【2019】人気ソロキャンプ用テントおすすめ14選を比較紹介!選ぶコツとは?のイメージ

【2019】人気ソロキャンプ用テントおすすめ14選を比較紹介!選ぶコツとは?

キャンプは従来の大人数でするスタイルが主流でしたが現在は大人数のキャンプだけでではなく、1人で行うソロキャンプも人気がありソロキャンプでも使えるテントも充実してきました。いろいろなテントがある中で、ソロキャンプで使いやすいテントを14種類紹介します。

2019年08月07日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ソロキャンプとは
  2. ソロキャンプ用のテントの簡単な選び方とは
  3. ソロキャンプにおすすめのテント1
  4. ソロキャンプにおすすめのテント2
  5. ソロキャンプにおすすめのテント3
  6. ソロキャンプにおすすめのテント4
  7. ソロキャンプにおすすめのテント5
  8. ソロキャンプにおすすめのテント6
  9. ソロキャンプにおすすめのテント7
  10. ソロキャンプにおすすめのテント8
  11. ソロキャンプにおすすめのテント9
  12. ソロキャンプにおすすめのテント10
  13. ソロキャンプにおすすめのテント11
  14. ソロキャンプにおすすめのテント12
  15. ソロキャンプにおすすめのテント13
  16. ソロキャンプにおすすめのテント14
  17. ソロキャンプのテントのまとめ

ソロキャンプとは

近年人気の1人(ソロ)を楽しむキャンプ

グループや家族で行うキャンプと比較すると1人なので、友人などの同行者と予定を合わせなくていいので暇な時間ができたその日にキャンプに行ったり、普段は利用しないような新しいキャンプ場に行ってみたりと自由にキャンプを楽しめるところが人気です。自分ひとりで安全な場所を確保して、どんな気象条件でもしっかり対応できる知識やスキルなどの経験があれば、寒さが強くなる真冬を含めて4シーズンでも1人でキャンプできます。

広いテントで楽しむ

本来なら3人で使うような大きなテントをソロ用として1人で使って広いサイズで贅沢に過ごすやり方があります。ソロキャンプだからといって必ず小さなテントを使う必要はなく、お気に入りのテントを使いましょう。こんな贅沢な使い方ができるところもソロキャンプの魅力です。またタープもソロ向けの小さいものではなく大きいサイズのタープを使ったり、タープをつかわなかったりと自由に楽しめます。

小さなテントで楽しむ

上記とは真逆のコンパクトで軽量にまとめるやり方もソロキャンプにはあります。ソロ用の1人用の小さなテント、最低限の装備でコンパクトにまとめてするキャンプでベテランキャンパーに多い傾向があります。ソロキャンプはビギナーには難しそうに思えるかもしれませんがソロキャンプから始める方が増えているぐらい人気があり、ソロキャンプでもしっかりした装備を選んでおくと簡単です。

ソロキャンプ用のテントの簡単な選び方とは

選び方1:自分に合うか

前述したようにソロキャンプは自由で、好きなように楽しめるキャンプです。そのためソロ用のテントの選び方で大切になるのが、自分がしたいソロキャンプに合うテントかどうかということです。例えば自転車やバイクでのソロキャンプがメインとなるなら重たいソロ用のテントは避けたほうがいいでしょう。逆にゆったりとしたサイズを使いたい場合は大きくて広いテントがおすすめです。

選び方2:いつ行くのか

いつソロキャンプに行くのかでテントに必要な機能、スペックが変わってきます。例えば晴れている日だけや雨があまりふらない時期にのみキャンプに行くなら高い耐水性を備えている必要はありません。逆に雨が降りやすい場所、天候が不安定な時期だと高い耐水性があったほうがいいでしょう。また寒い時期でもソロキャンプをしたいのであれば4シーズンに対応したスカート付きのテントがないと快適に過ごしにくいです。

選び方3:使いやすさ

テントの設営方法は豊富で、ワンタッチで設営できるものから空気を入れて設営できるものなどいろいろなタイプがあります。ソロ用の小さなワンポールテントも人気があり、ソロキャンプでは1人で設営できないといけないのでソロキャンプ用のテントの選び方として使いやすさも重要なポイントです。

選び方4:価格・ブランド

お気に入りのキャンプ用品のブランドがればそのブランドを選ぶという選び方もおすすめです。近年キャンプブームを受けて従来からキャンプ用品を販売しているブランドだけではなく、10年ほど前に参入してきたキャンプ用品ブランド、小規模のガレージブランドなどいろいろメーカーがキャンプ用品を発売しています。ブランドによって価格設定も大きく違うのでキャンプ用品は無理せず希望に合ったものを選びましょう。

