シューマッハの現在は?気になる今の最新情報や事故の詳細まで解説!

シューマッハの現在は?気になる今の最新情報や事故の詳細まで解説!

スキー場の事故で死亡説まで出たF1チャンピオンのシューマッハの現在の状況をご紹介します。事故が発生した直後から、現在のシューマッハの容態も詳細にご紹介しています。シューマッハ自身から家族や関係者の周囲の様子も理解できる充実した内容です。

記事の目次

  1. 1.「シューマッハ」とは?
  2. 2.「シューマッハ」F1の偉大な記録
  3. 3.「シューマッハ」スキーで事故に遭う
  4. 4.「シューマッハ」事故の原因
  5. 5.「シューマッハ」死亡説?
  6. 6.「シューマッハ」脳死との噂は本当?
  7. 7.「シューマッハ」現在の容態
  8. 8.「シューマッハ」現在の情報
  9. 9.「シューマッハ」現在の写真
  10. 10.「シューマッハ」2019年1月に50歳になる
  11. 11.「シューマッハ」厳重管理された現在の最新情報
  12. 12.「シューマッハ」現在は息子がレーサーに挑戦
  13. 13.「シューマッハ」現在は息子がF2で活躍中
  14. 14.「シューマッハ」Keep Fighting Initiative活動
  15. 15.まとめ

「シューマッハ」とは?

本名「ミハエル・シューマッハ」

シューマッハは1969年1月3日のドイツ生まれ。4歳の時に父親からエンジン付きのペダルカーを与えられ、夢中で走り回るシューマッハを見て、近所のカート場に連れられ本格的にカートを走らせるようになりました。

フェラーリのF1チームで大活躍

シューマッハの名前が世界中で知られるようになり、たくさんのファンが現れたのはフェラーリF1チームで連続の優勝と年間チャンピオンを数多く取ったからです。2019年6月30日現在は、F1は地上波やBSの無料放送はしていませんが、シューマッハがF1で大活躍していた時期は、日曜日の夜に地上波で無料でレースが見られたので、日本でも多くのファンが誕生しました。事故に遭った今でも変わらず偉大なF1ドライバーとして語られています。

レーシング一家

シューマッハは、F1の名門フェラーリのレーシングドライバーであることは世界中で有名ですが、弟のラルフ・シューマッハもF1で活躍していたことはあまり知られていません。2004年に日本の鈴鹿で開催されたF1グランプリでは、兄弟そろって表彰台に立つ結果を出しています。

「シューマッハ」F1の偉大な記録

シューマッハがF1で世界で初めて取った記録

記録とは、スポーツの世界では破られて当たり前ですが、シューマッハがF1ドライバーとして樹立した記録の中で破られそうにないのが、年間ドライバーズチャンピオン獲得回数の7回です。ドライバーズチャンピオンとは、レースごとに入賞してもらえるポイントの総数で、1年間の全てのレースで上位に入賞しなくてはもらえない記録で、年間で1人だけが獲得できます。

シューマッハが現在持っているF1の記録

シューマッハが今でも持っている記録はたくさんありますが、F1ドライバーとしてドライビングテクニックが抜群に優れていたのが理解できる記録が、ハットトリック獲得回数の22回です。ハットトリックとは、1回のレースの中で、ポールポジション獲得・ファステストラップ・優勝することです。いかにシューマッハが速かったか実感できる記録です。

「シューマッハ」スキーで事故に遭う

家族でスキー場を訪れる

F1ドライバーを引退した翌年の2013年12月29日に家族でフランスのスキーを楽しんでいました。スキーで走行中に転倒し、岩に頭を強打する事故が発生しました。F1で多くの記録を樹立し、日本でも名前の知られた有名ドライバーの事故は、テレビなどのニュースでも報道されたので、年末に衝撃を受けた記憶のある方は多いでしょう。

ヘリコプターで病院へ搬送

シューマッハが転倒した場所は、スキーを楽しんでいる人が多くいる場所だったようで、早急な救助要請がされたようで、直接スキー場からグルノーブル大学付属病院に搬送されました。事故の発生当時は意識がなかったので死亡する危険が大きいと判断されヘリコプターで搬送されたと推測できます。天候が悪化しやすいスキー場ですが、ヘリコプターが飛べる天候だったことが現在のシューマッハの容態に影響しています。

「シューマッハ」事故の原因

未整備のコースに侵入

シューマッハが事故に遭遇する原因となったのは、整備されたコースから外れて走行してしまい、転倒した際に岩に頭を強打しました。転倒した場所には、たくさんの岩がある場所で、その岩を避けるようにスキーのコースが設定されていました。しかし、シューマッハはコースの標識を見誤って未整備エリアに侵入してしまったという当時の情報があります。

ヘルメット着用が命を救う

シューマッハが岩に頭を強打しても死亡せずに今も容態の改善するために戦えているのは、ヘルメットを着用していた為。海外ではスキーを楽しむときにはヘルメットの着用が今では当たり前です。今の日本に観光に来る外国人は、日本でスキーを楽しむ目的の人も多いので、スキーを趣味にしている方は外国人観光客がヘルメットを装着してスキーをしている姿を見かけた経験がある方も多いでしょう。海外のスキー場によっては、ヘルメットの装着が義務になっている場所もあるほど、スキーでのヘルメット装着は浸透しているのです。

日本でもヘルメットを装着しましょう

日本のスキー場でヘルメットを装着した人が少ない原因としては、見た目がダサいなどのファッション性を損なう意見が多数を占めます。シューマッハと同じように転倒することは、初心者だけでなくベテランの方でも頻繁にあります。また、スキー客同士が衝突する危険もあるので、ヘルメットを装着すれば、頭部の怪我を大幅に軽減できます。ニット帽でスキーを楽しむ方が多いですが、今ではおしゃれなデザインのヘルメットもたくさん販売されているので、スキー場に行く前にぜひ最新のヘルメットを購入して安全に楽しんでください。

「シューマッハ」死亡説?

世界中でニュース速報が流れる

シューマッハのスキー事故の情報は、日本のニュースでも流れたので、驚かれた方が多くいました。意識不明との情報だったので、インターネットでは死亡や脳死という容態の情報源がわからない情報が飛び交いました。F1ドライバーを引退して間もない時期だったので、世界中のシューマッハファンが衝撃を受けました。

事故直後は脳死や植物状態と噂が広まる

シューマッハの事故の最初の情報からしばらく時間が経過して、新たに入ってきた容態は脳死や植物状態になっているとの情報でした。脳死や植物状態と聞けば死亡したとの同然という認識でしょう。もう二度とシューマッハが歩いて言葉を話す姿は見られないとシューマッハファンは大きく落胆しました。これはシューマッハが死亡したのも同然という雰囲気になってしまいました。

「シューマッハ」脳死との噂は本当?

脳死とは?

医療に携わっていない方が脳死と聞くと、酸素吸入器が口に当てられ、たくさんの管が繋がれた状態を想像しますが、脳死とは脳の活動がすべて停止し、2度と元に戻らない容態のことを言います。人工呼吸器や薬を使用して機械の力によって心臓を動かしている状態を脳死と呼びます。世界の多くの国では脳死を死亡と定義しています。日本で脳死と判断される容態は、下記を参考にしてください。

呼吸・循環機能の調節や意識の伝達など、生きていくために必要な働きを司る脳幹を含む、脳全体の機能が失われた状態です。事故や脳卒中などが原因で脳幹が機能しなくなると、回復する可能性はなく二度と元に戻りません。薬剤や人工呼吸器などによってしばらくは心臓を動かし続けることはできますが、やがて(多くは数日以内)心臓も停止してしまいます(心停止までに、長時間を要する例も報告されています)。

植物状態とは?

