グランピングとは?今更聞けないその意味や魅力とキャンプとの違いを解説!

グランピングとは?今更聞けないその意味や魅力とキャンプとの違いを解説!

多くのテレビ番組や雑誌などで取り上げられて多くの人に知られている海外生まれのアウトドアの楽しみ方であるグランピングですが、意外とグランピングの意味を理解していない人も多くいます。そんな今更聞けないグランピングの意味や楽しみ方を紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.意外と知らないグランピングの意味と歴史
  2. 2.そもそもグランピングとは
  3. 3.グランピングの魅力
  4. 4.グランピングとキャンプの違いとは
  5. 5.グランピングの歴史
  6. 6.外国のグランピング事情
  7. 7.グランピングの楽しみ方とは
  8. 8.グランピングで用意するといいものとは
  9. 9.グランピング施設を選ぶときのポイントとは
  10. 10.グランピングを体験できる日本の施設①
  11. 11.グランピングを体験できる日本の施設②
  12. 12.グランピングを体験できる日本の施設③
  13. 13.グランピングが体験できる日本の施設④
  14. 14.グランピングが体験できる日本の施設⑤
  15. 15.海外生まれの楽しみ方グランピングを満喫しよう

意外と知らないグランピングの意味と歴史

多くのテレビ番組や雑誌などにも取りあげられ、普段からアウトドアを楽しまないような人たちも気軽にグランピングを楽しむようにななってきました。特に女性からの人気が高く、女子会としてグランピングを行うこともあります。しかし、実際のところはグランピングとはどのようなものなのか理解できていないのも事実です。今回は今さら聞けないグランピングの意味や魅力について深く掘り下げていきます。

そもそもグランピングとは

海外生まれのアウトドアの楽しみ方

まず、グランピングとは海外からの生まれたアウトドアの楽しみ方の一つです。グランピングという言葉は魅力的なといった意味をもつ「グラマラス」と「キャンプ」が合わさって作られた造語です。直訳すると魅力的なキャンプという意味になり、テント設営といったキャンプを行っていくうえで煩わしいことや障壁となることをを排除した海外生まれのアウトドアの楽しみ方です。

2013年頃に爆発的な人気に

海外で生まれたグランピングは2010年ごろから日本でも楽しまれるようになりました。そこから少しずつ女性をターゲットにグランピングを行える施設が増えていき、複数のメディアに取り上げられたことによって爆発的に広がりました。直訳で魅力的なキャンプという意味を持つグランピングですが、現在では多くの人が楽しめるほどに施設が増えてきています。

魅力的なキャンプとは

魅力的なという意味をもつ単語グラマラスとキャンプが合わさった造語のグランピングですが、魅力的なキャンプとはどのようなものを指すのでしょうか。結論から言うと、魅力的なキャンプとは煩わしさやさまざまな問題点を排除したキャンプのことを指します。大変なテントの設営や火おこしなどを行うことなくまた、快適な環境で過ごせるように整備された空間で行うキャンプがグランピングです。

アウトドアの醍醐味は残す

グランピングとは、さまざまな問題点を解決して快適にキャンプを行う楽しみ方ですが、アウトドアの醍醐味は残ってなければなりません。きれいな空気を満喫したり、川のせせらぎの音が聞こえたりと自然を満喫できる要素が残ってなければグランピングとは呼べません。グランピングとは、あくまでも不便な点を解決してアウトドアを楽しむ方法の一つなのです。

グランピングの魅力

誰でもすぐに始められる

グランピングの一番の魅力は誰でも気軽に始めることができるということです。グランピングが行える施設のほとんどが宿泊施設や食事の準備を行ってくれるため、荷物の準備やアウトドアの知識は必要ありません。そのため、女性やアウトドア初心者でも気軽に始めることができます。また、面倒な後片付けもスタッフの方が行ってくれるため、楽にアウトドアを楽しめます。

基本的に手ぶらでOK

魅力二つ目は、基本的に着替えなど必要最低限のものを揃えたら手ブラでも楽しめることです。先ほども説明したとおり、必要なものはすべて揃っています。そのため、普通のキャンプでは必要なテントやバーべーキューコンロといったキャンプ用品は必要ありません。キャンプを初めてやってみたいけど準備など不安なときはグランピングを楽しむのがおすすめです。

女性だけでも楽しめる

グランピングは面倒なテントの設営などの準備がほとんど必要ないため、アウトドアに慣れていない女性だけでも十分楽しめます。また、宿泊する施設もきれいに整備されたテントやコテージなどでホテルに近い環境で寝ることができるため、女性だけでも安心してアウトドアを満喫できるのがグランピングの魅力です

快適にアウトドアを楽しめる

直訳すると魅力的なキャンプという意味のグランピングは、どんな人でも快適にアウトドアを楽しめる必要があります。そのため。グランピング施設の多くは老若男女問わず楽しめるように快適な空間になっています。特に宿泊用の施設は快適性を重視した設計になっており、快適で贅沢な環境で宿泊ができます。

アクティビティも充実

グランピングの体験が行える施設の多くがアクティビティも充実しています。周辺の地形を上手く活用したアスレチックや水辺を利用したカヌーや釣りなどの体験といったアクティビティが用意せれてる施設が多いです。また、アクティビティを満喫するために必要なものはほとんど用意されているため、必要最低限の準備だけで楽しめます。

グランピングとキャンプの違いとは

テントなどのキャンプ用品がいらない

キャンプを行うにあたって基本的にはテントやバーベキューコンロといったアイテムを揃える必要があります。しかし、道具を揃えるといったことはキャンプを始めるにあたって大きな壁とも言えます。キャンプでの問題点を解決してアウトドアを満喫するグランピングではすべて整っているため、準備する必要がありません。

テントなどを設営する必要がない

常設の宿泊用テントが設置されている普通のキャンプ場もありますが、基本的にキャンプを行うときは宿泊用テントの設営を行う必要があります。しかし、テントの設営やバーベキューの火おこしなど時間がかかって大変な作業です。対して、グランピングは用意されているテントやバンガローなどの宿泊施設があり、グランピング施設のほとんどがバーベキューの用意も行ってくれるため、設営や準備を行う必要がありません。

快適な環境で過ごせる

直訳で魅力的なキャンプという意味を持つグランピングは普通のキャンプとは異なり、ホテルのようなコテージなどでアウトドアを楽しむグランピングは快適な空間で過ごせます。多くのグランピングが行える宿泊施設は冷暖房が完備されていたり、コンセントで携帯やカメラなどの充電ができるようになっています。

グランピングの歴史

源流は富裕層のアフリカ旅行

グランピングの歴史を語っていくうえで、源流とされているのが19世紀から20世紀にかけてヨーロッパに住む貴族や富裕層に向けたアフリカ旅行です。富裕層のアフリカ旅行は豪華なテントやコテージに宿泊し、アフリカを満喫していました。それが徐々に海外の富裕層のアウトドアの楽しみ方として変化していきました。

海外には昔から高級なアウトドアリゾートが存在

グランピングという言葉は2005年ごろにイギリスから生まれたと言われていますが、その前からイギリスやカナダなどの海外では富裕層向けの高級アウトドアリゾートがあり贅沢な環境でのアウトドアを楽しまれてきました。そこから一般的な人も楽しめるように普及し、日本でも広まって現在まで至ります。

外国のグランピング事情

日本とは規模が桁違い

海外生まれのアウトドアを満喫する方法であるグランピングですが、海外でグランピングを満喫できる施設は日本とはケタ違いに規模が大きいです。広大な敷地に広がる自然の中にホテルの客室のようなコテージやテントが建っており、ラグジュアリーで高級感漂う空間でアウトドアを満喫できます。日本では体験できないすごく贅沢なグランピング施設が海外には多数あります。

グランピングの楽しみ方とは

必要最低限な荷物を持って施設へ

グランピングを楽しむにあたって準備するものは着替えなどの普段宿泊するときに必要なものを用意すれば基本的に大丈夫です。忘れ物がないように準備ができたか確認し、施設へ向かいましょう。

キャンプの醍醐味を快適な環境で

グランピング施設に到着したらアウトドアを楽しんでいきましょう。施設内にアクティビティを満喫できるスポットがあれば、アクティビティを楽しむのもおすすめです。グランピングを満喫するにあたってテントの設営からバーベキューの準備など煩わしい準備をする必要はなく、思いっきりアウトドアを楽しんでいきましょう。

普段できない体験をする

魅力的なキャンプという意味をもつグランピングですが、やはり普段できないような非日常的な体験を贅沢に味わいましょう。また、通常のキャンプでは体験できない宿泊の方法を楽しんだりとグランピングでしか楽しめない体験を楽しむようにします。

