【2019】ソロキャンプ初心者が揃える道具&装備まとめ!準備リストを大公開!のイメージ

【2019】ソロキャンプ初心者が揃える道具&装備まとめ!準備リストを大公開!

ソロキャンプ初心者におすすめできる装備をご紹介していきます。ソロキャンプ初心者ですと、どうしてもいろいろと不安になってしまいますが、今回ご紹介するのはそんな装備に迷っている人に特におすすめなグッズなので是非ともチェックしてみてください。

2019年08月14日更新

kawakawaken5
kawakawaken5
アウトドア情報をみていただいた方に興味が湧いてくるような執筆を心がけています。また、長年の調理経験から、料理やアウトドアで使えるレシピも執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 初めてのソロキャンプの必需品
  2. ソロキャンプ初心者の必需品カテゴリ
  3. ソロキャンプ初心者おすすめテント道具①
  4. ソロキャンプ初心者おすすめテント道具②
  5. ソロキャンプ初心者おすすめ火の道具①
  6. ソロキャンプ初心者おすすめ火の道具②
  7. ソロキャンプ初心者おすすめキャンプ調理道具①
  8. ソロキャンプ初心者おすすめキャンプ調理道具②
  9. ソロキャンプ初心者おすすめ寝具①
  10. ソロキャンプ初心者おすすめ寝具②
  11. ソロキャンプ初心者おすすめ緊急装備①
  12. ソロキャンプ初心者おすすめ緊急装備②
  13. ソロキャンプ初心者おすすめ便利キャンプ装備①
  14. ソロキャンプ初心者おすすめ便利キャンプ装備②
  15. ソロキャンプ初心者の必需品:まとめ

初めてのソロキャンプの必需品

ソロキャンプはした準備が大切

初めてのソロキャンプは下準備が大切になります。ソロキャンプは大人数のキャンプよりも静かで落ち着いた雰囲気を楽しめる分、下準備が不足していると途端にソロキャンプの雰囲気が崩れてしまうので、必要なソロキャンプ道具を一式揃えてから挑戦しましょう。そこで、今回は初めてのソロキャンプにおける必需品やあったら便利なグッズをご紹介していきますので、ソロキャンプを初めて挑戦する方は是非ともチェックしてみてください。

ソロキャンプは持ち物は必要最低限でOK

ソロキャンプには、必需品が多く必要な道具を一式しっかりと準備することが必要ですが、逆に考えれば1度1人分揃えてしまえば、あとは何回でもソロキャンプをすることができます。また、一式ソロキャンプ道具を揃えたとしても、いざソロキャンプを体験してみるとこんな道具があったら便利だったという感想は抱くはずです。ソロキャンプは何回も繰り返して、その季節や自分のやりたいソロキャンプの雰囲気を試していくことが大切ですので、必要最低限な必需品を揃えたらまずはソロキャンプに挑戦してみましょう。

ソロキャンプ初心者の必需品カテゴリ

ソロキャンプテントグッズ

寝床であり、ソロキャンプでの自分のプライベート空間になりますので、ソロキャンプテントグッズは必需品になります。ここで言うソロキャンプテントグッズはテントだけではなく、底冷えを防ぐためのマットや日よけのためのタープ、ソロキャンプならではのハンモックなど様々なものになりますので、自分なりに好きなソロキャンプ道具を選んでみましょう。

ソロキャンプ炊き火グッズ

初心者のソロキャンプで大切になってくるのが火起こしのグッズになります。ソロキャンプをするならば、洗い物は少なく料理はキャンプ用コンロなどでも十分ですが、ソロキャンプの醍醐味は炊き火という方も多い方思います。ソロキャンプの雰囲気を大切にするならば炊き火に関するソロキャンプグッズは揃えておきたいです。

ソロキャンプ調理グッズ

ソロキャンプの醍醐味と言えば、自然のなかで食べるソロキャンプご飯です。そのため、簡単な調理器具を持っていくことが大切になります。しかし、最悪空気が美味しいところでカップ麺を食べるだけでもソロキャンプは楽しめるので、そこまで本格的なものはソロキャンプ道具は必要ありません。どちらかというと、炊き火の変わりの暖としてもっていくほうが多いかもしれません。