脳死と植物状態の大きな違いは、自分で呼吸できるかです。脳死は脳の全ての機能が停止している容態を言いますが、植物状態では脳幹が生きている容態を言います。回復する可能性も残されているので、脳死のように死亡していません。日本で植物状態と判断される容態は、下記を参考にしてください。

脳幹の機能が残っていて、自ら呼吸できる場合が多く、回復する可能性もあります。脳死と植物状態は、根本的に全く違うものなのです。 日本で事故や病気で亡くなる方は毎年およそ110万人で、その1%弱の方が脳死になって亡くなると推定されています。

シューマッハは人工的な昏睡状態にされる

シューマッハが事故に遭った当時、いろいろな容態の情報が流れましたが、現在ではシューマッハの容態を安定させるための処置として昏睡状態に医師が処置したと公表されています。容態を安定させてから緊急手術をしたので、シューマッハの脳の状態は死亡する危険のある容態が続いていたと想像できます。

「シューマッハ」現在の容態

2014年6月にシューマッハの意識が戻る

シューマッハの容態が2014年3月に担当の医師から安定しているとの情報が発表され、4月にはシューマッハの代理人から意識を回復する瞬間があると容態が改善される方向に進んでいる情報が出ました。シューマッハの家族も容態が改善に向かっている情報を発表したので、死亡する危険から脱出したことが確認されたので、シューマッハを応援していた多くの人々はようやく安心できるようになりました。2014年6月にはシューマッハの意識が回復するまでに容態が改善しました。

現在は寝たきりではない

シューマッハが意識を取り戻してからは、リハビリを受けるためにスイスの大学病院に転院しました。さらに9月には自宅でリハビリができるまでに容態が改善しています。事故が発生した当時は、死亡の危機を彷徨ったシューマッハですが、咽喉呼吸器やチューブで薬の投与を受けていない情報があるので、容態は改善に向かっていることは確かです。

現在は歩くことはできない

F1ドライバーの現役時代からの親しい関係者の情報から、2014年11月にシューマッハは麻痺のために車椅子を使用して生活していると公表されました。また、言語障害があり話をすることができないという最新の情報が発表されました。2015年5月にはシューマッハの元マネージャーが事故が発生したときの死亡する危険があったことを考慮すれば、今は容態は時間が経過するにつれて改善していると公表しました。現在のシューマッハは必死にリハビリを行い、回復に向けて努力しています。

「シューマッハ」現在の情報

シューマッハの自宅の隣にリハビリ施設を建設

シューマッハが病院から退院してから自宅に戻りましたが、本格的なリハビリのために自宅の隣にリハビリ施設を建設して、そこで懸命なリハビリを行っています。あくまで噂ですが、1週間で50000ポンド、日本円で約700万の費用を掛けてあらゆるリハビリに励んでいます。

リハビリ中の様子は表に出ない

シューマッハが自宅でリハビリに集中していることから、家族だけではなく、多くの医療関係者と一緒に容態の改善に向けて努力していると思われます。多くの関係者がシューマッハに毎日接しているので最新の容態の情報が漏れ聞こえてもおかしくないのですが、最新のシューマッハの様子や写真が発表されることがありません。シューマッハと相当な信頼関係を築いた医療関係者でリハビリを行っていることがわかります。

「シューマッハ」現在の写真

事故後の写真はありません

今では誰もが簡単に写真を撮影できるスマートフォンを持っていますが、スキーを楽しむ人の多いスキー場でありながら、シューマッハの事故直後の画像は現在でも見つけることはできません。事故が発生したことは認識できたのに、その被害者がシューマッハだとは誰も気付かなかったのでしょう。

シューマッハの写真は100万ドルの価値がある

シューマッハがベッドに寝ている写真をシューマッハの友人がメディアに100万ドルで売ったという情報があります。これは日本円で言えば1億円ほど。ベッドに寝ている画像だけで1億円が手に入ると知れば、多くの人がシューマッハの写真を撮影しようとするだろうと思ってしまいますが、シューマッハと定期的に直接会ってお見舞いをするのは友人や家族のみ。今の画像が出回らないことはシューマッハが信用が置ける人だけに限られているからです。

現在の写真は価値がある

このように、シューマッハが寝ている写真の1枚だけで日本円で1億円の価値があるので、たくさんのパパラッチがシューマッハの最新の画像を撮影しようとしています。家族と関係者はシューマッハ本人には落ち着いてリハビリに励んでもらいたいと思っているでしょう。今までに1枚のシューマッハが写った画像が出ないのは、家族や関係者がシューマッハのために多大な労力を使っている証拠です。

「シューマッハ」2019年1月に50歳になる

マヨルカ島に不動産を購入

シューマッハが50歳を迎える前の2018年に、スペインのマヨルカ島にシューマッハの家族が家を購入したという報道があります。この報道はマヨルカ島を管理する行政からシューマッハの家族が家を購入したと発表されてために世界中にニュースとして広まりました。シューマッハ家族はこの報道に対して移住する予定はないと異例の発表をしなくてはならない事態になってしまいました。

現在はマヨルカ島に滞在?

マヨルカ島を管理する行政がシューマッハの家族が家を購入したと発表しなければ、別荘地であるマヨルカ島で穏やかにリハビリを継続できたでしょう。しかし、ニュースで広く知られてしまったので今すぐに移住することは考えられません。しばらく時間を置けば、パパラッチに写真を撮られて画像が取引される危険も少なくなるので、そっと見守ってあげて欲しいものです。

「シューマッハ」厳重管理された現在の最新情報

現在までの画像は見つかりません

2019年9月10日現在、シューマッハの最新の写真はインターネットで検索しても1枚の画像も発見できません。世界的に有名な元F1レーシングドライバーであれば人目に付けば写真を撮られる機会があると思いますが、画像が出てこないということはシューマッハの関係者以外と顔を合わせる機会はないと思われます。先ほども書きましたが、シューマッハの最新の画像は高値で取引される価値があるものなので、シューマッハの家族や関係者がそのような事態にならないようにリハビリを続けています。

友人からの情報も出てきません

F1の世界の最方向の自動車レースで大活躍してきた偉大なレーシングドライバーだったシューマッハであれば、国を問わずたくさんの友人がいると思われます。友人と会えば今では常に持ち歩いているスマートフォンで気軽に再会を祝って写真を撮る機会もありますが、インターネットを検索しても1枚も画像を発見できません。シューマッハの家族や関係者は、シューマッハに面会できる人を選んでいる可能性があります。F1時代の関係者や親友とは頻繁に会っている情報は出てくるので、信用できる友人だけ面会していると推測できます。

「シューマッハ」現在は息子がレーサーに挑戦

「シューマッハ2世」と呼ばる

シューマッハの息子のミック・シューマッハは、F1で偉大な記録を多く獲得した父親のように大活躍を期待され、「シューマッハ2世」と呼ばれ、世界中のメディアやモータースポーツのファンから注目されています。どうしても父親のミハエル・シューマッハと比較されてしまう運命ですが、着実にレースの下位カテゴリーから実績を積み、F1ドライバーになるために成長しています。

「FDA」に所属

息子のミック・シューマッハは、父親のミハエルがF1で大活躍したフェラーリのドライバーアカデミーのFDAに所属しています。フェラーリドライバーアカデミーとは、自動車レースの下位カテゴリーから実績を積ませて最高峰のF1ドライバーとして育て上げる養成機関です。ミハエル・シューマッハがフェラーリF1チームで偉大な記録を連発した影響は少しはあると思われますが、不安定ながらも多くのカテゴリーで年間ポイント獲得の上位に位置しているので、実力でフェラーリに期待されている証拠です。

「シューマッハ」現在は息子がF2で活躍中

2018年にF3でチャンピオンに輝く

ミック・シューマッハは、ヨーロッパで開催されているF3選手権で2018年にチャンピオンに輝きました。F3は血気旺盛な若いレーシングドライバーが多く、非常にアグレッシブなレースが展開されるので、ドライバーのテクニックが重要です。そのF3でチャンピオンを獲得したことで、2019年は1つ上のランクに当たるF2でレースを戦っています。これで父親のミハエルに1歩近づきました。

