スノーピークのタープはどれがいい?人気タープ比較で選び方の違いを解説!のイメージ

スノーピークのタープはどれがいい?人気タープ比較で選び方の違いを解説!

スノーピークのタープは世界中に認められる知名度と性能を持っています。タープの機能を活かしたスノーピークの特徴が込められたタープは何種類も製造販売されているためにどれがいいのか迷ってしまいますが、おすすめの選び方がありますので一緒に確認していきましょう!

2019年06月12日更新

touki241
touki241
アウトドア、食事や体づくりを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. タープとテントの違い
  2. タープに必要な性能と注意点
  3. スノーピークのタープが人気な理由
  4. スノーピークのタープの口コミ評判と選び方を紹介
  5. スノーピーク:HDタープシールドヘキサM
  6. スノーピーク:HDタープシールドヘキサLPro
  7. スノーピーク:アメニティタープヘキサLセット
  8. スノーピーク:エントリーパックTT
  9. スノーピーク:ランドステーションLアイボリー
  10. スノーピーク:HDタープシールドレクタMPro
  11. スノーピーク:カヤード [6人用]
  12. スノーピーク:TAKIBIタープオクタ
  13. スノーピーク:ライトタープペンタシールド
  14. スノーピークのタープを実際使ってみよう!
  15. スノーピークの人気タープの選び方まとめ

タープとテントの違い

スノーピークは優れたアウトドア用品を世界におくり続けていますが、その中でもキャンプや宿泊登山が好きな方にとってより一層人気な製品がタープとテントです。一見タープもテントも同じように支柱に幕を張って荷物を置いたり就寝スペースとして使用するアウトドア用品ですが、特徴や仕様を比較するとそれぞれタープとテントが全く別のものと分かります。まず最初に前知識としてタープとテントの違いを説明します。

出典: https://pixabay.com

タープは仮設屋根でテントは仮設住居

スノーピークの製品に関わらずタープとテントを比較すると特徴や仕組みが違います。タープは1本から8本ほどのポールを支柱に屋根となる生地を支えさせて固定する仮設屋根ですので、密閉されたような壁も無く床もありません。比較してテントの場合は屋根があり壁があり床がある仮設住居です。タープやテントにこれ程の違いがある様に、タープとテントにはそれぞれの魅力があります。テントはプライベート空間が確立されているポイントや、タープは身軽さが魅力ポイントです。

タープに必要な性能と注意点

スノーピークの製造販売するタープは必要最低限の性能や機能を当たり前の様に標準装備された優れたタープです。しかしスノーピークの製品に関わらず、タープを選ぶ際に気を付けたい必要最低限の性能とはなんでしょうか?タープは仮設の屋根ですので、勿論雨や風などから使用者を守らなければいけません。必要な性能と機能の1つとして水圧にいかに耐えられるかという防水厚が挙げられます。防水厚は高すぎると外からの水は弾きますが、内部の蒸気からタープ内を結露させてしまいますので、高すぎず適度な物がおすすめです。

出典: https://pixabay.com

十分な遮光性と通気性

スノーピークに関わらずタープというアウトドア用品は仮設屋根ですので天気が悪い日には雨を、天気がいい日には生地素材で日光を防がなければいけません。スノーピークのタープ製品は標準として高い遮光性がありますが、必要最低限の機能としては高い遮光性が求められます。またタープには風を通す通気性も求められています。スノーピークの他に色んなブランドが通気性を高めるために工夫していますが、タープの構造上通気性はとりやすいです。遮光性と通気性どちらも快適なキャンプには欠かせない性能です。

スノーピークのタープが人気な理由

スノーピークが製造販売するタープは性能がよく機能も使いやすいので、口コミ評価が非常に高いです。そんなスノーピークのタープが世界中に人気な理由は沢山ありますが、1つの理由としては超有名ブランドというブランド性もあります。アウトドアを知らない方でも知っているのですから、素晴らしく評判高いブランドということになります。そこまでブランドが知れ渡るということはもちろんアウトドアユーザーの声や要望に答え続けているということですので、性能や評判もよく人気なのが頷けます。

出典: https://pixabay.com

アウトドア用品だからこそ安心を

安心性が高い製品は人気なものが非常に多いです。先ほどスノーピークのタープが人気な理由を説明させていただきましたが、やはりスノーピークが人気な理由も安心だからという要因が一番大きいです。タープや…度だけではなく、数多な製品やシリーズを世界に発信し続けているわけですから、良い評判や評価は勿論ですが中には悪い評価や改良の余地があるという口コミ評判もあります。そんなリアルなアウトドア現場の声の理想に製品を近づけているのですから、使う人からしたら安心できます。

スノーピークのタープの口コミ評判と選び方を紹介

スノーピークの製品はどれも間違いのない製品です。それはタープやテントでも同じで、性能や機能が素晴らしく、どれも人気でおすすめできる製品です。ほとんどの製品が素晴らしいので、どれがいいのか自分に合っているのは何か、必要なタープテントはどれかと迷ってしまいます。しかしスノーピークの製品はほとんど優れていますが、タープやテントは種類が豊富でそれぞれのシリーズで向いているアウトドアや特徴が異なりますので、自分の計画に合ったものを選びましょう。

出典: https://pixabay.com

評判を参考にして選択しよう

スノーピークの製品は完璧に近いからこそどれがいいか迷いやすいです。そんなタープやテントを選ぶときに重要な参考となるのが実際にスノーピークのタープやテントを購入した方々や使用した方々のリアルな口コミ評価や評判です。購入して使用した方は数ある中から自分に合っていると思ったものを選んで購入しているので、どういう理由で購入したのかなどとても参考になる意見が多いですので次に製品と共に口コミを紹介させていただきます。

スノーピーク:HDタープシールドヘキサM

スノーピークのタープ製品の中でもヘキサ型は特に人気で口コミ評価が高いのでおすすめなタープです。ヘキサ型はタープの基本の型になっていますので性能や機能に尖りがなくまんべんなく高性能です。さらにヘキサ型のタープは他のタープと比較しても設営が簡単なポイントが魅力的です。そのためヘキサ型のタープはアウトドアをあまりしたことがない初心者の方がタープを持っていくのにおすすめな種類です。

スノーピーク タープ TP-861 HDタープ“シールド”・ヘキサ(M) HD-Tarp "Shield" Hexa M ヘキサタープ タープ キャンプ

スノーピーク タープ TP-861 HDタープ“シールド”・ヘキサ(M) HD-Tarp "Shield" Hexa M ヘキサタープ タープ キャンプ

楽天で詳細を見る

HDタープシールドヘキサMのリアルな口コミ評判

スノーピークの販売するヘキサ型のタープはタープの基本の型ですので、デザインも洗礼されていて設営すると美しいシルエットに組みあがります。スノーピークのヘキサ型はタープの基本となっていますので、性能も片寄ることなく優れています。しかし口コミをしてくださっている方の仰る通り、よこなぶりな激しい雨はそもそもタープでは防ぎようがございませんので、雨天時に使うことが想定されるのであればテントの購入をおすすめします。またこちらのヘキサはMサイズですので、計画する人数が多い場合はLサイズをおすすめします。

家族3人でのキャンプなので、手頃なサイズと考えて購入しました。
美しいシルエットで日差しの遮光、遮熱もバッチリでしたが、雨キャンプだったことが多く、吹き込んでくる雨に荷物や体が濡れることがあり、自分にとっては少し小さかったと思います。
後からヘキサEvoを購入し、フリーサイト等ではヘキサEvoを、サイトの区画が狭いキャンプ場やデイキャンプではヘキサMと使い分けています。

