ソヨゴとは?目隠しに使える庭木の特徴や育て方、花言葉などを解説!のイメージ

ソヨゴとは?目隠しに使える庭木の特徴や育て方、花言葉などを解説!

ソヨゴとはどのような植物かご存知でしょうか?ソヨゴは目隠しの庭木やシンボルツリーとしてよく植えられているので、見たことがある方が多いはずです。育てやすく、実が可愛らしいので人気があります。今回はそんなソヨゴの特徴や育て方、花言葉などを解説していきます。

2019年08月27日更新

T・S
T・S
元農家で農業検定を持つライターです!植物に関すること、海のこと、DIYについて主に書かせて頂きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ソヨゴとはどんな植物?
  2. ソヨゴの特徴
  3. ソヨゴの種類
  4. ソヨゴの花言葉と名前の由来
  5. ソヨゴの販売価格は?
  6. ソヨゴの育て方①環境
  7. ソヨゴの育て方②用土・植え付け
  8. ソヨゴの育て方③水やり・肥料
  9. ソヨゴの育て方④植え替え・増やし方
  10. ソヨゴの育て方⑤剪定・手入れ
  11. ソヨゴの育て方⑥病気・害虫
  12. まとめ

ソヨゴとはどんな植物?

庭のシンボルツリーに何を選ぶか検討している方はぜひ知っておくべきなのが「ソヨゴ」です。ソヨゴは多くの家の庭木に使われている木で、目隠しにもなるシンプルな植物。下草と共に植えれば素敵な雰囲気にもなってくれます。また、管理も難しくなく、成長が遅いので手間がかからないのが嬉しいポイント。今回はそんなソヨゴの特徴や育て方、花言葉などを解説していきます。

ソヨゴの特徴

ソヨゴとは?

ソヨゴとは、モチノキ科モチノキ属に分類される庭木です。原産地は日本・中国・台湾といったアジア圏で、大きさは5~15mほどに成長します。ポイントは濃い緑色の葉で、光沢があり、波打つような形をしているのが特徴。画像のように、シンプルな見た目をしていますので、家の雰囲気を引き立ててくれます。

ソヨゴは育てやすい?

庭木に選ぶ際に大切なのが、育てやすさです。ソヨゴはとても丈夫な植物ですので、管理が簡単で初心者でもあまり心配いりません。肥料を与え無くても育ってくれますし、耐陰性があるので少し日陰でも良く、また新潟県以南であれば冬もそのまま越せます。成長が遅いので剪定もあまり必要無いので、手間のかからない目隠し庭木が欲しい方におすすめです。

ソヨゴの開花時期

開花時期は5~6月の春時期です。花は非常に控え目な雰囲気で、画像のような小さい白い花を付けます。あまり観賞価値はありませんが、これはこれで良さがあります。また、雌雄異株の植物で、雄花は3輪~8輪、雌花は1~3輪程度となります。

ソヨゴの実

ソヨゴは花よりも実の方が観賞価値があります。画像のように真っ赤に色づきますので、濃い緑色の葉とのコントラストが美しい植物です。実が赤くなるのが10~11月頃なのですが、雌雄異株ですので、雌雄どちらも植えておかないと実がなりません。実を楽しみたい方はどちらも植えましょう。実の大きさは7~8㎜と小さく、サクランボのように垂れ下がります。

ソヨゴはなぜ目隠し庭木に適している?

