夜露とは?その意味や発生条件を解説!屋根やテントを守る対策術は?のイメージ

夜露とは?その意味や発生条件を解説!屋根やテントを守る対策術は?

夜露とは寒い季節に多く見られる自然現象。車や外に干しっぱなしの洗濯物などについて困るという意見も。夜露とはいったいどのような条件で発生するのでしょうか。また、その対策は?今回はキャンプ時のテントにつく夜露や結露といった湿気に対するお悩みを解決していきます。

2019年07月19日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 夜露や結露!テントの湿気どうしてる?
  2. 夜露とは
  3. 夜露で注意したいこと【キャンプ】
  4. 夜露・結露が気になる季節・気にならない季節
  5. 夜露がおこりやすい天気
  6. 夜露・結露対策どうしたらいい?
  7. 夜露・結露の悩みにおすすめアイテム①
  8. 夜露・結露の悩みにおすすめアイテム②
  9. 夜露・結露の悩みにおすすめアイテム③
  10. 【おまけ】夜露はキャンプ場選びでも軽減する?
  11. まとめ

夜露や結露!テントの湿気どうしてる?

キャンプで気になるテントの湿気

hiroshi.photosさんの投稿
43914030 1928102217257872 6433687895489373248 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

気温差がある山でのキャンプや寒い時はテントの中や外につく湿気が気になる人が多いですね。その湿気の原因が夜露や結露と呼ばれるものです。夜露や結露はどのような発生条件があるのでしょうか。テントを片付けるのも大変だから、できればついてほしくないですよね。ここでは、夜露とは?をメインにして、夜露や結露の水滴がテントに付く理由と、その対策、おすすめグッズなどもご紹介していきます。

夜露とは

夜露はなぜできるの?

mega5_1151さんの投稿
46569182 2295573277345360 5761151137353486652 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

まずは、夜露とはというところから見ていきましょう。夜露とは「夜に降りる露」のこと。よく似た現象に「霧」や「雲」があります。どれも空気中の水蒸気によっておこる現象です。空で起これば雲となり、空気中で起これば霧と呼ばれます。露とは雲や霧などとは違い、空気中ではなく、"物"の上につく湿気。主に夜におこる現象を"夜露"と呼びます。

夜露ができるメカニズム

夜露も霧も雲もできかたの原理は同じです。空気中には地表や海上から蒸発した湿気を含んでいるというのは、学校で習うでしょう。その湿気を含んだ空気が冷やされることにより、空中の水分の飽和量が減ります。空気の中に含みきれなくなった水分が、水として露や雲、霧として目に見える状態で現れます。

結露との違い

mimmsikiさんの投稿
51604821 210268626505982 6687371105526930165 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

夜露とよく似た現象に、もうひとつ結露があります。キャンプにいったとき、外が寒くなる季節ならテントの内部に付くこともあるでしょう。キャンプでなくても、冬の朝、カーテンが湿り気をおびるほど結露がついていたという体験をした人もいるのではないでしょうか。気温の変化によって空気中の水分が水滴になるということは同じですが、結露は外気によって冷やされ、夜露は気化熱によって冷やされるというところが大きく違います。できかたの違いから、テントなどの外につくのが夜露、内側につくのが結露と判断できます。

夜露で注意したいこと【キャンプ】

カビ

k.naka522さんの投稿
47692415 1860685800726621 8370066634911954747 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

まわりが自然ばかりで昼と夜の温度差が厳しいキャンプ地では、とくに夜露や結露などがたくさん降りてその水滴に悩まされます。湿気が服や肌について不愉快というだけでなく、夜露に濡れたテントをそのままにするとカビが生えて、せっかくのテントがボロボロになってしまいます。夜露がついていたら、しっかり乾かして保管したいものですね。

機械の故障

taki.rhmkkhk624さんの投稿
26158802 161276594513143 835647872404815872 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

夜露被害で、あまり多くはありませんが時々耳にするのが「機械が夜露で壊れた」という報告です。最近はタブレット端末などを持っている人も多く、キャンプの夜を映画鑑賞などして過ごす人も多いようです。焚き火の周りでそのような電子機器を使い、うっかりそのまま外に放置すると、朝になって機械に夜露が降りて水による故障が起こります。スマホが雨に濡れてショートしたなんて話は聞いたことがないでしょうか。それと同じことがおこります。

夜露・結露が気になる季節・気にならない季節

春・秋から冬

mishiha262104さんの投稿
50305190 2105256819582242 4241769923244637748 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

テントがカビたり、うっかりで機械が壊れたりと経済的にもダメージが多い夜露の被害。起こりやすい季節と、そうでもない季節があります。気をつけたいのが、夜になると気温が下がる春、秋から冬の季節です。テントの屋根部分、外におきっぱなしの金属製のチェアなど、その表面からの気化熱によって主におこる夜露の被害。冷え込む季節には毎回といっていいほど報告されます。

アウトドアでの夜露は、実は夏にもおこっていることがあります。しかし、夏は日が昇るのも早いですし、気温上昇も冬などの季節よりもずっと早い時刻からおこります。夜露がおりていても、量も少ないですし、目が冷めて夜露が気になる前に乾いてしまうというのが実情です。夏は夜露が気にならない季節だというのには、そんな理由があるのです。

夜露がおこりやすい天気

晴れている夜

yosuke_campさんの投稿
50549680 406227323485968 2983568857798732900 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

意味はわからなくても、曇っている日の朝は比較的暖かくて、雲がない冬の日の翌朝は冷え込むというのを経験上知っている人も多いでしょう。この気温の差こそ、夜露の発生が起こりやすいか起こりにくいかに関係してきます。地球を大きなテントと考えると雲は屋根になります。屋根がオープンだと太陽が沈むとどんどん冷えていきますが、屋根があることで太陽が沈んだあとでも気温の下がり方が少なくてすみます。そのため夜露もできにくいというわけです。

夜露・結露対策どうしたらいい?

対策①タープを使う

shibawanko0220さんの投稿
50477932 660703434344260 8401919565031505671 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンプ場を離れなければいけない時間もあり、少しでも夜露や結露を少なくしたいとき、あることをしておくと夜露に悩まされにくいという対策方法があります。そのひとつとして、かなり効果的と言われるのが、テントの屋根の上にタープなどを張ってしまうという方法です。さきほどもお伝えしたとおり、気化熱による温度差で夜露がおります。テントの屋根の上に空気の層を作ることで気化熱をおさえ、夜露がつきにくくしてくれます。

対策②外に置かない

夜露がついてこまるもの。先程のタブレットや、チェアなどのキャンプ用品は、できるだけ外に置かないことで夜露から守ることができます。特に金属製のものは温度が上がりやすく冷えやすいという性質上、気化熱も発生しやすく、夜露が降りやすい材質ともいえるのです。夜露がついて困るものは、屋根のある場所に入れることで、屋根に夜露はついても、その中のものは夜露から守られます。

対策③換気する

muuu.campさんの投稿
50978766 319112352061983 1327030361867010922 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

最後に結露の対策もひとつご紹介しましょう。結露も温度差によって空気中の水蒸気が水滴になる現象。結露を防ぐには、室内の気温を下げてあげること。そのためには、換気が対策として効果的です。あたためられた空気は上にあがっていくので、下の空気と混ぜてあげるだけでも結露の発生をできるだけ少なくすることができます。

夜露・結露の悩みにおすすめアイテム①

サーキュレーター

出典: https://www.amazon.co.jp

テントなど室内の空気をまぜて、少しでも中と外の温度差を少なくするのに効果的なのが、サーキュレーターです。夏のキャンプに使う人は多いでしょうが、秋・冬のキャンプでも換気の目的で小型のものを持参すると結露や夜露の被害が少なくなります。換気には、ベンチレーターを開けて換気するという方法もありますが、真冬には健康を害する心配もあります。完全に換気することはできませんが、サーキュレーターによる換気がわりの空気の撹拌がおすすめです。

ファン付きランタンなら一石二鳥

キャンプ 扇風機 ファン付きLEDライト
Amazonで詳細を見る

テント内の空気をかきまぜて、朝の結露を少なくするのに役立つ、サーキュレーターや小型ファン。キャンプに持っていくならコンビニでも電源としての乾電池が気軽にいつでも買えるであろう電池式で、消費電力も少ないLEDライト付きのものが便利です。乾電池でも最大36時間使用できるので、一晩使うくらいには十分です。こちらのタイプは、吊り下げ式にもなります。

夜露・結露の悩みにおすすめアイテム②

マイクロファイバークロス

o____.homeさんの投稿
51638153 2333464206889146 1100279278508131704 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

テントを片付けるためには、少しでも早く乾かしたいもの。そのためには、あらかじめ水滴を拭き取ることが効果的です。タオルなどでもよいですが、吸水性でスピーディーに水滴がとれるのがマイクロファイバークロスです。飲み物をこぼしたとき、洗車の拭き取りにと。持っていると色々と便利ですので何枚か用意しておくとよいでしょう。

どんどん吸い取るマイクロファイバークロス

マイクロファイバー クロス
Amazonで詳細を見る

大きなタオルなどでも水滴を拭き取ることができますが、タオルがびしょびしょになるとスッキリと拭き取ることができなくなってしまいます。マイクロファイバークロスなら濡れても絞ればまた吸水性が戻ってきて、すばやく水滴を拭き取ることができます。テントの夜露や結露を拭き取る用であれば、大きめの洗車用のクロスがおすすめです。何枚かあるとさらによいでしょう。

夜露・結露の悩みにおすすめアイテム③

ダブルウォールテント

出典: https://www.amazon.co.jp

夜露の対策としてタープの下にテントを張るという方法をご提案しましたが、テントの構造が外と内の二重になっているダブルウォールテントなら、自然と空気の層ができているので、結露や夜露からテントの屋根を守ってくれます。これからテント選びをするという人には、夜露対策には購入視野に入れてほしいテントです。

空気の層で夜露・結露を防ぐテント

CAPTAIN STAGクレセント/ドームテント<3人用>【RCP】【M-3105】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ダブルウォールテントはフライテントとインナーテントの2つのテントで構成されたテントです。しかし、外側のテントとインナーテントがくっついていると夜露や結露対策としては意味はありません。できるだけ空気の層ができるようなダブルウォールテントを選ぶのがポイント。また、インナーテントはベンチレーター付きなので換気効果もあります。

【おまけ】夜露はキャンプ場選びでも軽減する?

夜露が多いキャンプ場

takibiya.bonfireさんの投稿
41891007 1018415271678933 107907099468917798 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

夜露や結露の意味とその対策、おすすめアイテムを見てきましたが、実はテントの夜露を対策するには、もっと根本的なことで軽減される場合もあります。それはキャンプ場選び。夜露は外気中の水蒸気量が飽和することによって水滴があらわれてくるものというお話をしましたね。元々の空気中の水分が多い場所では、夜露ができやすいのです。そんな場所を避けることによって、夜露の程度が軽くなることは、よくあることなのです。

夜露対策は水場の近くを避けたテント設営!

einekleine1さんの投稿
42753471 252350158815135 7973175292409857656 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

空気中の水蒸気は、雨などによるものの他、海や川の水が蒸発しても増えます。と、いうことは海や川などの水場の近くは夜露も多い場所といえるのです。キャンプ場を選ぶときに、遊び場として川のそばを選びたくなりますが、夜露対策には避けた方がよい場所。また、川や海が近くにあるキャンプ場でも、テントを張る位置を水場から離れたサイトにすれば、少しは予防になるでしょう。

まとめ

換気や拭き取りでテントを夜露から守ろう

出典: https://www.photo-ac.com

知っていそうで知らないことも多い夜露と結露の違いやその意味を、ご理解いただけたのではないでしょうか。自然現象ですので、完全に防ぐことは難しいですが対策をすることで軽減することは十分可能です。また、テントの片付けという観点ならば、クロスを変えることですばやく夜露をぬぐい、乾かすこともできます。これからテントを買う人ならテント選びから対策するのもおすすめです。自分に合った夜露対策で、快適なキャンプをしましょう。

キャンプが気になる人はこちらをチェック

キャンプをしていて疑問があること、これからキャンプなどアウトドアをはじめて見ようと思っている人。そんなキャンプが気になる人に向けてたくさんの記事を掲載しています。ぜひこちらのキャンプ記事もお役立ていただければ幸いです。

Thumbオートキャンプとは?その意味や初心者向けに楽しみ方やおすすめグッズをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
オートキャンプ、オートキャンプ場とキャンプ、キャンプ場の違いは何でしょうか?前者が車を利用し...
Thumbグランピングとは?今更聞けないその意味や魅力とキャンプとの違いを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
多くのテレビ番組や雑誌などで取り上げられて多くの人に知られている海外生まれのアウトドアの楽し...
Thumbダッチオーブン・スキレットのシーズニングとは?意味とやり方のコツを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
ダッチオーブンやスキレットのシーズニングとは使い始めのならしのことです。一見難しそうなシーズ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