グランピングで用意するといいものとは

よりグランピングを充実したものにするためのもの

贅沢な環境の中でアウトドアを楽しむグランピングですが、グランピングをするにあたってあるといいのがグランピングをより充実させるためのアイテムです。夜に天体観測を楽しむための望遠鏡や、花火、外で遊ぶためのボールなどを用意するのがおすすめです。そのほかにも荷物を分けてカバンに収納できるアイテムがあると大変便利です。

グランピング施設を選ぶときのポイントとは

考えている楽しみ方にマッチしているかで選ぶ

グランピングスポットを選ぶにあたって一番大切になってるポイントは、グランピングでどのように楽しむか考えたうえでその楽しみ方ができるスポットを選ぶということです。グランピングを満喫できる施設にもさまざまあり、違った楽しみ方ができます。どのグランピングスポットに行くか決めるときは、考えている楽しみ方にマッチしているか確認したうえで選んでいきましょう。

グランピングを体験できる日本の施設①

初島アイランドリゾート

【住所】 静岡県熱海市初島 初島アイランドリゾート
【アクセス】熱海港から初島港へ高速船で30分、初島港から徒歩15分
【予約・問い合わせ】 0555-30-4580(ネット予約可)

初島アイランドリゾート
首都圏から一番近い離島、初島。東京から新幹線、高速船を乗り継いで約90分。宿泊、日帰り利用も。(静岡県熱海市)

南国気分でグランピングを満喫できるリゾート

初島アイランドリゾートは静岡県熱海市の初島にあるグランピングを満喫できるリゾート施設です。初島アイランドリゾートはアジアンテイストのヴィラとトレーラータイプのヴィラが用意されており、快適な居住空間の中で贅沢にアウトドアを楽しめます。また、アスレチックなどの日帰りでも利用できるアクティビティも充実しており、海を眺めながら入れる海泉浴島の湯は人気があります。まるで海外に来たかのような感覚になれる施設です。

グランピングを体験できる日本の施設②

藤乃煌

【住所】静岡県御殿場市東田中3373-25
【アクセス】東名高速道路御殿場ICから車で3分
【予約・問い合わせ】0550-75-9111(ネット予約可)

ABOUT 施設|藤乃煌 富士御殿場 FUJINOKIRAMEKI
「藤乃煌(ふじのきらめき) 富士御殿場 FUJINOKIRAMEKI」は、御殿場市にある富士山を見上げる雄大な自然の中のアウトドアリゾート。テントで過ごすことで味わえる自然との一体感を、プライベート感を重視した独立型キャビンで実現したグランピング施設です。2018年4月27日オープン。

東京からアクセス抜群でゆったりと過ごせる

藤乃煌は東名高速御殿場ICから車で3分とアクセス抜群の場所にあります。コンテナを改造したキャビンが特徴的で、プライベート空間を確保した中庭があります。また、キャビン内ではキャンドル作りやウクレレ作りといったアクティビティを楽しめ、夕食と夜食はキャビン内のテーブルへスタッフが用意してくれるため贅沢にアウトドアを楽しめます。

グランピングを体験できる日本の施設③

伊勢志摩エバーグレイズ

【住所】三重県志摩市磯部町穴川1365-10
【アクセス】第二伊勢道路白木ICから賢島方面へ車で17分
【予約・問い合わせ】0120-592-364(ネット予約可)

伊勢志摩エバーグレイズ|グランピング・キャンプ
三重県志摩市のアメリカンアウトドアリゾート、伊勢志摩エバーグレイズです。宿泊はテントキャンプやキャビン・コテージ、さらにグランピングまで。BBQは本場アメリカンスタイルで、ワンポンドステーキやビアカンチキンが人気。カナディアンカヌー、プール、ドッグランなど施設も充実。オールシーズンイベントを開催。伊勢志摩観光の拠点として便利。近くには温泉も。スペイン村まで5分、伊勢神宮まで30分。

非日常的な空間が特徴的なグランピング施設

伊勢志摩エバーグレイズは海外の湖畔のキャンプ場のような雰囲気の中でグランピングが楽しめる施設です。宿泊施設はテントやコテージなど多種多様で、一部の施設はカヌーを横付けできるようになっており、部屋からそのままカヌーに乗って遊覧することができます。海外のような贅沢な空間でアウトドアを楽しみたいという人におすすめです。