目隠しの庭木にシマトネリコを選ぶ方も多いのですが、他の庭木は大きく成長し、剪定も定期的に必要なことが多く、手間がかかってしまうことがあります。その点、ソヨゴは非常に成長が遅いので手入れがあまり必要ないのが嬉しいポイントです。特別美しい木ではないかもしれませんが、家が主役なのであれば、良い引き立て役になってくれるでしょう。高木になり過ぎることもなく、適度な目隠し庭木となってくれます。

下草で素敵に

ソヨゴだけを育てていくのも楽しいのですが、下草があればなお素敵に見えます。下草は「根じめ」と呼ばれることもあるのですが、引き立て役となり、下草を植えることでしっくりとした雰囲気になります。また、下草を植えると地面の感想や地温の上昇を防ぐ効果もあるので、下草も一緒に植えると良いでしょう。あまり背が伸びない植物が下草に向いています。

ソヨゴの種類

ソヨゴの種類①プリンセスルビー

こちらは真っ直ぐな樹形が美しい直立性の品種で、住友林業緑化により品種登録された新品種です。実は鮮やかな色で大きいのが特徴。11~2月に実を付けます。本州以南で越冬が出来ます。

ソヨゴの種類②ウィンタールビー

こちらも住友林業緑化により品種登録された新品種で、サクランボのような大きな赤い実を付けるのが特徴です。成長はやや遅めで、枝が徒長しにくいのもポイント。本州以南であれば越冬出来ます。

ソヨゴの種類③彩紅

こちらは他の品種よりも実が赤くなるのが早いのが特徴です。早生品種を楽しみたい方はこちらを選ぶと良いでしょう。さいたま市で作られた品種で、魅力や発展の可能性を込めて命名された名前です。

ソヨゴの種類④絆

こちらは実の付き方が特徴的で、果実が3連に連なります。名前は、2011年の大震災を受け、寄り添い合い絆を深めていく様をイメージして命名されています。

ソヨゴの種類⑤キミノソヨゴ

一般的にソヨゴは赤い実をつけるのですが、こちらは黄色い実を付ける珍しい品種です。赤い実の方が見応えがあるのであまり普及はしていません。珍しいのであまり図鑑などにも載っていないのですが、育て方や実以外の特徴は通常のソヨゴと変わりありません。

ソヨゴの花言葉と名前の由来

ソヨゴの花言葉

花言葉は「先見の明」となっています。この花言葉の意味ですが、雨の降らないやせ地でも育つような、丈夫な葉を持っていることから付けられたとされています。非常に良い意味の花言葉となっていますので、どなたかに贈る際にも安心です。

ソヨゴの名前の由来

気になる名前の由来ですが、風がふくと葉がそよそよとそよぐことから付けられています。また、漢字で書くと「冬青」と書くのですが、これは冬時期になっても青々とした葉を見せてくれることからこの漢字になっています。さらに、別名はフクラシバと呼ばれているのですが、これは葉が熱くなると膨らんで破裂することが由来です。夏の日差し程度の熱さで破裂する訳ではありませんのでご安心下さい。

ソヨゴの販売価格は?

ソヨゴの販売価格

ソヨゴ株立(3本鉢植え)高さ約0.8m
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

購入予定の方が気になる販売価格ですが、庭木の中では中々高級な部類で、大体1~2万円程度で販売されていることが多いです。しかし、小さめのものなら6000円くらいでも販売されており、かなり小さい株は3000円程度で見つかることもあります。鉢植えなら小さめのものを購入し、家のシンボルツリーにする場合は最初からある程度大きいものを選んだ方が良いでしょう。ホームセンターや園芸店で販売されています。

ソヨゴの選び方

株立ちのものと単幹のものの二種類が流通していますので、目的に応じて選択しましょう。目隠し庭木にしたい場合は株立ちのものが適しています。高さが欲しい場合は単幹のものを選んで下さい。その他、株が病気になっていないか、害虫が付いていないか、生き生きとしているかなどもチェックしておくと良いでしょう。

ソヨゴの育て方①環境

ソヨゴは地植え?鉢植え?

