モノトーンインテリアとは?かっこいいおしゃれな部屋にする方法をご紹介!のイメージ

モノトーンインテリアとは?かっこいいおしゃれな部屋にする方法をご紹介!

白黒に加え、中間色のグレーを用いたインテリアコーデをモノトーンインテリアといいます。モノトーンコーデで、今のリビング・ダイニングをかっこいいおしゃれな部屋に変身させてみませんか?インテリアイメージを見ながら、色配分やセンスよくまとめるコツについて学びましょう。

2019年05月28日更新

森川 美月
森川 美月
ガーデニングやDIYなどが得意分野です。多種多様な情報の中から、初心者の方にも挑戦しやすい方法を調査し、分かりやすくまとめています!お読みいただいた後、早速試してみたくなるような、楽しい気持ちになれる記事を心がけております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. モノトーンインテリアとは?
  2. モノトーンインテリアのシンプルコーデ:1
  3. モノトーンインテリアのシンプルコーデ:2
  4. モノトーンインテリアのシンプルコーデ:3
  5. モノトーンインテリアのシンプルコーデ:4
  6. モノトーンインテリアのシンプルコーデ:5
  7. モノトーンインテリアのシンプルコーデ:6
  8. モノトーンインテリアのシンプルコーデ:7
  9. モノトーンインテリアのシンプルコーデ:8
  10. モノトーンインテリアのシンプルコーデ:9
  11. モノトーンインテリアとは?まとめ

モノトーンインテリアとは?

モノトーンインテリア・コーデ、というのはつまり、インテリアをモノトーンで統一することなのですが、色の配分によっては重たい印象になることもありますので注意しましょう。基本的にはホワイトをベースに、アクセントカラーとしてブラックを加え、グレーでバランスをとります。

モノトーンインテリアの魅力

生活空間にさまざまな色が混在していると、落ち着きのないインテリアになってしまいます。インテリアのカラーは多くとも3色までに押さえた方がベターです。モノトーンインテリアで統一された家は、モダンでかっこいい印象になるため、スタイリッシュなインテリアを目指す方におすすめです。

モノトーンインテリアの効果

白黒にグレーを加えたモノトーンのインテリアがもたらす効果をご存じですか?写真がよい例です。カラー写真に比べ、モノトーンの写真の方が顔映りがきれいだったり、景色にニュアンスが生まれたり、陰影が美しく印象的だったりします。また、インテリアにおいても、どんな差し色とも相性がよいのです。

モノトーンインテリアにする方法

かっこいいおしゃれなモノトーンインテリアのイメージを、各空間ごとにご紹介していますので、モノトーンコーデの参考にしてください。初めての方は、まずはトイレなどの小さな空間のインテリアから始めて、白黒配色のコツをつかみます。そしていずれはリビング・ダイニングのモノトーンインテリアに挑戦しましょう。

モノトーンインテリアのシンプルコーデ:1

まずは、家族の全員が過ごす時間の長い、リビングのモノトーンインテリアをご紹介します。目標とするところは、ソファ、リビングボード、TVボード、サイドボード、額(フレーム)、ブックケース、ラグ、カーテンなど、家具やファブリックの色をモノトーンで統一した、かっこいいシンプルインテリアです。

リビングのモノトーンインテリア

モノトーンで統一:ソファ

ソファはリビング家具の中で、最も大きな面積を占めるインテリアアイテムです。それゆえ、モノトーンインテリアにおいてはソファを何色にするかでリビングの印象は大きく変わります。床の色がホワイトに近いほど明るい場合は、引き締め役としてブラックのソファを置くのがおすすめです。

モノトーンで統一:TVボード

TVはホワイトのものもありますが、かっこいいモノトーンインテリアを目指すならブラックを選びましょう。白い壁を背景にアクセントになり、インテリアが引き締まって見えるからです。また、TVボードはなるべく高さを抑えて、他の家具と色調を揃えたモノトーンのものを選ぶと、統一感が出ます。

