新潟「古町」を楽しみ尽くせ!グルメやショッピングなど観光スポット11をご紹介!のイメージ

新潟「古町」を楽しみ尽くせ!グルメやショッピングなど観光スポット11をご紹介!

新潟県を観光するなら「古町」を散策してみませんか?観光名所を巡ったり、グルメやショッピングなどを楽しんだりと魅力的なスポットが目白押しです。本記事では、新潟県「古町」のおすすめの観光スポットを厳選してご紹介します。情報盛りだくさんです。どうぞご覧ください。

2019年05月26日更新

iiyudana
iiyudana
トラベルやツーリング、キャンプなど観光やお出かけに役立つ記事を執筆しています。道の駅と日帰り温泉を渡り歩くのが大好きなトラベラーです。自分が実際に見て、聞いて、体験した情報もたくさん盛り込んでいきます。読めば必ず行ってみたくなる魅力的な記事作りに励みます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 新潟「古町」はこんな場所
  2. 新潟「古町」の商店街も魅力度アップ!
  3. 新潟「古町」は芸妓の町としても有名
  4. 新潟「古町」のおすすめ観光スポットをご紹介!
  5. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット①
  6. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット②
  7. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット③
  8. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット④
  9. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑤
  10. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑥
  11. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑦
  12. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑧
  13. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑨
  14. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑩
  15. 新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑪
  16. 新潟観光なら「古町」を忘れずに!

新潟「古町」はこんな場所

新潟県中央区には、信濃川と信濃川の分水路である関屋分水、日本海に囲まれた新潟島と呼ばれる地域がありますが、この新潟島の中央部に位置するエリアが「古町」です。新潟島では一番歴史の古いエリアですが、商業施設なども多く新潟県の経済の中心になっています。西堀通りや東堀通り、本町通りなどの通りが信濃川と平行するように通っており、それらの通りに交差するようにして、鍛冶小路や新津屋小路、坂内小路など小路といわれる通りが走っていて網の目のような街の形になっています。

新潟「古町」の商店街も魅力度アップ!

通りと小路に囲まれた各エリアには「古町5番町商店街」や「古町6番町商店街」などいくつもの商店街が置かれ、グルメが味わえるレストランやカフェ、土産屋や雑貨屋などショッピングが楽しめるお店がたくさん並んでいます。各商店街と商店街に属する店舗では、それぞれに工夫を凝らして来店客を呼び寄せる努力をしており、観光スポットとして魅力ある街づくりが日々行われています。

新潟「古町」は芸妓の町としても有名

新潟県は江戸時代にはたくさんの北前船が立ち寄る日本海側で最大の寄港地となっていました。そうした人々をもてなしていたのが「新潟古町芸妓」でした。花流会の代表格といえば京都の祇園や東京の新橋が有名ですが、新潟古町芸妓もそれに並ぶ200年以上の伝統を誇る芸能ですので、新潟「古町」を語るうえで外すことができません。現在でもその文化に触れることのできる施設や企画がたくさん用意されています。

新潟「古町」のおすすめ観光スポットをご紹介!

それでは、新潟県「古町」のおすすめの観光スポットをご紹介していきましょう。古町観光の際にぜひ立ち寄ってみたいおすすめのスポットを11ヶ所ご紹介していきます。観光名所のほか、ランチグルメが味わえるレストランやカフェ、素敵な小物を取り揃えた雑貨屋さん、新潟土産を購入できるお店などたくさんのスポットが登場します。どうぞご覧ください(記事記載の情報は2019年5月24日現在のものです)。

新潟「古町」のおすすめ観光スポット①

旧齋藤家別邸

新潟「古町」のおすすめ観光スポット1番目は「旧齋藤家別邸」です。かつて新潟県に寄港した北前船によって多額の富を築いた齋藤喜十郎が建てた別荘で、敷地面積は1,300坪という広さを誇ります。砂丘の斜面をいかした回遊式庭園と近代和風建築が特徴で、国の名称にも指定されていて古町を代表する観光スポットの一つになっています。県内の紅葉の名所ともなっており、秋には県内外から多くの観光客が訪れます。

観光スポットのココがおすすめ!

