キャンプに布団を持参するには?持っていく方法おすすめ4選をご紹介!

キャンプに布団を持参するには?持っていく方法おすすめ4選をご紹介!

性別、年齢に限らずに楽しむことができるキャンプでしっかり楽しんだ後はぐっすり眠り、気持ちのよい朝を迎えたいですよね。キャンプで快適に眠るために寝袋ではなく布団で眠りたいが、かさばり持っていくのをあきらめる人のために布団を持っていく方法をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.キャンプを最大限に楽しむために
  2. 2.夏と冬でそれぞれの季節に合った布団を選ぶ
  3. 3.おすすめ持ち運び方①:折りたたみ布団(マットレス)
  4. 4.おすすめ持ち運び方②:圧縮袋
  5. 5.おすすめ持ち運び方③:収納袋(布団用)
  6. 6.おすすめ持ち運び方④:コンプレッションバッグ
  7. 7.番外編:キャンプ場やレンタルサイトでレンタルする
  8. 8.番外編:グランピングを利用する
  9. 9.番外編:最近では布団のような寝袋も
  10. 10.キャンプに布団をもっていく時には
  11. 11.その時の状況に合わせて

キャンプを最大限に楽しむために

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97-%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-691424/

キャンプは最近ブームとなっており、テレビや雑誌でよくキャンプのおすすめ○○!などの特集を行っているのを見かけます。最近では、キャンプ場がすべて準備してくれて、手ぶらでできるグランピングなどもあり、初心者でも手軽に楽しむことができます。テントを張り、バーベキューや焚き火など存分に楽しんだあと、みんなで寝袋に入り色んなことを語り合うなど楽しみ方は様々で、老若男女問わず誰もが楽しむことができるのがキャンプのいいところです。

出典: https://pixabay.com/ja/images/search/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97/

キャンプでは夏の夜は暑く、冬は夜は寒いせいで快適に寝ることができないことがあります。特に標高の高い場所でキャンプを行うと夏でも冷え込むこともあり、翌日に体調を崩したりすることもあります。なので最大限にキャンプを楽しんで帰るためには、しっかり寝ることが重要です。

夏と冬でそれぞれの季節に合った布団を選ぶ

キャンプでは、季節によって持っていく布団の種類や量は変わってくるのでキャンプに行く際には事前に天気や気温をしっかり調べてから必要な量を持参し、コンパクトにしてできるだけ場所を取らないようにすることが重要となります。

夏のキャンプでの布団

夏のキャンプでの悩みは夜の蒸し暑さで眠れないことです。テントは通気性のよいテントを選ばないと暑くて寝ることができないといったことがあります。夏は暑いので布団はなくても大丈夫だという人も中にはいるでしょう。ですが、山や川の近くでキャンプをすると思った以上に冷え込むことがあります。なので敷布団の代わりになるマットと掛け布団を持参していくことをおすすめします。

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99-%E7%BE%8E%E5%AE%B9-2637441/

冬のキャンプでの布団

冬にキャンプをするときに、テントとコンパクトな寝袋や布団だけでは寒さを防ぐことは難しいでしょう。なので、冬のキャンプではできるだけ防寒機能を備えた寝具を準備する必要があり、防寒性の低い掛け布団だと寒くて寝ることができないでしょう。春でさえ朝は寒くて寝ることができなかったといったことがあるので、冬にキャンプをされる方は、布団であれば少なくとも毛布と掛け布団がないと寒くて寝れないのではないでしょうか。

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%AF%E5%B3%B6-%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AB%E5%B7%9E-%E9%9B%AA-85921/

おすすめ持ち運び方①:折りたたみ布団(マットレス)

布団をコンパクトに持ち運ぶと言ったら一番に思い浮かぶのはやはり折りたたみのマットレスではないでしょうか。折りたたみマットレスは2つに折ったり、丸めるなど色んな種類があるので状況によって使い分けるのがいいでしょう。

折りたたみタイプのマットレス

出典: https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E6%8C%81%E3%81%A1%E9%81%8B%E3%81%B3+%E5%B8%83%E5%9B%A3+%E5%A4%A7%E4%BA%BA/?s=6