選び方5:価格帯に紹介

この生地では1万2000円までを目安を低価格として紹介します。最近のテントは低価格でも人気がのテントが多いです。2万円ほどのテントを標準の価格帯とし、3万円を超えてくるものを高価格帯として紹介します。テントは高額になりやすいので自分のソロキャンプのやり方に合っているか見て選んでくださいね。

ソロキャンプにおすすめのテント1

低価格帯のソロキャンプ用テント1

GEERTOP(ギアトップ) フォーシーズン テント 2人用
楽天で詳細を見る

楽天、アマゾンなどの通販サイトで販売されているテントで価格が安く評価が高いのが特徴の4シーズンに対応したテントです。アメリカでデザインされ生産は中国となっています。他社と比較すると日本ではまだ有名なブランドではありませんが、スカート付きで低価格帯という珍しさや、ベンチレーションやメッシュポケットなどがしっかりしていて耐水圧も3000mmと高く使いやすいテントを探している方におすすめです。

ソロキャンプでは高さ・広さに余裕あり

2人用のテントなのでソロキャンプで使うと広さに余裕ができます。フレームをクロスさせて使うので中心部分が一番高くなり、高さは115cmになるので少し余裕ができランタンを吊り下げたり、付属のメッシュポケットを使って荷物を置いたりと高さを有効活用できるようになっています。安いですが構造もしっかりしていて前後2箇所に出入り口がありそれぞれ前室があるのでソロキャンプでは荷物を整理しやすくおすすめです。

ソロキャンプにおすすめのテント2

低価格帯のソロキャンプ用テント2

【Bears Rock】ハヤブサテント 2人用
楽天で詳細を見る

ベアーズロックは日本のブランドで低価格ながら暖かい寝袋が人気のメーカーです。テントも同じように低価格ですが、日本の気候でもしっかり対応できる2000mmの耐水圧、軽量なアルミフレームを使用しています。収納サイズも45×20cmでペグやハンマーが入るゆとりがあり車を使ったキャンプ以外でもソロキャンプが楽しめます。総重量も2.6kgと軽量になっていますが上部がメッシュのため4シーズンは使えないので注意しましょう。

ソロキャンプでも選べる広さと風を受け流す高さ

ソロキャンプなので2人用で充分という方もいれば、もう少し広いサイズのテントを使いたいという方も多いでしょう。低価格のまま4人用、5人用もあるので好きなサイズを選べます。2人用でも120cmも高さがありますが風を受け流すようになっているので安心できます。他のブランドと比較するとまだまだ知名度はありませんが、非常に丁寧で分かりやすい説明書が付属していたり、使いやすかったりとソロキャンプビギナーにもおすすめです。

ソロキャンプにおすすめのテント3

低価格帯のソロキャンプ用テント3

FIELDOOR フィールドキャンプドーム200
楽天で詳細を見る

ソロキャンプで使うには少し大きなサイズですが、他のブランドと比較しても遜色がなく評判がいいテントです。発売しているフィールドア自体もいろいろなキャンプ用品を作っているブランドで徐々に知名度が上がってきています。荷物置き場となるゆとりを考えて2人を紹介しましたが、ソロキャンプだからもっと小さいサイズで軽量なものがいい方は1人用のものもあるので自分に合った選び方でテントを選んでくださいね。

使いやすくソロキャンプは贅沢な広さ

フレームを交差させるだけで簡単に使えるタイプでソロキャンプ初心者でも大丈夫です。また2×2mの広さ、125cmもの高さに加え、耐水圧は2000mm以上とソロキャンプに慣れている人が使っても満足できる仕様です。フレームは有名ブランドと比較しても遜色がない超々ジュラルミンを採用していますが、スカートがないため4シーズンには対応できません。約3kgとやや軽量で使いやすくフライシートだけ買えるので人気です。

ソロキャンプにおすすめのテント4

低価格帯のソロキャンプ用テント4

BUNDOK ソロドーム 1 BDK-08
楽天で詳細を見る

インナーがメッシュのため4シーズン使うことはできませんが、暖かい時期にだけソロキャンプを楽しみたいという方に非常に人気があるテントです。安いですが、アルミフレームを二回交差させる魚座型のため軽量なうえ強度があります。ソロキャンプ用の1人用のテントなのでサイズは200×90cm、高さ100cmと他のテントと比較すると小型です。広さと高さがあまりないので、ソロ用のサイズでもいいという方におすすめです。

人気がある軽量なソロキャンプ向けのテント

気になる性能もソロキャンプで使うには十分で耐水圧3000mm、ベンチレーション、ランタンフックに荷物置き場となるギアハンモック、小さな前室と必要なものは揃っています。魚座型ですが、女性1人でも簡単と言われていて非常に軽量で1.9kgしかありません。収納サイズも小さくバイクでのソロキャンプ、自転車でのソロキャンプにもおすすめできます。通販サイトでも評価がいいので安心して使えます。

ソロキャンプにおすすめのテント5

低価格帯のソロキャンプ用テント5

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リベロ ツーリングテント 2人用
楽天で詳細を見る

キャンプが好きな方から支持を受けているキャプテンスタッグは、コスパのいいギアでも有名です。選び方にブランドで選ぶというものがありましたが、妥協や後悔しないためにも好きなブランドで選ぶというのは大切です。このテントはバイクを使ったソロキャンプをする方に定評がありコスパがよくソロキャンプをしたいという方におすすめですが、他の有名ブランドと比較すると雨風が激しい日は注意が必要です。

晴れた日のキャンプ・ツーリングキャンプ向け

キャンプツーリングで使うテントは高価なものが多いためコスパがいいと言うことで人気です。フレームをクロスさせるだけで誰でも簡単に使え、2人用なのでソロキャンプでは十分な広さです。重さも3.1kgとやや軽量です。雨が降りそうな日のソロキャンプで使うのであればあらかじめ防水スプレーを使っておいたほうがいいでしょう。防水加工にはなっていますが詳しい耐水圧の明記がないため雨のキャンプ使えるか分かりません。

ソロキャンプにおすすめのテント6

標準価格帯のソロキャンプ用テント1

BUNDOK ソロティピー 1人用
楽天で詳細を見る

ソロキャンプ、キャンプ初心者におすすめのテントがバンドックのワンポールテントです。通販サイトでも高く評価されていて、価格帯の割に耐水圧が3000mmだったり、重さが2.2kgとかるかったりと性能面でも遜色がりません。インナーがハーフサイズなので前室もありソロキャンプで使うには十分なスペースを確保できます。ただし小型のソロキャンプ用のテントのため高さが135cmしかないので背が高い人は狭く感じやすいです。

キャンプ初心者でも使いやすい

ソロキャンプ初心者でもワンポールテントは使いやすいというところが一番のメリットです。ソロキャンプ初心者が苦労するテントの組み立てを一本のフレームで突き上げるようにして組み立てる方式にすることで誰でも簡単にできるようになりました。気軽に使えることからこのテントで冬キャンプもしている方がいますが、インナーはメッシュになっていて4シーズン対応ではないのでソロキャンプ初心者の方は注意しましょう。

ソロキャンプにおすすめのテント7

標準価格帯のソロキャンプ用テント2

コールマン ツーリングドーム ST
楽天で詳細を見る

ソロキャンプからキャンプツーリングまでいろいろなキャンプで人気のテントです。コールマンと言えば知らない人がいないぐらいキャンプ業界では知名度のあるブランドの1つでビギナーがキャンプ用品で迷った時はとりあえずコールマンのキャンプ用品を買えば大丈夫と言われるぐらいです。ツーリングドームSTは広さが210×120cmでソロキャンプをする時にちょうどいいソロから2人用のテントで前室も広めで使いやすいです。

いろいろなキャンプが楽しめる

オートキャンプでも使えますがツーリングテントということでキャンプツーリングもしやすいと言われています。他社の有名ブランドと比較するとコスパもいいので初めてのソロキャンプにもおすすめできます。性能面でも申し分なく雨のキャンプでも問題なくできる1500mmの耐水圧、二箇所の出入り口、インナーがメッシュではなく普通の生地なので冬を除いていつでもキャンプできます。

ソロキャンプにおすすめのテント8

標準価格帯のソロキャンプ用テント3

Naturehike Hiby3 2-3人用テント
楽天で詳細を見る

9年ほど前にできた中国のキャンプ用品のブランドで、軽量かつコスパのいい製品が人気です。Hiby3は大型のテントでソロキャンプで使うには十分な広さがある2~3人用のテントです。ソロキャンプだとタープを張るのが面倒という方も多いですが、Hiby3は前室が広くソロキャンプでわざわざタープを張らなくても過ごせるようになっていて、いろいろなキャンプで使えるテントです。

軽量でキャンプツーリングも雨のキャンプも可能

前室の広さ(奥行き)は110cmほどになりますが、軽量なシルナイロンを使っているため重さは約2.5kg程度でキャンプツーリングも可能です。独特の形状をしていることからソロキャンプでは慣れが必要ですが、ソロキャンプでも1人で設営できるので大丈夫です。耐水圧は3000mmと言われていますがナイロンを使用しているので濡れた後直射日光で乾かすと縮かむ可能性があるので雨のキャンプでは注意しましょう。

ソロキャンプにおすすめのテント9

標準価格帯のソロキャンプ用テント4

アルミツーリングドーム2UV (キャリーバッグ付)
楽天で詳細を見る

コスパのいいキャンプ用品が揃うキャプテンスタッグの最高峰のキャンプ用品ブランド「エクスギア」シリーズのソロキャンプでも便利な2人用のテントです。より軽量にしたい方はソロ用のモデルもあります。最高峰のキャンプ用品ということでエクスギアシリーズのテントは2000mmの耐水圧、丈夫なジュラルミンフレームを採用しキャンプ初心者にもおすすめできます。従来の製品と比較してもコスパの良さはそのままなので人気があります。

キャンプツーリングには不向き

コスパもよく雨の日のキャンプでも使えますが、キャンプツーリングで使うには少し重たいため不向きです。オートキャンプなら問題ない重さの3.8kgでキャリーバッグも付属します。広さはソロキャンプに使うにはゆとりがある210×130cm、高さは125cmです。自分のキャンプにあっているかという選び方が必要になりますが、重さを気にしなくてもいいキャンプにおすすめです。

ソロキャンプにおすすめのテント10

標準価格帯のソロキャンプ用テント5

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) テンゲル スタンダード
楽天で詳細を見る

キャンプツーリング、ソロキャンプといろいろなキャンプで使えるテントです。一般的なキャンプツーリング用のテントと比べると細かい違いがあり、高さが140cmと高く、室内にロープを張り小物を吊ったり、小物入れを使ったりと収納が充実しています。前室も広いのでタープを使わなくても雨の日のソロキャンプを楽しく過ごせるテントですが、4シーズン向けではないです。しかしキャンプ上級者は冬キャンプもしています。

キャンプの種類問わず使いやすい

重さは4kgと少し重たいですがいろいろなキャンプで楽しめます。例えばソロキャンプ、キャンプツーリングの他にオートキャンプでも前室が広く使いやすいです。雨のキャンプでも1500mmもの耐水圧、前室に椅子を置いて使える140cmもの高さとユーザーのキャンプスタイル問わず使えます。ソロキャンプ、キャンプツーリング用として非常に人気があり売り切れになることもあるので細かくチェックしてくださいね。

ソロキャンプにおすすめのテント11

高価格帯のソロキャンプ用テント1

スノーピーク テント 小型テント アメニティドームS
楽天で詳細を見る

国内屈指の人気キャンプ用品のブランドスノーピークの定番のテントです。エントリー向けモデルですが居住性がよく他社と比較すると高スペックで選び方がわからない場合とりあえずスノーピークのキャンプ用品にしておくと失敗が少ないと言われているぐらいです。非常に広い前室が人気でソロキャンプ、雨のキャンプでもタープなしでも使え通気性もよくキャンプに慣れている方なら4シーズン使えるテントです。

初心者がキャンプしやすい高スペック

キャンプ初心者が安心してキャンプできるように、価格帯以上の高いスペックというのがポイントです。サイズも複数ありソロキャンプだけではなくファミリーキャンプもでき、1800mmもの耐水圧、永久保証となっています。全国に直営のキャンプ用品店があるので実物を見て買いやすいところもキャンプ初心者に優しくおすすめです。スノーピークのキャンプ用品でわからないことがあったら直営店のスタッフに気軽に質問できます。

ソロキャンプにおすすめのテント12

高価格帯のソロキャンプ用テント2

mont-bell モンベル クロノスキャビン 2型 (1-2人)
楽天で詳細を見る

キャンプ用品の老舗モンベルが最近発売したソロキャンプやキャンプツーリングに向く新しいタイプのテントです。価格が高くなるのでキャンプ用品の選び方で紹介したように自分に合った価格帯か考えて選びましょう。クロノスキャビンの特徴は大きな前室にありソロキャンプではタープを使わず前室で過ごすことも可能です。さらにゆとりのある大きなサイズもあるのでいろいろなキャンプスタイルに適応できます。

ソロキャンプと雨のキャンプで活躍する前室

ソロキャンプや雨のキャンプでは付属のひさし用のポールを使うとタープを使わなくても過ごせる奥行きと広さ、高さのあるリビングが作れます。一番小さい2型でも165cmものリビングになるのでソロキャンプではくつろぐ場所として活躍します。1つ大きい3型だと奥行きが195cmもあり、ゆうったりと贅沢なソロキャンプをたのしめますよ。2型は4kgと重たいですが収納サイズが小さく自転車キャンプ、キャンプツーリングにも向きます。

ソロキャンプにおすすめのテント13

高価格帯のソロキャンプ用テント3

ロゴス LOGOS エアマジックドーム
楽天で詳細を見る

ソロキャンプ、キャンプ初心者におすすめの設営が簡単なテントです。新しい種類のテントで一般的なテントと比較するとフレームはなく、空気を入れるだけなので非常に簡単かつスピーディーに自立します。広さはソロキャンプで使うには広いですが、自立までが簡単ということで選びました。ソロキャンプ用のテントの選び方を紹介した時にソロキャンプは1人で設営できないとキャンプができないのでよく選びましょう。

ソロキャンプむく設営が簡単なテント

2~3人向けのテントのためソロキャンプで使うとかなり広く、軽量ではなくオートキャンプに向くテントです。キャンプツーリングでは使えませんが、専用の空気を使えば1人で2分程度の時間で3人用のテントが簡単に設営できるためソロキャンプでは特におすすめです。ファミリーキャンプ用の大きなモデルもあるので自身のキャンプスタイルに合わせて選んでくださいね。

ソロキャンプにおすすめのテント14

高価格帯のソロキャンプ用テント4

スノーピーク snow peak ランドブリーズ2
楽天で詳細を見る

4シーズン使えソロキャンプからファミリーキャンプで使える万能なテントです。キャンプツーリングでは使えませんが、オートキャンプなら使いやすく強度も入門向けのモデルより上がっています。特徴的なのは冬キャンプもできるようにスカートがついていて寒さに強く、暑い夏のキャンプでは背面にもメッシュパネルがあるので快適なキャンプができます。コストを考えなければソロキャンプでも使えるテントとして最強でしょう。

寒い日のキャンプも暑い日のキャンプでも使える

ソロキャンプにはちょうどいい広さですが、ゆとりのある大きなサイズもありソロキャンプからファミリーまで使えます。前述したように4シーズン使えるテントで暑い夏のキャンプ、寒い冬のキャンプでも使えるのでキャンプ初心者だけではなく冬でもソロキャンプをしたくなる上級者にもおすすめです。ソロキャンプ用に2人用のランドプリーズを紹介しましたが、ソロキャンプ用のテントにちょうどいいという評価が多いです。

ソロキャンプのテントのまとめ

ソロキャンプ用テントも豊富

出典: https://www.amazon.co.jp

ソロキャンプというスタイルがキャンプの楽しみ方として認知されいろいろなソロキャンプ向けのテントが発売されています。ソロキャンプということで設営が1人でもしやすいものを選んでみました。4シーズンに対応するソロキャンプ向けテントは少なめですが探せばソロキャンプで使いやすいものもあるのでおすすめです。しっかりと道具を揃えてソロキャンプを楽しんでくださいね。

ソロキャンプが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはソロキャンプに関する記事がたくさんあります。これからソロキャンプをしてみたいという方は良かったらチェックしてくださいね。

Thumbソロキャンプツーリングで便利な調味料6選!簡単にできるレシピアイデアも! | 暮らし~の[クラシーノ]
ソロキャンプツーリングでの料理で使いやすい調味料を紹介します。簡単に料理できるレシピを調味料...
Thumb初めてのソロキャンプ入門!最低限必要な道具一式と便利アイテムをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
のんびりと自然を堪能できることから、ソロキャンプに興味がある人は増えてきています。ですが、一...
Thumb初めてのソロキャンプ入門!初心者でも失敗しないキャンプ場での過ごし方とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
初めてのソロキャンプにチャレンジしようとするあなた!自由で甘美な世界にようこそ!初めての1泊...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