真鍮の錆や汚れを綺麗にする方法6選!くすみや変色の原因や手入れ方法も!のイメージ

真鍮の錆や汚れを綺麗にする方法6選!くすみや変色の原因や手入れ方法も!

真鍮アクセサリーの渋い金色の輝き。おしゃれな人からの注目を集めています。でも気になるのが錆や黒ずみなどの色の劣化。真鍮のくすみや変色の原因や劣化の心配、上手な洗浄方法などきれいにするやり方をご紹介します。真鍮アクセサリーの錆などお手入れに悩んでいる人必見です。

2019年04月11日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. 真鍮について
  3. 真鍮の錆は何?原因は?
  4. 真鍮の錆汚れの洗浄方法①酢
  5. 真鍮の錆汚れの洗浄方法②酢+塩
  6. 真鍮の錆汚れの洗浄方法③重曹
  7. 真鍮の錆汚れの洗浄方法④重曹+塩
  8. 真鍮の錆汚れの洗浄方法⑤錆落とし専用クリーム
  9. 真鍮の錆汚れの洗浄方法⑥錆落とし専用洗剤
  10. アクセサリーをきれいにするときの注意点
  11. まとめ

はじめに

真鍮の変色は錆?汚れをきれいにする方法

流行りの真鍮アクセサリー。気に入って使っているうちにだんだん変色してくすみが気になってきていませんか。アクセサリーだけでなく真鍮製品は黒ずみや色の劣化が気になります。スッキリきれいにする方法はないのでしょうか。変色の原因と汚れを洗浄する方法をご紹介します。

真鍮について

まずは真鍮という金属がどんなものでできているのかを知ることで、その変色や汚れの原因がわかります。どんな洗剤を使ったらいいのか、どんなお手入れが合っているのか見えてくるでしょう。

真鍮は合金

真鍮はそういう単一の金属名ではありません。銅と亜鉛の合金が真鍮(ブラス)です。きれいな赤金色と加工のしやすさ、コストも抑えられて良いことがいっぱい。その半面銅が半分以上含まれているので、特有の黒緑色の汚れ(錆)が付きやすいのが悩みのタネですね。

真鍮の硬さ

この金属をお手入れするには、その硬さも頭に入れておいた方がよいでしょう。お手入れするときに傷ついたりしたら大変です。特に大切な置物や指輪やネックレスなどアクセサリーは磨き傷が目立ってしまうとがっかり。先ほど加工がしやすいといいましたが、真鍮は柔らかな金属です。あまり固いブラシでゴシゴシこするとすぐに傷がつきます。磨き専用クロスなどを使うのが磨き方のコツです。

真鍮が使われている物

アクセサリーで真鍮という金属の名前を知ったという人も多いでしょうが、意外と古くからあちこちで使われています。たとえばドアの取っ手。抗菌作用がある金属なので多くの人が直接手を触れるドアノブによく使われています。他にも多いのが、その美しい赤金色を利用した置物です。

真鍮の錆は何?原因は?

金属変色の原因

真鍮製品が劣化して黒く変色する原因は、ただのホコリ汚れがたまったものではなくて錆。だからただ拭いただけでは落としにくいです。磨き用クロスであればそれなりにきれいにすることができます。それだけでは完璧にきれいにはならないので、ちゃんとした磨き方をするには洗浄剤が必要。

ロクショウは銅に発生する錆

金属の汚れや変色の原因といえば錆。真鍮の汚れもほとんどが錆汚れです。銅と亜鉛の合金なので10円玉につくような錆(ロクショウ)が付きやすいです。ロクショウといえば一昔前は有毒物質と思われていました。最近では毒性はないと厚生省からも発表されてそんな話も聞かなくなりました。もし、毒だから怖いと思われている方がいたらどうぞご安心ください。安心して手で触れることもできます。

真鍮の錆落としは手袋をして

錆をきれいにするには酸性の液を使用することもあります。洗浄剤は皮膚には刺激がある場合がほとんどです。ゴム手袋などを着用して手の皮膚をしっかり保護をするのはお忘れなく。

真鍮の錆汚れの洗浄方法①酢

さて、それでは早速真鍮の錆汚れをきれいにする方法を見ていきましょう。まずは身近なものを使って簡単に落とす方法から。程度の軽いものならこれでくすみの膜が取れ、金属の劣化の心配なく美しい色が戻ってきます。

酢でのくすみのお手入れ

それではおすすめの酢でのお手入れ方法です。用意するものは酢(穀物酢、醸造酢何でも可能)、洗浄するものがすっぽり入る容器、水道水、柔らかな布数枚。①まずは真鍮についたほこりなど布で拭いて落ちるものは落としておく。②容器に酢を入れ真鍮製品を2分ほど漬け込む。③取り出して柔らかな布で磨く。④落ちきらない場合は2と3を繰り返す。⑤真水でよく洗って最後に布で水分をよくふきとり完成です。

酢洗浄後の注意点

サビーヌブラス 200g 銅真鍮用防錆剤
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

酢に漬けて洗うのは金属の劣化もなくくすみを取る効果的な方法です。注意点はよく酢を洗い流すこと。そのままにしておくと酢のせいで赤くまだらに変色します。また、酢だけに限りませんが一度きれいにしても時間経過と共にまた錆が付きます。適度な変色は真鍮の味でもあるのでそれがお好きな方も多いでしょう。変わっていく様子を観察するのもひとつの楽しみ方ですが、気になる人は変色を止めるコート剤を塗布してください。

真鍮の錆汚れの洗浄方法②酢+塩

しつこいくすみには塩をプラスしたお手入れを

ゴールドでもなくプラチナでもなく真鍮が好きという人は、均一にピカピカではない、少しまだらになったアンティークな渋い色みがお好みの方が多いでしょう。酢を使った洗浄方法は金属の劣化や傷も付きにくいおすすめの方法ですが、一度徹底的にきれいにする場合は塩を研磨剤の代用品として足します。

酢と塩の汚れ落とし方法

酢を塩に混ぜてざらざらしたペースト状にします。それを使って真鍮製品を磨いていきましょう。塩の粒が研磨剤になって隙間の汚れを落とし、酢がくすみの膜を剥がします。指ややわらかな布に付けて強くこすりすぎないように注意して行ってください。塩が残るのは金属にとって良くないのでこちらも洗い終わったらしっかり真水で洗浄、乾燥させて仕上げます。

落ちにくい部分は歯ブラシや爪楊枝でお掃除

細かい溝などに酢と塩をまぜたペイストが入り込んだときは、歯ブラシや爪楊枝でしっかり取り除いてください。歯ブラシを使うときは傷つける心配がありますのでできる限りそっとソフトに動かします。

真鍮の錆汚れの洗浄方法③重曹

変色劣化を重曹でクリアに

重曹は料理に使えるだけでなく掃除にも便利な薬品として人気です。真鍮の汚れにも効きますよ。やり方は酢と塩を使った方法と同じ。酢の代わりに水を、塩の代わりに重曹を使います。

混ぜ合わせる量の目安

分量は小さなアクセサリーならほんの少しの重曹がベトベトの状態になる程度の水数滴。大きな置物などをきれいにするには、大さじ2くらいを掃除に使ってもいいような小皿の上で水数滴で溶いて使うとやりやすいです。

洗い方はゴム手袋使用やわらかいブラシで

使い捨て手袋 手にやさしい 手荒れしにくい ゴム手袋 ベルテ717
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

金属を洗うときは基本的にゴム手袋着用がおすすめです。洗剤のこともありますし、汚れが手につくのを防いでくれます。こちらも細かい部分はやわらかな歯ブラシを使用してくすみを落としを。子供用の小さくて毛がやわらかなものが良いでしょう。

クエン酸で代用も可能

重曹はないけれどクエン酸があるというご家庭もあるでしょう。重曹とクエン酸は別物ですが、真鍮のくすみに対する効果はほとんど同じ。代用品としてクエン酸や同じ成分のレモン汁でもきれいになります。

真鍮の錆汚れの洗浄方法④重曹+塩

重曹で落ちないときは塩と合わせてお手入れ

酢に塩を入れて磨いたように、重曹と塩を足しても研磨効果がプラスされた洗浄剤になります。磨きすぎず不自然な色にならないようにきれいに汚れを落とすので便利です。

重曹洗浄をもっと効果的にするアイテム

重曹だけでもきれいにすることはできますが、もっと早く手軽に洗いたいときは石鹸や台所用洗剤を少しだけ足します。錆だけでない普通の汚れを落とすにはやはり洗剤の方が効果的。汚れの種類に合わせて的確な汚れ落とし剤を選びましょう。もちろん洗ったあとの乾燥は錆が再び付かないように予防するために、絶対に忘れずに。

