秋キャンプの魅力を徹底解説!初心者にもおすすめの楽しみ方や過ごし方とは?

秋キャンプの魅力を徹底解説!初心者にもおすすめの楽しみ方や過ごし方とは?

天高く馬肥ゆる秋や食欲の秋にスポーツの秋などと言われている秋は爽やかな秋晴れと美味しいもの食べられる季節です。スポーツもし安い季節でもあるのでアウトドアやキャンプもしやすい季節になります。そんな秋にする秋キャンプの魅力を紹介します。

記事の目次

  1. 1.初心者がキャンプをしやすい条件とは
  2. 2.秋キャンプが初心者におすすめな理由とは
  3. 3.初心者向け秋のキャンプ場の選び方
  4. 4.秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方1
  5. 5.秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方2
  6. 6.秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方3
  7. 7.秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方4
  8. 8.秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方5
  9. 9.秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方6
  10. 10.秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方7
  11. 11.秋キャンプで注意すること
  12. 12.秋キャンプで特に注意すること
  13. 13.秋のキャンプで便利なおすすめアイテム1
  14. 14.秋のキャンプで便利なおすすめアイテム2
  15. 15.秋のキャンプで便利なおすすめアイテム3
  16. 16.秋キャンプの魅力と過ごし方のまとめ

初心者がキャンプをしやすい条件とは

過ごしやすいキャンプ場が重要

初心者がキャンプをするときに大切になるのは過ごしやすい環境であるということです。簡単にいうとキャンプの知識、アウトドアの知識があまりなくても過ごせるような天候だったり、安定して過ごしやすい気温だったりと季節による影響が特に大きいので、秋以外の季節を簡単に紹介します。季節的な要因以外では使いやすい広いサイトだったり、設備がしっかりしたキャンプ場だと初心者の方でも安心してキャンプができます。

春のキャンプ

Photo byshell_ghostcage

まだ寒さ残る春はキャンプでも人気の季節ですが、虫が少しずつ出てきて大型連休になると虫は多いです。また3月半ばごろには菜種梅雨と言われる雨が多い時期もあります。花粉症の方は大変な季節ですが、花見ができるキャンプ場は人気です。

夏のキャンプ

Photo byBru-nO

アウトドアをするイメージがある夏は熱中症にならないように対策が必要で意外と初心者がキャンプをする季節としては大変な事が多いです。梅雨があるため雨が降ってきたり、暑さと虫との戦いになったり焚き火をするには暑すぎたりしますが、夏はキャンプ場にによりますが花火を楽しめたり、天の川を観測したりと楽しめます。

冬のキャンプ

Photo byHans

朝昼夜といつでも寒くアウトドアやキャンプの知識がある上級者向けの季節です。防寒対策をしっかりし、装備やアイテム整えた人しかできません。初心者が冬キャンプをする場合ベテランキャンパーと一緒にしたほうがいいでしょう。冬キャンプは焚き火を満喫したり、満点の星空を楽しんだりと魅力的な部分がたくさんあります。

秋キャンプが初心者におすすめな理由とは

過ごしやすい天候

Photo by aql

秋は夏の後ということで気温が比較的高く過ごしやすい天候が多いです。また晩秋になるとそれなり冷えてきますが、真冬と比べると過ごしやすく晴れるときは湿度も少く爽やかなを秋晴れになります。日中は炎天下ではなく心地いい日差しになり、夜は適度に冷えることから焚き火も楽しめる適度な気温になるので初心者でもキャンプがしやすい季節です。雨が振りやすい時期もありますが梅雨のように大雨になることは少ないです。

休みがある

出典: https://2.bp.blogspot.com/-WNQ7qBDi5Uw/U9y_1fNVetI/AAAAAAAAjjs/XCJKE71Nnyc/s800/syukujitsu14_syuubun_nohi.png

キャンプをするうえで大切になるのが連休です。春のゴールデンウィーク、夏のお盆、冬の年末と大きな休みは秋以外にはちゃんとあります。しかしお盆と年末は実家に帰ることも多いのでキャンプができる休みとはいい難いでしょう。そうなると消去法でキャンプに行きやすいの春のゴールデンウィークだけです。秋にはゴールデンウィークのような大きな休みはありませんが、連休が短い期間に多いのでキャンプをするチャンスです。

2019年の秋は大型連休はなし

2019年のシルバーウィークは春のゴールデンウィークのような長期の休み(シルバーウィーク)はなく3連休が2回あるだけです。余談ですが秋分の日は日付が時々変わりシルバーウィークが発生したりしなかたりします。

初心者向け秋のキャンプ場の選び方

住んでいる場所と同じ標高のキャンプ場がおすすめ

標高が高くなると気温が下がるので初心者の方はあまり標高が高くないキャンプ場がおすすめになります。夏ならば山のキャンプ場だと涼しくて過ごしやすいと言われていますが、夏に涼しくて過ごしやすいということは秋や春だと寒いということになります。寒いとしっかりした暖房器具を用意しなといけなくなり初心者でもキャンプしやすい場所ではなくなり、キャンプに慣れた人向けになるので標高が高くないキャンプ場を選びましょう。

秋でも使えるレンタル品が置いてあるキャンプ場

初心者の方には道具を用意せずレンタルしてキャンプをする方も多いのではないでしょうか?キャンプ場でレンタルするときは秋に対応したアイテムが揃っているか注意しましょう。わからない場合はキャンプ場に確認してください。時々レンタルしたシュラフが薄くて寒かったなどの口コミを見かけることがあります。

お湯が使えると過ごしやすい

キャンプ場の魅力とも言える設備が充実していてお湯が使えるキャンプ場は初心者向けでおすすめです。単純に暖かいというだけではなく秋の夜はそれなりに冷えるので洗い物が水とお湯では汚れの落ち方が変わってきます。

秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方1

サイト利用料がお得

Photo byBru-nO

全てのキャンプ場で割引があるとは限りませんが、秋になると夏と比べると料金が安くなっていることが多くお得に利用できます。安くなっていない場合でも夏の特別価格と比べると通常価格となり実質的に安く利用できるキャンプ場が多いです。過ごしやすくキャンプをしやすい時期にお得に泊まれるというのが秋キャンプの魅力の1つと言えます。

人も少ない

キャンプをしやすい季節ではあるのですがまたまだ秋キャンプはあまり浸透しておらず、一般的に人が少なめと言われています。区画サイトだと予約しやすかったり現地についたときに、好きな区画サイトみて決められる可能性があるので混んでいるときより便利です。フリーサイトでは人が少ないということでいい場所をを選びやすく、大きなテント、タープが使いやすいのでのびのびと快適にキャンプができる魅力があります。

秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方2

紅葉を楽しむ

Photo by iyoupapa

春の花見キャンプと同様に秋にしかできないキャンプが紅葉を楽しむキャンプです。紅葉とは主にカエデ科の植物の葉が赤色に変わることを示すますが、黄色く変色するものも紅葉と呼ぶことが多いです。桜前線とは逆に北海道の寒い地域から始まり徐々に南下していくので地域によって時期が異なるため遠くのキャンプ場で秋キャンプをするときは事前に葉の色が変わってきているか確認しておいたほうがいいでしょう。

サイト内にもみじがあるとより楽しめる

遠くに紅葉した木があるとの、テントサイトの中や周囲に紅葉した木があるのとでは、全然迫力が違います。秋キャンプをするならサイトの近くにもみじなどのカエデ科の木があるキャンプ場がおすすめです。キャンプ場によっては落ち葉が絨毯(じゅうたん)のように広がってサイトが真っ赤に染まっているような場所もあるぐらいでテントと赤い紅葉の絨毯というフォトジェニックな光景が広がりますよ。

秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方3

秋の味覚を楽しむ

Photo by coniferconifer

秋キャンプでおすすめの楽しみ方、過ごし方は自然を感じるということになります。前述した紅葉も自然を見て触れるという楽しみ方ですが、今度は舌で秋の自然を味合うという楽しみ方を紹介します。秋といえば食べ物美味しい季節で新米、栗、さつまいも、きのこ、ぶどう、りんご、さんまや秋鮭など山の幸から海の幸、果物まで美味しいものがたくさんあるので、旬の食材を使って作るキャンプめしがおすすめです。

キャンプだから地方の旬の食材を楽しめる

Photo by emrank

キャンプ場によっては珍しい旬の食材がある可能性が高いです。見かけたことがない銘柄の米だったり、きのこだったりとその土地ならではの食材を食べてみるなどいろいろな過ごし方ができます。長野県や岐阜県、山梨県などでは蜂の子も秋に旬を迎える食材の1つになります。料理を作るには調理器具を用意しないといけませんが、旬の食材を美味しく食べられるチャンスなので初心者でも簡単な料理ができるようになっておくといいですよ。

秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方4

秋の天体観測を楽しむ

キャンプの楽しみ方で有名な天体観測は、夏は天の川がよく見えるので夏に行っているイメージがあるかもしれませんね。夏の夜は暖かく(暑い)風邪を引くことは少く天体観測をしやすいのですが、星の見やすさでいうとあまり良くありません。秋は多少冷え込んできますが、夏より星空が見やすいのでおすすめの時期です。また夏のイメージがある天の川は秋でもまだ見ることができるので、秋の天体観測もおすすめになります。

秋は月が綺麗

夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したことはドラマやアニメで取り上げられ有名ですよね。そんなロマンチックな月が見えるのが秋です。秋は中秋の名月として一年で一番美しい月が道具を用意しなくても見れます。ただし必ず満月になるとは限らず2019年の中秋の名月は満月ではないと言われています。

キャンプやアウトドアしか天体観測は楽しめない

なぜキャンプ場で天体観測をするかというと、余計な光が少くしっかり星が見えるからです。1等星、2等星ぐらいであれば住宅街でも見えますが、街灯、家の明かりが余分な光となってあまり輝かない5等星などは見えません。

秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方5

秋の夜を楽しむ

キャンプの魅力は夜も楽しめるというものがあります。消灯時間などサイトのルールを守った上で焚き火を楽しんだり雑談を楽しんだり、プロジェクターとスマホで映画を楽しんだり思い思いの過ごし方があります。秋キャンプの場合は焚き火を楽しんでみてください。昼の時間が短くなり夜の時間が少し長くなって、夏のように暑くないことから焚き火を長時間楽しめる季節です。

環境音も楽しめる

秋は虫も少なくなるので虫が苦手な人でもキャンプを楽しみやすくなります。さらに夜は光に虫が集まらなくなるだけではなく、静けさも感じれるようになり環境音を楽しんでリラックスできると言われています。童謡「虫の声」にあるように秋の夜はコオロギ、スズムシやキリギリスなどの鳴き声を聞くことができますよ。都会の喧騒の中では聞けない音なので焚き火をしながらリラックスしてまったりと夜を過ごすのもおすすめです。

秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方6

ハロウィンを楽しむ

10年ほど前はまだまだ日本ではマイナーだったハロウィンもすっかり日本に定着した秋のイベントの1つです。月見やハロウィンといったイベントが多いことも秋の魅力で、近年は期間中ハロウィンの飾りをしたキャンプ場やハロウィン関係のイベントを開くキャンプ場も多いのでハロウィンキャンプが楽しめますよ。特にイベントが開かれていなくてもサイトをハロウィン風にレイアウトして楽しむこともできるので飾りの用意を忘れずにしましょう。

ハロウィンキャンプができる人気サイト・キャンプ場

飾りなどのアイテムの準備もいいですが、キャンプ場自体がハロウィンのイベントを企画している場所もたくさんあります。例えばハロウィンキャンプで有名な「赤城山オートキャンプ場」では仮装コンテストや本場のかぼちゃをくり抜いて作るジャックオーランタン作りを体験できるようになっていたり、他のイベントも盛りだくさんで毎年盛り上がっています。

赤城山オートキャンプ場の基本情報

【名前】赤城山オートキャンプ場
【住所】 〒371-0247 群馬県前橋市三夜沢町425−1
【連絡先】TEL.027-283-8368 FAX.027-283-8268
【アクセス】赤城ICから30分程度
【備考】2019年10月12日〜14日は3連休特別のハロウィンプログラムとなるので2泊3日になります。

赤城山オートキャンプ場|群馬のキャンプ・手ぶらバーベキュー!おいしいキャンプはじめましょう。
群馬のオートキャンプ場&バーベキュー場。ファミリーを中心にこどもや女性でも安心してご利用いただけます。初めてでも気軽に手ぶらでキャンプやバーベキューなどが楽しめます。夏休みやハロウィンなど家族で参加できるイベントも盛りだくさん!直営ブランドの「こめこめ豚」のBBQ(バーベキュー)がおすすめ!おいしいキャンプはじめましょう。

秋キャンプの魅力・過ごし方・楽しみ方7

ファミリーキャンプが楽しめる

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1s-yJgmkHL._SL1500_.jpg

熱中症の心配がなく昼でも比較的過ごしやすく、ハロウィンなどのイベント、焚き火、天体観測と子どもが楽しめるアクティビティが豊富にある秋キャンプはファミリーキャンプを楽しむ絶好の機会になります。秋に入ったばかりだとまだ水温も高く川や海を使ったアクティビティができる場所も多いので楽しみ方は豊富にあります。詳しい注意点は後ほど紹介しますが、秋は防寒対策だけ忘れないようにしましょう。

子どもが楽しむサイトレイアウトを

ファミリーキャンプをするなら過ごしやすいサイトになるようにレイアウトしましょう。秋の夜は夏より冷え込みやすいので、ヘキサタープのようなオープンタープではなくスクリーンタープのようにしっかり風を防ぎ暖かいリビングが確保できるようにして過ごすのが秋キャンプのポイントです。また前述したようにハロウィンの季節でもあるのでサイトを飾り付けして楽しいキャンプを演出すると子どもと一緒に盛り上がります。

秋キャンプで注意すること

動物が餌を求める季節

Photo bymploscar

実りの秋ということで植物の実や種ができる季節ですが、野生動物は厳しい冬に備えて脂肪を蓄える時期です。管理が行き届き人の出入りが多い大きなキャンプ場ならあまり問題はないかもしれませんが、野営場のように無料だったり、より自然を身近に感じられるキャンプ場だと野生動物がすぐ近くまで来ている可能性が高いです。イノシシやクマ、猿などの被害に合わないようにするためにも食器、食材はしっかり片付けましょう。

香りに注意

Photo by Dakiny

秋キャンプのアクティビティとしてトレッキングをする場合も食べ物の匂いをさせないように注意しましょう。食べ物の匂いに誘われた野生動物と出くわす可能性があります。また食べ物だけではなく、整髪料、香水などの甘い香りは、秋でも活発に活動しているスズメバチを惹きつける可能性があるため香りに注意して楽しみましょう。手入れが行き届いていても蜂は意外なところに巣を作るので完全に防ぐのは難しいです。

焚き火は風向きを考える

Photo byStockSnap

秋は穏やかな天気が多いですが、現地の風の情報をネットやアプリを使って把握した上で焚き火をしましょう。焚き火は簡単なようで意外と難しく注意しないと火の粉が舞い上がり服やテント、タープに穴が空いてしまいます。初心者キャンプあるあるの1つとして言われるぐらいよく起きるアクシデントになります。コットン製のポンチョなど耐火性のあるアイテムを用意しておくと安心です。

結露と夜露に注意

昼と夜の温度差で夜露ができ、テント内と外の温度差で結露ができます。拭けばなんら問題がない結露と夜露ですが、注意しないと電子機器が壊れる可能性が高いので、夜露はテントやタープの中に荷物は片付けて、結露は換気をよくして防ぎましょう。サッと拭き取れるアイテムを用意しておくと便利です。

秋キャンプで特に注意すること

防寒着を用意

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71r2rg%2Bp7NL._UL1308_.jpg

秋キャンプで一番注意しないといけないのは防寒着を忘れないことです。昼は暖かいので忘れがちですが夜はそれなりに冷えてくるので重ね着ができるように防寒着を用意しましょう。できれば体温を調整しやすくするためにフリースやウール素材のセーターなどを用意してその上に、ウィンドブレーカーなど風を通さないような厚手のものを着ることで体温調節できます。

暖房器具を用意

注意しないと忘れがちになるのが暖をとるためのアイテムです。電源付きサイトを利用するなら電気ストーブや電気毛布、ホットカーペットなどがあると便利ですが、通常のサイトならカイロ、湯たんぽ、厚手のマットなどとにかく暖かくなるものをよういしておく必要がります。標高が高ければ冬本番のように冷え込むキャンプ場もあるので現地の温度を確認して忘れないように注意しましょう。秋なら小さいもので十分暖かくなります。

テント内でストーブを使うときは特に注意

一酸化炭素 警報器 チェッカー COアラーム

楽天

薪ストーブや石油ストーブなど何かを燃やして暖かくなるストーブはテントやスクリーンタープのような密封された場所で使うのは危険です。事故が起きないように一酸化炭素チェッカーや警報機と呼ばれるアイテムを用意しておきましょう。時々ベテランキャンパーでも亡くなる事故が起きるぐらい一酸化炭素中毒は恐ろしいです。

秋のキャンプで便利なおすすめアイテム1

防寒対策におすすめの湯たんぽ

(ロゴス) LOGOS どこでもソフト湯たんぽ(収納袋付き)

楽天

日本のアウトドアブランドロゴスの湯たんぽです。家庭用の樹脂や金属の湯たんぽと比べると柔らかいので扱いやすく使いやすくなっている便利なアイテムです。通常やけどしないように湯たんぽカバーが必要になりますが、わざわざ用意しなくても使えるアウトドア仕様となっています。