折りたたみマットレスは、すぐたたむことができるので片付けがすぐにできます。写真のタイプは4つ折りタイプのマットレスですが他にも2つ折りや5つ折りなどいろいろ種類があります。

出典: https://www.amazon.co.jp/Sweetnight-%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9-%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB-%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89-%EF%BC%94%E3%81%A4%E6%8A%98%E3%82%8A%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B997/dp/B07RWCNTV4/ref=sr_1_4?adgrpid=53610295139&gclid=EAIaIQobChMI9fGe0fnw5AIVUqSWCh3ZrgaAEAAYASAAEgJ9VPD_BwE&hvadid=338576459882&hvdev=c&hvlocphy=1009639&hvnetw=g&hvpos=1t1&hvqmt=e&hvrand=5880992491858236446&hvtargid=kwd-298826892658&hydadcr=27485_11564580&jp-ad-ap=0&keywords=%E6%8A%98%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%BF%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9&qid=1569585533&s=gateway&sr=8-4

この写真の折りたたみマットレスではソファーにすることもでき、多種多様な使い方があるので一つ持っておくと便利です。

丸めるタイプのマットレス

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9-%E6%8A%98%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%BF%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9-%E5%8E%9A%E3%81%95%EF%BC%93%EF%BD%83%EF%BD%8D-%E9%AB%98%E5%AF%86%E5%BA%A6%E3%82%A6%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88-%E9%80%9A%E6%B0%97%E6%80%A7%E6%8A%9C%E7%BE%A4/dp/B07SPX43DJ/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=SSY3MH376NL8&keywords=%E5%B8%83%E5%9B%A3+%E6%8A%98%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%BF&qid=1569393546&s=gateway&sprefix=%E5%B8%83%E5%9B%A3+%E6%8A%98%E3%82%8A%2Caps%2C278&sr=8-1

写真のように丸めて折りたたむタイプもあり、車に積むときに場所を取ることもありません。また、タオルケットや薄い掛け布団などを一緒に重ねて折りたたんでおくとキャンプに持っていくのを忘れたということを防ぐこともできます。

折りたたみマットレスのメリット

折りたたみマットレスは比較的に場所を取らずに車に積めるので、キャンプへの持参が楽になります。マットレスの上にタオルケットなどを敷けば布団のようにできるので寝袋より普段の環境に近い寝心地なので快適に眠れるでしょう。

折りたたみマットレスのデメリット

いつも寝ている布団に比べて寝心地では物足りなさがあるかもしれません。それに加えて冬のキャンプとなると、敷布団ををコンパクトに収納できたとしても掛け布団がかさばってしますので掛け布団を多く持参する場合は他の方法で持っていく必要があります。

おすすめ持ち運び方②:圧縮袋

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E5%89%8D%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%9C%A7%E7%B8%AE-%E7%99%BE%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AB%E7%89%B9%E5%88%A5-2407859/

とにかくコンパクトに収納させたい人には、圧縮袋を使って布団を収納させることができます。使い方は、圧縮袋に布団を入れて掃除機などで袋の中の空気を抜いて圧縮させるだけです。圧縮袋はダイソーなどの百円均一ショップなどで売っているので手軽に入手することができます。圧縮袋にも種類があるので好みで使い分けるといいでしょう。

ジッパー式

写真のようにバルブの付いていないジッパー式は、袋の中に布団を入れて中の空気を抜いてチャックを閉めるタイプです。袋の中の空気は、掃除機や手で押さえて抜き、バルブ式に比べるとチャックの閉めが甘かったりすると空気が逆流することがありますが比較的に安く買うことができます。ジッパーのチャックを一度濡れたタオルなどでふきあげると隙間ができることなくチャックを綺麗に閉めることができます。

 

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90Amazon-co-jp%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91-%E8%A1%A3%E9%A1%9E%E5%9C%A7%E7%B8%AE%E8%A2%8B/dp/B072M6V2QS/ref=zg_bs_2326037051_1?_encoding=UTF8&refRID=N6C24JDWE6GVV4MRQ8H8

