ピーナッツを食べ過ぎたら?健康に与える影響とピーナッツの効果・効能を解説!のイメージ

ピーナッツを食べ過ぎたら?健康に与える影響とピーナッツの効果・効能を解説!

お酒のおつまみにもよく食べられるピーナッツ。ついつい食べ過ぎてしまうこともあるのではないでしょうか。今回はそんなピーナッツをたくさん食べ過ぎるとどうなるのかということをピーナッツの効果や効能、栄養分や消化についても触れてご紹介します。

2019年03月20日更新

ryuuryuu.rrr
ryuuryuu.rrr
よろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ピーナッツを食べ過ぎたら?:はじめに
  2. ピーナッツについての基本的情報
  3. ピーナッツの種類
  4. ピーナッツの栄養分
  5. ピーナッツを食べ過ぎたときの問題:消化
  6. ピーナッツの食べたときの効果・効能
  7. ピーナッツの効果・効能1:ダイエットに期待
  8. ピーナッツの効果・効能2:アンチエイジング
  9. ピーナッツの効果・効能3:二日酔い防止!
  10. ピーナッツの効果・効能4:勉強にも良い!
  11. ピーナッツの食べ過ぎに注意:病気
  12. ピーナッツの食べ過ぎに注意:アレルギー
  13. ピーナッツの食べ過ぎに注意:ナッツアレルギーの危険性
  14. 日本でのオススメピーナッツ
  15. ピーナッツを食べ過ぎたら?:おわりに

ピーナッツを食べ過ぎたら?:はじめに

出典: https://www.photo-ac.com

ピーナッツと聞くとよくおつまみとして柿ピーや、落花生という名前として食べられていますね。ついつい食べ過ぎてしまうピーナッツには意外にカロリーや効能があり多くの成分も含まれているのです。では病気のなりやすさとピーナッツの食べ過ぎは関係してくるのでしょうか。ここからはピーナッツというものについての栄養・効能・食べ過ぎでの影響などをご紹介します。

ピーナッツについての基本的情報

出典: https://www.ac-illust.com

基本情報としてピーナッツとは「ラッカセイ(落花生)」のことを言う名前で、マメ科の植物です。もともと夏に黄色い花を咲かせる植物で受粉後数日で子房が地中に潜り込みそこが膨らんで地中でラッカセイができます。普段食用として食べているピーナッツは殻のままか、殻をむいて炒めたものや、バターを絡めたものが販売されていることが多いです。

ピーナッツの種類

出典: https://www.ac-illust.com

今回紹介しているピーナッツはいくつか種類があるのをご存知ですか?ピーナッツはその一粒の大きさによっていくつか種類わけがされていますが、世界の中には「ヴァージニア」「スパニッシュ」「バレンシア」の3種類がありますが、日本で多いのはこのヴァージニアタイプです。このヴァージニアはこの中でも一番大きい粒のもののことです。一番大きく食べごたえがありますが、その分もちろんカロリーも高いようになっています。

ピーナッツの栄養分

出典: https://www.photo-ac.com

じつはピーナッツは意外とカロリーや栄養があるものなのです。食べやすいのに意外とカロリーが高く多くの効能や影響があり、健康食品としても注目されています。普段から生活習慣病や太り過ぎなどを予防するためにもピーナッツを食べている人もいるほどピーナッツには意外なパワーが秘められているのです。ここからはそんなピーナッツの栄養素や消化の度合いについてご紹介します。

ピーナッツの栄養分1:タンパク質

出典: https://www.ac-illust.com

ピーナッツにはタンパク質が100gあたり27g含まれています。この量は意外と多い量で、ピーナッツのように小さく食べやすいものでは手軽にタンパク質が取れるので重宝します。タンパク質は人間の源のようなもので、骨や筋肉、血液など基本的構造を作るために非常に重要な栄養分です。健康を維持するだけでなく筋肉などをつけやすいという効果もあります。しかし食べ過ぎには注意しましょう。

ピーナッツの栄養分2:脂質

出典: https://www.ac-illust.com

脂質は100gに49g含まれており、これは非常に多い量です。一見脂質なので、脂肪分と考え健康に悪い影響を与えるのではないかと考えるかもしれません。しかしピーナッツに含まれている脂肪分は動物性脂肪ではなく植物性脂肪でその中の成分にはオレイン酸やリノール酸など不飽和脂肪酸が含まれています。これは太りにくい脂肪なので太ることは少なく安全簡単に健康的にカロリーを摂取できます。かといって食べ過ぎると食部制の脂肪でも太りますので注意しましょう。

ピーナッツの栄養分3:ビタミン

出典: https://www.ac-illust.com

あんなに小さいのにピーナッツにはビタミンも豊富に含まれており、その中のビタミンBという成分は炭水化物嫌脂肪分、タンパク質の代謝を助け、疲れを取りやすく効果や影響があります。ビタミンEは抗酸化作用があり、体内の不純な酵素を除去してくれます。結果老化防止やアンチエイジングの効果が期待できます。ビタミンも栄養素だからといって食べ過ぎると過剰になり、肌荒れやニキビの原因にもなりますので注意しましょう。

ピーナッツの栄養分4:ミネラル

出典: https://www.ac-illust.com

さらにピーナッツの中には豊富なミネラル分も含まれています。ミネラルにはナトリウムやマグネシウム、カルシウムがありますが、ピーナッツはその中でもマグネシウムや亜鉛、銅の含有量が多く含まれています。マグネシウムは神経系に作用し精神状態を落ち着けるような効果があり、亜鉛は代謝や免疫など体内の働きをサポートする役目があります。銅は血液を作る働きがあり、貧血防止の効果もあります。

ピーナッツを食べ過ぎたときの問題:消化

ピーナッツを食べ過ぎることで病気にはなるのでしょうか。食べ過ぎるとよく腹痛や下痢になるという話がありますよね。実際ピーナッツを食べ過ぎると本当に下痢になるのでしょうか。消化のしやすさなどはどのくらいなのでしょうか。ピーナッツ等のナッツの仲間は消化のしやすさではそんなにで、大量に食べると消化が間に合わなくて、お腹を壊すことがあります。その原因として栄養分がありすぎて消化しきれないということもあります。

食べ過ぎたピーナッツを消化しやすくするには

ピーナッツは消化が悪く、その原因は含水率です。生のものでも6%前後ですし、炒ったものならより少ない2%ほどしかありません。そのためにもお酒のつまみで食べるのは水分も取れてよいかもしれませんね。効率よく水分を取り消化しやすくし、なおかつ食べやすくするには料理に使用することがオススメです。普段のサラダなどに混ぜ込んでもよし、ピーナッツの加工品であるピーナッツバターなどで消化を良くしてもいいかもしれませんね。

ピーナッツの食べたときの効果・効能

出典: https://www.photo-ac.com

ここまで紹介してきたようにピーナッツは小さいけれどその一粒にはたくさんの栄養素が詰まっており、とても重要な植物由来の食べ物だということがわかったと思います。カロリーが高い割に血糖値を上げにくく太りにくい性質を持っていたり、ビタミンやミネラルも豊富だったりと健康に良い影響を与えてくれるのでしょうか。ここからはたくさんの栄養素がつまったピーナッツを実際に食べることによりどんな効果があるのかをご紹介します。

ピーナッツの効果・効能1:ダイエットに期待

先ほども述べたようにピーナッツは非常にカロリーが高い食べ物なのです。一見太りそうに聞こえますがその成分は不飽和脂肪酸が多く、血糖値が上昇しにくく太りにくい脂質なので、ダイエットに向いています。しかし、ダイエットに向いていると言って食べ過ぎるのではなく食べる時間には気をつけましょう。夜はカロリー消費が落ち血糖値が上がりやすいので食べることはオススメしません。また。ピーナッツと一緒に他のものやお酒をたくさん摂取すると結果的には血糖値は上がるので意味はありません。

食べ過ぎでは太る? ダイエットするためには!

出典: https://www.ac-illust.com

ピーナッツには100gで562Kcalと意外と高カロリーの食品だということがあります。一見食べ過ぎると健康とは逆に病気になったり太ってしまうのではないかというイメージがあるかもしれませんが、正しく摂取することでダイエットにもつながります。ピーナッツはカロリー的にも1日25粒がちょうど良いとされており、その効能としては血糖値を上げにくいという特徴があります、食後に血糖値が急上昇するとその血糖値を下げるため脂肪が形成されるのです。ですので血糖値が上がりにくいということは脂肪ができにくいということにもつながります。

ピーナッツの効果・効能2:アンチエイジング

ピーナッツの強い抗酸化作用はアンチエイジングに効果があるとされています。ビタミンEは体内での細胞に良くない活性酸素という体に悪いものを除去する役割があります。また、ビタミンB1,B2には新陳代謝などを促進する効果もあり、肌や髪などの成長を促し健康に保ってれます。また、上記にも記載した不飽和脂肪酸は体内の悪玉コレストレールのみを除去する働きがあり性買う習慣病などの予防にもなる健康に良いものなのです。

ピーナッツの効果・効能3:二日酔い防止!

ピーナッツの中に含まれるビタミンB3という栄養素は別名「ナイアシン」とも呼ばれ二日酔いに効くと言われています。ナイアシンはアルコール自体の分解を促す効果がありお酒のおつまみにもぴったりの食べ物です。また二日酔いの原因でもあるアルコール分解後のアルデヒドも分解してくれます。しかし、食べ過ぎてもナイアシンの分解には限度があるので食べ過ぎで異常に分解されることなどはありません。

ピーナッツの効果・効能4:勉強にも良い!

出典: https://www.ac-illust.com

健康だけではなく勉強など学習活動にもピーナッツが良いとされています。この理由は栄養素の中のポリフェノール&薄皮に含まれるレシチンです。レシチンは脳神経や神経組織のもとで、アセチルコリンという神経伝達物質の材料なのです。また、ポリフェノールには脳の血管の血流促進などの効果もあり、記憶力や学習能力の調子が良くなるので勉強のお供には最高と言えます。
 

他にもピーナッツには驚きの効能が!

ピーナッツ食後の血糖値に変化がないことから糖尿病やほかの高血糖値で合併してくる病気を予防する効果があると言われています。血糖値はピーナッツを食べてもあまり変化せず、さらには抗酸化作用が大きいので、色々な病気を予防してくれますが、その中でも薄皮に多く含まれている「レスベラトロール」という栄養素が体の臓器や組織に膜のように広がり保護してくれるのです。これにより高血糖値で発症する病気を予防してくれるといいます。

ピーナッツの食べ過ぎに注意:病気

これまでピーナッツは体に良い成分ばかりだということをご紹介してきました。しかし、どんなものも食べ過ぎは良くありません。ピーナッツの食べ過ぎではどのような病気になりやすく、どのような影響があるのでしょうか。病気になりやすくなるなら健康食品とは言えませんよね。ここからは食べ過ぎの場合のデメリットやリスクについてご紹介します。

食べ過ぎで影響する病気1:腹痛・下痢

病気までとはいませんが、よく言われるのがこの腹痛や下痢です。ピーナッツを食べ過ぎるとよくお腹を壊してしまうことにつ上がると言われています。これはなぜなのかというとピーナッツの多すぎる栄養分です。ピーナッツを食べ過ぎると栄養が吸収・消化しきれず腹痛を起こします。またその食物繊維が多すぎるため下痢になることがあるようです。

食べ過ぎで影響する病気2:鼻血

こちらも病気とまでは言えないかもしれませんが、よくチョコレートやピーナッツを食べ過ぎると鼻血が出るといいますよね。実際にピーナッツは上記で示したように栄養がたっぷり含まれているので鼻血も出てもおかしくはありません。しかし、この話には医学的な証拠や根拠はまだ見つかっておらず、迷信のようなものです。実際には食べ過ぎるからといってすぐに鼻血が出るようなことはありません。ですのでこの話はあまり信憑性はないと言えます。

食べ過ぎで影響する病気3:肌荒れ

ピーナッツの食べ過ぎでニキビができたりなど肌荒れにつながるということを言われています。しかし実際はどうなのでしょうか。確かにピーナッツには脂質やカロリーが豊富に含まれており、これはニキビの原因です。実は加工しているピーナッツはバターが絡めてあり余計な脂質が加えられています。通常の加工されていないものは肌荒れになりやすいことなどはないのです。このように食べ過ぎたからと言って重い病気などになることは現在解明されていません。

ピーナッツはカビに注意!

日本産のピーナッツは大丈夫なことですが、外国からの輸入産のピーナッツはごく稀に保存状態が悪くカビが生えてしまっていることがあります。それが「アフラトキシン」というものです。これは主に皮の部分に発生するカビで強力な発がん性があることで有名です。このカビを食べてしまうといろいろな病気のリスクがあるので大変危険ですよね。外国産のピーナッツは食べる際は十分気をつけましょう。また怖い場合は皮は取るようにすると良いでしょう。

ピーナッツの食べ過ぎに注意:アレルギー

出典: https://www.photo-ac.com

多くの食べ物にはアレルギーというものが存在します。食物のアレルギーはある特定の食べ物に反応し、その食べ物を免疫が受け付けないため体内で過剰に免疫反応が起き、自分自身の体に様々な症状を起こしてしまうのです。主なアレルギーの際の症状はこのようなものがあります。
・全身に湿疹が現れ消えにくい
・食べた後口の中や周りがかゆい・痛い
・食べた後の運動後に蕁麻疹や咳が出る。
・嘔吐や下痢の症状が生じる

このような症状が出る場合はその食べ物にアレルギーがある場合が多いです。
 

【ピーナッツの食べ過ぎ】食物アレルギーの仕組み

出典: https://www.miraizaidan.or.jp

ナッツアレルギーのように食べるもので体が拒否反応を起こすアレルギー反応は特定の食物を口からや経口から摂取することで通常では何も起こらないはずが、体内の免疫システムが過剰に反応し、原因となる物質を攻撃することにより体にアレルギ反応が現れるのです。これは、食べ物の中でもタンパク質の構造が鍵と言われており、ナッツアレルギーの場合はピーナッツのタンパク質に対して免疫が過剰に働いてしまうことを言います。

ピーナッツの食べ過ぎに注意:ナッツアレルギーの危険性

出典: https://www.photo-ac.com

上記で紹介した食物アレルギーは軽いものから重いものまでいろいろありますが、ピーナッツやアーモンドなどの「ナッツアレルギー」は特に重症と言われています。耐性を持ちにくいとされており、幼少期に発症すると大人になっても治りにくいという特徴があります。アレルギーの場合の治療法もありますので、自分がピーナッツアレルギーなのかどうか心配な人は病院に検査に行くのも良いかもしれません。

日本でのオススメピーナッツ

出典: https://www.photo-ac.com

これまではピーナッツの豊富な栄養や効果・効能とともに、食べ過ぎた場合の影響やや病気になる可能性など様々なことをご紹介してきました。では実際にどのようなスライムがおすすめなのでしょうか。しかし、消化の良さやアレルギーには十分注意しましょう。自分の炒めたり加熱したりしたい場合は生タイプを購入することをおすすめしますし、またお酒のお供にするなら渋皮つき、そのままお菓子として食べたいなら味付けのものなど様々な選び方があります。
 

千葉半立

出典: https://suzuichi-s.co.jp

落花生の生産が日本でもとても多い千葉県の代表落花生の一つ、濃厚で香ばしいのに甘みが強くクリーミーな味を誇る最高品種です。しかし欠点としては最高品質が故に高価格となっており、見た目も殻に黒い斑点ができることが多く、あまり良くありません。知る人ぞ知る美味しいピーナッツと言えるでしょう。

ピーナッツを使った簡単料理をご紹介!

