キャンプ用品一式のレンタル費用は?おすすめのサイトのセットをご紹介!のイメージ

キャンプ用品一式のレンタル費用は?おすすめのサイトのセットをご紹介!

キャンプや登山などアウトドアの道具は一から揃えると意外と高額になります。テントはブランドによっては10万と費用がかかかるので初めてのキャンプはレンタルサービスがおすすめです。いろいろなレンタルサイトの便利なセットを紹介します。

2019年06月01日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。簡単なDIYも好きです。よろしくおねがいします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. キャンプ用品のレンタルとは
  2. キャンプ用品のレンタルの魅力
  3. キャンプ用品レンタルサイトの選び方
  4. キャンプ用品のレンタル時の注意点
  5. キャンプ用品のおすすめレンタルサイト1
  6. キャンプ用品のおすすめレンタルサイト2
  7. キャンプ用品のおすすめレンタルサイト3
  8. キャンプ用品のおすすめレンタルサイト4
  9. キャンプ用品のおすすめレンタルサイト5
  10. キャンプ用品のおすすめレンタルサイト6
  11. キャンプ用品のおすすめレンタルサイト7
  12. キャンプ用品のおすすめレンタルサイト8
  13. キャンプ用品のおすすめレンタルサイト9
  14. キャンプ用品のおすすめレンタルサイト10
  15. キャンプ用品レンタルサイトのまとめ

キャンプ用品のレンタルとは

費用が安いアウトドアの始め方

出典: https://www.amazon.co.jp

近年キャンプブームやソロキャンプブームと言われスポーツ用品店でもアウトドア用品を展示販売していることも多くなり身近なところでアウトドア用品に触れる機会も多くなり、アウトドアの漫画やアニメ、詳しい知人の影響などでキャンプをやってみたいと思ってギアを買おうとしたら価格に驚いたという初心者もおおいのではないでしょうか?キャンプや登山などで必要となるギアを一式買うとそれなりに費用がかかります。

人数が多くなると高くなる

ソロキャンプ向けのギアとグループやファミリー向けのギアだと大勢で使えるギアのほうが高いです。テントだけで数万円、寝袋も季節によっては1つで1万円を超えることも多いので10万円ほどにもなります。そこでギア一式を買うのではなくレンタルしてみると高くても、費用が半額程度で一式揃うので年に数回だけとあまりキャンプに行かない人ほどコスパがよくなり、アウトドアをより楽しみやすくなりますよ。

レンタルサイトとは

一昔前はキャンプ場でレンタルできましたが、現在はダスキンのような一般のレンタルサイトではなくキャンプ用品、アウトドア用品の専用のレンタルサイトが多数あるので、アウトドア用品を気軽にレンタルできるようになりました。全てのサイトが対応しているというわけではありませんが、ゆっくり返却できるように余裕のある返却予定日を組んでくれるサイトもあります。

キャンプ用品のレンタルの魅力

セットと単品を選べる

サイトによってサービス内容が異なりいろいろなアウトドアブランドから好きなギアを1種類からレンタルできるので寝袋のレンタルに抵抗がある人はテント、タープなどをレンタルすると費用を押さえられますよ。1つもアウトドア用品を持っていないという方が、単品から必要なギアをレンタルしていくと安いとはいえ費用が高くなるので、セットでレンタルできるサイトを利用しましょう。

高級ブランドのギアが使える

キャンプ用品、アウトドア用品には価格帯の高いメーカーというものがあります。低価格帯のリーズナブルなブランド比べると買った場合本来は倍位以上の価格になるのですが、レンタルなら人気の高級ブランドのギア一式でも安いです。フラグシップモデルなどふだんなかなか使えない高価なギアだけレンタルするというサイトの活用方法もあります。

キャンプの後に困らない

キャンプ用品が増えるとどんどん収納スペースを取ってしまい置き場所に困ることもたたあります。レンタルならそうした心配がないので気軽にキャンプができます。また使った後は本来ならゴミを取り除いたり、乾燥させたりとメンテナンスが必要ですがそのままレンタルサイトに返却できる様になっているサイトが多いのでキャンプの後に困りません。

キャンプ用品レンタルサイトの選び方

取り扱いブランド

レンタルサイトによって取り扱っているブランドが異なります。キャンプ用品、アウトドア用品はメーカーによって千差万別なので自分の好きなブランド、気になるブランドのギアが取り扱われているか確認してみましょう。たくさんレンタルサイトがあるので、無理に一社だけで借りようとせずサイトを見て回るのもおすすめです。