ソロキャンプ寝具グッズ

ソロキャンプの夜は夜通し起きていることもあると思いますが、やはりソロキャンプに寝具は必需品になります。夏などは特に気になりませんが、冬のソロキャンプでは寝袋を選ぶ際にも快適気温なども制限されているのでしっかりと選んでソロキャンプ寝具を選びましょう。

ソロキャンプ緊急グッズ

ソロキャンプ初心者が意外と忘れがちで、最も大切な装備が緊急時のソロキャンプ装備になります。例えば怪我をした際や、電波が通らない場所でガス欠になってしまった時など、このソロキャンプ緊急グッズが存在するだけで生死を分かつこともある最も大切な必需品なのでしっかりと持ち物に入っているのかソロキャンプチェックリストをつくって確認しましょう。

ソロキャンプ便利グッズ

最後に装備の中でもあると便利なグッズがソロキャンプ必需品になります。これは、ソロキャンプならではの自分の色を出すために必要になってきます。ソロキャンプ初心者の持ち物の中では優先順位は低いですが、ソロキャンプに挑戦するならば揃えたい装備になります。といっても、ソロキャンプの回数をこなしていくうちに自然と覚えるものですので難しく考えなくても大丈夫です。

ソロキャンプ初心者おすすめテント道具①

自分のソロキャンプ空間を作るために

まず始めに必要になってくるソロキャンプ道具がテント道具になります。ソロキャンプだけではなく、アウトドアをするなら当然必要となってる必需品です。しかし、ソロキャンプではそこまで大きなテントは必要ありません。どちらかというと小さく便利なソロキャンプテントを一式揃えて置くと壊れることもなく、オールシーズン使えるソロキャンプ道具となるのでおすすめです。

ソロキャンプで快適に寝るために「ダークルームテクノロジー」

快適にソロキャンプを過ごすのにおすすめのソロキャンプテントがダークルームテクノロジーを使用したコールマンのソロキャンプ用のテントになります。このソロキャンプテントは、キャンプならではの日が出てくるとテントに日が透け込み、室内温度が上がってしまい不快になるといった点を解決したソロキャンプテントとになります。もちろん、専用のバッテリーランタンもあるのでずっと暗いといったことはありません。いつもの空間と同じ寝室を作れるソロキャンプテントですのでソロキャンプ装備の1つとして考えてみてください。

● 【送料無料】 COLEMAN (コールマン) キャンプ用品 ソロ その他テント クイックアップドーム/S+ 2000033135
楽天で詳細を見る

ソロキャンプ初心者おすすめテント道具②

ソロキャンプで底冷え対策は必須

椅子に座ってソロキャンプを楽しむこともありますが、ソロキャンプ用テントのなかで寝転がって過ごすソロキャンプもあります。そのための必需品は底冷え対策のソロキャンプテントの下に敷いて置くマットになります。このマットをかませておくだけで座り心地、寝心地が大きく変わってきます。もちろん、お安い銀マットでもいいですが折角ソロキャンプを初めて行う心が出てきたのならソロキャンプ道具としてのマットも確認してみましょう。

ソロキャンプで地面から身体を守る便利道具

出典: https://www.amazon.co.jp

冬のソロキャンプでは必需品である底冷え対策のマットですが、おすすめはこの15mmの銀マットになります。普通の銀マットよりもさらに熱く出来ているので寝袋と地面の間にしっかりと層を作ってくれるソロキャンプ装備になります。お金がない場合に便利なのが、ダンボールです。ソロキャンプ用テントを敷いたら全体にダンボールを2枚重ねで敷いて、敷物をして見た目を良くしてから、ソロキャンプ寝袋を設置することで銀マットを敷いたときと同じ効果を得ることができます。

ソロキャンプ初心者おすすめ火の道具①

ソロキャンプで火起こしのために

ソロキャンプで火起こしのために必要になってくる持ち物は、火の元になるライターや着火マンなどですが他にももちろんのこと必要な物があります。それが焚き火台になります。焚き火台は芝生などのキャンプサイトを傷つけないようにするために、必要な道具なのであるとほとんどのキャンプ場で焚き火を行うことができるようになるソロキャンプ装備です。ちょっとした調理台にもなるので、ソロキャンプの準備の際にはしっかりと用意しておきましょう。

ソロキャンプは焚き火台で火を使いこなそう

おすすめなソロキャンプ焚き火台が、BUNDOKから出ているソロキャンプ向けの小型焚き火グリルになります。これは、商品名の通り焚き火にもグリルにも使うことができるので、ソロキャンプの調理器具と暖房器具を一挙にになう便利道具になります。この焚き火グリルと炭があれば焼肉バーベキューのソロキャンプ道具が一式揃うことができます。装備の大きさとしても27cmくらいのタブレットくらいの大きさになるのでソロキャンプ装備を圧迫することもありません。

BUNDOK(バンドック) 焚き火グリル シルバー BD-404
楽天で詳細を見る

ソロキャンプ初心者おすすめ火の道具②

ソロキャンプで簡単に灯りを得るために

ソロキャンプを楽しむことができる焚き火ですが、灯りを得るためにはランタンもおすすめです。ランタンは光源の少ないキャンプ場では貴重な光になりますので、ソロキャンプ持ち物の中にしっかりと入れて置きましょう。キャンプでは焚き火でも光源として、十分に思いますが焚き火には、火の粉で服に穴があく、薪を用意するのにお金がかかるなど以外にデメリットもありますので、ランタンを用意して優しい光をソロキャンプに灯しましょう。ランタン1つあるだけでソロキャンプでは大変便利です。

ソロキャンプは1つで3つの便利ランタン

初心者のソロキャンプにおすすめのキャンプランタンは、コールマンのマルチパネルキャンプランタンになります。このマルチパネルキャンプランタンは、本体から取り外して複数のキャンプランタンとして使用することができるので、少し照らしたい場所が増えたときにすぐに対応することができます。ランタンも何個か一式そろ得るのは大変なので初めての場合には、キャンプガスランタンではなくマルチのバッテリーキャンプランタンを使うことを初心者のソロキャンプにはおすすめです。

コールマン LEDランタン クアッド マルチパネルランタン 2000031270 coleman
楽天で詳細を見る

ソロキャンプ初心者おすすめキャンプ調理道具①

炊き火もいいけどキャンプコンロは必須

焚き火はソロキャンプの醍醐味の1つですが、準備に時間が掛かりキャンプ調理器具に煤がついてしまい掃除が大変などソロキャンプとしては、少し作業が多くなりゆっくりとしたキャンプ時間を過ごせなくなってしまいます。そのため、小型なキャンプガスコンロを用意しておくといいしょう。家庭用の鍋によく使うコンロだと少し大きく初めてのキャンプにはあまり向きませんが、キャンプ用の小さなガスコンロがありますのでご紹介します。また、キャンプガスコンロがあればキャンプガスランプなんかも使うことができるのでおしゃれキャンプの準備にもなります。

ちょっとした調理に使えるキャンプガスコンロ

初めてのソロキャンプの持ち物に入れておきたいキャンプガスコンロは、コールマンのシングルバーナーなります。このキャンプバーナーは五徳がついているので、火を付けてそのままお湯や調理を行うことができます。焚き火とは違い煤がつかないので軽く水洗いすればキャンプ装備を綺麗に一式収納することができるので、初めてのソロキャンプを終えたあとに面倒なキャンプ道具の掃除や手入れを行う準備が少なくて済むのもこういったキャンプガスコンロを使うメリットになりますので、一式キャンプガスコンロを用意しておきましょう。

スペシャルセール! アウトランダー マイクロストーブ PZ 203535 コールマン シングルバーナー キャンプ バーナー
楽天で詳細を見る

ソロキャンプ初心者おすすめキャンプ調理道具②

ソロキャンプなら小さなキャンプ調理器具がいい

初めてのソロキャンプで、是非とも持ち物に加えたいのがキャンプクッカーになります。キャンプクッカーは小型なキャンプ調理器具になります。大きさは、カップ麺が1つ入る程度の大きさになります。コンパクトな大きさですので、フライパン・炊飯用・スープ用と一式セットになっているキャンプクッカーもあります。そのため、初めてのソロキャンプのキャンプ調理器具一式としてキャンプクッカーを持ち物に入れておくとこれ1つでキャンプ調理器具の準備が済んでしまう便利グッズになります。