バルブ式

バルブ式は、圧縮袋に布団をいれて先にチャックを全部閉めてバルブから掃除機や専用の道具、手で押さえて中の空気を抜くタイプです。ジッパー式に比べバルブから空気が逆流するといったことがないので確実に圧縮できますが値段が少し高値になっています。

出典: https://www.amazon.co.jp/Opaza-%E3%80%906%E6%9E%9A%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88110-80%EF%BC%8A60%EF%BC%8A3%E6%9E%9A%E3%80%91-%E6%8A%9C%E7%BE%A4%E3%81%AA%E5%8F%8E%E7%B4%8D%E5%8A%9B-%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A7%E5%AF%86%E5%B0%81%E6%80%A7%E9%AB%98%E3%81%84/dp/B07R8TYD62/ref=zg_bs_2326037051_7?_encoding=UTF8&refRID=N6C24JDWE6GVV4MRQ8H8

圧縮袋のメリット

圧縮袋を使えば大きさを半分以下にすることができるため、掛け布団をまとめてキャンプに持参することもでき、布団を使わずキャンプから帰って来てもそのまま押し入れに入れて収納できたりするので便利です。できるだけコンパクトにまとめて布団を持参したいときは他の方法よりも有利です。

圧縮袋のデメリット

袋に穴が開いたり破れたりするとそこから空気が入って圧縮機能がなくなったり、折りたたみマットレスとは違って片付けに少し時間がかかります。さらに何度も圧縮させて使用すると布団にボリュームがなくなったりするので注意が必要です。

おすすめ持ち運び方③:収納袋(布団用)

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD-%E7%BE%BD%E6%AF%9B%E5%B8%83%E5%9B%A3%E5%8F%8E%E7%B4%8D%E8%A2%8B-%E6%8C%81%E3%81%A1%E9%81%8B%E3%81%B3%E3%81%AB%E4%BE%BF%E5%88%A9-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%AB%E5%85%BC%E7%94%A8/dp/B07RGW711Y/ref=zg_bs_13947011_7?_encoding=UTF8&refRID=HPRC25FP4J5C8AVSX9E9

収納袋は大人がすっぽり収まるくらいのサイズで、布団の持ち運びをするのに困ることはないでしょう。

収納袋のメリット

家で使用している布団をキャンプに持参することができるので、普段の環境と同じ寝心地で寝ることができます。布団以外にも他のキャンプ用品も入れて持ち運ぶこともできるので便利です。

収納袋のデメリット

大きいので持ち運びが少し大変なので車が横付けできキャンプ場やキャリーカートとセットで持っていくことをおすすめします。

出典: https://www.amazon.co.jp/Hoppetta-5228-%E3%81%8A%E6%98%BC%E5%AF%9D%E5%B8%83%E5%9B%A3%E7%94%A8%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0/dp/B074JFHKQX/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%8F%8E%E7%B4%8D%E8%A2%8B+%E5%B8%83%E5%9B%A3&qid=1570094595&s=baby&sr=1-4

Amazon | Hoppetta お昼寝布団用ナイロンバッグ 5228 | お昼寝布団 | ベビー&マタニティ 通販
Hoppetta お昼寝布団用ナイロンバッグ 5228がお昼寝布団ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

おすすめ持ち運び方④:コンプレッションバッグ

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90YOGOTO%E3%80%91%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-%E5%AF%9D%E8%A2%8B%E5%9C%A7%E7%B8%AE%E8%A2%8B-%E5%9C%A7%E7%B8%AE%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-%E7%9D%80%E6%9B%BF%E3%81%88%E5%9C%A7%E7%B8%AE%E8%A2%8B-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B07TKSFVNX/ref=sr_1_9?adgrpid=53584103912&gclid=EAIaIQobChMIr6HdwMn95AIVVnZgCh2VFQn2EAAYASAAEgLxvPD_BwE&hvadid=259245369758&hvdev=c&hvlocphy=1009639&hvnetw=g&hvpos=1t1&hvqmt=e&hvrand=5408103469896026787&hvtargid=kwd-300420535806&hydadcr=1805_9582481&jp-ad-ap=0&keywords=%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0&qid=1570019260&s=gateway&sr=8-9

コンプレッションバッグは基本的に寝袋を入れて、収納袋を丸ごと圧縮させて小さくするもので、収納袋と圧縮袋の間のようなものです。基本的に登山キャンプをする方がよく背負っているようなイメージがありますが、寝袋でなく、小さめの布団も収納することができます。

コンプレッションバッグのメリット

次の写真のように圧縮させるのでコンパクトに収納ができるので楽に持参することができ、大きめのものだとか掛け布団と敷布団も一緒に入れて収納できます。他にも服と一緒に入れて持参することも可能です。コンプレッションバッグ自体は値段があまり高くないので手軽に買うことができます。

コンプレッションバッグのデメリット

収納させるのに少し時間がかかるので手間に感じることがあります。他にも固い布団や大きい布団は入らないので寝心地のよい布団を持参するのは難しいかもしれません。

出典: https://www.amazon.co.jp/caffmo-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-%E6%90%BA%E5%B8%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%A4%A7%E5%AE%B9%E9%87%8F-%E5%AF%9D%E8%A2%8B%EF%BC%86%E8%A1%A3%E9%A1%9E%E3%81%8C%E5%8F%8E%E7%B4%8D%E5%8F%AF%E8%83%BD/dp/B07LD9HP2D/ref=sr_1_6?adgrpid=53584103912&gclid=EAIaIQobChMIi-a8qcP95AIVUT5gCh0-6gISEAAYASAAEgKOOPD_BwE&hvadid=259245369758&hvdev=c&hvlocphy=1009639&hvnetw=g&hvpos=2t1&hvqmt=e&hvrand=7197024952241572951&hvtargid=kwd-300420535806&hydadcr=1805_9582481&jp-ad-ap=0&keywords=%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0&qid=1570017810&s=gateway&sr=8-6

Amazon | caffmo コンプレッションバッグ 携帯スタッフサック 大容量 軽量 耐摩耗 丈夫 寝袋&衣類が収納可能 | caffmo | 圧縮バッグ
caffmo コンプレッションバッグ 携帯スタッフサック 大容量 軽量 耐摩耗 丈夫 寝袋&衣類が収納可能が圧縮バッグストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

番外編:キャンプ場やレンタルサイトでレンタルする

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97-%E5%B1%B1%E5%B0%8F%E5%B1%8B-436263/

キャンプ場で布団の貸し出しを行っているところがあるので、事前に貸し出しをしているか確認しておけばレンタルできるので布団を持参する手間も省くことができます。他にもテントやバーベキューコンロなどいろいろレンタルできたりするので利用してみるといいかもしれません。

キャンプで布団のレンタルについて

キャンプ場での貸し出し、業者、レンタルサイトもたくさんあるので調べて料金、方法など調べて選ぶとよいでしょう。

キャンプ用品一式のレンタル費用は?おすすめのサイトのセットをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
キャンプ用品一式のレンタル費用は?おすすめのサイトのセットをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプや登山などアウトドアの道具は一から揃えると意外と高額になります。テントはブランドによっては10万と費用がかかかるので初めてのキャンプはレンタルサービスがおすすめです。いろいろなレンタルサイトの便利なセットを紹介します。
手ぶらでOK?バーベキューのレンタルが出来る全国のレンタル業者おすすめ8選! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
手ぶらでOK?バーベキューのレンタルが出来る全国のレンタル業者おすすめ8選! | 暮らし~の[クラシーノ]
バーベキューのレンタルサービスをご存知でしょうか?バーベキューに必要な機材や食材などの準備は一切不要で、手ぶらでバーベキューが楽しめます。レンタル業者を活用すれば、初心者でも気軽にバーベキューができるのです。今回は全国のおすすめのレンタル業者を紹介します。

番外編:グランピングを利用する

キャンプと違い、グランピングだと布団やテントなどすべて準備してくれているので初心者でも手軽に利用することができるので気軽に快適に寝ることもできます。手ぶらでキャンプに行き、寝袋ではなく、寝心地のよい布団のほうがよいといった方にはおすすめです。

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2-%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-%E8%BB%8D%E4%BA%8B-791650/