スノーピーク:HDタープシールドヘキサLPro

スノーピークがタープの基本型として製造販売するヘキサ型は性能や機能もよく、他のタープと比較しても設営が簡単なのでよくキャンプが趣味な方がおすすめをするほど評価が高いです。またタープを選ぶ際にどれがいいか分からない際に選べばいいような間違いのない種類ですので、キャンプの計画で人数が4人から6人であればHDタープシールドヘキサProを選べば間違いありません。またスノーピークのこちらの製品は設営に必要なペグやハンマーといった道具がセットになっているので、ストレスなく設営できます。

スノーピーク HDタープ シールド ヘキサ L Proセット snow peak HD-Tarp Hexa Pro. L Set タープ 6人用 アウトドア キャンプ TP-862S <2019 春夏>

スノーピーク HDタープ“シールド”・ヘキサ(L)Proセット TP-862S ヘキサタープ HD-Tarp Hexa Pro. L Set

楽天で詳細を見る

HDタープシールドヘキサLProの口コミ評判

スノーピークのHDタープシールドヘキサLProはタープの基本型であるヘキサ型ですので設営が非常に簡単です。慣れれば1人でできますが、複数人で設営をすれば口コミをしてくださった方が仰る通り5分ほどの短時間で設営が完了します。こちらの製品の推奨人数はだいたい4人から6人ですが、大人4人とお子様4人の規模でキャンプをしても問題なく木陰で体を休めますので、大人数でキャンプを計画している方にはおすすめです。

Lサイズで、大人4人+子供4人でも日陰に入れました。
設置も5分くらいだったかな。思ったより簡単でした。
見た目も素敵で良いです。

スノーピーク:アメニティタープヘキサLセット

スノーピークの販売する複数人利用できるタープの中で恐らく最安値の製品です。勿論ヘキサ型であるため性能や機能は基本的に優れていますがし、サイズもL型ですので利用推奨人数4人から6人と多い人数でのキャンプにも対応できます。さらにこちらの製品は設営に必要なポールやペグ、ハンマーがセットになった物なので、手に入れたらすぐにキャンプをすることができます。スノーピーク製品で複数人用タープで最安値でありながら最もコストパフォーマンスが高い製品なだけに、売り切れが目立ちます。

スノーピーク アメニティタープ ヘキサLセット snow peak Amenity Tarp Hexa L Set 初心者向け タープセット アウトドア キャンプ ヘキサ TP-851S エントリーライン <2019 春夏>

スノーピーク アメニティタープ ヘキサLセット snow peak Amenity Tarp Hexa L Set 初心者向け タープセット アウトドア キャンプ ヘキサ TP-851S エントリーライン

楽天で詳細を見る

アメニティタープヘキサLセットの口コミ評判

スノーピークのアメニティタープヘキサLセットはキャンプ初心者がタープ選びにどれがいいか迷っていたら、とっておきのおすすめタープとして紹介できるほど全面的に優れているタープです。性能に偏りがなく誰でも扱いやすいヘキサ型でありながら価格がとても安く、かつ設営に必要な道具が揃っているのですから批判のしようがありません。口コミ評価をして下さている方も仰る通り性能は申し分なく、耐風性により他のタープと比較しても吹き飛ばされる心配は少ないです。

耐風性は、他のターフが風で飛ばされたりしていた強風の中でも、余裕があり安心感があります。設置は風があると3人必要。風がなければ2人で十分ですが。耐水性は、まだそのような場面に遭遇していないので評価なしとしました

スノーピーク:エントリーパックTT

エントリーパックTTはスノーピークが禁断のセットを実現させた製品です。こちらのセットはタープの設営に必要な道具のセットだけでなくテントをセットにした製品なのです。相応の値段はしますが、タープは設営がしやすく性能もぶれずに間違いのないヘキサ型のタープで、テントも初心者の方でも簡単に組み立てられるテントですので正に名前の通りエントリーパックです。キャンプを計画している方でタープの違いや他の製品と比較してもどれがいいか分からないという方はエントリーパックTTを購入すれば解決します。

Snow Peak (スノーピーク) エントリーパックTT/SET-250H/テント&タープ/キャンプ/アウトドア/TT/mcsts

Snow Peak (スノーピーク) エントリーパックTT/SET-250H/テント&タープ/キャンプ/アウトドア/TT/mcsts

楽天で詳細を見る

エントリーパックTTの口コミ評判

口コミ評価をされている方が仰っているように、スノーピークのエントリーパックTTは初めてのキャンプにタープやテントがどれがいいか迷ったときに選べばいいような初心者におすすめなタープとテントのセット製品です。これらのエントリーセットを使用すればキャンプにはまること間違いなしです!また口コミの通り1年で5回使用されている方よりももっと頻度が早い方もいらっしゃいますので、耐久面の心配も少ないです。

初キャンプ
このテントを使ってからキャンプ沼にハマってしまいました。購入してから1年で5回使用しましたが、まだまだ使わせて頂きます。

スノーピーク:ランドステーションLアイボリー

スノーピークのランドステーションというシリーズはキャンプ愛好家の方から、他のタープと比較しても遊び心があって面白いと人気の製品です。人気の遊び心の理由としてはランドステーション最大の特徴である設営のパターンが多く存在するポイントです。ランドステーションはポールを増やせば使用者それぞれのスタイルにタープを変形できますので、キャンプをする際やバーベキューを楽しむとき、夜になって就寝する時に自由に形を変えることができるのです。

スノーピーク ランドステーションL アイボリー snow peak Land Station L Ivory テント シェルター アウトドア キャンプ 宿泊 6人~8人用 TP-821IV <2019 春夏>

スノーピーク ランドステーションL アイボリー snow peak Land Station L Ivory テント シェルター アウトドア キャンプ 宿泊 6人~8人用 TP-821IV

楽天で詳細を見る

ランドステーションLアイボリーの口コミ評判

スノーピークのランドステーションという製品は2つあり、通常バージョンとアイボリーカラーバージョンが存在しています。通常のバース音と比較してアイボリーカラーバージョンは遮光性能が高く、日光を十分に防いでさらにアイボリーカラーの特性として光を分散させてタープ内部を明るく保ちます。また口コミをしてくださっている方の仰る通り、スノーピークのランドステーションアイボリーカラーという製品は機能性や価格より見た目重視なタープです。変幻自在でおしゃれから―なタープを設営していれば一目置かれます。

使っていて気持ちいいです♪日中は光が中に透き通ってくるので明るく、夜は逆に光が外へ逃げ出していくので写真を撮る人間としては映えます。機能性や価格などより見た目優先!って方にはおすすめかと思います。しかし、スカートがないので冬の時期は寒いです。また夏場は木陰がない場所ですと暑いので厳しいです(逆に私は木陰ある場所なら夏でもいきます)。

スノーピーク:HDタープシールドレクタMPro

スノーピークのHDタープシールドレクタMProはレクタ型といって他のタープと比較すると特徴が違い、レクタ型は屋根としての機能に特化したタープです。そのため他のタープでは少なからずある壁が無く、その分通気性は優れていますが風のある雨が降ってきた際は内部も濡れてしまいます。おすすめする用途としては晴れの確率が高い日のBBQキャンプです。キャンプも十分できますが、構造から大人数でBBQをするのに非常に向いています。

スノーピーク HDタープ シールド レクタ(M) Pro セット snow peak HD-Tarp Recta Pro. M Set タープ テント アウトドア キャンプ TP-841S <2019 春夏>

スノーピーク HDタープ シールド レクタ(M) Pro セット snow peak HD-Tarp Recta Pro. M Set タープ テント アウトドア キャンプ TP-841S

楽天で詳細を見る

HDタープシールドレクタMProの口コミ評判

スノーピークのHDタープシールドレクタMProを実際に購入されて使用されてから口コミ評価をしてくださった方の評価は、購入に厳しい審査のある選ばれし者のスーパーカーブガッティヴェイロンの存在感やオーラといった完璧性に例えてを評価されています。ガウディ設計の建築物の様に豪華ではありませんが、間違いのない性能の高さや屋根に特化されたシンプルなデザインはBBQをするのにおすすめで向いています。

張り終わると周囲にブガッティヴェイロンがあるような
存在感とオーラを放ち、強風にもビクともしないその姿は、ガウディの設計と見紛うほどの完成度だ。

遮光性も非常に高く風が吹くたびに、楽園を感じる事が出来る。
本製品名をShangri-laにしたほうが良いのではないか?
っと本気で考えたぐらいだ。

こんな安価で買えるなどあり得ないぐらい安い製品だ!
年にキャンプ場へ2回以上行く人は買わない意味がわからない。

スノーピーク:カヤード [6人用]

カヤードは8面の壁をメッシュで囲んでいるスノーピークの中でも異色なタープです。しかし壁が全面メッシュとなっているので通気性は他のタープと比較しても高く、防虫仕様のタープとしてキャンプ愛好家の方々からは人気な製品です。まるでテントのような見た目ですが床がないタープですので、設営も簡単でキャンプやBBQで疲れたら虫の居ない涼しい空間でゆっくり休むことができます。

スノーピーク(snow peak) タープ カヤード TP-400 [6人用]

スノーピーク(snow peak) タープ カヤード TP-400 [6人用]

楽天で詳細を見る

カヤード [6人用]の口コミ評判

スノーピークのカヤードは見た目がテントのようですが、口コミをされた方の仰る通り基本的にはタープですので、設営撤収や収納が非常に簡単ですのでアウトドアにストレスを生まないでしょう。また他のタープと比較しても壁となるメッシュの傾斜が厳しくないので、スペースも余裕があります。全面メッシュなカヤードですが、インナールーフという内部から幕が晴れますので、プライベート空間も十分に確保できます。

しっかり設営すれば、予想外に強風でも問題ありません(ポールは太い純正に変更済)
基本タープですから、デイキャン、キャンプともに設営撤収が楽。
ランステのMの窓付?と言った感じで中は広く、コット大人6個くらいは大丈夫だと思います。
気温が30度近い日中は、メッシュで中にいるのは厳しい暑さになりますが
サイド2枚開けるだけで、風が抜けて快適になります。

スノーピーク:TAKIBIタープオクタ

スノーピークのTAKIBIタープオクタは正にキャンプ愛好家たちにとって夢の様なタープです。こちらの製品は2019年に販売された製品ですので最新式で、実際にキャンプ場で使用されている方を見ればかっこいいと思えます。TAKIBIタープオクタの最大の特徴は、タープ中央内部で火を起こして焚火ができるポイントです。難燃性のインナールーフによって夜のキャンプの夢を実現できます。

スノーピーク(snow peak) TAKIBIタープオクタ TP-430 (Men's、Lady's、Jr)

スノーピーク TAKIBIタープ オクタ snow peak TAKIBI Tarp OCTA テント タープ 日陰 日除け TP-430

楽天で詳細を見る

TAKIBIタープオクタの口コミ評判

口コミをされている方の仰る通り、タープの魅力としてポールの長さでスペース面積を変えられるポイントです。その時の気分や雰囲気、また必要になったら空間を拡げられるのでストレスになりません。TAKIBIタープオクタの最大の特徴は難燃性のインナールーフのためにタープ中央で実際の焚火ができてしまうことです。また中央で焚火をしてもタープ内の動線は十分に確保されていますので、使用者はタープの中で気軽に移動もできます。

バリエーションが楽しめる!焚き火がしたくなるタープ!
サブポールを使い長くしたり、短くしたりとスペースを変えられ楽しめるタープです。雨の中でも焚き火できるのはいいですね!

スノーピーク:ライトタープペンタシールド

最後に紹介するスノーピーク製品タープの比較対象タープはライトタープペンタシールドという1人用のタープです。1人でのデイキャンプやデイ登山、また複数人でもペンタ型は非常に小さく収納できるので使用者それぞれが持てば利用できます。1日のみの宿泊で身軽に動きたい場合、スノーピークのタープ製品で迷ったらライトタープペンタシールドを選べば間違いはありません。又設営や撤収も非常に簡単ですのでストレスにもなりませんし、設営後は風を斬るデザインをしているので耐風性にも優れています。

スノーピーク ライトタープ ペンタシールド snow peak Light Tarp Penta Shield タープ ワンポールタープ テント ペンタ ソロテント 1人用 STP-381 <2019 春夏>

スノーピーク ライトタープ ペンタシールド snow peak Light Tarp Penta Shield タープ ワンポールタープ テント ペンタ ソロテント 1人用 STP-381

楽天で詳細を見る

ライトタープペンタシールドの口コミ評判

口コミをされた方の仰る通り、デイキャンプやデイ登山用のタープ選びをどれがいいか迷った際には選択肢が一択になるほど身軽さに優れた1人用タープです。設営したときのデザインがシャープで美しいので、キャンプ場などでライトタープペンタシールドを設営すればおしゃれです。また収納が非常にコンパクトにできますので、口コミ通りにザックに収納できるポイントも非常に魅力的です。

デイキャンプに最適
デイキャンプで使用するために購入しました。
設営も簡単で見た目も美しいため、気に入っています。
また、コンパクトに収納でき、バックパックなどで持ち運べる点も利点です。

スノーピークのタープを実際使ってみよう!

スノーピークのタープは非常に種類も多く、初心者の方は正直どれがいいか分からなくなります。しかしどれがいいか分からない方でも、タープそれぞれの種類の違いや特徴の違いが分かれば自分に合ったタープが選べます。実際にタープを使用するのにはアウトドアの計画を練らなくてはいけませんが、タープを使用できるアウトドアも沢山あります。今回は登山の場合のタープの使い方をお伝えいたします。

出典: https://pixabay.com

登山でタープを使ってみよう!

登山でタープを使う場合もどれがいいか迷ってしまいますが、基本的に厳しい環境でタープを使用する場合は複数人用の大型タープではなく小さくてコンパクトに収納ができる1人用のタープがおすすめです。スノーピークの製品ですとライトタープペンタシールドです。宿泊登山の場合は登山活動を行って疲れた状態でキャンプ場へ行きますので、設営に時間がとられるような複雑なタープですとストレスが溜まりますので、1人用のタープをおすすめします。

スノーピークの人気タープの選び方まとめ

スノーピークの数ある種類を紹介させていただきましたが、改めてそれぞれのタープの特徴を知るとどれもキャンプで使ってみたくなります。しかしタープやテントといったキャンプ用品は今現在の自分や計画しているキャンプの人数や環境によって最適なものを選択しなければいけません。数あるスノーピークの製品ですが、自分に必要なものが分かれば必然と選べますので、最後に選び方のまとめをさせていただきます。

出典: https://pixabay.com

迷ったら計画を確認しよう!

スノーピークは非常に優れたタープを数多く販売しているため、初心者や上級者からタープ選びに迷ってしまう方は非常に多いです。タープ選びに迷ってしまったらまず次回行くアウトドアやキャンプの計画を再度確認しましょう。計画を練っていなければ計画を立てて見ましょう。何日間のキャンプなのか、人数は、荷物はト、確認するポイントは複数あります。最終的に確認ポイントに一番近い機能と性能を持ったタープを選ぶことが間違いのないタープ選びです。

タープが気になる方こちらをチェック!

タープはスノーピークの他にも製造販売しているブランドは沢山あります。気になった方は是非下記の生地をご覧ください!選ぶ際の参考になります。

ThumbDOD(ドッペルギャンガー)のチーズタープってどう?魅力や実際の評価を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
DOD(ドッペルギャンガー)が2017年に発売したチーズタープには他のタープにはない魅力があ...
Thumbogawa(オガワ)の人気タープおすすめ10選!キャンプでの使い方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はogawaの人気タープのおすすめを紹介します。ogawaのタープがあれば、キャンプをし...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