この観光スポットでは季節によってさまざまなイベントが開催されていますが、古町散策で参加してみたいのが新潟古町芸妓の芸妓さんたちとのふれあいです。新潟市の無形文化財ともなっている現役の芸妓さんの踊りを鑑賞したり、芸妓さんとの写真撮影やお座敷遊びの体験など、普段なかなかできない体験が企画されます。古町の歴史に触れるいいチャンスともなりますので、ぜひ古町の散策コースに組み込んでみましょう。

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟県新潟市中央区西大畑町576
【TEL】025-210-8350
【開館時間】夏時間(4月~9月)9:30~18:00,冬時間(10月~3月)9:30~17:00
【休館日】月(祝日の場合は翌日休館)

新潟「古町」のおすすめ観光スポット②

テット

新潟「古町」のおすすめ観光スポット2番目は「テット」です。古町商店街の散策やショッピングでお腹がすいたならこちらでランチグルメを味わいましょう。テットは昼と夜両方のご飯が食べられるイタリアンカフェで、衣類や雑貨を扱うお店と共同で営業しているため、その相乗効果によって内外装ともにおしゃれ感いっぱいの素敵な店舗になっています。もちろん店舗だけでなく料理も美味しくておしゃれなラインナップです。

観光スポットのココがおすすめ!

お昼ご飯にいただけるグルメは、メインディッシュランチとスープランチ、フォカッチャサンドランチが用意されますが、おすすめはフォカッチャサンドランチです。フォカッチャサンドとサラダ、お惣菜のランチプレートとなっており、フォカッチャは毎朝店内で焼いたものを使用しているため味は抜群です。生ハムと野菜がたっぷりサンドされていてお昼ご飯にはピッタリでしょう。散策やショッピングのご飯はぜひここでどうぞ!

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟市中央区古町通4-647 富士ビル1F
【TEL】025-378-1320
【営業時間】ランチタイム11:00~15:00(日曜日はランチタイムのみ営業)
【定休日】木

新潟「古町」のおすすめ観光スポット③

地獄極楽小路

新潟「古町」のおすすめ観光スポット3番目は「地獄極楽小路」です。何ともユニークなネーミングのこのスポットは、住宅地の中にある車がすれ違うのがやっとというほどの細い通りで、通り沿いには重厚感のある老舗の有名高級料亭の黒壁が続いており、反対側には公園が整備されています。この公園の入り口には赤レンガづくりの門のような建造物があり、中央部には鉄格子がはめられています。

観光スポットのココがおすすめ!

この通り沿いの公園は昭和46年まで新潟刑務所がおかれていた場所で、公園入口の門はその刑務所の通用門を再現したものです。向かい側の高級料亭で客が芸妓さんと楽しそうに酒を酌み交わしていた様子を、受刑者は刑務所内から見ることができました。まさに地獄と極楽が通りを挟んで存在したスポットだったわけですね。そんな歴史に思いをはせながら穴場の観光スポットを散策してみましょう。

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟県新潟市中央区西大畑町5191
【TEL】025-223-8111

新潟「古町」のおすすめ観光スポット④

海鮮問屋 大助 古町店

新潟「古町」のおすすめ観光スポット4番目は「海鮮問屋 大助 古町店」です。新潟といえば海の幸が欠かせませんね。大助のご飯が人気なのも魚介類を使ったグルメが美味しいこと。ご飯時には美味しいランチグルメを目的に多くの人が大助にやってきます。地産地消をコンセプトとしているため、魚介類のみならず野菜も新潟産にこだわっています。少々ランチタイムは混み合いますが、古町散策にはぜひ立ち寄りたくなります。

観光スポットのココがおすすめ!

来店客の一番の人気が海鮮丼です。新潟県で水揚げされた地魚を中心に10種類以上の魚介類を丼ぶりにのせており、SNS映えする海鮮てんこ盛りのご飯となっています。小鉢と味噌汁がついてお値段何と税込み980円。ランチタイムが混み合う理由がわかります。また、入荷すれば今人気の魚「のどぐろ」の刺身定食も格安で味わえます。古町散策のグルメな昼ご飯は大助に決まりでしょう。

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟県新潟市中央区古町通7-934
【TEL】025-222-8580
【営業時間】ランチタイム11:30~14:00(月~金のみ営業)
【定休日】日

新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑤

アパートメント

新潟「古町」のおすすめ観光スポット5番目は「アパートメント」です。家具屋さんと雑貨屋さんを合わせたようなお店で、本物のデザインをコンセプトとして営業しています。地元では雑貨屋さんとしての顔よりも家具屋さんとしての顔が有名で、日本最大級の老舗家具メーカーのデザインを継承するブランド「カリモク60」の正規代理店として新潟県内では唯一となっています。

観光スポットのココがおすすめ!