モノトーンで統一:リビング階段

リビングの中に階段がある場合、ぜひカラーはモノトーンで統一してください。ここだけが木目だったりリビングと色みが違うと、統一感がなくなって違和感のあるインテリアになってしまいます。既存の階段をモノトーンにリメイクする場合も、押さえておきたいポイントです。

モノトーンで統一:アート

モノトーンコーデのインテリアを完成させるにあたり、手を抜きたくないのが壁面に飾るインテリアアートです。フレームの色はもちろん、内部の絵もモノトーンで統一します。白の分量を増やすと大きなアートでも主張しすぎませんし、黒を増やすと壁のアクセントとなります。

モノトーンインテリアのシンプルコーデ:2

ダイニングルームのメイン家具は、ダイニングテーブルとダイニングチェアです。さらに食器やカトラリー類、花瓶や天井照明などがサブアイテムになります。家族で食事を楽しむ大切なダイニングのインテリアを、モノトーンでまとめるための素敵なアイデアをご紹介!

ダイニングのモノトーンインテリア

モノトーンで統一:ダイニングセット

ダイニング家具の代表選手、ダイニングセット(テーブルと椅子のセット)もモノトーンで統一します。椅子のデザインは、すべて統一する必要はありません。一脚一脚変えてみたり、白黒の色違いで組み合わせた方が、デザイナーズハウスのようなスタイリッシュなモノトーンインテリアになります。

モノトーンで統一:食器

とことんまでモノトーンインテリアを貫きます。ダイニングでは、食器が主役です。お皿をはじめ、カトラリーやナプキンなどの小物まで、すべてモノトーンで統一します。金属部分はシルバーのものをチョイスして、シンプルなモノトーンの世界に華やぎを加えましょう。

モノトーンで統一:照明

せっかくのおしゃれなモノトーンインテリア、照明器具にまでこだわりたいものです。ランプシェードの色の選択は、ダイニング全体で見た時の白黒の配分によって決めましょう。白が多くぼんやりして見える場合は黒いシェードを、黒が多く重たい印象になっている時は白いシェードを選ぶと、インテリアのバランスがとれます。
 

モノトーンインテリアのシンプルコーデ:3

モノトーンのキッチンインテリアは、雑誌に出てくるような非日常的なかっこよさがあります。新築やリフォームでこれからキッチンを選ぶ方はぜひ、キッチンのモノトーンインテリアのご参考にしてください。

キッチンのモノトーンインテリア

モノトーンで統一:システムキッチン

リビング・ダイニングがひとつながりで、その一角にキッチンという住宅が多いです。対面、壁付け、アイランドキッチン、いずれにしてもリビングからの目線があるということを考慮し、ここもモノトーンインテリアで統一しましょう。冷蔵庫かシステムキッチンのどちらかを黒にすると、インテリアにメリハリが出ます。

モノトーンで統一:キッチンツール

モノトーンインテリアは、細部までこだわりたいものです。キッチンツールは、シルバーならスタイリッシュに、ブラックならかっこいいイメージになります。色は混在させず、どちらかに統一した方がよいでしょう。手持ちのツールでモノトーンインテリアの法則に合わないものがあれば、思い切って買い換えます。

モノトーンインテリアのシンプルコーデ:4

かっこいいおしゃれなモノトーン・ベッドルームにする方法をご紹介します。ベッドルームのインテリアで大きな面積を占めるアイテムは三つ、壁のクロス、カーテン、ベッドファブリックです。クロスの変更が無理な場合は、残りの二つをモノトーンでシンプルインテリアにしていきます。

ベッドルームのモノトーンインテリア

クロスの色によってモノトーン配色を変える

新築の場合は別として、大抵の家の壁紙は白系です。その場合は、ベッド本体とカバーリングの色にブラックかグレーを使います。壁紙がブラックやダークグレーなどの濃色の場合は、ベッドファブリックはホワイトを選択するなど、メリハリのあるモノトーンインテリアが理想です。

クロスがダークカラーの場合のインテリア

これから家を建てる場合など、選択の余地があるならば、寝室のクロス選びのご参考にしてください。ダークカラーのクロスを選ぶと、大人っぽく、ホテルのような落ち着いた雰囲気になります。間接照明などでさらにラグジュアリーなモノトーンインテリアを演出をすることも可能です。

クロスがライトカラーの場合のインテリア

中間色であるやわらかなグレーを寝室のクロスに使うと、上品で優しいモノトーンインテリアになります。床がブラック、壁紙はホワイトで一面だけアクセントでグレー、というのが理想です。壁が全面ホワイトの場合は、一面だけ壁にグレーの布をピンで留め、部屋全体のインテリアムードを変えるという方法もあります。

モノトーンインテリアのシンプルコーデ:5

バスルームをかっこいいおしゃれなモノトーンインテリアにするアイデアをご紹介します。バスルームをモノトーンで素敵に演出できたら、一日の終わりに疲れがとれ、心身ともに癒されることでしょう。

バスルームのモノトーンインテリア

モノトーンコーデ:浴室

浴槽を黒くすると、非日常的なインテリアを作ることができます。この場合、浴室の電球はあたたかなオレンジ色を選び、照明効果でホテルのバスルームのような高級感を持たせましょう。アクセントパネルはマットなブラックよりは、何かしら模様のある、ニュアンスのある黒がおすすめです。

モノトーンコーデ:洗面スペース

選択の余地があるなら、洗面化粧台の扉の色は白か黒を選びます。洗剤、入浴剤、シャンプー、リンスなど洗面スペースに置くボトル類は、モノトーンのケースに詰め替えるなどしてインテリアを統一することがポイントです。インテリアグリーンを添えると、さらにあか抜けた雰囲気になりますよ。

モノトーンインテリアのシンプルコーデ:6

トイレは家の中で最も狭い空間なので、DIYでインテリアを模様替えする場合、小面積で作業がしやすい場所です。壁紙は、全面ではなく一面だけ、入って左側の壁だけ、とか右側だけ、といったようにアクセントとしてモノトーンを取り入れるとよいでしょう。タオルや芳香剤などの小物もモノトーンで統一します。

トイレのモノトーンインテリア

モノトーンで統一:トイレコーデ①

トイレに窓がなかったり、窓があっても薄暗かったりする場合は、トイレインテリアに使う黒の分量を減らします。壁なら一面だけ、あるいは小物やトイレファブリックに黒を効かせるとよいでしょう。床よりは壁に黒を持ってきた方が、ほこりが目立ちにくいことを覚えておいてください。

モノトーンで統一:トイレコーデ②

とても珍しい、黒い便座です。モノトーンインテリアの中で、黒い陶器のツヤが際立ち、高級感を感じさせてくれます。ただ、黒はトイレ汚れが目立たない代わりにほこりが目立ちやすい色なので、こまめな掃除が欠かせません。黒い便座を主役として引き立たせるために、壁や床はあえて黒以外を使いましょう。

モノトーンインテリアのシンプルコーデ:7

新築や自由設計の場合など、選択の余地があるなら玄関扉はモノトーンのものを選びましょう。たたきはホワイト系を選び、明るく清潔に保つようにします。シューズボックスなどの家具、絵、玄関マットなどインテリアはもちろんモノトーンにしますが、観葉植物を置いて緑をプラスし、炭などの黒いマルチング材で土の部分を黒くするとよいです。

玄関のモノトーンインテリア

モノトーンコーデ:玄関扉

玄関扉には、ホワイト、グレー、ブラックの他にシルバーという選択肢があります。メタリックな素材感がクールで都会的な印象になりますので、シルバーもモノトーンインテリアに使える色です。扉周りの外壁の色に対して、アクセントになるようなカラーの扉を選ぶと映えます。

モノトーンコーデ:玄関飾り

玄関のインテリアには、家具の上やニッチなど、空間演出のフォーカルポイントがあります。そこは、花やインテリアグリーン、芳香剤やオブジェなどが飾られ、住む人のセンスが表れる場所です。黒いものを置く場合は重たくなりすぎないように、線の細いデザインのものを選びます。

モノトーンインテリアのシンプルコーデ:8

子供部屋のモノトーンインテリア、意外に思われるかもしれませんが、実行してみると何ともハイセンスな子供部屋に見えてくるから不思議です。多感な子供時代に、豊富な色に触れさせることは大切ですから、お部屋の家具やベースカラーだけでもモノトーンにしておくと、うるさくなりすぎず素敵なインテリアにまとまります。

子供部屋のモノトーンインテリア

モノトーンで統一:おもちゃ

インテリアの細部にまでこだわるなら、こんなモノトーンのおもちゃを選んであげるのもひとつの方法です。シンプルゆえに、おもちゃの動きやしかけの方に注意がいきます。モノトーンの写真を眺めている時のように、これは実際はどんな色なんだろう?と、逆に想像力をかきたてられますね。

モノトーンで統一:子供服

子供部屋の家具やカーテン、ラグなどインテリアをすべてモノトーンで統一したら、子供服にも目を向けてみましょう。幼い子供が着るモノトーンは、意外にキュートです。ドットやストライプ、英字のものなど、インテリアに加えたらにぎやかになるようなメリハリのあるデザインを選びます。

モノトーンインテリアのシンプルコーデ:9

家具やラグ、飾りなど目につきやすいインテリアアイテムと違って、モノトーンインテリアで忘れがちなのが、カーテンです。カーテンは閉じた状態だと、クロス同様壁に占める面積が大きくなりますので、気が抜けません。北欧テイストの生地に、幾何学的なモノトーン柄が多く揃っています。

カーテンのモノトーンインテリア

モノトーンで統一:カーテンコーデ①

太めの白黒ストライプ柄をカーテンに用いると、セレクトショップのようなモノトーンインテリアになります。メリハリの利いた柄なので、リビングや子供部屋などにもおすすめです。きりっとした表情をだしたい時は、あえてグレーを使わず白黒オンリーにまとめましょう。

モノトーンで統一:カーテンコーデ②

カーテンをモノトーンにする場合、白の分量を増やせば部屋全体が明るくなります。かっこいいモノトーンインテリアを目指すなら幾何学的な柄の白黒生地を、北欧テイストのモノトーンインテリアならシンプルな白黒フラワー柄がおすすめです。

モノトーンインテリアとは?まとめ

インテリアアイテムをすべて白黒にすれば、洗練されたモノトーンインテリアが完成するわけではありません。ブラック一色、グレー一色、ホワイト一色ではなく、適度にアクセントカラーを効かせた、メリハリのあるおしゃれなモノトーンインテリアがゴールです。

インテリアが気になる方はこちらをチェック!

モノトーンインテリア以外にも、インテリアにはさまざまなテイストがあります。おしゃれコーデやシンプルコーデのご参考に、こちらの記事も併せてお読みください。

Thumbマンションの参考インテリア5選!おしゃれで部屋を広く見せるポイントは? | 暮らし~の[クラシーノ]
マンションのインテリアはどのようになっていますか?マンションのお部屋をおしゃれに、そして広く...
Thumb西海岸風インテリアに!部屋作りのコーディネート術&参考実例11選をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
西海岸風のインテリアは、アメリカの西海岸をイメージしたインテリアです。今回はそんな西海岸風の...
Thumb北欧スタイルな部屋作りのコツは?インテリア実例含めてコーディネート術を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
北欧スタイルはあたたかみがあっておしゃれなインテリアという印象があります。そんな部屋を自分の...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