ピーナッツを単体で食べることが少ないという人や料理に一手間加えてピーナッツ料理を作りたいという人などにもおすすめなのがピーナツを使った簡単料理です。ここではおつまみになるような品と汎用性が高い一品をご紹介します。

ほうれん草のナッツ和え

まずは簡単でなおかつすぐに食べれるような料理ができると良いですよね。本連想との相性も抜群で、栄養価も高いのでおススメです。まずはホウレンソウやニンジンなどはしっかり水洗いしておきましょう。そのあと本連想を熱湯でさらっと茹で、水に浸しておきましょう。そのあとほうれん草を3cmほどずつに切り分けます。にんじんは皮をむいたら細めに切り熱湯で茹でます。人参もそのあと同じように水に浸しておきましょう。この後油揚げを中火で焼き目ができるくらいに焼き、最後に材料全てを混ぜて完成です。

材料

ほうれん草 1/2束
人参 1/8本
油揚げ. 1/4枚
ピーナッツ粉末 大さじ2
酒 小さじ2
みりん 小さじ 1/2
砂糖 小さじ1
醤油 小さじ2

ほうれん草のピーナッツ和え【動画プラス】 by ひまわり娘 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが306万品

手作りピーナッツバター

パンに塗ってもよし、他の料理に混ぜてもよしの使い勝手が非常に良いのがピーナッツバターです。これは作り方も非常に簡単ですし、そのあとの汎用性も高いので一度作ってみてはいかがでしょうか。作り方としてはまずはピーナッツの粒感がほとんどなくなるくらいにミキサーやすり鉢などを使ってピーナツを粉々にします。この際にピーナッツをどれくらい細かくするかによってバターの舌触り感が変わってきます。この後にはちみつや塩を加えペースト状になるまで混ぜます。これで完成です。

材料

ピーナッツ 120g
ハチミツ 大さじ3
塩 少々

ミキサーで簡単♡ 手作りピーナッツバター by 蒲生 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが306万品

ピーナッツを食べ過ぎたら?:おわりに

出典: https://www.photo-ac.com

このようにピーナッツは高いカロリーや良い栄養・成分もたくさんあり、食べ過ぎない限りはいろいろな効果効能があり、健康を保てるような食物です。しかし食べすぎると肌荒れや下痢などの病気に悪い影響もあるので注意しましょう。またアレルギーもあるので、少しでも異常が出た場合は食べるのはやめて治療しましょう。たくさんの種類や食べ方があり非常に面白い食べ物ですが、海外の輸入品などを食べる際は皮も含め状態を確認して食べるようにしましょう。

ピーナッツが気になる方はこちらをチェック!

出典: https://www.ac-illust.com

今回はピーナッツの特徴から食べ過ぎた倍のリスクや病気、ピーナッツを適量食べた場合の効果や効能などについてもご紹介してきました。他にも同じナッツ科のアーモンドについての記事やココナッツオイルについてなどはこちらからチェックできます。

Thumbアーモンドプードルを使った簡単レシピ7選!おいしいお菓子の作り方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
お菓子作りレシピで目にするアーモンドプードルの文字。アーモンドプードルの意味とその使い方をご...
Thumbアーモンドの育て方!種まき~収穫まで栽培に大事な6つコツをご紹介 | 暮らし~の[クラシーノ]
健康や美容によいアーモンドを栽培してみませんか。大きめの鉢植えで育てることやマンション住まい...
Thumbココナッツオイルのおすすめの使い方とは?効果・効能含めてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
ココナッツオイルの使い方をご存知でしょうか?多くの有名人が愛していることで、沢山の方が参考に...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