グランピングが体験できる日本の施設④

CIRCUS OUTDOOR

【住所】東京都西多摩郡奥多摩町川野290-1
【アクセス】青梅街道を奥多摩湖方面へ
【予約・問い合わせ】ホームページの専用フォームからのみ

CIRCUS OUTDOOR – Circus Outdoor Official Web Site (サーカスアウトドア 公式ウェブサイト)

奥多摩湖のほとりにある新しいグランピング施設

CIRCUS OUTDOORは青梅街道沿いの奥多摩湖のほとりに2018年春にオープンしたグランピングを体感できる施設です。宿泊用にテントが5つあり、それぞれ違ったコンセプトの内装が施されています。また、何もしないことをするということをコンセプトにしており、オプションで携帯電話などの電子機器を預けることも可能です。食事は腕を磨いた料理人が作るコース料理がいただけ、現代社会から少し離れながら贅沢なキャンプを楽しめます。

グランピングが体験できる日本の施設⑤

snow peak glamping 京急観音崎

【住所】 神奈川県横須賀市走水2  
【アクセス】横浜横須賀道路馬堀海岸ICから車で5分  
【予約・問い合わせ】046-841-2200(ネット予約可) 

グランピング|観音崎京急ホテル×snow peak
三浦半島の最東端で、シーサイドグランピングを楽しむことができます。東京湾を臨む絶好のロケーションで、三浦半島の食材をふんだんに使った料理をご堪能ください。

三浦半島にある目の前が海のグランピング施設

三浦半島の先端近くにあるグランピング施設で、新国立競技場を設計した隈研吾さんが設計にかかわったおしゃれな客室でグランピングを楽しめます。窓からは海が見えるようになっており、デッキでは潮風を感じながら食事を楽しめます。食事は地元三浦半島で採れた食材を使った料理を楽しめ、非日常的で贅沢な時間を満喫できまるで海外のような雰囲気です、

海外生まれの楽しみ方グランピングを満喫しよう

今回は海外生まれの贅沢なアウトドアの楽しみ方のひとつ、グランピングとはどういったものなのか解説してきました。グランピングとは、キャンプの煩わしい部分などの問題点を解決し誰でも気軽にそして贅沢にアウトドアを楽しむ方法です。現在では日本国内にも多くのグランピング施設があり、気軽に楽しめるようになってきました。グランピングで贅沢にアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか。

グランピングが気になる方はこちらもチェック!

直訳すると魅力的なキャンプという意味を持つ海外生まれのアウトドアの楽しみ方グランピングですが、日本全国にグランピングを体験できるスポットがたくさんありますこちらの記事も参考に、グランピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関東グランピング施設10選!都心から90分!話題沸騰の人気施設をご紹介 | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
関東グランピング施設10選!都心から90分!話題沸騰の人気施設をご紹介 | 暮らし~の[クラシーノ]
関東のグランピング施設が増えてきました。大自然の中のキャンプは非日常を体験できる最高の遊びです。癒しを求めてカップルやファミリー、グループで焚火を囲みます。ここに快適な居住空間と贅沢な食事が供されればグランピングです。関東のグランピングを紹介します。
東京で人気のグランピング施設10選!手ぶらでBBQができる施設もご紹介 | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
東京で人気のグランピング施設10選!手ぶらでBBQができる施設もご紹介 | 暮らし~の[クラシーノ]
グランピングとは、「グラマラス」と「キャンピング」をかけあわせた造語で、アウトドアでありながらエレガントさを兼ね備えたお洒落なキャンプが楽しめます。今では東京近郊のキャンプサイトにとどまらず、東京都心でもグランピングが楽しめるようになりました。
関西のグランピングTOP10!安くて初心者にもおすすめな施設はここだ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
関西のグランピングTOP10!安くて初心者にもおすすめな施設はここだ! | 暮らし~の[クラシーノ]
関西にはグランピングを楽しめる施設が充実しています。山にも海にも施設があり、その自然を十分いかしたホテル並みの設備とサービスを提供しています。本記事では、関西のグランピングTOP10を取り上げて、それぞれの施設の魅力と特徴をご紹介します。
あっきー
ライター

あっきー

旅行とアウトドアが好きで時間があればふらっと旅行に出かけることもあります。今まで経験したことをもとに多くの読者に役立つ情報を発信していきます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking