自転車旅行とは?一人旅初心者が気になる荷物や装備と旅のポイントを解説!のイメージ

自転車旅行とは?一人旅初心者が気になる荷物や装備と旅のポイントを解説!

自転車を使って旅をするのが自転車旅行です。自宅から1泊程度の小旅行から日本一周、海外まで幅広いです。初心者の方がいきなり日本一周や外国で自転車旅行をするのは難しいのですが、国内の小旅行なら荷物を整えると意外と簡単ですよ。

2019年04月27日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 自転車で旅行は可能
  2. 旅行するための自転車の種類
  3. 初心者向け自転車旅行のプランについて
  4. 自転車旅行の宿泊について
  5. 自転車旅行の天候について
  6. 自転車旅行の装備1
  7. 自転車旅行の装備2
  8. 自転車旅行の装備3
  9. 自転車旅行の装備5
  10. 自転車旅行の装備6
  11. 自転車旅行の持ち物1(基本篇)
  12. 自転車旅行の持ち物2(野営編)
  13. 自転車旅行の持ち物3(その他)
  14. 自転車旅行のポイント
  15. 初心者の自転車旅のまとめ

自転車で旅行は可能

自転車で一人旅なんて一般人からしたらかなり難しいように思えるかもしれませんが、男女関係なく初心者や一般人でもきますよ。ただし飛行機や新幹線での旅とは大きく異なりサイクリングなので自分の脚力でどうすることから初心者は特に装備や荷物を揃えたり、ルートや宿などの情報を集めてしっかりした計画を立てないといけません。女一人旅を自転車でする場合は特に安全面にも配慮が必要です。

国内は初心者でも簡単

日本国内は海外と比べ自転車での旅行が非常にしやすいため初心者の方、女性の一人旅もまずは国内の近場から始めてみましょう。海外は1つの町から町までの距離が空いていたり、海外は国次第では近づくだけで危険言われる場所もあったりしますが、日本は町から町までの距離が近く治安が非常に安定していて安全な国なので、初心者が野宿をしても女性が一人旅をしても安全。すぐにコンビニがあるので買い物から避難まで助かります。

海外について

前述したように国内とは環境、風土、治安、言葉の違いなどいろいろな問題があります。先進国以外でも自転車旅行で人気となる国もありますが、まずは外務省の渡航者向けの情報を確認するなどして目的地の情報を知りましょう。自転車海外に持ち運ぶ際は輪行できないといけないので初心者でも最低限輪行できるようになっておく必要があります。

旅行するための自転車の種類

ロードバイク・クロスバイクは初心者用

自転車の種類で言えばスポーツタイプのロードバイクやクロスバイクが人気ですが、実は旅行用の自転車としてはあまり向きません。しかし少量の荷物は装備を追加することで持ち運べるようになるので、近場での自転車旅行では十分使えると言われています。野宿ではなくちゃんとした宿に宿泊する場合、荷物の量が減らせられるのでサドルバッグやパニアバッグなどの専用のバッグを買わなくてもリュックサックだけでも旅行は可能です。

ランドナー・スポルティーフは世界一周も可能

国内のサイクリングスポットだけではなく海外のサイクリングスポットも走破したい、最終的には国内を一周、海外を一周したいという時はロードバイクでは積載能力が足りなくなるのでランドナーやスポルティーフと呼ばれるツーリング用の自転車が必要です。初心者のうちはロードバイク、国内だけではなく海外を含め本格的に旅をしたくなったら購入すれば大丈夫です。自転車が無い方は最初からランドナーを選択するのもいいでしょう。

初心者向け自転車旅行のプランについて

初心者でも楽しめるサイクリングツアー

いきなり自由な旅行ではなくプランに沿った旅行が楽しめるサイクリングツアーに参加してみましょう。何度かサイクリングツアーを参加していくうちに自転車旅行のポイントなどが分かってきますよ。例えば自分体力と走れる速さ、各種メンテナンス方法なども分かってきます。自転車がない方はレンタルできるのでロードバイクやサイクリングの魅力も分かってきます。インストラクターとも話せるのでいい勉強になりますよ。