サービス内容の違い

サービス内容というのは前述したようにキャンプ場に直接荷物を送ってくれるのか、返却予定日にゆとりがあるのか、単品だけではなく必要なギアがセットになったレンタル品があるのか、汚損したときの対応、保険など見比べていく必要がある要素は多いです。費用が安いというのも大切ですが、単品ばかりだと初心者の方は費用が大きくなるので借りにくくなります。

料金の違い

出典: https://www.irasutoya.com

大切になるのがレンタル料、送料などの料金です。一定の価格以上レンタルすると送料が無料になる場合や、もとから無料の場合などさまざまです。キャンセル、保険などの料金もサイトによって変わってきます。トラブル防止のためにもアウトドア用品やキャンプ用品をレンタルする時は料金体系の確認は必ずしておきましょう。なお紹介する料金は2019年6月1日のもので税別です。

キャンプ用品のレンタル時の注意点

お得なものとお得ではないものがある

一式セットでレンタルすると非常に安いのですが、単品の場合サービス内容や料金次第ではレンタルするより買ったほうが安い場合もあるので注意しましょう。特に単品をレンタルする場合はトータル的には非常に高くなる可能性があります。単品でレンタルする場合は差額が少ないものは、再検討してみるのもおすすめです。

説明書には目を通しておいたほうがいい

出典: https://www.irasutoya.com

キャンプあるあると言われている「テントの設営に時間がかかる」という初心者にありがちなことは、一度設営してテントの仕組みを理解すると早く設営できるようになります。しかしレンタルだと製品がキャンプの前日まで手元にないので、設営の練習ができずぶっつけ本番で設営することが多いので最低でも説明書は読んでおきましょう。取扱説明書は各種メーカーのHPで公開されていることが多いのでレンタル時に参考にしましょう。

保険の加入

そう簡単に汚損しないと思うかもしれませんが、保険の加入はできるだけしておきましょう。テントの生地は焚き火の火の粉で簡単に穴が空きます。万が一の備えとして保険の加入はおすすめです。サイトによって保険だったり、保証金だったりします。

キャンプ用品のおすすめレンタルサイト1

そらのした

お得な一式セットが多数ある人気のサイトがそらのしたです。一式セットがたくさんあると初心者の方は逆に選びにくくなりますが、そらのしたでは製品名が「春・秋キャンプセット4」(春、秋に対応する4人用のセット)と分かりやすいので初心者にもおすすめです。人気ブランドモンベルとのコラボしたカードもありモンベルクラブの特典とそらのしたを利用した料金に応じてモンベルクラブのポイントが貯まるお得なカードもあります。

料金

出典: http://www.soranoshita.net

「みんなでキャンプセット4」を紹介します。4人用のテントに、夏用のシュラフが4枚、大きなマット、ランタンがついて1泊2日で15480円~です。さらに保険などが必要になってきますよ。一式だけではなくタープ、チェアやテーブルのセット、単品もあります。最短で1泊から最長は5泊、以降1泊ごとに加算される料金体系です。送料は含まれていないので注文時にご確認ください。

富士登山・登山用品・キャンプ用品レンタルなら「そらのした」

キャンプ用品のおすすめレンタルサイト2

レンタルショップダーリング

キャンプ用品だけはなく介護用品、ベビー、マタニティー用品などいろいろなアイテムのレンタルを行っているサイトですが、アウトドア用品の品揃えも多く、コールマンの製品は特集が組まれるほど多いのでコールマンで統一したい方にはおすすめです。コールマン以外ではモンベル、キャプテンスタッグなどもありますが全体的に一式セットでのレンタルはすくなくある程度道具を持っている方におすすめになります。

料金

4人用のセット「キャンプ4人セット」で料金を紹介すると4人用テント、マット、寝袋、ランタンのテントで寝るための一式セットで税込みで8440円となり別途送料が必要になるため1万円~になります。最短は1泊2日、最長は8日となりそれ以降は1日につき510円の加算となります。会員になると1ポイント1円として使えるポイントが料金の3%付加され次回利用時に使用できたり、オンラインでのレンタル延長申請も可能です。

レンタルショップ ダーリング

キャンプ用品のおすすめレンタルサイト3

キャンプレンタル.com

キャンプ用品専用のレンタルサイトで単品ですがスノーピークもあります。スノーピークといえば非常に評価の高いギアが多く便利です。購入すると高額なってしまいますが、レンタルだと半額程度と非常に安いです。スノーピークの他にはコールマン、ユニフレームの人気焚き火台なBBQコンロなどがあります。単品とセットがあるので持っている道具に応じてレンタルできるので費用を抑えながらキャンプができます。