通りから一歩店内に入ると、1階にはおしゃれな家具や雑貨が所狭しと並んでおり、有名な「PUEBCO」ブランドや「THE」ブランドなどのおしゃれで機能的な雑貨や小物もたくさん扱っています。さらに、2階から4階にはデザイン性にも優れたおしゃれな一流メーカー家具が並んでいて、見ているだけでも幸せな気分にさせられます。古町商店街の散策途中に立ち寄ってみたくなるおすすめの雑貨屋さんです。

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟県新潟市中央区西堀前通4-738-1
【TEL】025-225-1950
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】第1・3木

新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑥

ヒッコリースリートラベラーズ

新潟「古町」のおすすめ観光スポット6番目は「ヒッコリースリートラベラーズ」です。古町商店街でも有名な雑貨屋さんで、観光客が古町のお土産目的のショッピングで立ち寄ることも多いおしゃれなお店です。この雑貨屋さんを運営するのは、デザイナーズ集団のヒッコリースリートラベラーズで、昔から新潟県で愛され親しまれてきた商品におしゃれで特徴的なデザインを施して、その商品の価値を高め雑貨屋さんとして販売しています。

観光スポットのココがおすすめ!

雑貨屋さんのスタッフの手にかかると、昔ながらのお菓子や伝統工芸品が今までとは全く違った魅力的な商品に変わってしまいます。例えば、新潟県で昔から食べられてきた「ゆか里」というお菓子を、名前とデザインを一新しフレーバーの種類を増やすことで魅力を高め、今ではこのお菓子を求めてショッピングに訪れる人も急増しています。古町商店街の散策にはイチ押しのショッピングスポットです。

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟県新潟市中央区古町通3-556
【TEL】025-228-5739
【営業時間】11:00~18:00(日曜日は17:00)
【定休日】月(祝日の場合は翌日休業)

新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑦

出典: https://ryoma.n-carryon.com

キッチン リョーマ

キッチン リョーマ

新潟「古町」のおすすめ観光スポット7番目は「キッチン リョーマ」です。古町商店街の散策やショッピングにおすすめのご飯処で、主に肉を使った料理を得意としています。こだわりの食材を多く利用しており、コシヒカリを配合した餌で育てる「夢味豚」や、新潟特産の「越の鶏」などグルメなお肉を使ったご飯をいただけます。ただ、肉料理ではありませんが昼ご飯にぜひ食べてみたいおすすめのメニューがあります。

観光スポットのココがおすすめ!

昼ごはんにぜひ食べたいには「ふわとろトマトクリームオムライス」です。卵トロトロの絶品のオムライスは、上からトマトをベースにした濃厚なソースがたっぷりとかけられており、口に入れるととろけるような卵とソースが混ざり合って最高のハーモニーを醸し出します。嬉しいことに初めての来店なら半額以下でこのグルメをいただけますので、初めて古町を散策するなら昼ご飯はこちらがおすすめです。

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟県新潟市中央区古町通8-1434-3 古町ジョイナスビル1F
【TEL】025-226-0777
【営業時間】ランチタイム11:30~15:00(月~金のみ営業)
【定休日】日

新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑧

アビーロード

新潟「古町」のおすすめ観光スポット8番目は「アビーロード」です。西洋アンティークを中心におしゃれな小物を扱う雑貨屋さんで、女性を中心に県外からも大勢の人がショッピングに訪れる古町商店街でも人気の雑貨屋さんとなっています。この雑貨屋さんのこだわりは店内に並べる商品を直接海外に出向いて買い付けしていることで、普通の雑貨屋さんには並ばないようなレアな商品が多く展示販売されています。

観光スポットのココがおすすめ!

店内には家具や食器、雑貨やアクセサリーなど幅広い分野の商品が並んでおり、おしゃれでどれも欲しくなってしまうものばかりです。ショッピングを楽しむ来店客の多くがレトロ感のある商品に興味を示しており、明治から昭和にかけて西ヨーロッパに輸出された日本製の陶磁器など、アンティークファンにはこたえられない商品も見つかります。古町商店街を散策するならぜひ立ち寄ってショッピングを楽しみましょう。

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟県新潟市中央区寄居町704
【TEL】025-228-7234
【営業時間】13:00~19:00
【定休日】月・祝日

新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑨

白山公園

新潟「古町」のおすすめ観光スポット9番目は「白山公園」です。「日本の都市公園100選」にも選ばれている都市型公園で、隣りには新潟総鎮守白山神社があります。花木や築山、池を配したオランダ風の回遊式庭園があり、季節の花々が楽しめる新潟市民の憩いの場になっています。公園内には前述の齋藤喜十郎の邸宅の一部が移築されており、「燕喜館」として一般に公開されています。

観光スポットのココがおすすめ!

この公園でおすすめなのが桜のお花見です。県内でも有名な桜の名所となっており、見頃の時期である4月中旬には県内外から多くの観光客がお花見に訪れます。特におすすめなのが「りゅーとぴあ」と呼ばれる文化会館との間に作られた空中庭園と空中回廊で、たくさんのソメイヨシノが咲き誇り、夜には桜のライトアップが行われて盛り上がりを見せます。新潟グルメをテイクアウトしてお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟県新潟市中央区一番堀通町地先
【TEL】025-225-3021
【見頃の時期】4月中旬~下旬

新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑩

香り小町

新潟「古町」のおすすめ観光スポット10番目は「香り小町」です。古町で唯一の薫香の専門店で、仏壇で使用するお線香はもちろんのこと、お茶席で使用する練香や香りを楽しむお香などいろいろな商品が販売されています。自宅の部屋でお香を焚くのもおしゃれを楽しむ方法の一つとなっており、部屋の香りに合うお香を手に入れようとおしゃれ好きな観光客が大勢買いにやってきています。扱うアイテムは何と1000にも及びます。

観光スポットのココがおすすめ!

このお店のオリジナルブランドのテーマは新潟県の花でもある「雪椿」で、商品はそのテーマに合わせたこだわりのものばかりとなっています。女性の観光客に人気なのが匂い袋で、いい香りだけでなくおしゃれ感のあるデザインがうけていますね。また、置いておくだけでもおしゃれなキャンドルや絵ローソクなども人気商品になっています。古町観光のお土産にめずらしい薫香を選んでみてはいかがでしょうか。

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟県新潟市古町通6-974-1
【TEL】025-226-7676
【営業時間】10:00~17:30(早めの閉店あり)
【定休日】水

新潟「古町」のおすすめ観光スポット⑪

新潟加島屋本店

新潟「古町」のおすすめ観光スポット11番目は「新潟加島屋本店」です。古町観光のお土産を購入するならこのお店はいかがでしょうか。新潟加島屋は安政2年創業という老舗で、鮭や筋子などを使った瓶詰の商品が有名です。瓶詰は要冷蔵ではありますが、蓋を開けなければ日持ちもしますし、自分用のお土産にもお世話になっている方への手土産にも重宝しますね。地元でもこのグルメは人気が高く、ご飯のおかずにすれば最高の味です。

観光スポットのココがおすすめ!

お土産を購入するのもさることながら、このお店で買える食べ歩きグルメも見逃せません。店内には揚げ物が数種類販売されており、特にキングサーモンのコロッケは脂ののったサーモンの風味が何ともいえず絶品です。いろいろ買って味見してみてはいかがでしょうか。また、店舗の2階のご飯処では店で販売されているグルメを使った料理などが提供されています。お土産もランチも楽しいおすすめの観光スポットです。

観光スポットは新潟「古町」のココ!

【場所】新潟県新潟市中央区東堀前通8-1367
【TEL】0120-00-5050
【営業時間】9:30~19:00
【定休日】無休

新潟観光なら「古町」を忘れずに!

ここまで、新潟「古町」エリアにあるおすすめの観光スポットをご紹介してきましたがいかがでしたか?名所巡りにグルメにショッピングにと、新潟「古町」は魅力満載の観光地です。古町エリアだけでも十分に新潟県の魅力を満喫できます。次のお休みには新潟県「古町」を散策する旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

新潟「古町」のおすすめ観光スポットが気になる方はこちらもチェック!

新潟市にはまだまだたくさんのおすすめ観光スポットがあります。こちらの記事からさらに魅力的な観光スポットを探してみてください。

Thumb新潟市のおすすめ観光スポット14選!グルメや観光地などの見所が満載! | 暮らし~の[クラシーノ]
新潟市は日本海に面した港町として栄えた場所。繁華街には、古い建物が多く残っていて、博物館など...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