キャンプとグランピングの違い

キャンプとグランピングについての違いについて気になる方はこちらの記事をご覧になってみてください。

グランピングとは?今更聞けないその意味や魅力とキャンプとの違いを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
グランピングとは?今更聞けないその意味や魅力とキャンプとの違いを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
多くのテレビ番組や雑誌などで取り上げられて多くの人に知られている海外生まれのアウトドアの楽しみ方であるグランピングですが、意外とグランピングの意味を理解していない人も多くいます。そんな今更聞けないグランピングの意味や楽しみ方を紹介していきます。
日本国内で一度は行きたいグランピングおすすめ12選!贅沢すぎるひと時を! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
日本国内で一度は行きたいグランピングおすすめ12選!贅沢すぎるひと時を! | 暮らし~の[クラシーノ]
最近「グランピング」という言葉をよく耳にしますね。ワンランク上のキャンプのことです。人気ホテルチェーンが、グランピング施設をオープンしたことなどにより、人気も急上昇!ドーム型のかわいい建物から、別荘のような高級施設までご紹介していきます。お楽しみくださいね。

番外編:最近では布団のような寝袋も

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41jGx9RZcoL._SL1000_.jpg

値段が少し高いですが、寝袋を改良して寝心地、防寒をとにかく追及した寝袋の商品もあります。寝心地は布団とあまり変わらず、寝袋なのでコンパクトに収納することができるので楽に持ち運びができるので少し高級な気分でキャンプを楽しめるでしょう。大きすぎるといったこともないのでテントの中で広げることもできます。

Amazon | ナンガ(NANGA) ナチュレ(Nature) [最低使用温度-10度] 日本製 | Nanga(ナンガ) | 寝袋・シュラフ
ナンガ(NANGA) ナチュレ(Nature) [最低使用温度-10度] 日本製が寝袋・シュラフストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

キャンプに布団をもっていく時には

出典: https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%92%E8%83%8C%E8%B2%A0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84-23788/

寝心地はそこまでこだわらず手軽に布団を持ち運び、準備と片付けを早く済ませたい場合には折りたたみのマットレスがよく、とにかくコンパクトに布団を持参して他のキャンプ用品を多く持っていきたい方には圧縮袋がよく、化粧品などの小物類も圧縮してまとめることもできます。キャンプで寝ることにこだわりたい方は収納袋を持参しましょう。コンプレッションバッグは少し片づけの手間暇をかけても圧縮袋と収納袋のメリットを活かしたものがいいといった方におすすめです。

その時の状況に合わせて

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97-%E4%BC%91%E6%97%A5-%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-%E9%A2%A8%E6%99%AF-2445212/

キャンプで布団を持っていく方法をいくつか紹介しましたがいかがでしたでしょうか。持っていく方法も様々で、その日の天気や季節によって布団の種類や量が変わってきますのでキャンプに行く時にはその日の気温などしっかり下調べをしてその日の状況にあった方法をしっかり選んでキャンプを楽しみましょう。今回ご紹介した方法以外にも他にもよい方法や今回紹介した方法を組み合わせたりすればさらに布団の持ち運びが楽になるので、いろいろと試してみて自分に合った方法を見つけて素敵な休日にしましょう。もちろん、寝袋にこだわりたい人もいるので自分の好きなやり方でキャンプをしっかり楽しむことも大事です。

キャンプでの寒さ対策が気になる方はこちらをチェック!

キャンプでは寒くて寝れないことが多いので、防寒性の高いテントの紹介などしています。夏以外にキャンプを行こうと考えられている方はぜひご覧になってください。

冬のキャンプを楽しむために大切な12つの事!寒さ対策向けの装備や工夫は? | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
冬のキャンプを楽しむために大切な12つの事!寒さ対策向けの装備や工夫は? | 暮らし~の[クラシーノ]
冬キャンプにはじめていかれる方はどんな装備やテント・寝袋を持っていったら良いのかお困りではないですか?特に夜から明け方など気温の変化に体調を崩してしまう人も。冬キャンプを快適に過ごすためのキャンプ用品や装備の工夫を12のアイテムに分けて解説します。
ワサビ茶漬け
ライター

ワサビ茶漬け


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking