かねのなる木の育て方や花言葉を徹底解説!お金にまつわる縁起の良い観葉植物のイメージ

かねのなる木の育て方や花言葉を徹底解説!お金にまつわる縁起の良い観葉植物

金運がアップする縁起の良い植物と言えば、「かねのなるき」です!観葉植物を育てるのが初めて!という方にも簡単に育てることが出来るため、初心者にもとってもおすすめです。今回はかねのなるきの育て方から名前の由来、お金の話まで詳しくご紹介いたします。

2019年04月12日更新

plumini
plumini
20代後半2児の母です。学生時代には野外キャンプのサークルに所属していました。現在は子どもに野菜を食べてもらうため、一緒に家庭菜園に挑戦中です!家族旅行も趣味なので、色々な所へ行く計画を立てています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. かねのなるきとは
  2. かねのなるきは銭の花
  3. かねのなるきの育て方
  4. かねのなるきの増やし方
  5. まとめ

かねのなるきとは

かねのなるきは、日本の和名を『フチベニベンケイ』と言い、ベンケイソウ科の植物です。よく耳にするのは、「金のなる木」や、「花月(カゲツ)」として有名で、「成金草」と呼ばれることもあります。お金の銭のような丸い葉や花の色も種類によってさまざまな種類があり、お好みに添って育てることが出来ます。

かねのなるきは多肉植物

植物を愛でるというと、観葉植物が思い浮かびますが、最近世界中では多肉植物の人気も高まってきました。観葉植物とは、葉を楽しむ植物です。多肉植物は、茎や葉に水分を貯めるためぷっくりとした葉が特徴的な植物です。葉は水筒のような役割を担っているため、多肉植物は乾燥にも強く、植物の中でも育てやすことで有名です。

かねのなるきは銭の花

かねのなるきと聞くと、とても興味深いですよね。かねのなるきとは、多肉植物特有の肉厚のある、ぷっくりとした可愛くて丸い葉が5円玉の銭に似ていることから金のなる木と命名されました。金のなる木や、成金草と言われるほかにも「銭の花」とも呼ばれています。外国語でも「ダラープラント」や、「マネーツリー」と呼ばれています。

金のなる木とお家

金のなる木という縁起の良い観葉植物をお家に置くのには、風水の意味を見ながら設置場所を考えると、風水との相乗効果でますます金運アップにつながります。金運の風水の方角は、「南東」です。葉が丸い形をしているため、人はリラックス効果が得られます。また、葉は上を向いているので、「陽」の性質を持っており、活発な気を発生させます。金のなる木の設置場所は南東で、人が集まるリビング、トイレや浴室に置くのがおすすめです。

成金草と呼ばれる由来

かねのなるきを植えて、新芽の時期に、5円玉の銭を新芽に通します。通したまま抜かずに成長し、枝に銭がなっている状態で成金草として販売され、縁起の良いものとして売ることが一時期大流行しました。銭をはさんだまま販売されたことから、「成金草」や「お金がなる木」というネーミングから縁起の良いぞということで、今でも成金草と呼ばれています。

かねのなるきの種類

かねのなるきには、約6つもの種類があります。それぞれによって、花の色や葉の様子が違っているため、育てる人の好みによって植え分けることが出来るのも楽しみの一つです。最もポピュラーなものは、花月です。育て方も簡単で、肉付きの良いふっくらとした葉が特徴ですが、花の実りが難しいため、花を楽しみたい方にはほかの種類がおすすめです。

花を楽しみたい方におすすめな種類

可愛らしい花を楽しみたい方には「満天の星」や、「紅花月」がおすすめです。満天の星は、花が実りやすく改良された新種です。星形のピンクの可愛い花が密集して咲きます。紅花月(桜花月)も、花が咲きやすい種類で、ピンクの可愛い花を楽しむことが出来ます。秋頃には、葉先も赤くなり紅葉も楽しめます。

葉を楽しみたい方におすすめな種類

当初は葉を楽しむ観葉植物として知られていたかねのなるきです。成金草の丸く、青々とした深緑を楽しむのには「花月」ですが、花はつきにくい品種です。「黄金花月」は、秋ごろになると、葉先が黄色くなり、金色に輝くことから縁起の良いといわれています。葉に白い筋が入っているものあり、柔らかい雰囲気を楽しむのなら「艶姿」がおすすめです。コンパクトに育てたい方には大きくならない「姫花月」をおすすめします。

かねのなるきの花言葉

金のなる木の花言葉は、「一攫千金」、「富を得る」、「幸運」です。成金草と言われるようにお金の巡りが良くなるということから、開業祝や新居祝い等のお祝い事の贈り物としても人気があります。銭の花とも言われるように、金のなる木とお金には深いかかわりがあります。

かねのなるきの育て方

かねのなるきは、育て方や植え替えも簡単で、初心者にも育てやすい観葉植物だと言われています。また、かねのなるきは、縁起の良い多肉植物として有名で、ふっくらとした茎や葉にたくさん水分を蓄えることが出来るため、乾燥に強く、水やりの頻度はそこまで多くはなく多少乾燥していても丈夫に育ちます。かねのなるきの育て方を詳しくご紹介します。

かねのなるきを植えよう

かねのなるきを植えるには、春と秋の気温が安定している時期に植えます。かねのなるきは園芸店やネットでポットで売られているので、育てたいかねのなるきのサイズに合った鉢を用意し、多肉植物用の土を入れて植え替えましょう。昔は5円玉の銭がついて売られていましたが、現在ではお金の銭を付けた状態で売られているものはほとんどありません。まだ小さい株のものは、自分でお金の5円玉の銭を通して育てるのも風情があります。

かねのなるきの植え替え

かねのなるきは育てていると鉢一杯に根を張るので、根詰まりする可能性があるため、、2年・3年に1回は新しい鉢への植え替えが必要です。根についた古い土を手で優しく取り、腐っている根があれば切り取り、新しい土が入っている鉢へ植え替えます。園芸用の土は水はけが良くなく根腐れの原因となってしまうので、多肉植物用の土がおすすめです。もし、見つからない場合は観葉植物用の土も代用も可能です。

かねのなるきの剪定

かねのなるきは小さい鉢でちまっと育てられる品種から大きくなる品種があります。大きくなった株は風通しがよくなるように、葉や枝を剪定します。新芽が出ていたら、上のほうの枝を切り取ります。切った枝は挿し木として別の鉢に植え替えをするとまた新しい根が出てきて、増やすことが出来ます。

鉢の置き場所

温暖地域で育てるのなら、1年中外で育てても大丈夫です。日当たりと風邪通りの良い場所を選びましょう。夏の強い日差しは、葉が日焼けしてしまう場合もあるので、半日陰に移動します。かねのなるきは乾燥を好むので、直接雨がかからない場所で育てます。また、寒冷地域で育てるのなら、冬の外は寒すぎるため、室内で育てます。室内で育てる場合は、日当たりの良い窓ガラスの近くがおすすめです。

かねのなるきの水やり

かねのなるきの原産地はアフリカなので、日本より乾燥している地域です。かねのなるきの育て方で最も気を付けたいのが、水やりと根腐れです。水をあげすぎると根腐れしてしまい、綺麗な葉が枯る原因になります。春と秋は表面の土が乾いたなと感じた頃にたっぷり水やりをします。冬は夏場よりも、水やりの回数を減らし、表面がしっかり濡れているな、と感じる位の水やりをします。

かねのなるきの肥料

かねのなるきをはじめとし多肉植物には肥料のあげすぎに注意です。多肉植物への肥料には「緩効性肥料」と言われる固形肥料がおすすめです。ゆっくりと溶けていくため、長期間肥料の効き目が長続きします。多肉植物は肥料の効果が強すぎると栄養過多となり、「肥料焼け」という病気を引き起こしてしまいます。液体肥料は濃度だったり、あげすぎだったり初心者には注意が必要ですが、固形肥料なら簡単に上げることが出来ます。

かねのなるきの増やし方

かねのなるきは「挿し木」や「葉挿し」と呼ばれる手法で株を増やします。時期は春と秋の気温が安定している頃です。下のほうの葉がついている枝を切り取り、日陰で枝の根本をよく乾燥させます。乾燥させないと、雑菌が混ざった状態になり上手に育たない可能性があります。乾燥したことを確認してから多肉植物用の土に挿して、植え替えます。土に埋もれた葉があれば、切り取ります。

かねのなるきと病気

かねのなるきが病気にかかると、葉が突然枯れて、ぽろぽろと落ちることがあります。日が長期間当たっていなかったり、水やりのし過ぎ・しなさすぎ、根腐れが原因で葉が落ちたり、枯れたりします。葉が落ちるのは夏から秋にかけてが多いといわれています。枯れたなと思ったらすぐに元気な枝を選び、挿し木をして植え替えをしましょう。かねのなるきに付きやすい害虫はいないため、害虫による病気の心配はありません。

万が一根腐れしてしまっても大丈夫!

根腐れをしてしまったら、是非水耕栽培をしてみましょう。土から抜いて土を落とし、根を優しく水洗いをした後よく根本を乾燥させてください。乾燥したら除菌済みのはさみで、根を少し残した状態でカットします。土栽培と水栽培の根の種類が違います。カットしたら、そっと液体肥料が混ざった水に根本がつかるようにつけて水耕栽培が始まります。根がしっかりと伸びてきたら、窒息しないように、根本は水につからないように気を付けてくださいね。

かねのなるきの花を咲かせよう

品種によっては花が咲きやすいものもありますが、中々花が咲かない品種もあります。花を咲かせるコツは、梅雨が明けたら少し水やりの回数を減らします。葉が少しシワシワになりますが、葉の水を花に回す!と思い、心配しすぎなくても大丈夫です。お彼岸が過ぎたらまた水やりを再開し、葉をぷっくりさせます。寒い時期は霜に注意しながら冬の間も日中、太陽の光にあてると、年が明けた頃から花が咲き始めます。

まとめ

観葉植物は葉の形や葉の向きによって風水で良いとされています。そんな観葉植物の中でも金運アップにつながる縁起の良いと言われるおすすめの観葉植物が、かねのなるきです。育て方も簡単なので、初心者にもおすすめです。是非かねのなるきを育てて、きれいな花を咲かせてみてくださいね。

多肉植物が気になる方はこちらもチェック!

出典: https://item.rakuten.co.jp

かねのなるきは多肉植物ですが、その他の多肉植物についても知りたい!という方はチェックしてください。たくさんの種類がランキング形式でご紹介されているので、ご自身のお気に入りの一つを探してみててくださいね。

Thumb【多肉植物図鑑】人気20選!おすすめの種類やおしゃれな飾り方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
多肉植物は葉っぱの色や形、ぷっくりとした感じがたまらなくかわいい癒し系植物を図鑑形式でご紹介...
Thumb多肉植物の花が咲く品種・種類の人気20選!花言葉や特徴もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
多肉植物には花が咲く品種があります。代表的なサボテンから、ぷくぷくした葉が可愛い多肉植物まで...
Thumb多肉植物のおすすめ17選!インテリアやギフトなど用途別にご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
膨大な種類がある、多肉植物。インテリアにはもちろん、ギフトにもおすすめ! 特に注目したい種類...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