日帰り旅行をする意味

サイクリングツアーで慣れてきたら近場で日帰り旅行してみましょう。サイクリングツアーで慣れてきたら必要な持ち物や装備なども自然と分かってきます。サイクリングツアーを経て、日帰り旅行をすることで自転車旅行の醍醐味である自分の力でどれだけ行けるのかというチャレンジもできますよ。野宿にならないように気をつけてくださいね。サイクリングツアーが50~100km程度なので片道で25~50kmに設定しましょう。

国内以外のサイクリングツアーも存在する

外国でも自転車旅行をしたい場合もいきなり一人旅するのではなくサイクリングツアーを利用してみましょう。女性でも気軽にチャレンジできるように国内外のサイクリングツアーでもインストラクターがいますよ。ツアーなら野宿ではなくちゃんとした宿に泊まるので安心してください。

自転車旅行の宿泊について

荷物と装備に関わってくる宿泊方法

ある程度自転車に乗り慣れてきたらいよいよ1泊2日の旅行をしてみましょう。ここで大切になるのが宿泊方法になります。テントや寝袋使って野宿するのかホテルや旅館、民宿を利用するのかで荷物の総量が大きく異なりますよ。テントや寝袋はコンパクトなものを使ったとしても、野宿時の快適さを優先した場合大きくなります。逆に宿泊施設利用すればテントと寝袋、調理道具などキャンプ用品が不要になるので軽いですよ。

自転車で野宿するには

自転車旅行でストイックに野宿するとなるとキャンプ道具一式が必要になります。そのため自転車だけの知識だけでなくキャンプの知識も必要になってきますよ。風向き対する設営や設営方法など多岐にわたるので初心者の方は宿泊施設を利用したほうが良いでしょう。また女性の一人旅は安全のためにも野宿より宿泊施設を利用しほうが良いと言われています。テントで泊まる場合も管理人がいるキャンプ場を利用しましょう。

野宿はグレーゾーン

Photo by nikunoki

先程キャンプ場というワードが出てきましたが、野宿する際の注意点があります。どこでも好きなように野宿していいかというと法的にグレーゾーンです。まず河川や公園は地方自治体で管理されています。このようば場所は法令や条例で占領したり、汚したり、本来の目的以外で使うことを禁止しています。可能であれば管理人(団体)がいる場所は許可を取るようにしましょう。川や山も私有地の場合も同じです。道の駅は許可を取りましょう。

自転車旅行の天候について

梅雨時期は避けないと大変

Photo by ume-y

宿泊方法に限らず自転車で走る時に毎日雨となると非常に大変です。レインジャケットやレインパンツを装着していても余分なものを一枚着るわけですから長距離になればなるほど負担になってきますよ。国内の場合は梅雨、海外の場合はスコールなどがあります。北海道は梅雨がないので走りやすいかもしれませんが、防寒対策が必要になってくるので走りやすい季節ということがポイントになります。

ウェアはこだわって選ぶ

mont・bell ストームバイカー モーターサイクリング用レインスーツ
楽天で詳細を見る

レインウェアも防寒着も着るものはこだわってください。動きやすさだけではなく蒸れないことや風を通さないことは非常に大切です。アウトドア用のレインウェアもおすすめですよ。その他の服装は動きやすいもので大丈夫です。

自転車旅行の装備1

キャリア

(MINOURA)ミノウラ キングリアキャリア
楽天で詳細を見る

キャリアとは荷台のことでスポーツタイプの自転車はキャリアを用意しないと積載能力がありません。フロントキャリアとリアキャリアがあフロントは軽いものを入れてリアは重たいものなどを入れます。日帰り旅行などの短距離ならリュックだけでも可能ですが、長時間背負うとなると体への負担が大きく、長距離だとリュックだけでは持ち運べなくなります。

キャリアに装着する専用のバッグ

自転車 バイク サイドバック
楽天で詳細を見る

キャリアを付けると専用のバッグも一緒に購入しておきましょう。価格の安いパニアバッグ、価格が高いですが高性能なサイドバックがあります。どちらのバッグもキャリアに簡単に取り付けられるので荷物を長時間背負わなくても良くなりますよ。国内だけならサイドバックとキャリアにその他の荷物をくくりつけると小旅行可能ですが海外では前後のキャリアにバッグをつけてリュックで背負ったりと非常に大変です。

自転車旅行の装備2

ボトルゲージ(ボトルホルダー)

