OUTDOOR LOGOS(ロゴス) ブロンズランタンL 74410000 横風に強い

楽天で詳細を見る

キャンプ用品メーカーであるロゴスのブロンズランタンは他の灯油ランプと比較しても非常に長い燃焼時間が人気の製品です。明るさはキャンプ用品メーカーであるコールマンのケロシンなどの製品と比較すれば暗いですが、暖色で暖かな光はキャンプで落ち着きたい時やディナーの明かりとして最適なため非常に人気でおすすめされています。また炎の温かさで暖房器具としても使用できますので、少し寒い時期でのキャンプでも暖房器具いらずで活躍できます。

レビューの紹介

飾りとしても雰囲気がありますが、やはり暖かな炎の温かさや光は雰囲気を強めます。

お洒落なアイテム

飾りとしてだけでなく、実用性を兼ね備えたランタンです。ランタンの灯りでディナーを楽しむのも乙なものです。

おすすめの灯油ランプ2

コールマンケロシンランプ

Coleman ケロシン(灯油) ランタン 639C700 【並行輸入品】

Coleman ケロシン(灯油) ランタン 639C700

楽天で詳細を見る

石油ランプ界の王と称されるキャンプ用品メーカーであるコールマンの製品、ケロシンランタンは非常におすすめです。特徴として非常に明るい灯油ランプとなっております。しかし明るいというメリットの逆でデメリットが存在します。それは燃費が他のランプと比較して悪いことです。ケロシンランタンは灯油を容れるタンクの容量が930mlありますが、燃焼時間は5時間となっております。キャンプに行くさいは予備の灯油を持っていくことをおすすめいたします。

レビューの紹介

コールマンの製品は安心性と信頼性が他のキャンプ用品メーカーと比較しても高いのがポイントです。ブランド性は勿論高いですが、同時に性能も高いので一生物のランプとして使用し続けられるでしょう。しかしケロシンランタンは日本での正規販売がございませんので修理は少し複雑になります。

最初は慣れるまで、準備等は難しかったが、すぐにキャンプ自体に馴染み、もはやこれ無しでは不安な状況になっています。
とても明るく、火力も少し調整が効きます。
コールマンのパーツ関連も問題なく取り付けできました。
壊れる気配はないですが、並行輸入のため壊れたときの修理は不安です。

おすすめの灯油ランプ3

ペトロマックスHK500

【最大600円OFF】 Petromax ペトロマックス HK500 アウトドア

Petromax ペトロマックス HK500 アウトドア

楽天で詳細を見る

灯油ランタンの購入を初めて考えている方で、性能重視で選ばれているのであればこちらのペトロマックスHK500一択です。こちらの製品は燃料である白灯油が1Lも入る大容量タンクと400ワットもの光量が最大の歩インテである灯油ランプです。他の灯油ランプと比較してもトップクラスの明るさを誇るランタンで巣の出、当然暖房器具としての温かさも期待できます。燃費は一般の灯油ランタンと比較しても平均的で4時間の燃焼時間です。

レビューの紹介

明るさが最大の魅力であるペトロマックスの灯油ランタンです。明るさが欲しい時にはこちらの製品一台でこと足りてしまいます。

さすがペトロマックス
今までのガスランタンとは桁違いの明るさです。直視すると目が眩むレベル。
手はかかりそうだが、ガスランタンと違い冬キャンプでも問題なく使えるので重宝しそうです。

おすすめの灯油ランプ4

デイツ2500BEL055

2500 BL 7−05m 【長時間燃焼】 【芯0.5mおまけ】 オイルランプ ランタン カンテラ 防災非常用 灯油ランタン 石油ストーブの補助に ハリケーンランタン大型 デイツ2500ジュピター青 BEL055-BL【RCP】

オイルランプ ランタン カンテラ 防災非常用 灯油ランタン 石油ストーブの補助に

楽天で詳細を見る

他のメーカーと比較してもデイツの2500ほどの燃料タンク容量を持つ製品は少ないです。最大の特徴である大容量タンクは白灯油が2.5Lもいれることができ、燃焼時間も75時間と非常に長いです。また明るさはさほど明るく無く、暖色な柔らかな明かりを発します。燃焼時間が桁外れの製品ですので、暖房器具としての温もりも期待できます。