真鍮の錆汚れの洗浄方法⑤錆落とし専用クリーム

真鍮のくすみ落としには専用クリーム

ピカールケアー 金属磨き 汚れ落とし
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

酢や重曹でもくすみ落としは可能ですが、短時間に効果的に落とすにはやはり専用のクリームを使うのが一番です。真鍮製品がたくさんある、頻繁にお手入れをするというときは専用磨き剤を買って持っていると用意するものも少なくすぐにピカピカに。真鍮意外の金属にも対応しているものなら、家中の金属錆に使えて役に立ちます。

専用クリームの使い方

出典: https://www.amazon.co.jp

磨きクリームの他に、やわらかな布を用意しましょう。金属に直接付けずどこかに適量出したものを布につけてからこするとムラにならずに仕上がりがきれい。みがき布が汚れてきたらきれいな面に変えながら新しくクリームを付けて掃除します。最後に新しい布でやさしくクリーム成分をふきとり仕上げます。新品のような美しさが戻ってきますよ。

真鍮の錆汚れの洗浄方法⑥錆落とし専用洗剤

研磨せず化学反応で落とすから傷つけない

ブラスケア 銅・真鍮用メンテナンス剤
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

塩や重曹などはある程度の化学反応はあるものの、メインは研磨での汚れ落としです。酢はくすみの膜を取る働きがありますが専用の洗剤ではないので効果はそこそこ。プロが行ったようなきれいな仕上がりを求めるなら、真鍮専用の洗浄剤で洗いましょう。こする必要がないので手軽で、傷も付きません。

汚れのひどいものはつけ置きで

出典: http://www.pro-chemi.com

使い方は洗浄液をつけて酸化皮膜を剥がすようにしましょう。洗剤をひたした布やペーパーで湿布したり、そのまま漬け込んでも。漬け込み時間は数十秒から数分。漬けすぎは厳禁です。専用の容器に液を入れておき何度か繰り返し同じ洗剤を使うことができます。古くなってくると漬け込み時間がかかりるようになります。落ちなくなったなと感じたら新しい液と交換しましょう。

アクセサリーをきれいにするときの注意点

真鍮アクセサリーの劣化

アクセサリーの劣化の主なものは作りに問題があります。酢や重曹などでは劣化することはありません。洗剤類も専用洗剤も規定の範囲内で使う分には心配いらないでしょう。リングなどの丸いものを作るときに金属を接合するロウが汚れによって黒く変色、洗剤などではその汚れが落ちないため劣化したと感じます。どうしても気になる場合は貴金属店に相談してみましょう。

真鍮アクセサリーの傷に注意

塩を使った方法で特に注意するのが、こすることによってできる金属の細かな傷です。傷がついてしまうことにより、今後つく汚れが落ちにくくなることにもなりかねません。やわらかな金属ですのであまりゴシゴシこするのは厳禁です。傷つきやすいものとよく理解した上で、やさしく汚れだけを落とすようにするといつまでもきれいな状態で使えます。

いつもきれいにするにはこまめなお手入れを

真鍮に限らず金属は空気にふれることで大なり小なり酸化します。これは避けることができないもの。ただ真鍮はそれが目立ちやすいので小まめなお手入れが必要。人の汗はとくに原因になります。水分、塩分は拭いただけではきれいに落ちないので、超音波洗浄機などで隙間まで洗ってあげると良いでしょう。その際も洗ったあとはしっかり乾燥させます。

まとめ

真鍮の錆落としは簡単!

出典: https://pixabay.com

金属の汚れは専用のクリーナーや洗浄液が必ず必要というわけでなく、身近にあるものやドラッグストアで安く買えるものできれいにすることができます。置物やアクセサリーをいつまでも美しいまま使うには、日頃のお手入れも重要ですね。黒ずみやくすみがひどくなる前に、いつでもきれいにするようにしましょう。

真鍮や金属汚れが気になる人はこちらもチェック

真鍮で作れるおしゃれなアイテムの作り方、錆落としや錆止めの方法を解説しています。こちらも合わせて御覧ください。

Thumb焼印を自作しよう!真鍮で作る簡単焼印の作り方4つのステップをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
真鍮の焼印を自作出来るのはご存知でしょうか?DIYやレザークラフトをされている方なら一度はや...
Thumb錆転換剤とは?錆止め・錆落としに使える便利な塗料の特徴と使い方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
鉄板などが朽ちてしまう原因の赤錆。反対に黒錆は錆の侵食から守ってくれます。錆落とし代わりに錆...
Thumb金属研磨材「ピカール」の使い方!その種類や用途に合わせた使い方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
金属研磨材「ピカール」は黒ずんだ金属に使用する研磨剤として有名です。プロの業者も使用するほど...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