料金

出典: http://www.camp-rental.com

コールマンの4人用の一式セットで紹介すると、テント、マット、グランドシート、タープ、寝袋のセットで2泊3日すると26300円~となります。最大で5泊6日までおなり往復送料が無料なので費用をぐっと抑えてレンタルできます。テントだけになりますがスノーピークの人気テントを往復送料無料で半額以下で2泊利用できるので安いサイトといえるかもしれませんね。

キャンプレンタル.com

キャンプ用品のおすすめレンタルサイト4

TENTAL

キャンパーのためのレンタルサイトといって過言ではないような品揃が魅力的なサイトで高品質ですが高価なMSR、おしゃれキャンパー注目のノルディスク、リーズナブルかつ魅力的な製品が多いDODなどいろいろなブランドのセットがあります。MSRやノルディスクはテント本体だけでも効果になるのでレンタルにすることで費用をぐっと抑えられます。ソロキャンプ向けやファミリーキャンプ向けのセットもあり初心者でも分かりやすいです。
 

料金

「一緒にキャンプセット4名用(寝袋付)」で紹介していくと、テント、マット、チェア、テーブル、ランタンの一式セットが2泊3日で15800円、さらにチェアに関しては有名ブランドのヘリノックスとなっています。非常に安いですが、5000円以上のレンタルで往復送料も無料になるのでコスパ抜群と言えるでしょう。他のサイトにはないセットとして女子キャンプセット、バイクツーリング用のセットなどもありどれも安いですよ。

キャンプ用品レンタル&キャンピングカーレンタル TENTAL

キャンプ用品のおすすめレンタルサイト5

キャンプデイズ

いろいろなセットが魅力的なレンタルサイトで、ツールームテントとのセットがあるので快適なキャンプが過ごせます。運営者もキャンプが大好きな方で、キャンプ場の運営も手がけているキャンパーです。おしゃれキャンパーに人気のノルディスクも取り扱われていて単品ではモンベル、ノルディスク、スノーピーク、テンマクデザインと有名ブランドがたくさんあるので単品でのレンタルもおすすめです。

料金

出典: https://campdays.jp

「スタンダードセット [キャンプ&キッチン] 4人用」で紹介すると、スノーピークの名物テントアメニティードーム、タープ、テーブル2種類、ランタン2種類、ツーバーナーと寝袋以外のセットが2泊3日で28830円~です。別途寝袋が必要になりますが寝袋分を含めても36000円程度となります。5000円以上で送料無料となるので実質送料はいらないので安いでしょう。2泊3日から最大で最大6泊までとなっています。

[全国配送]キャンプ用品のレンタルショップ「キャンプデイズ」

キャンプ用品のおすすめレンタルサイト6

ニューリーブス

初心者向けのレンタルサイトで一式レンタルした後に、自分達で用意しないといけないものなど親切丁寧に紹介してくれているので非常に分かりやすいです。レンタルできるブランドはコールマンとなっています。レンタルは設営の練習ができないと紹介しましが、その点も配慮してくれていてタープ、テントの設営方法の動画を商品ページで確認でき、無料で夏春秋用、冬春秋用の寝袋に変更できるので寒さに弱い方でも安心です。

料金

出典: https://newleaves.shop

「キャンプセットプレミアム<4名様用>」で紹介するとテント、グランドシート、インナーマット、寝袋、タープ、テーブル、チェア、コンロ、クーラーバッグ、ランタン2種類と完全な一式セットで2泊3日が23800円~となっています。最小が2泊、最大が8泊までとなっていて8000円以上のレンタルで送料無料です。まったくギアがない初心者の方、寝袋などのギアが少しある方でも単品レンタルも可能なので使いやすいですよ。

キャンプ用品レンタル格安で全国配送致します【New LEAVES】

キャンプ用品のおすすめレンタルサイト7

キャンプスマイル

キャンプスマイルはファミリーキャンプに特化したレンタルサイトで、初心者キャンパーからベテランキャンパーまで使いやすいサイトとなっていて分かりやすい商品ページです。扱っているテントの種類こそは少ないですが、DOD、コールマン、スノーピークがあります。スノーピークの人気のエントリー向けモデルのエントリーパックTTのセットもレンタルできます。

料金

出典: https://campsmile.jp

「本格キャンプセット 4人用 【キッチン】」で紹介するとテント、タープ、マット、テーブル2種類、チェア、ツーバーナー、LEDランタンのセットで24980円~です。最短は2泊で最長が7泊となっていて送料は無料です。スノーピークのエントリーパックTTを使用したセットのため価格帯が高く、一式買うと14万ほどになるためいかにレンタルが安いかよく分かります。よく見るとツーバーナーも有名ブランドSOTOの製品です。

「キャンプ用品レンタル専門店」往復送料無料のネット宅配格安レンタル!

キャンプ用品のおすすめレンタルサイト8

ミッションレンタルギア

主にコールマンを使用したセットが豊富なサイトでタープとテントの最低限のセットからデイキャンプ向け、テーブルとチェアのセットなどレンタルセットの種類が多い特徴があります。単品だとケシュアという珍しいブランドのテントもレンタルできたり、本格的なガスランタンのレンタルも可能です。各種ギアと共に炭やマントルなどの消耗品も購入できるのでキャンプの準備がしやすいサイトでキャンピングカーもあります。

料金

「お手軽キャンプ・夏セット (4人用) B」で紹介するとテント、インフレータブルマット、マット、寝袋、ランタンのセットで16600円~になります。返却した後に払い戻される保証金込の価格なのでやすいと言えるでしょう。ただし送料が別途必要になるので地域によっては、高額になってくる可能性もあるので公式サイトで確認してください。

キャンプ用品&キャンピングカー レンタルの『ミッション・レンタルギア』

キャンプ用品のおすすめレンタルサイト9

CotoCoto(コットコット)楽天市場店

出典: https://soko.rms.rakuten.co.jp

ECサイトの楽天市場内にあるレンタルサイトでデイキャンプセット、ソロキャンプ、グループ、ファミリーキャンプセットといろいろなレンタル商品があり、楽天市場内なので馴染みのある商品ページです。他のレンタルサイトとの違いはレンタルした商品が欲しくなったらレンタル後に購入も可能です。セット内容にばらつきがありますが、キャンパルジャパン、スノーピークなど有名ブランドが多数あります。

料金

出典: https://item.rakuten.co.jp

4人用の「初めてのキャンプセット」で紹介するとテント、タープ、テーブル、チェア、シュラフのセットで16800円で送料は無料です。基本的には2泊3日ですが、それ以上長くレンタルする場合は応相談となっています。ランタンやシングルバーナーなどの単品もありますよ。

CotoCoto(コットコット)楽天市場店

キャンプ用品のおすすめレンタルサイト10

キュリアストレーディング

出典: https://www.rakuten.co.jp

ハンモック、チェアハンモック専門のオンラインストアですが、キャンプ用品のレンタルもおこなっています。セット販売単品もありキャンプ用品のレンタル専門のサイトにも引けを取りません。セット内容は珍しくノルディスク、ロゴスそしてヒルバーグのテントがあります。ヒルバーグといえば厳しい環境でも使えるプロが愛用するテントで、雪中キャンプも問題なくできるテントです。購入した場合17万円台になる非常に高価なテントです。

料金

出典: https://item.rakuten.co.jp

「ヒルバーグ プロセット【テント&キッチン】4名用」で紹介するとセット内容がテント、タープ、テーブル、LEDランタンが二種類、キッチンスタンド、ツーバーナー、チェアで42000円~です。最短が2泊3日、最長が6泊となります。レンタルで4万円ということで安いと思う方は少ないかもしれませんが、テントだけではなくチェアはヘリノックスだったり、ツーバーナーがユニフレームだったりと一流ブランドばかりです。

ハンモック&チェアハンモック専門店 Curiace Trading(キュリアストレーディング)

キャンプ用品レンタルサイトのまとめ

各サイトで取り扱っているブランドが違う

Photo byLUM3N

レンタルサイトで取り扱っているブランドはサイトによって大きく違います。なかなか買えない高価なテントをレンタルして楽しんだり、いつかは買いたい好きなブランドのテントをレンタルしてみたりと楽しみ方豊富です。レンタルにすると商品を個別に買うより非常に安く、さらにセットで借りるとレンタルサイトの単品で揃えるより安くなるサイトも多いのでいろいろ比べてみてくださいね。

キャンプが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のには寝袋やテントなどのギア、キャンプの魅力や過ごし方に関する記事などキャンプに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

Thumb夏キャンプ用テントおすすめ人気14選!定番&最新の涼しく過ごせるテントは? | 暮らし~の[クラシーノ]
夏キャンプでも涼しく快適に休息する事ができる定番&最新のおすすめテントを7選ずつご紹介します...
Thumb夏キャンプのおしゃれな服装12選!ファッション例を男女やシーン別にご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
山や海でのキャンプは欠かせない夏の恒例行事です。希少なイベントだからこそ服装は決めたいところ...
Thumb夏キャンプでの焚き火の楽しみ方!初心者向けに便利グッズと注意点を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
夏キャンプでの楽しみ方をスタイル別にまとめ、便利グッズを紹介します。初心者が気をつける注意点...
関連するまとめ
おすすめの記事