ソヨゴは鉢植えでも地植えでも育てられますが、植えるスペースが十分あり、新潟・宮城以南であれば地植えがおすすめです。地植えであれば、植え付け後2年経てば水やりが不要になりますので、ほぼ世話をしなくても良くなります。手間を減らしたい方は地植えにしましょう。鉢植えであれば場所を移動しやすいのがメリットとなりますが、植え替えの手間があります。

ソヨゴに適した生育環境

日なたでも明るめの日陰でも育てられる木ですが、強い西日に当たると葉焼けする可能性がありますので、半日陰が最も適した環境と言えます。ずっと日が当たる環境ではなく、半日だけ日が当たる場所に植えましょう。完全に適した場所じゃなくても育ってくれますので、神経質になりすぎる必要はありません。

ソヨゴの夏冬の管理

植物を育てる際に最も難しいのが夏と冬の管理ですが、夏の暑さは問題なく乗り越えられますので心配いりません。水やりにだけ気をつけましょう。冬の寒さは新潟・宮城以南であれば問題無く越えられます。また、落葉樹と組み合わせて育てることで害を受けにくくなります。

ソヨゴの育て方②用土・植え付け

ソヨゴの用土

地植えをする際は、植え付けする1週間前に、植え付け予定の場所に腐葉土や堆肥を混ぜて馴染ませておくと良いでしょう。腐植質に富んだ湿潤な土質を好みます。鉢植えの場合は腐葉土や赤玉土を混ぜたものが適しています。

ソヨゴの植え付け

植え付けの適期は4~5月か8月下旬~9月です。購入した苗を、根鉢を崩さないように取り出し、堀った穴に植えましょう。もし根よりも枝の方が長い場合は、枝を少し切って下さい。地上部が大きいと根に負担がかかる為です。また、浅く根をはる為、倒れやすいので、少し深めに穴を掘り、深めに植え付けることで倒れるのを防ぐのがおすすめです。水はけが悪い場所での植え付けは、盛り土をして高植えにすると良いでしょう。

ソヨゴの育て方③水やり・肥料

ソヨゴへの水やり

地植えした場合でも植え付けてから2年間は水やりをしましょう。雨が降っていれば水やりは不要ですが、雨が降っていない時は、土の表面が乾いたら水やりをします。鉢植えの場合も同様に、土の表面が乾いたら水やりをして下さい。乾く前に水やりをすると枯れる可能性がありますので、乾いてから水やりをすることが大切です。

ソヨゴへの肥料

肥料は無くても育ってくれますが、与えた方がより育ちがよくなります。元々成長が遅い木ですので、早く大きく育って欲しい場合は与えましょう。地植えでもあれば2月頃に緩効性肥料を与えます。鉢植えの場合は3月頃に与えて下さい。

ソヨゴの育て方④植え替え・増やし方

ソヨゴの植え替え

地植えの場合、植え替えは必要ありません。鉢植えで、鉢底から根がはみ出してきたら植え替えをしてあげましょう。根がはみ出してなくても、水が土に染み込まなくなった時は根詰まりしていますので植え替えが必要です。一回り大きな鉢を用意し、新しい用土で植え替えて下さい。植え替え手順は植え付けと同様です。

ソヨゴの増やし方①種まき

増やし方は3通りあり、一つ目が種まきです。11~12月の完熟した実を採取して、果肉を指先でつぶし、水で洗って種を取り出しましょう。その後、湿らせた水苔に包み、袋で密閉し、冷蔵庫に入れておきます。翌年の3~4月になったら取り出して、水で洗って種まきをしましょう。赤玉土に一粒ずつまいて発芽させます。しばらく育ったら鉢上げして大きくしていきます。発芽から開花まで7年以上かかりますので注意しましょう。

ソヨゴの増やし方②つぎ木

種から育てた木を台木にして接ぎ木しましょう。雌株の枝を15㎝ほどの長さで切り、接ぎ穂に使います。台木の方は地表から10㎝ほどの箇所で水平に切り、斜めの切り込みを入れて、接ぎ穂の切り口も合うように切り、テープをまいて双方を固定します。乾燥させないように接ぎ木部分をビニールで巻いたら、あとは適切に管理して育てていきましょう。

ソヨゴの増やし方③挿し木

挿し木で増やす方法もあります。挿し木は枝先15㎝ほどで切り、赤玉土に挿して管理し、発根を待ちます。挿し木した後はたっぷり水やりをして、明るめの日陰で管理しましょう。発根するまで移動させてはいけません。また、挿し木は成功率が低いので、確実に増やしたい場合は種まきでの増やし方がおすすめです。

ソヨゴの育て方⑤剪定・手入れ

ソヨゴの剪定

成長が非常に遅いので、定期的に剪定する必要はありません。必要に応じて剪定しましょう。放っておくと10mになる木ではありますが、育つにはかなりの年月がかかります。株立ちのものは短めに整えておいた方が素敵な見た目となります。剪定の適期は4~5月、7月、12月です。また、もし葉が落ちるようになってきたら水切れの可能性があるのですが、枝を減らしてあげることで、木全体の必要な水分量が減るというメリットもあります。

ソヨゴの手入れ

苗が小さい間は樹形が乱れやすいので、支柱を立てて形を整えてあげると良いでしょう。また、古い雌木は実が付きすぎることがあります。実が付きすぎている場合は摘果してあげて下さい。

ソヨゴの育て方⑥病気・害虫

ソヨゴの病気

丈夫な木ではありますが、いくつかの病気にかかる可能性があります。黒いすすのようなカビに覆われるのがすす病で、光合成が妨げられてしまい、生育不良になっていきます。通気性と日当たりを整えてあげましょう。褐斑病は糸状菌によって起きる病気で、最悪の場合は枯れてしまいます。発病した葉を早めに取り除いて処分してしまいましょう。

ソヨゴの黒点病について

もし黒い点が付きだしたら黒点病の可能性があります。黒点病はその名の通り、黒い点が葉に出てくる病気です。黒点病の原因は褐斑病と同じく糸状菌によるもので、湿度の高い時期に症状が出やすくなります。黒点病の症状が出ている葉は取り除いて処分して下さい。周囲にあると、なた黒点病が発生する可能性があります。また、黒点病に対応した殺菌剤が発売されていますので、そういった製品を使って対処しましょう。

ソヨゴにつく害虫

カイガラムシによる害虫被害がありますので注意しましょう。この害虫が付くと、吸汁されてしまい、次第に株が弱っていきます。少ない数であれば問題ありませんが、沢山付くと危険です。この害虫は成虫になると薬剤が効きにくいのが特徴で、幼虫の間に薬剤で対処するか、成虫をブラシなどでこそぎ落としましょう。害虫が付く前から薬剤を使用して予防しておくことをおすすめします。

まとめ

今回の「ソヨゴとは?目隠しに使える庭木の特徴や育て方、花言葉などを解説!」はいかがでしたでしょうか?特徴や育て方、黒点病や害虫についてなどを解説させて頂きましたが、育てるのが難しい庭木ではありませんので、気になった方はぜひ育ててみて下さい。倒れやすい部分がありますので、風が強く吹く場所では、塀の近くに植えることをおすすめします。

ソヨゴが気になる方はこちらもチェック!

今回はソヨゴについて解説させて頂きましたが、他にも観葉植物・ガーデニングに関する記事が沢山あります。気になる方は是非見てみて下さい。

Thumb玄関に置く観葉植物おすすめ11選!雰囲気が明るくなる植物を風水を交えてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
観葉植物は種類がたくさんあります。その中にはリビングに向くものや玄関に向くものなどがあります...
Thumb庭の芝生はどれがおすすめ?天然芝や人工芝までメリット・デメリットを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
庭の芝生はきれいにグリーンの絨毯にするお手入れが少し大変と感じる人も多いでしょう。そのために...
Thumb冬に咲く花の種類14選!可愛さだけじゃない耐寒性もある植物をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
冬に咲く花の種類にはどんな花があるのかご存知でしょうか?花と言えば春や秋といった穏やかな季節...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