トピーク TOPEAK モジュラーケージ ブラック ボトルゲージ
楽天で詳細を見る

自転車は体力を使うので必ず道中で水分補給が必要になって来るのですが、バックにペットボトルなどを入れておくと取り出す時に両手が必要なため不便です。ボトルゲージがあると片手ですばやくボトルが取り出せるので便利ですよ。専用のボトルを使うタイプとペットボトルを使うタイプの2種類あるので長距離の旅となると、専用のボトルよりペットボトルを使うタイプのほうがおすすめです。

専用ボトル

【CANNONDALE】(キャノンデール)ロゴ ボトル 600ml【ボトル】(自転車)
楽天で詳細を見る

専用のボトルのゲージを選んだ場合専用のボトルが必要になります。ペットボトルと比べると持ちやすかったり、すぐに取り出せキャップを開けずに簡単に水分補給できるのでツーリングには便利アイテムですが、ゆっくり走る場合はあまり専用のボトル効果がないかもしれません。高機能なボトルを選ぶと保温、保冷に対応したものもあり季節によっては専用のボトルのほうが快適な自転車旅ができます。

自転車旅行の装備3

自転車用のライト

自転車ライト 防水
楽天で詳細を見る

ママチャリ、シティーサイクル以外の自転車にはダイナモライトなどついていません。自分で買わないといけないので注意しましょう。日帰り旅行でも体力が少なく時間がかかり帰るのが遅くなった時にライトがなければ危険です。法的にもライトが無いのはNGとなるので初心者ほど安全には注意しましょう。またスポーツタイプの自転車にライトを取り付けるときは、ベルクロを使うことが多いので女性でも取り付けは簡単です。

リア用のライトを忘れずに

cateye キャットアイ ラピッドマイクロオート
楽天で詳細を見る

テールライトとも言う後部に取り付けるライトでシティーサイクルにはついていないため忘れやすい装備です。何かを照らすというわけではなく自分の存在を車などに気づいてもらうためのライトなので、目立つ赤色が一般的です。こちらも取り付けるのは簡単なので初心者だけでも大丈夫ですが、装備する時は荷物に埋もれないようにしましょう。自転車旅をする人の中には目立つように2つ取り付けている方もいますよ。

自転車旅行の装備5

スマホホルダー

スマホ ホルダー 防水
楽天で詳細を見る

地図を持っていく人は不要になる場合もありますが、スマホを地図代わりにナビ代わりにする方はスマホホルダーがあると便利です。取り付ける場所はハンドルの間なので確認しやすいのですがハンドルとハンドの間のスペースは意外と貴重でライト、サイクルコンピューターを取り付けるとギリギリなってしまうのでスマートな見た目にしたい場合は装備させないほうが良いでしょう。国内なら道がわからなけでば聞けばある程度対処できます。

モバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 世界最小最軽量
楽天で詳細を見る

スマホを地図やナビの代わりにするのであれば、宿泊先で常に充電できると限らないのでモバイルバッテリーもセットでいることを覚えておきましょう。数年前までは容量が大きくなると重たくなるので大きすぎず、小さすぎないものがベストと言われていましたが近年は技術の進歩もあり容量が大きくても持ち運びしやすいものも多いので自転車でも運びやすいですよ。

自転車旅行の装備6

ロック

ライズコーポレーション KOVIX アラーム付き U字ロック 150mm
楽天で詳細を見る

シティーサイクル、ママチャリなら付属のロックで大丈夫ですが、スポーツタイプの自転車、ランドナーなどのツーリング用の自転車はパーツ、車体共に高価なため盗難に遭いやすいです。しっかりとロックするように心がけましょう。寝ている間に荷物や装備が盗られたとしてもまだ旅そのものはできるますが、自転車がなくなるとそこで終りです。金銭的にもスポーツタイプの自転車は安くても5万円ほどするものが多いので用心しましょう。

地球ロックとは

自転車を固定物と鍵で直接つないで盗難されにくくするロック方法です。スポーツタイプの自転車の一般的なロック方法になります。高価な自転車で旅をする場合はロックの知識も必要になってきますよ。

Thumb自転車のワイヤーロックは大丈夫?気になる盗難への疑問とおすすめ17選をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
大切な自転車を盗難から守るワイヤーロック。そもそもワイヤーロックだけで大切な自転車を盗難から...

スタンド

GIZA ギザ アジャスタブル ダブルレッグ センタースタンド CL-KA56
楽天で詳細を見る

いつもより荷物や装備が増えて重たくなっているのでしっかり支えられるスタンドも必要です。ママチャリの場合はそのままでも大丈夫ですが、シティーサイクル、スポーツタイプの自転車は強度のあるスタンドに変えたほうがいい場合があります。長くて2泊程度の小旅行ぐらいなら大丈夫ですが外国など荷物が多くなるとセンタースタンドが便利ですよ。センタースタンドは全ての車種に取り付けられるわけではないので注意です。

自転車旅行の持ち物1(基本篇)

旅に必要な共通の持ち物

連泊や距離に関係なく自転車に乗るなら合ったほうが良い持ち物を紹介します。男女関係なく必要なものばかりなので、遠出をするならできるだけ揃えておきましょう。

携帯食・スポーツドリンク

ウイダーinバー プロテイン
楽天で詳細を見る

ハンガーノックと呼ばれる体の中のエネルギーが切れて体が動かなくなる状態を防ぐためにも、すぐに食べられるものを用意しておきましょう。日本はコンビニが多いですが田舎に行くとありません。固形タイプは空腹感も満たせれます。

携帯ポンプ

(Panaracer)パナレーサー PUMP ミニフロアポン
楽天で詳細を見る

遠くまで速く走るには適正な空気が入ったタイヤが必要です。携帯ポンプは万が一空気が抜けてもその場で入れ直すことができるアイテムでスポーツタイプの自転車でもチューブに装着できるのでスマートに持ち運べますよ。各種バルブに対応したものを利用しましょう。

パンク修理キット

パンク修理キット全6色
楽天で詳細を見る

パンク修理に必要な道具が一式揃ったものです。タイヤチューブをてこの原理で浮かす道具が入っているので女性でも簡単にタイヤチューブを外せますよ。チューブ交換までできるなら良いですが、できない場合は応急処置をして自転車屋に必ず行きましょう。応急処置は修理までの時間稼ぎです。六角レンチも必要になりますよ。

輪行バッグ

【あす楽】GORIX ゴリックス 軽量輪行袋
楽天で詳細を見る

体力が足りなさそうなときは輪行して目的地の近くから旅するのも1つの方法です。輪行とは自転車を少し分解して持ち運べるようにした状態で公共交通機関に乗る時に使います。スポーツタイプの自転車しかできないので注意してください。ある便利なアイテムですが初心者の方が輪行しなければならないような旅をするのは珍しいです。外国に行くときもこの状態で飛行機に載せますよ。

自転車旅行の持ち物2(野営編)

テント

ネイチャーハイク 1人用 ウルトラライト ダブルウォールテント
楽天で詳細を見る

宿泊施設を使わない場合は野宿となるのでキャンプ道具が必要になります。ただし焚き火台やバーベキューコンロなどのキャンプ道具一式ではなく必要最低限のコンパクトかつ形容な寝袋とテント、可能であればマットだけあれば大丈夫です。テントはキャンプみたいにエンジョイするのではなく寝るための道具として必要最低限の耐水圧、厚みがあればいいでしょう。ただ1人用だと荷物をテントに入れたくても入らないこともあるので2人用も人気です。

寝袋

ナンガ NANGA×KOMPASオリジナルシュラフ300DX NANGAKOMPAS029
楽天で詳細を見る

価格とメンテナンスが少し大変ですが自転車に乗せて使うとなるとダウンシュラフが理想です。ダウンシュラフはコンパクトかつ軽量で荷物を軽くしたい場合には絶対に必要な寝袋ですよ。また化学繊維より暖かいので女性にもおすすめです。対応する温度をよく確認して買いましょう。

マット

キャンピングマット
楽天で詳細を見る

持ち運べる余裕があるなら持っていったほうがいいアイテムです。キャンプ道具の一種なので野宿をしないならテントと同様に不要です。空気のみで膨らめせるタイプはコンパクトで軽量です。

ランタン・懐中電灯・ヘッドライト

DOD ポップアップランタンプロ
楽天で詳細を見る

野宿する場合明かりとなるものが必要です。ランタンはポップアップ型にすることで、コンパクトで懐中電灯としても使えるので便利ですよ。

クッカーとガス器具

スノーピーク トレック 900
楽天で詳細を見る

料理をするためのクッカーとガス器具もキャンプ用品のものはコンパクトなので持ち運びしやすいですよ。取扱店が多いCB缶タイプとコンパクトになるのですがアウトドア用品を取り扱っている店にしかないOD缶があります。

自転車旅行の持ち物3(その他)

地図

関西2輪車ツーリングマップ
楽天で詳細を見る

スマホが合ってもなくても地図があると便利です。長距離や知らない場所に行くときは用意しておきたいアイテムです。

タイヤチューブ

自転車 チューブ 700C
楽天で詳細を見る

長距離となるとタイヤチューブの交換も必要になる場合があります。自分の自転車に合ったタイヤチューブを用意しておきましょう。田舎を走るとなかなか自転車屋が見つからないものです。

着替え

二泊三日でも着替えは必要ですが長距離だからといって大量に持ち込まないようにしましょう。洗い替えと予備の3日ほどあれば大丈夫です。あとは道中で洗いながら旅をしましょう。コインランドリーも街なかには多いです。

電源タップ・変換アダプター

出典: https://www.irasutoya.com

日本国内なら不要ですが海外になるとコンセントの形状が異なることから電源タップも必要になってきますよ。電気で動くものを持っていく場合、持っていったほうが良いアイテムです。

パソコン・デジカメ・電子ブックリーダー

出典: https://www.irasutoya.com

男女関係なく必要になるのが電子機器です。旅の記録や暇つぶしに必要で海外でも使う方は多く、短距離でも必要なアイテムになりつつあります。一人旅だと仲間がいるわけではないので暇になる時間も意外と多いですよ。一眼でもいいですが、コンパクトなコンデジもおすすめです。

自転車旅行のポイント

一人旅で失敗しないためのポイント1

Photo byzhivko

初心者 日帰り~2泊程度が目安。いきなり遠くへ行かない
日本、海外一周 上級者向け、体力がついてから
自転車を盗られないように ロックは大切、できるだけ目を離さない

一人旅で失敗しないためのポイント2

Photo by3081124

時間がかかる/坂道が大変 自転車に慣れて体力がつけば大丈夫
ギアをうまく使えるようになると解消される
荷物の持ち込みすぎの可能性も
道がわからない 地図の活用、スマホの活用
地元の人に聞いてみる
野宿する場合 女性は特に治安が悪いところは気をつける
許可をできるだけ得る
宿泊 ライダーハウスを利用すると安い
漫画喫茶も利用できる

一人旅で失敗しないためのポイント3

Photo byMabelAmber

お腹が空いた・喉が渇いた 我慢せず食事休憩しましょう
そのままではハンガーノックになります
大雨 無理に走らない
ブレーキの効きが悪くなります
日焼けに注意 肌が弱い方はすぐに赤くなりヒリヒリします
日焼け止めを用意しておきましょう

初心者の自転車旅のまとめ

準備をしていたら案内どうにかなる

出典: https://www.photo-ac.com

しっかり準備したら初心者の一人旅でも日本国内なら問題なくできます。海外に行くというのは上級者になってからにしましょう。国内でも何泊もする場合自分でメンテナンス、修理ができるようになっていたほうが良いですよ。田舎はコンビニなどがなくハンガーノックになる可能性があるので自転車の破損とエネルギー不足に気をつけてくださいね。

キャンプ用品などが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のには宿泊施設を使わない時に必要となるキャンプ用品の記事から自転車のメンテナンスまで旅に必要な記事がたくさんあるのでよかったらチャックしてくださいね。

Thumb自転車旅に最適なおすすめテント10選!これなら積載にも困らない! | 暮らし~の[クラシーノ]
自転車旅におすすめのテントを10個紹介します、ソロで一人用として使用するのか、複数なのか、自...
Thumb自転車のブレーキ調整・メンテナンス方法!工具の使い方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
家でもできるブレーキの調整・メンテナンス方法を解説します。「最近ブレーキが利きにくくなった」...
Thumb自転車の反射板が義務化?法律違反だけじゃない、身を守る安全装備の知識! | 暮らし~の[クラシーノ]
自転車での夜間運転のみならず、夜間運転を行うとき必ずと言っていいほど欠かせないのが反射板。で...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