使い捨てカイロを張るだけでも効果あり

桐灰 貼るカイロ レギュラーサイズ 30個×8箱

楽天

秋ぐらいの寒さなら使い捨てのカイロを寝袋などに張っておくだけで十分効果があります。貼らないタイプでもいいですが、寝るときに使うのであれば春タイプがおすすめです。

秋のキャンプで便利なおすすめアイテム2

寒い季節はガス缶を保護

ウィル ビー ガス缶カバー レザーCBガス缶カバー

楽天

もともとはおしゃれにするアイテムですが、ガスは気温が低くなると気化しづらくなるため不安定になりやすいです。直接ガス缶に風が当たらなくすることで秋のように多少冷え込むときでも安定して使えるようになると言われています。アウドドア用のOD缶にもカバーがありますが、細長いカセットボンベよりかは寒さに強いので秋キャンプならなくても大丈夫でしょう。

ステンレスのダッチオーブン

ソト SOTO アウトドア 調理器具 ステンレスダッチオーブン10インチ ST‐910 +収納ケース+リッドリフター3点セット

楽天

秋の料理は温まるものがおすすめです。そこで便利なのがステンレスのダッチオーブンになります。少し高価ですが、鋳鉄のダッチオーブンと比べると錆びにくく初心者でも扱いやすいのでおすすめです。

秋のキャンプで便利なおすすめアイテム3

ライティングにおすすめのキャンドルランタン

UCO ミニランタン グリーン

楽天

秋の夜はやさしい光のキャンドルランタンを飾るライティングがおすすめです。大きなランタンもいいですが、小さな光量のランタンを並べてサイトをレイアウトしても雰囲気が良くなりますよ。ユーコはキャンドルランタンで有名なブランドです。

小さなランプもおすすめ

コールマン ランタン ルミエールランタン

楽天

キャンドルランタンと同じような小さな光源のテーブルランタンでハロウィンの夜におすすめのランタンの一つです。OD缶を使用するので専用のガス缶が必要になりますが、1つあるだけでいい雰囲気を演出できるテーブルランタンです。

秋キャンプの魅力と過ごし方のまとめ

秋は初心者が楽しめる季節

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51LlNENk6LL.jpg

昼は昼でトレッキングやスポーツなどのアクティビティができ夜になると、真夏では暑すぎる焚き火を楽しめるので初心者から上級者までいろいろな過ごし方があります。またキャンプの風景を撮ったり、手間隙かかる料理をしてみたりと楽しみ方も豊富にありますが、寒さ対策だけでは忘れないようにしないと秋キャンプは意外と冷えるので気をつけましょう。

秋キャンプが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のには秋キャンプに関する記事がたくさんあります。良かったらチェックしてくださいね。

福島で秋に行きたい人気のコテージ・貸別荘おすすめ10選!絶景施設はココ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
福島で秋に行きたい人気のコテージ・貸別荘おすすめ10選!絶景施設はココ! | 暮らし~の[クラシーノ]
福島の秋は紅葉に彩られ一年で一番美しい季節を迎えます。そんな福島には山や海など雄大な自然が広がり、そんな自然を思う存分満喫できる、おすすめの人気コテージ・バンガロー・ロッジが数多くあります。今回は秋ならではの福島おすすめ人気コテージをご紹介します。
【2019】三重県の秋に行くべきコテージ泊ができる施設おすすめ12選! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【2019】三重県の秋に行くべきコテージ泊ができる施設おすすめ12選! | 暮らし~の[クラシーノ]
耳にすれば海老と神宮を思い出す三重で、秋のキャンプの実践ならコテージを選んでみませんか。おすすめの快適コテージなら秋キャンプも過ごしやすく、バーベキューや温泉付きも選べるコテージも存在します。三重でとびきりおすすめな、ロッジや貸別荘なども含めてご紹介です。
【2019】秋キャンプの最新寒さ対策グッズ13選!寝具やストーブなども! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【2019】秋キャンプの最新寒さ対策グッズ13選!寝具やストーブなども! | 暮らし~の[クラシーノ]
秋キャンプをする上で考えなければならない寒さ対策にぴったりなグッズを様々紹介します。寒いテント内で寝るときに使える寝具や、屋外で作業する時に活躍するストーブや防寒アイテムを紹介しているので、これから秋キャンプをする予定のある方は寒さ対策に活用してみてください。
揚げ餅
ライター

揚げ餅

簡単なDIYや家庭菜園、キャンプ、燻製など何かを作ること、自然が好きです。作ることの楽しさ、自然の魅力などを伝えられると嬉しいです。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking