【2019】秋キャンプで用意すべき持ち物リスト&最新便利アイテム7選!のイメージ

【2019】秋キャンプで用意すべき持ち物リスト&最新便利アイテム7選!

秋のキャンプで用意すべき持ち物リストをご紹介します。主要なアイテムから寒さ対策に役立つアイテムなどを含めてご紹介しますので参考にしてみてください。また秋キャンプに役立つ最新の便利アイテムも紹介しますので、お気に入りの製品を見つけてみてください。

2019年08月02日更新

hanashin
hanashin
これからアウトドアを本格的に始める方やアウトドア上級者にも分かりやすい記事をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 秋キャンプで必要な持ち物を確認しよう
  2. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト①
  3. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト②
  4. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト③
  5. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト④
  6. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑤
  7. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑥
  8. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑦
  9. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑧
  10. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑨
  11. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑩
  12. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑪
  13. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑫
  14. 秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑬
  15. 秋キャンプで役立つ最新便利アイテム7選
  16. まとめ:リストチェックして秋キャンプに行こう!

秋キャンプで必要な持ち物を確認しよう

秋は一年間の中でも気温が高すぎず、低すぎる事もない過ごしやすい季節で、キャンプをするのにも適しています。周辺が紅葉に覆われるキャンプサイトもあり、美しい風景の中でキャンプが出来るメリットもあります。秋頃にするキャンプは、その他の季節にするキャンプでは使わないアイテムも必要となりますので、今回ご紹介する秋キャンプをする場合に用意すべき持ち物リストを確認しつつ、まだ持っていないアイテムがありましたら購入して秋キャンプで活用してみてください。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト①

秋キャンプの持ち物 / 寝袋・コット&マット・枕などの寝具

寝袋・コット・マット・ピローなどの寝具類は、秋キャンプだけに限らず、春、夏、冬の時期に宿泊するキャンプをするのであれば必要な持ち物として考えなければなりません。寝袋は主に長方形の封筒型シュラフ、ミノムシのような形のマミー型のシュラフに主に分類されます。

秋は日中は過ごしやすい気温ですが、夜になると時期によっては10度を下回る事もしばしばありますので、どちらのシュラフを選ぶにせよ、防寒性の高いシュラフを選んでおくのがベストです。またコットやマットなどの寝具も、あるだけで地面から伝わる冷気を軽減してくれたり、凹凸感による背中の痛みを軽減してくれます。ピロー(枕)もアウトドアで快適に眠る上で欠かせない必需品なので、準備を怠らないようにしましょう。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト②

秋キャンプの持ち物 / テント&タープ

秋キャンプだけに限らず、キャンプ自体が未経験という方でまず最初の道具選びでやることといえば、キャンプサイトで宿泊したり、日除けや雨避けの為の必需品となるテントやタープのアイテムを確保する事です。テントといえども、一人用のソロキャンプに適したテントから、家族で過ごすのに適した4人〜5人仕様の前室と寝室が分かれた2ルームテントなどがありますので、人数に合っているテントかもしっかりと注意して決めるようにしましょう。

またテント以外にも秋頃のキャンプでは、サイト内での居心地を格段に向上させてくれるタープも必需品アイテムの一つに含まれます。強い日差しを遮ったり、急な雨を遮ったりとあるだけで快適に過ごせる魅力がある秋キャンプに必要なアイテムなので、忘れないように注意しましょう。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト③

秋キャンプの持ち物 / 焚き火台

秋頃にするキャンプにて焚き火台があるだけで、寒い夜の時間帯に暖をとって温まる事が出来る魅力があります。また暖をとっている最中に、ゆらゆらと炎を眺めているだけでもリラックス効果を得られる魅力もある為、焚き火台は秋キャンプを快適に過ごす上で必要なアイテムの一つにも挙げられる事が多いです。コールマンやロゴスやスノーピークなど有名なブランドから使いやすくて人気の焚き火台が色々と販売されているので、比較してみてください。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト④

秋キャンプの持ち物 / テーブル

キャンプで必ずやることの1つにお食事があります。そんなお食事をする為のテーブルは、秋キャンプだけに限らず、どんな季節のキャンプでも必ず所持しておくべき必需品なので、忘れないように注意しましょう。キャンプテーブルは、折りたたみ式でコンパクトになって簡単に携行出来る製品や、脚部の高さを2段階調整出来て、ハイスタイルからロースタイルに変えて使える製品など、色々な種類が人気ブランドに揃っていますので、サイズや機能やデザインなどを注意深く比較して検討してみてください。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑤

秋キャンプの持ち物 / ハイチェア・ローチェア

ハイチェア・ローチェアは、前述でも紹介したキャンプでやることの1つである"食事"シーンで必要なアイテムです。高さがあるハイポジションの椅子の事をハイチェア、目線が低い位置のポジションで座れる椅子の事をローチェアと呼んでいます。家族やお友達みんなでテーブルを囲みながらお食事したり、ちょっとした作業の一休みにコーヒーを飲みながらゆっくりとくつろげる魅力を備えた必要なアイテムなので、秋キャンプの準備段階で忘れないように注意しましょう。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑥

秋キャンプの持ち物 / ランタン

ランタンは、秋キャンプの日中の時間帯は必要な持ち物ではありませんが、徐々に日が暮れていって辺りが暗くなる場合に、屋外でやることがある時や、テント内でやることがある時などに必需品となるアイテムです。ランタンは灯りの事で、キャンプサイトを唯一照らしてくれる照明として活躍してくれます。

テント内でやることがある場合に安全に使えるLEDランタンや、LEDタイプのランタンよりも明るさが高い特徴があり、火を扱うガスやガソリンタイプのランタンなどもありますので、使いやすいランタンを手に入れて秋キャンプで活用してみてください。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑦

秋キャンプの持ち物 / 調理器具(クッカー・ダッチオーブンなど)

秋でのキャンプのみならず、全季節通してするキャンプで必ずやることの1つに、空腹を満たす目的の為のクッキングがあります。クッカーやダッチオーブンは、秋キャンプにてクッキングをする為に必要な欠かせない調理道具です。

クッカーやダッチオーブンがあるだけで、アウトドアで焼き料理やカレーや煮物など、バリエーション豊富な料理を作れます。キャンプをする上での必需品アイテムなので、持っていく事を忘れないように注意してください。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑧

秋キャンプの持ち物 / ペグハンマー

キャンプ時にやることの1つにはテントやタープを張る事も含まれます。ペグハンマーはキャンプで宿泊するテントやタープが飛ばされないようにロープを固定するペグを打ち込む為に必要なアイテムです。また打ち込むだけでなく、ペグを引き抜く為にも使えるので、設営&撤収時共に欠かせない必需品となります。比較的小さなアイテムで忘れがちなので、準備段階でしっかりとリュックに入れたかも注意して確認する事が大切です。またテント設営初心者の方は、誤って手を怪我をしないよう慎重に作業するようにしましょう。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑨

秋キャンプの持ち物 / カトラリー

キャンプでのお食事で必要なアイテムの一つにカトラリーがあります。カトラリーとは箸・スプーン・フォークなど、料理を掴んで食べる為に役立つの製品の事です。お家で普段使用している物を使うのも良いですが、カトラリー製品がひとまとめになったセット商品なども色々と通販サイトでリーズナブルな価格で揃っていますので、秋キャンプを機に長く使っていく事を考慮して購入する事を検討するのもおすすめです。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑩

秋キャンプの持ち物 / 食器セット

食器セットは、キャンプでお食事する場合に必ず持っていかなければならない必需品です。言うまでもなく、料理を盛り付けるのに必要なアイテムなので、持ち物リストの中へと含めておき、秋キャンプへと向かう前の最終チェックでリュックの中にちゃんと入れたかもしっかりと注意して確認する事が大切です。

またキャンプで使える食器セットは、ロゴスやコールマンやキャプテンスタッグなど、有名どころの人気アウトドアブランドにリーズナブルな価格で揃えられています。4人〜5名で使える家族向けの食器セットもありますので、秋キャンプに出かける前に購入を検討してみてください。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑪

秋キャンプの持ち物 / 防寒具(ブランケット・ダウンウェアなど)

秋頃は夜が近づくにつれて徐々に気温も下がっていき冷えを感じやすくなります。そんな場合に備えて身体を温めてくれるブランケットやダウン入りのジャケットを持っていくだけで、秋キャンプの過ごしやすさを向上させる事ができます。ブランケットは、肩から羽織ったり、チェアに座っている最中に膝にかけたりと様々な使い方ができて、ダウン入りのジャケットは、夜の行動時の防寒対策になりますので、忘れないように注意しましょう。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑫

秋キャンプの持ち物 / ケトル

気温が低く寒い秋キャンプでは、温かい飲み物を飲む目的の為に、お湯を沸かすケトルを持っていくのがおすすめです。一般的な調理鍋でもお湯を沸かす事は可能ですが、マグカップにはどうしても注ぎづらいという難点があります。対してケトルであれば注ぎ口がありますので、こぼさず綺麗にお湯を注ぐ事ができる魅力があります。やかんタイプや縦長タイプや寸胴タイプなど、色々な種類のケトルが人気ブランドから販売されていますので、使いやすい製品をチョイスして活用してみてください。

秋キャンプで用意すべき持ち物リスト⑬

秋キャンプの持ち物 / ウォータージャグ

キャンプサイトから水場が遠い事を想定して、秋キャンプに持っていくと役立つ必需品にウォータージャグがあります。あらかじめ中に水を入れておき、キャンプサイトで用意するテーブルの上に設置しておけば、調理時の料理で使う水を確保できたり、お食事後に食器を洗うのに使ったりと、キャンプのお食事時にやることにも役立ちます。イグルーやノースフェイスなどの魅力的なブランドからも機能的なウォータージャグが販売されていますので、秋キャンプに持っていき活用してみてください。

秋キャンプで役立つ最新便利アイテム7選

オレゴニアンキャンパー キャンプバケット

オレゴニアンキャンパー キャンプバケット Oregonian Camper CAMP BUCKET バケツ クラッシャブルバケツ 32L アウトドア キャンプキャンプ 防水 OCB-812 <2019 秋冬>
楽天で詳細を見る

オレゴニアンキャンパーの2019年最新アイテム『キャンプバケット』は、秋キャンプにて使う必需品各種をひとまとめにして持ち運べる他にも様々な使い方が出来る防水仕様のバケツです。

最新便利アイテムのおすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

〜秋キャンプで役立つ最新便利アイテムの詳細〜

【サイズ】奥行き40cm×高さ26cm

【容量】約32L

【カラー】マルチカモ、コヨーテ

道具入れ以外にも、水を張る事によりシンクとして活用したり、水と氷を入れてペットボトル飲料や食材を入れて冷やしたりと様々な使い方が出来る魅力的な最新便利アイテムです。カラーバリエーションはマルチカモとコヨーテの2種類あり、お好きな方から決められます。

チャムス ブービー マルチハードケース

【サマーセール開催中】【送料無料】【2019秋新作】チャムス CHUMS 【キューブLサイズ】 ブービー マルチハードケース CH62-1418 CH621418 アウトドア レジャー ボックス マルチケース ツールボックス バッグ フェス キャンプ【あす楽対応】
楽天で詳細を見る

チャムスの2019年秋新作のブービー・マルチハードケースは、四角いキューブタイプのハードケースで、秋キャンプで必要な必需品各種を入れておけば、しっかりと衝撃から守ってくれる丈夫なケースです。

最新便利アイテムのおすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

〜秋キャンプで役立つ最新便利アイテムの詳細〜

【サイズ】高さ18×横30×奥行き30

【カラー】ブラック、ダイダイ、ライトブルー

【素材】EVA樹脂(エチレン、酢酸ビニル共重合樹脂)

素材に衝撃吸収性と耐久性に優れた軽量なEVA樹脂を採用していて、側面側がクッション性の高い作りとなっているケースなので、カメラや食器類などの必需品も安全に持ち運びする事ができます。10インチサイズのダッチオーブンも入れられる大きさがあって便利です。

一人用 丸洗いできるシュラフ【2019年最新】

送料無料 シュラフ 寝袋 封筒型 1人用 丸洗いできる 連結可能 防水 コンパクト 抗菌仕様 地震 避難緊急用 防災グッズ アウトドア スリーピングバック 耐寒 冬春夏秋用 軽量 車中泊 キャンプ 登山 天体観測用 寝具 オフィス昼寝 夜勤 来客用 ツーリング 布団
楽天で詳細を見る

2019年最新型のこちらのシュラフは、秋の寒い夜の時間帯でも快適に寝られる保温性を備えている封筒型のシュラフになります。

最新便利アイテムのおすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

〜秋キャンプで役立つ最新便利アイテムの詳細〜

【サイズ】使用時/約220×75cm、収納時/約直径22×35cm

【重量】約1350g

【最適温度】0℃~10℃

【最低温度】-5℃

【素材】表面生地:190Tポリエステル、内生地:吸水性PGポリエルテル、中綿:中空化学繊維

足周りにも余裕がありますので、寝返りをうったり、脚を曲げる事も簡単に行えて、一晩中快適に眠りにつく事が出来る封筒型シュラフです。

出典: https://item.rakuten.co.jp

頭を覆う上部周辺にドローコードが備わっていて、温度やフィット感を調整する事もできます。足元&側面にファスナーがついているので、開閉して温度調節する事も可能です。

エーオークーラーズ 36パック キャンバスソフトクーラー

エーオークーラーズ 36パック キャンバスソフトクーラー AO COOLERS 36 Pack Canvas Soft Cooler クーラーボックス クーラーバッグ 保冷 キャンプ アウトドア AO36BK <2019 秋冬>
楽天で詳細を見る

厚手で丈夫なキャンバス生地を素材に使って作られた人気のソフトクーラーバッグになります。バッグ内には350ml缶であれば36缶入れる事ができ、氷であれば約6.3kgも収納する事ができます。

最新便利アイテムのおすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

〜秋キャンプで役立つ最新便利アイテムの詳細〜

【サイズ】約 縦30cm×横53cm×奥行25cm

【重量】1633g

【カラー】ブラック

【素材】キャンバス、ナイロン、ポリエチレン、ポリエステル

外気を遮断する厚み約2cmの断熱材や、高密度なポリエチレンフォームも使われているソフトクーラーなので、暑い季節のキャンプにもおすすめです。

出典: https://item.rakuten.co.jp

フロントに大型ポケットがあるので、キャンプの備品を収納するのに役立ちます。サイドのバックルを外すと、高さのある物を収納可能なトートバッグスタイルに変化するのも魅力です。また持ちやすいハンドルカバーもついています。

ファイヤーサイド ファイヤーブラスター60

ファイヤーサイド ファイヤーブラスター 60 FIRESIDE Fire Blaster 60 火吹き棒 ふいご 火起こし 焚き火 キャンプ アウトドア FB1 <2019 秋冬>
楽天で詳細を見る

ファイヤーサイドの『ファイヤーブラスター60』は、秋キャンプでやることの一つに数えられる焚き火台を使用した防寒対策に役立つ2019年最新の便利アイテムになります。

最新便利アイテムのおすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

〜秋キャンプで役立つ最新便利アイテムの詳細〜

【サイズ】長さ\約60cm

【重量】120g

【素材】アルミ、ブナ材、牛革

火力が弱くなっている炎を蘇らせるのに便利な火吹き棒で、口元や中央部に優しいぬくもり感を感じさせてくれるブナ材を使用しています。狙った位置へとピンポイントで息を吹き込んで風を送ることが出来てとても便利な製品です。

ファイヤーサイド ピザオーブン・カブト

ファイヤーサイド ピザオーブン カブト FIRESIDE KABUTO ピザオーブン オーブン 薪窯 ピザ窯 調理 キャンプ アウトドア 77900 <2019 秋冬>
楽天で詳細を見る

ファイヤーサイドの最新ピザオーブン『カブト』は、設置スペースをとり、重量もある一般的なピザ釜をコンパクトサイズにして重量も軽くしたデザインの可愛いピザ焼き機になります。

最新便利アイテムのおすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

〜秋キャンプで役立つ最新便利アイテムの詳細〜

【サイズ】横44×奥行き74×高さ83.6cm ※ハンドル、煙突含む(直径30cm又は32cm四方までのピザを焼く事が可能。)

【重量】16.5kg (本体装備)

【素材】ステンレス、木、コージェライト

またピザだけでなく、お肉を焼く時に使ったり、野菜のローストを作るのにも役立つ製品です。キャンプサイトで拾い集めた木の小枝や、10cm以内の木っ端を燃料にして使うことが出来る製品で、上部から注がれる直火と下から温めるピザストーンの熱によって、安定した火力が保たれて美味しい焼き上がりになります。

スクラバ ウォッシュバッグ

スクラバ ウォッシュバッグ The Scrubba Washbag 洗濯かご 洗濯物 最小洗濯機 キャンプ アウトドア<2019 秋冬>
楽天で詳細を見る

2019年最新便利アイテム『スクラバ・ウォッシュバッグ』は、秋キャンプをやることになったら持っていくのにおすすめな手動洗濯用の防水サックになります。重量がわずか140gしかない軽量な製品で、持ち運びも苦になりません。

最新便利アイテムのおすすめポイントは?

出典: https://item.rakuten.co.jp

〜秋キャンプで役立つ最新便利アイテムの詳細〜

【カラー】グリーン、ブラック

【素材】ウレタンコートナイロン

数日間宿泊する秋のキャンプで衣服が汚れてしまった場合などの際に、手を濡らすことなく、また中に突起がついていて優しくこすり洗い出来る製品なので、洋服を傷ませることもなく綺麗に洗える便利アイテムです。

まとめ:リストチェックして秋キャンプに行こう!

いかがでしたでしょうか?秋キャンプをやることになったら用意しておくべきおすすめな持ち物から、秋キャンプに役立つ最新の便利アイテムまでをご紹介してきた中で、秋の時期にキャンプを本格的に始めようと計画されている方で、まだ所持していないキャンプ用品がありましたら、秋キャンプに出かける前までに用意しておきましょう。また最新便利アイテムの中で興味惹かれる製品がありましたら、秋のキャンプに持って行き活用してみてください。

キャンプについて気になる方はこちらもチェック!

以下は、初心者の方でも楽しめる秋キャンプの方法や魅力を紹介している記事、秋キャンプをするにあたってチェックしておきたい注意点や快適に過ごす為の方法を紹介している記事、長野県の人気キャンプ場『戸隠キャンプ場』の魅力をご紹介している記事になります。どの記事もキャンプに関する役立つ知識が得られますので参考にしてみてください。

Thumb秋キャンプの魅力を徹底解説!初心者にもおすすめの楽しみ方や過ごし方とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
天高く馬肥ゆる秋や食欲の秋にスポーツの秋などと言われている秋は爽やかな秋晴れと美味しいもの食...
Thumb秋キャンプでの注意点はある?秋キャンの注意点&最新快適テクニックを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
秋のキャンプは夏や冬にはない過ごし方楽しみ方があります。夏場よりもキャンプする人も減って初心...
Thumb戸隠キャンプ場の魅力は?釣りやバーベキューが楽しめるキャンプ場の魅力をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
迫力ある長野の山岳風景のお膝元に、今人気を高めている高原のキャンプの名所があります。近隣に住...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