F2で修行中

この記事を執筆している2019年はミハエルの息子ミック・シューマッハはF1まであと1歩のF2でレースをしています。F3ではヨーロッパ地域限定でしたが、F2は世界中を転戦してレースを戦います。しかも、レースの日程がF1と同じで、F1に帯同しながら前座レースとして開催される場合が多いので、たくさんの目の肥えたレーシングファンに注目されます。ミハエル・シューマッハが大活躍していた時代から現地で生で観戦している熱狂的なF1ファンも多く観戦しているので、否応なくレーシングドライバーとして評価されてしまいます。2019年9月10日現在、まだ1度の優勝のみで苦戦した状況が続いています。

「シューマッハ」Keep Fighting Initiative活動

シューマッハの家族が設立した非営利団体

シューマッハが回復することを諦めていない意思表示として設立した団体です。シューマッハ自身が「決して諦めてはいけない」「常に戦い続ける」というフレーズをF1ドライバー時代によく口にしていたので、シューマッハが言っていたように家族も諦めないという決意表明でもあります。

ファンへの感謝を表明

事故からかなりの時間を経過した2019年9月10日現在でも、シューマッハのファンは世界中に存在しています。シューマッハの家族もそれを認識しており、現在残されているシューマッハの最新情報を得られる唯一の情報源です。シューマッハの最新の画像や写真が公式に発表される場合にはここから発表されると思われますので、シューマッハの最新情報が知りたい方は、このKeep Fighting Initiative活動を定期的にチェックすることをおすすめします。

リンクをご紹介

シューマッハの家族が立ち上げた非営利団体のホームページのリンクを下記にご紹介します。ホームページだけでなく、あらゆるSNSでも見ることが可能なので日常的に情報をチェックできます。

Keep Fighting
Keep Fighting is a global non-profit initiative inspired by Michael Schumacher

まとめ

スキー場での事故が発生した当時は、死亡したなどの情報が世界中を飛び回りましたが、今では容態も安定しており、リハビリに励んでいます。写真などの最新の画像が発表されることはありませんが、着実に元の状態に戻ろうと懸命に努力していることは理解して頂けたでしょう。息子のミック・シューマッハもF1ドライバーに慣れるように努力しているので、いつかミック・シューマッハがF1でレースしているサーキットに姿を見せることを期待しています。

レースが気になる方はこちらもチェック!

F1のようなレースはたくさんの種類が存在しています。自動車やバイクのレースが気になる方は、下記の記事もチェックしてください。

ママチャリでレース?全国で楽しめるママチャリの大会概要と楽しみ方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
ママチャリでレース?全国で楽しめるママチャリの大会概要と楽しみ方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
毎日通勤・通学・お買い物に使うママチャリで、順位を競う耐久レースが存在しているのを知っていますか?全国の各地で、盛んに開催されているので驚くほどです。日頃からママチャリで培っている自慢の脚力で、上位を目指したり、誰より目立ってみませんか?
世界一危険なバイクレース、マン島TT!カッコいいけど危険なレースの全貌とは? | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
世界一危険なバイクレース、マン島TT!カッコいいけど危険なレースの全貌とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
アイリッシュ海に浮かぶ風光明媚なマン島。そこで毎年行われる世界最古のバイクレースのマン島TTをご存知でしょうか。命知らずのライダーたちが公道コースで競うマン島TTの魅力とマン島を楽しみつくすスポットまでたっぷりとご紹介します。
美浜サーキットとは?施設の使用料金や営業時間、開催されるレースなどをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
美浜サーキットとは?施設の使用料金や営業時間、開催されるレースなどをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
いつでも自宅から素人がレースに参加できてしまう、美浜サーキットを知っていますか?乗り物好きなら見逃せないこの場所は、四輪から自転車まで、多様な車種に対応した楽しみがあります。子供でも遊べる美浜サーキットの料金やレースなど、気になるところをお伝えします。
がんちゃん
ライター

がんちゃん

海のエサ釣りとアジングのライトゲームのテクニック向上を目指しています。私が得た知識と経験を記事にして、読者に役に立つ情報を執筆しています。年間にたくさんの地方遠征からエリアに関係なく使える知識をお伝えします。ホームグラウンドは、千葉県の房総半島です。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking