Twitter
Facebook
LINE

効果的な日焼け対策とは?日焼け止めの選び方や塗り方・食べ物もご紹介!

HI-D

効果的な日焼け対策とは?日焼け止めの選び方や塗り方・食べ物もご紹介!

HI-D

紫外線ダメージはお肌にとっての大敵です、ただ人体にとってビタミンDの合成に必要なものなので、必要以上には浴びないようにできるとよいですね。日焼け対策や日焼け対策グッズなどの種類や特徴など、それから日焼けに予防に良い食べ物までをご紹介していきます。



はじめに

夏になると日焼け対策に気を使いますよね、日本では沢山の日焼け止めや日焼け対策グッズが販売されていますが、それだけでは完全な日焼け対策とは呼べません。そこで今回は日焼け止めや日焼け対策以外にも、心得ておくとよい日焼け対策方法や、日焼け対策や予防に良い食べ物などをご紹介していきます。

日焼けとは

日焼けとは紫外線ダメージで起こる炎症のサンバーンと、紫外線に対する人体の防御作用で皮膚の表面にメラニンを沈着させるサンタンがあります。

紫外線とは

紫外線とは可視光線の紫の外側の波長の光線のことで、直接熱の様な作用を起こす赤外線とは異なりどちらかというと化学的な作用があるので化学線とも呼ばれています。UVとも書かれますがこれはウルトラヴァイオレットの略で、人間にとっては殺菌作用とビタミンDの合成で恩恵をもたらします。浴びすぎると日焼けしてしまうのが玉に瑕ですね。



太陽光

太陽光にはUVA、UVB、UVCなどの種類の紫外線が含まれていますが、そのうち皮膚に炎症作用がありサンバーンを起こすのがUVBとUVCで、ガンの原因にもなるとされます。ただUVCは大気圏を通り抜けないため問題ありません。UVAはサンタンを起こすので日焼けサロンなどで使われています。

日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方は少し専門用語の記載が多くてわかりにくいのでまずは選び方をご紹介していきます。日焼け止めにはPA、そしてSPFなどの記載があると思います。PAはA紫外線のことでSPFはB紫外線のことになります。紫外線対策というと夏のイメージがありますが、生活紫外線とも呼ばれるA紫外線は常に対策が必要ですね。PAは4段階のレベルで表示され最高は4プラスで、SPFはもう少し細かく分けられ最高は50+です。
 



時期に合わせた選び方

時期により紫外線の強さや、紫外線に浴びている時間が異なるので、浴びるであろう紫外線に合わせた選び方をする事が大切です。日常的に対策する場合の選び方はPA++SPF20程で、屋外で運動をする時などの選び方はPA+++SPF30+程、真夏の炎天下の場合の選び方は常に最高値のPA++++SPF50+のものをといった選び方をすると良いでしょう。

日焼け止めの塗り方

日焼け止めは均一に塗り方をしなければ残念な結果となってしまうので、塗り方もご紹介していきます。まず顔の塗り方は、高くなっている頬、鼻、おでこ、あごに点で置きます、そしたら頬を伸ばしていき馴染んだら、面積の広いおでこを馴染ませていきます。次に目元を馴染ませて終わりです。おでこの塗り方は中心から外側に向けて塗り、目元の塗り方は鼻のあたりから目尻に向けて塗ると良いでしょう。手足も同じ要領で高い所に多めに乗せ、そこから伸ばして馴染ませると良いでしょう。

NGな塗り方

まずよくやってしまうのは手に馴染ませてから塗ってしまう塗り方で、そういった塗り方をするとむらが出てしまうことになります。次に危険な塗り方は、肌が乾燥したまま塗ると皮脂のバランスが崩れ皮脂荒れしてしまうことですね。量が少ないのも良くないので、できれば2度塗りするくらいの塗り方が丁度良いとおもいます。

おすすめの日焼け止め:トゥベール

トゥベールのエッセンスリキッドファンデーションです。美容液成分79%で、美容液としての効果、化粧下地、ファンデーション、日焼け止めの4つの効果があるので、時短メイクにも良いようです。肌に潤いを与えるだけでなく毛穴の中で光の反射をコントロールして毛穴を隠す効果もあります。PA++でSPF22なので日常使いの紫外線予防に良いですね。

皮膚の老化を防ぐ

紫外線の中でもUVAは日焼けの危険では他に比べ6000倍くらい安全ですが、それでも皮膚の老化作用はあります。常日頃から必要以上に紫外線を浴びない様にすることで皮膚の老化を防ぐことが出来るでしょう。

おすすめの日焼け止め:ひにまけぬ

ひにまけぬUVクリームです。白浮きしない最強のUVクリームで、PAもSPFも最高値の商品です。ライチの果皮、ビルベリー、大豆、ハトムギ、オクラ、ひまわり、タチバナなど植物からの成分を利用したもので、シルクの紫外線防御成分セリシンを使っているため紫外線ブロックだけでなく、紫外線で刺激物質に変化した日焼け止め成分を肌に触れさせる事もありません。化粧下地として毎日紫外線予防に使えるのが良いところですね。

セリシンとは

カイコなどの虫の仲間は、サナギになるときにアポトーシスという現象を起こし体の中を溶かして再合成するのですが、そのときに紫外線ダメージを受けるとひとたまりもありません。そのため、紫外線をブロックするたんぱく質であるセリシンをまとった糸で繭を作ります。カイコの糸を取る際の副産物の様なモノですね。

おすすめの日焼け止め:プラスプロテクトUV

化粧がよれにくく、水や汗にも強いハイドロキノン専門店が開発した日焼け止めです。ひにまけぬ同様にシルクの成分であるセリシンや、肌に張りを与えるアーティチョーク、それから潤いをあたえる大豆発酵成分などを使った方法で作られています。他にもオタネニンジンやヒメフウロなどの肌に良いものが多く使われているところが良いですね。乾燥対策も兼ねて冬の紫外線予防向けに販売されています。PAもSPFも最高値です。

アーティチョークとは

アーティチョークとはチョウセンアザミとも呼ばれる植物で、イタリアやフランスで有名な食材です。蕾を食べるのですが、美容に使われるのは葉の部分になります。

おすすめの日焼け止め:スーパサンシールド

アクセーヌ スーパーサンシールドです。ノンケミカルタイプでSPF50の効果があるとされています。ピンクオークルの色をしたリキッドタイプで、敏感肌の方や、肌が荒れていても負担が少ないのが良いところですね。保湿効果が高く乾燥にも良いので、普段からの紫外線予防だけで無く真冬や真夏の予防にも良い製品です。1年紫外線予防に使えるのが素晴らしいですね。

日焼け対策方法:外出を控える

日焼け対策方法として日焼け止めなどを塗る以前に、外出を控えるという方法があることを忘れてはいけません。日焼け止めを塗ったとしても紫外線予防には限界があるので、猛暑の日などは無理して外に出ないという方法をとることで、どんな日焼け止めの効果よりも効果的に日焼けを抑えることが出来ます。日焼け止め対策の基本として考えておくと良いでしょう。
 

日焼け対策方法:カーテンを閉める

家の中にいても、窓越しの光で日焼けする場合があるので、日差しが強い日にはカーテンを閉めておくのが良いでしょう。特にカーテンを開けたままで昼寝などをしてしまうと知らないうちに日焼けで赤くなってしまっていることがあるので注意が必要です。レースのカーテンで丁度良く日を遮ることが出来る場合もあるので、設置しておくと良いでしょう。

日焼け対策方法:ビーチではパラソルを

ビーチでは夢中になると知らず知らずにかなり日に焼けてしまう事があるので、必ずパラソルやテントなどで日よけ場を作っておく様にしましょう。パラソルがあるだけで日差しで肌を傷めにくくなり日焼けの予防になるので、日焼け対策の一環として頭の片隅においておくと良いでしょう。パラソルは重いイメージがありますが、軽量なものも販売されてるのでそういったものを利用すると携帯が楽になります。

日焼け対策方法:水辺に行かない

日差しは上から来るイメージがありますが、例えば船の上や湖の畔など水が太陽光を反射する場所では下からの光でも日焼けするので、顔の日焼けがひどくなり易いです。そのため日焼け対策として水辺に行かないことも大切になります。どうしても水辺に行きたい場合にはUV対策用のハットや、予防のためにも日焼け止めが必須ですね。 

