色移りした時の落とし方は?デニムやシャツなどに移った色を落とす方法をご紹介!のイメージ

色移りした時の落とし方は?デニムやシャツなどに移った色を落とす方法をご紹介!

洗濯をしていると色移りをしてしまったと言う経験がある人も多いと思います。そんな時、色移りの落とし方を知っておけば自宅で簡単に色移りを落とすことが出来ます。デニムの色がお気に入りの衣類に移ってしまった時などの落とし方を紹介して行くので、参考にしてみて下さい。

2019年09月18日更新

bambi
bambi
2人の小学生を持つ主婦ライターです。趣味はアウトドアとインテリア。主婦ならではの体験や視点からさまざまな情報を発信して行きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 洗濯物の色移りの原因
  2. 色移りした際はどうする?
  3. 洗剤を使った色移りの落とし方1
  4. 洗剤を使った色移りの落とし方2
  5. 洗剤を使った色移りの落とし方3
  6. 洗剤を使いたくない人の色移りの落とし方
  7. デニムの色落ちの落とし方
  8. 革製品に色移りがした際の落とし方
  9. 洗剤を使った色移りの落とし方ポイント
  10. 色移りをしない為のポイント1
  11. 色移りをしない為のポイント2
  12. 色移りをしない為のポイント3
  13. 色落ちをしない為のポイント4
  14. 色落ちをしない為のポイント5
  15. まとめ

洗濯物の色移りの原因

洗濯の際、お気に入りのシャツやワイシャツにデニムの色が移りがっかりしてしまった経験がありませんか?その原因は洗濯物の色移りです。色移りとは、洗濯している時に濃い色の衣類の色が白いシャツなどの衣類に色がついてしまうことを言います。その原因は、洗濯の際に使った洗剤や、水温などの原因が挙げられることもあります。そんなシャツなどに色移りしてしまった際の対策を紹介して行きます。

色移りは洗濯の際の水の温度にあり?

洗濯をした際の色移りの原因としてよく上げられるのが使う水の水温です。洗濯する水の温度が高い方が、よく洗濯物の汚れが落ちるとも言われていますが、その分、シャツなどに色移りしやすいと言うデメリットもあります。デニムや色柄物など色移りする危険性のある物をシャツやワイシャツなど絶対色移りしてほしくない物を一緒に洗濯する際は、洗濯する際の水温にも注意が必要です。どうしても色移りしてしまった際は、正しい落とし方をしてシャツを元のように綺麗にする方法を実践してみて下さい。

色移りした際はどうする?

では、実際にデニムや柄物などの色が色移りした際の落とし方を見てみましょう。色移りした際は、正しい洗剤を使うことで、色移りを落とすことが出来ます。けれど、正しい洗剤を使った落ちし方をしないとシャツなどの衣類を元通りに漂白することは出来ないので、これから紹介する洗剤を使った色移りの落とし方を参考にしてみてはいかがでしょか?お気に入りのシャツなどの衣類が色移りして困っていた人はぜひやってみて下さい。

洗剤を使った色移りの落とし方1

重曹やセスキを使った落とし方

重曹は自宅に持っている人も多いのではないでしょうか?最近掃除や料理などさまざまな場面で使えると注目されています。そんな重曹も洋服の色移りを落とす方法として使えるのです。また、重曹と同じく使えるのがセスキです。どちらも値段も安く、100均などでも購入できるので、手軽に試せる色移りを落とす方法だと思います。色移りだけではなく、重曹もセスキも他の掃除にも使えるアイテムなので、購入しておいても無駄になることがないでしょう。

重曹やセスキを使った色移りを落とし方

重曹やセスキを使った色移りの落とし方は、重曹の場合はまず色移りの気になるシャツなどの場所へ直接かけて優しく衣類をこすってみましょう。それだけで色移りが落ちたらそれで完了です。それでも落ちない場合は、人肌温度のお湯をバケツなどに入れて重曹と酵素系漂白剤を浸けて30分程漬け置きします。セスキも重曹と同様にバケツに洗剤と一緒に入れて浸け置きして使います。セスキはもともと皮脂や脂汚れに威力を発揮する洗剤なので、さまざまなパターンの洗濯汚れを落とすのに役に立つでしょう。どちらも手軽に使えるので、この機会に購入してみてはいかがでしょうか?