レビューを紹介

明るさは他のメーカーや他の製品と比較しても弱めですが、白灯油を2.5Lもいれられる大容量タンクと持続時間の長さはとても魅力的です。長時間やわらかい炎で灯し続けられますので、就寝前の暖房器具として活用するのもおすすめです。

暖かみのある光で足元に置いておくと暖かいです。

おすすめの灯油ランプ5

キャプテンスラッグUK-504

キャプテンスタッグ UK-504 CSブラックラベル オイルランタン<中> アウトドア キャプスタ(約):幅145×奥行115×高さ245mm

キャプテンスタッグ ランタン 中 ブロンズ M-8356  / キャンプ用品 オイルランタン ランプ ライト CAPTAINSTAG

楽天で詳細を見る

こちらの灯油ランプは初心者の入門ランタンとして非常に人気でおすすめされています。何よりもの魅力が手軽さです。価格も安価でランプ本体も小さいためキャンプなどのアウトドアでの持ち運びに非常に便利です。また性能も良く、白灯油をいれられるタンクの容量は200mlですが、燃焼時間は14時間と非常に長い時間点灯し続けられます。

レビューを紹介

製造しているところもあってか少々作りは雑というのがリアルなレビューに多い感想ですが、手軽さと燃焼時間の長さから雰囲気づくりに重宝されています。

キャンプ用に購入。
周囲を明るく照らす能力は当然ありません。

ただ、オイルランタンにしか出せない独特の雰囲気は最高です。
ゆらぐ炎を見ながら、ボーっとする時間も贅沢なものです。
キャンプには必ず持参しています。

灯油ランプと灯油ランタンの手入れの仕方

灯油ランプを手に入れた後は手入れの方法を知っておくことをおすすめいたします。せっかく購入された灯油ランプなのですから、長く使っていきたいですね。コールマンなどのランプやランタンを選んだのでしたら一生使っていける物ですので大事に扱いましょう。ランプを使用した後はそのまましまい込んではいけません。劣化を防ぐためにはメーカーの既定の範囲で分解し、綺麗に汚れを拭き取りましょう。また、長い期間使用する予定がない場合は燃料を抜いておきましょう。燃料を抜いて綺麗に清掃することで劣化を防げます。

出典: https://pixabay.com

灯油ランプと灯油ランタンを実際に使ってみよう!

灯油ランプを手に入れたら実際に使用しなければもったいないです。火を灯さずインテリアにするのも一つの使い方ですが、ランプの魅力を最大限引き出すにはやはり実際に使ってみるしかありません。

出典: https://pixabay.com

キャンプで使ってみよう

灯油ランプを使う場所といえば代表されるのがキャンプが多いです。昼間はバーベキューなどをして夜は灯油ランプで温かく過ごすのも醍醐味です。キャンプなどのアウトドアでランプを使用する場合燃費がいい物の方が燃費がおすすめです。燃費がいい灯油ランプの性能を例にすると360mlの灯油で20時間ほど灯すことができます。逆に燃費が悪い場合は940mlで5時間明かりが灯せます。全然違いますね。夜の時間を安定して保つためには安定した明かりが必要です。

灯油ランプと灯油ランタンの魅力まとめ

灯油ランプの魅力や特徴を説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。灯油ランプは化石燃料である石油燃料器具であるため、明かりを灯して明るさを保つには燃料である灯油や白灯油が必要になります。現在のLED照明に比べてしまえば手間も時間も費用も掛かってしまう灯油ランプですが、実際の炎であたりを照らし暖房器具のように温めるという魅力は灯油ランプにしかありません。キャンプ用品メーカーは沢山ありますので、ブランドやメーカーの名前にこだわらず多数のランプを調べることをおすすめいたします。その方が自分に合ったランプに出会えるからです。

出典: https://pixabay.com

キャンプ用品が気になる方はこちらをチェック!

灯油ランプの他にもキャンプの雰囲気を引き立たせる素敵なアイテムはたくさん存在します!下記の記事は分かりやすくまとめられた記事ですので、キャンプ道具の知識が増えます。

Thumb【2019】スノーピークのキャンプで使いたい人気「チェア」ランキング8! | 暮らし~の[クラシーノ]
常に人気ランキング上位にある日本のアウトドアブランド「スノーピーク」から発売されているキャン...
Thumb鉈はどれが使いやすい?人気メーカーのキャンプでも便利な商品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は人気メーカーのキャンプでも便利な鉈を紹介します。鉈は薪割りや竹割り、枝打ちなどをする際...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