おすすめキャンプクッカー

出典: https://www.uniflame.co.jp

初めてのソロキャンプのキャンプクッカーでおすすめなのが、ユニフレームのごはんキャンプクッカープラスになります。フライパンと鍋、炊飯器が1セットになっている便利キャンプグッズになります。炊飯用のキャンプクッカーには、水の目盛もついているので失敗しやすい炊飯も失敗なしで行うことができます。コッヘル型になっているので手袋や濡れ布巾などがあると調理のときにとても便利なのでキャンプの持ち物のなかに入れておきましょう。
 

ユニフレーム UNIFLAME 調理器具 飯ごう ごはんクッカープラス 667613 od
楽天で詳細を見る

ソロキャンプ初心者おすすめ寝具①

キャンプで快適に寝るために

快適にソロキャンプで就寝するためには、寝具である寝袋を選ばなければなりません。キャンプで寝袋を冬に使う場合には快適温度の選択が重要になってきます。快適温度とはキャンプで寝袋で快適に過ごすことのできる温度になりますが、意外と寝袋によって上下します。簡単に夏用のものは冬には使えないといったところです。選び方としては、キャンプ地の最低気温を調べてそれにマイナス5°した値でも快適に使用できる寝袋を選ぶようにすると、安心してキャンプを行うことができます。

コンパクトに荷物にならないマミー型がキャンプにはおすすめ

おすすめの寝袋は、ソロキャンプでならばキャンプの持ち物に邪魔にならないマミー型という寝袋がおすすめになります。マミー型は、よくキャンプで思い浮かべる体にフィットする寝袋のことをいいます。このマミー型ならば小さくコンパクトに収納できるのでキャンプの持ち物を圧迫することなくソロキャンプを行うことができます。キャンプ準備の段階でキャンプ地の最低気温を調べて適温範囲のマミー型を選ぶのが初めてのソロキャンプの準備には必要です。

ソロキャンプ初心者おすすめ寝具②

キャンプを行う季節によって変える

ソロキャンプは、大きなキャンプスペースを必要としないので持ち物は最低限に済ませてしまいたい物です。そんなときに、便利なのがコットと呼ばれるキャンプ設置型のハンモックのようなキャンプ道具です。地面から空間ができるできるので、底冷えの心配がなくテントの中にこれを設置するだけで快適に過ごすことができます。これを用意しておくだけで銀マットや敷物などのかさばるキャンプ装備を省略することができます。

キャンプで組立3秒のコールマンのコット

おすすめなのがコールマンのキャンプコットになります。このキャンプコットは設置が3秒とすごく設置が早く済むのがおすすめポイントです。また、ゆるやかな椅子にして日中は使用して、夜になったらテントの中に入れてその上に寝袋を置けば簡易キャンプベットの完成です。少しシンプルなキャンプ空間になりますが、初めてのソロキャンプとしては最低限を楽しむというキャンプコンセプトにちょうどいいキャンプ装備になります。

【送料無料】コールマン コンバータ COLEMAN コット ラウンジャー 折りたたみベッド 193×63.5cm 耐荷重102kg コンバーター チェア【140サイズ】【離島・東北・北海道別途送料】
楽天で詳細を見る

ソロキャンプ初心者おすすめ緊急装備①

キャンプで怪我のことも考える

キャンプで緊急時のキャンプアイテムはどうしてもソロキャンプでは必要になります。ソロキャンプは、1人で森や山など人気の少ない場所に行くこともあります。もちろん、初めてのソロキャンプならシーズン中の人気の多い場所を選定するのが基本です。しかし、どうしても静かな状況になってしまうこともソロキャンプにはあります。そんなときに怪我をしてしまった場合に怪我を軽く応急処置ができるかどうかで生死を分けることもあるので、しっかりと緊急時のキャンプ応急処置グッズは用意しておきましょう。

キャンプ救急グッズは一式簡単に揃えられる

キャンプ緊急グッズはどうやって用意するのか悩むところですが、しっかりと一式セットになっているものが通販で販売されているのでそれを買っておくのがいいでしょう。といっても、中に入っているキャンプ緊急グッズはバンドエイドや包帯などなので、消毒液や簡単な解熱剤程度は自分で追加して初めてのソロキャンプに持っていきましょう。いきなりキャンプで、自然の中で過ごすと体調を崩したり予期せぬ怪我を負うこともあるのでしっかりと準備しましょう。

【送料無料/楽天海外直送】救急セット 救急キット ファーストエイドキット 携帯用救急箱 非常用持ち出し メディカルポーチ 緊急応急 外傷用 アウトドア  応急処置 医療ポーチ 軽量 防水 救急医療バッグ 応急処置 防災グッズ 応急手当用品23種類セット
楽天で詳細を見る

ソロキャンプ初心者おすすめ緊急装備②

ソロキャンプで連絡は常に取れるように

ソロキャンプを行うにあたって重要なのが連絡をいつでも取れるようにしておくことです。基本としては、信用できる人にいつ・どこにいくのか、何日に戻るのかをしっかりと伝えておきましょう。最近では、スマホに頼って地図などを持たずに行く方も増えているので初めてのソロキャンプでは電波状況をしっかりと把握してからキャンプ地を設定するようにしましょう。間違ってもスマホの充電が切れて何もできないなんていう状況にならないようにキャンプの準備をしましょう。

キャンプで予備バッテリーは基本

キャンプの準備しておくものは予備バッテリーになります。連絡機器は決して充電がきれないようにしましょう。予備バッテリーだけではなく、USB端子で充電が行えるキャンプランタンなども販売されているので、おしゃれなキャンプガスランタンばかりに目を向けるのではなく、様々な観点から多角的に目的を決めてキャンプグッズを選別するようにしましょう。

ソロキャンプ初心者おすすめ便利キャンプ装備①

キャンプで虫対策も意外と大切

初めてのソロキャンプで意外と活躍する機会が多いのが虫対策のアイテムです。冬場などはあまり気にはなりませんが、夏場では夜中に光源を付けているとどうしても虫が湧いてきます。折角作った料理に虫がついているとせっかくのソロキャンプも台無しです。そのため、虫対策の蚊取り線香や無香料の虫除けグッズなどを持っていくととても便利に感じるので、装備と持ち物に余裕があるときにはしっかりと持っていきましょう。

ソロキャンプ初心者おすすめ便利キャンプ装備②

修復のための一式

ちょっとしたトラブルは、ソロキャンプにはつきものです。テントやグッズの骨が折れてしまって困るなんてこともしばしばです。そんなときに修復のためのガムテープや割り箸などを用意しておくと、その場しのぎの修復ができるのでおすすめです。こういった、トラブルを余裕で回避することができるようになればソロキャンパーとしてだいぶレベルが上がってきた証拠になります。

ソロキャンプ初心者の必需品:まとめ

いかがでしょうか?今回は初めてのソロキャンプでの必需品をご紹介してきました。初めてのソロキャンプはなかなかハードルが高く、何を準備すればいいのかわかりません。しかし、意外と自分で用意していくと必要最低限なものを見えてきます。今回ご紹介した商品や必要な目的などを参考に自分なりのソロキャンプの必需品を選んで見てください。

ソロキャンプ情報が気になる方はコチラもチェック!

ソロキャンプは下準備や下調べをしっかりとしなければなりません。慣れてきても危険な季節はありますので、油断はしないようにしましょう。そんななかで、ソロキャンプに便利なグッズや情報はこまめに更新されるので、しっかりとチェックしておきましょう。

Thumb【2019】ソロキャンプ用クッカーおすすめ12選比較!ソロセットの選び方とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
ソロキャンプをする時の必須アイテムである一人用のクッカーセットのおすすめを紹介します。更に、...
Thumb【2019】人気ソロキャンプ用テントおすすめ14選を比較紹介!選ぶコツとは? | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプは従来の大人数でするスタイルが主流でしたが現在は大人数のキャンプだけでではなく、1人...
Thumb【2019】ソロキャンプ初心者におすすめの道具12選!これから始めるならこれ! | 暮らし~の[クラシーノ]
ソロキャンプの始め方は通常のキャンプとあまり大きな違いがありません。ソロ用の道具とキャンプに...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