洗剤を使った色移りの落とし方2

オキシクリーン

色移りをした際に洗剤を使って落とす方法もあります。落とす際におすすめなのがオキシクリーンです。オキシクリーンの名前を聞いたことがある人や使ったことがある人も多いかと思います。最近コストコなどでも人気の洗剤で、大容量でさまざまな掃除や洗濯に使えると話題になっている洗剤です。そんなオキシクリーンは、シャツなどの洋服の色移りにも大活躍してくれます。色柄物にも使えると記載があるようにさまざまな汚れに対応してくれる洗剤でしょう。コストパフォーマンスも良いので、自宅にあると便利な洗剤ではないのでしょうか?

オキシクリーンを使った色移りの落とし方

オキシクリーンの色移りの落とし方も重曹やセスキと同様ですが、違うのは一緒に使う洗剤です。オキシクリーンを色移り落としとして使う場合はオキシクリーンをパッケージに書かれている分量を人肌のお湯に入れて、一緒に弱アルカリ性の洗剤をいれます。その中に色移りしたシャツなどを入れて30分程つけ置きしておきます。30分でまだ色移りがある場合はされに30分やりましょう。その後、しっかりとすすげば色移りを落としの完了です。オキシクリーンは自宅にあるとさまざまな掃除にも使える便利アイテムなので、この機会に購入してみるのも良いでしょう。

洗剤を使った色移りの落とし方3

衣類専用ハイドロハイター

白いシャツやワイシャツなどの洗濯物をいつまでも白く保ちたい人などは使ったことがあるのは漂白剤ではないでしょうか?洗剤売り場でもよく目にすると思います。その洗剤が衣類専用のハイドロハイターです。このハイターを使うだけで色移りした衣類を元の白い色に戻してくれるのでとても便利なアイテムです。他の種類の洗剤だと合わせて使う必要がある場合がありますが、この衣類用ハイターがこれ1本でしっかり色移りを元の色に戻してくれるので、手軽に使うことが出来ます。キッチンハイターとは違い衣類に優しい成分で出来ているので、必ず洋服などの色移りに使う際は衣類用ハイドロハイターを選んで下さい。

ハイドロハイターを使った色移りの落とし方

ハイドロハイターも使い方は簡単です。バケツなどに人肌程度のお湯を入れてハイドロハイターを記載通りの分量入れて、色落ちがついた白い洋服などを入れて1時間程つけ置きしてしっかりすすぐ方法です。他の洗剤と違うのはこの洗剤は他の洗剤と混ぜずに使うと言うことです。このハイドロハイターは色移りだけではなく、白い洋服などの黄ばみなどにも効果があるので、白い洋服をいつまでもキレイに保ちたい人におすすめの使い方です。また、衣類用のハイターではなく、キッチン用のハイターなどを使ってしまうと、強すぎて色柄物なども色移りだけでななく色柄まで白くしてしまうので注意が必要です。ハイターを使いたい場合は、必ず衣類専用のものを使って下さい。

洗剤を使いたくない人の色移りの落とし方

洗濯物が色移りしてしまったけど、洗剤を使わず落としたいと言う人は、色落ちしてすぐの場合ならお湯で落とすことも出来ます。その際に使うお湯は、熱すぎると繊維を傷つけてしまう心配があるので、人肌程度のぬるま湯が良いでしょう。まず洗濯機から衣類を取り出して色移りに気が付いたら、素早くお湯で洗ってみて下さい。お湯は水よりも汚れを落としやすくしてくれるからです。

デニムの色落ちの落とし方

シャツやワイシャツの色移りの落とし方

シャツやワイシャツにデニムや柄物の色落ちがついてしまった際の落とし方を紹介します。その際必要なのは、液体洗剤と洗面器、ゴム手袋です。デニムの色移りがきつい場合は、さらに衣類用のハイターなどの漂白剤があると便利です。バケツや洗面器に50度から60度のお湯を入れて通常の3倍の液体洗剤を入れます。よく混ぜてその中に色移りした衣類を入れます。そして30分程漬け置きしすすいで終わりです。その際、しっかりシャツやワイシャツが漂白されないと感じたら漂白剤をプラスするのがおすすめです。漂白剤を使うことできつい色移りも元の衣類の色に戻すことが出来ると思います。

革製品に色移りがした際の落とし方

お気に入りの革製品に色移りがしてしまった際の落とし方を紹介します。デニムの色が擦れて革製品に色移りしてしまったりすることもあります。そんな時は、まず革専用の固形クリーナーとタオルを用意します。革専用の固形クリーナーはホームセンターやネットなどでも購入出来ます。まず、固形クリーナーで色移りした部分をこすります。そうすることで、デニムなどの塗料を浮かせるのです。あまりきつくこする方法をすると、革まで傷つけてしまうことがあるので注意しましょう。

何度も繰り返し落とし方を行うと綺麗になる

デニムなどの塗料が浮かんで来たらタオルでしっかり拭き取ります。その際革製品についていた色移りがタオルに移り革製品が元の色に戻っていたら終わりです。その際にまだ色移りが残っている場合は、同じ色移りの落とし方を何度も繰り返すことでキレイになっていくので、実践してみて下さい。この方法は、革靴などにも使えるのでお気に入りの革製品に色移りがしてしまった場合などこの方法を試してみて下さい。革製品の色移りは諦めがちでしたが、この方法を知っておけば、色移りなど汚れてしまった革製品を蘇らせて長く使うことが出来ると思います。

洗剤を使った色移りの落とし方ポイント

洗剤を使った色移りの落とし方のポイントは、洗剤でつけ置きする時間です。洗剤に浸けている時間が長いと洗剤が繊維に入り込みすぎて、元の柄物などの色まで色落ちしてしまうことがあるので、確認しながら、洗剤でのつけ置きをするのがおすすめです。また、洗濯が終わって色移りに気が付いたら出来るだけで早く、色移りした衣類を洗剤などで落とすことが大切です。早めに色移りを落とし始めることで落とせる確率も上がります。

無理な色落ちはクリーニング店に持って行こう

また、洗剤を使う方法をすることで必ず色落ちが元の洋服の色に戻ると言うわけではありません。色落ちの度合いなどにより洗剤を使っても元の洋服の色に戻せない場合があります。そんな時は、クリーニング店などの専門店に持って行き色移りを落としてもらうのがおすすめです。無理にこすったりすると、衣類の繊維を傷つけてしまうことがあるからです。大切な洋服やお気に入りのシャツなどの色移りが見つかったら、潔く専門店にお任せするのも良いでしょう。最近は色移りやシミ抜きなどを専門の方法で落としてくれるお店もあるので、探してみるのもおすすめです。

色移りをしない為のポイント1

色柄物と白い洋服を分ける

すでに色移りをしてしまった洋服などは、素早く色移りを落とすことが必要ですが、最初から色移りをしないような洗濯の仕方をすることもとても大切ではないでしょうか?洗濯物を洗濯機で洗う際に、色柄物と白い物を分けて洗濯する人もいるかと思いますが、もともとデニムなど色が濃い衣類と白いシャツやワイシャツなどを一緒に洗濯するのは危険です。うっかり一緒に洗ってしまうこともあるかと思いますが、出来るだけで事前に分けて洗濯することで色移りを防ぐことが出来ます。

色移りをしない為のポイント2

洗濯ネットを使う

色移りを防ぐ方法として洗濯ネットを使う方法があります。手軽に始められるので、わざわざ色柄物と白いシャツなどを分けるのがめんどくさいと言う人におすすめです。洗濯ネットを使うことで、衣類同士がこすれることを防げるので色移りを防ぐことが出来るのです。最近は可愛い洗濯ネットや便利な洗濯ネットも多く販売されているので、手軽に始めてみてはいかがでしょうか?

色移りをしない為のポイント3

中性洗剤を使う

色移りを防ぐ方法として中性洗剤を使うのもおすすめです。最近の洗濯洗剤は洗浄力も高いので、色移りの危険も増えてしまいます。その為、衣類を傷めない洗剤としても人気の中性洗剤を使った洗濯洗剤を選ぶにも良いでしょう。色柄物専用の洗剤も多く販売されているので、そのような洗剤を使うのもおすすめです。おしゃれ着やお気に入りの衣類など、自宅で洗濯するのに躊躇してしまう洋服も、専門の洗剤を使って洗濯することで、いつまでの綺麗に衣類を保てるので使ってみてはいかがでしょうか?洗剤を変えることで洗濯の仕方も変わってくるのでおすすめです。

色落ちをしない為のポイント4

洗濯物をすぐに干す

色落ちをしない為のポイントとして洗濯後にすぐに干すことも大切です。濡れたままの衣類をそのまま密着させておくと、色移りの原因になってしまうからです。ついつい洗濯後、後で干せばいいやと思って放置してしまうこともあるかと思いますが、すぐに干すことでワイシャツなどの色移りを防げるのです。すぐに干すことで、ワイシャツなどのシワも伸びやすいので色移りが気にあるものがある際は、洗濯後すぐに干すように心がけてみて下さい。また、すぐに洗濯物を干せない場合は色移りが心配な物を分けて置いておくでも良いでしょう。濡れた状態だと色移りしやすいので、気になるものは早めに干すようにしてみましょう。

色落ちをしない為のポイント5

洗剤や漂白剤を直接洗濯物にかけない

洗剤や漂白剤を洗濯機に入れる場合、どうやっていますか?実は洗剤の入れ方が色移りの原因かも知れません。洗濯機には洗剤の投入口があり、そこに洗剤を入れて使うのが正しい方法です。しかし洗濯機に洗剤を入れる際、直接洗剤を衣類にかけて入れる人も多くいます。そうすると、洗剤が強すぎて柄物などの色を落とすことがあるので、白いワイシャツやシャツに色移りしてしまうことがあります。普段何気なくやっている洗剤の投入方法を気を付けるだけで柄物による白いワイシャツやシャツの色移りを防ぐことが出来るかも知れません。

まとめ

色移りした際の落とし方はいかがでしたか?洗濯物が色落ちしていた時に諦めないで、まずは色移りした際の落とし方を実践してみてはいかがでしょうか?手軽に行える落とし方が多いので、自宅で試してみて下さい。また、お気に入りのシャツやワイシャツの色移りを防ぐ為にも正しい洗濯の仕方をすることも大切です。正しい洗濯方法をすることで、色移りを防ぐことも出来るので、この機会に洗濯のやり方を考えてみるのもおすすめです。

漂白の時間を守ろう

また色落ちした洗濯物を漂白する際には、つけ置きする時間を守ることも大切です。色落ちした洗濯物を漂白することで余計色落移りしてしまう危険もあるので、しっかり色移りの落とし方を守ってやってみて下さい。今まで色移りをした洗濯物を元に戻すのは大変だと思われていましたが、正しい落とし方を知っておけば簡単に落とせるので、試してみて下さい。

さまざまな衣類の洗濯方法が気になる人はこちらもチェック!

色移りの落とし方だけではなく、さまざまな洗濯方法が気になる人はこちらの記事をチェックしてみましょう。

Thumbクエン酸で洗濯する方法は?洗濯後の汚れや臭い落ちの違いなどの効果も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
健康に良かったり、シンクの水垢を落としてくれたり、何かと活躍するクエン酸。最近では、クエン酸...
Thumb帽子は洗濯できる?意外に知らない簡単で型崩れしない洗い方&干し方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
気づけば帽子の額のところに大きな汗ジミを発見、かといって洗濯方法が分からないから汚れた帽子を...
Thumb電気毛布が洗濯できるって!?その洗い方や故障に繋がる注意点を徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
毎日触れる電気毛布だから、洗濯できるなら洗濯・クリーニングしたいですよね。しかし洗濯機で洗う...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