日焼け対策グッズ:UVカットマスク

太陽光は半永久的にカットする酸化チタンと太陽光遮蔽セラミック含有ポリマーを利用した製品で、何度洗っても使える日焼け対策グッズです。目から下の日焼け予防に使えるグッズで、顔の日焼けがしやすい水辺での日焼け対策にハットなどと合わせて使うと良いでしょう。外したくなったらネックスカーフとして首に掛けて置いても違和感がないようにデザインされていることも良いですね。

日焼け対策グッズ:UVカットネックカバー

日焼け対策で忘れやすいのが首の日焼け対策です。ネックカバーは後ろからの日差しを遮るので、ハットやUVカットマスクでカバーしきれない部分をカバーすることが出来ます。さらには冷感効果がある製品もあるので、暑い夏にはうれしいグッズですね。選び方は単体で使うなら正面も面積も広い製品が良いですが、何かと合わせて使うのであれば後ろ側の面積が広く作られているモノを選ぶとよ良いでしょう。

日焼け対策グッズ:UVアームカバー

手から腕からの部分を紫外線から保護することができる日焼け対策グッズです。腕を日焼けしすぎると動く度に痛むので日焼け対策が出来るのであればした方が良いと思います。アームカバーは柄があるものと無地のものがあるのでその日のコーディネートにあわせてデザインを選べるのが良いですね。さらに夏が終わって冬にも冷房対策としても利用できるので汎用性が高く1年中利用する方法があるのでおすすめです。

日焼け対策グッズ:日傘

日焼け対策グッズの定番とも言えるのが日傘ですね。昔と異なり、今はUVカットや遮光機能までがあるものがあり、遮光90%ほどのものが多いですが中には遮光100%のものも存在します。また、折りたたみ式のものにもUVカット加工がされているものもあるので、そういったものを選ぶ方法もあります。

日焼け対策グッズ:サングラス

皮膚に直接あたる紫外線だけではなく、目から入った紫外線でも日焼けをするので日焼け対策グッズとしてサングラスの着用が有効です。中にはUVカットだけではなくブルーライトカットや偏光機能まで付いているモノまであり、日常生活から海辺のスポーツなどにもおすすめです。選び方としてはUVカット効果があるものを選ぶ事と、自分にあったサイズのものを選ぶことですね。

日焼け対策に良い食べ物:サツマイモ

最近注目されていることに食べる日焼け止めと言われている食べ物たちがあります。その一つがサツマイモで、まずよく言われている様にデンプンに守られて加熱にも耐えるビタミンCがあります、ビタミンCは日焼けで作られるメラニンを改善するとされています。次にシミを改善する効果があるポリフェノールのクロロゲン酸を含んでいます。最後に、隼人芋やハロウィンスィートなどの色が濃いタイプのサツマイモは日焼け対策に効果があるベータカロチンが豊富です。選び方としてはオレンジ肉で赤皮の品種が効果が高いことになります。

日焼け対策に良い食べ物:トマト

トマトの美肌効果はよくいわれることですが、特に紫外線の予防や対策についての研究が進められており、トマトを食べると日焼けが3割減ると言われています。豊富なビタミンもそうですが、特にリコピンには紫外線で傷んだ肌のコラーゲンの生成を促進する効果や、メラニンの前身であるチロシナーゼの行動を抑える効果などがあります。ついでにシワや肌の赤味を抑えるので素晴らしい効果が期待できます。選び方としては日本の大型トマトはピンクトマトなのでリコピンが少なく、ミニトマトを選ぶかイタリア品種のオックスハートやフィオレンティーノなどが良いでしょう。

日焼け対策に良い食べ物:ザクロ

ザクロは中東で人気のフルーツですが、エラグ酸などの抗酸化物質や抗炎症物質が豊富なので、紫外線による日焼けを予防する効果があるばかりか、ビタミン類による傷めた肌の修復などの効果も期待できる食べ物です。海外では黒味の強い黒ザクロが効果が高いなどとも言われますが、これも抗酸化作用の強いアントシアニンの含有量が高いためですね。選び方としては白ザクロやピンクザクロよりは赤味の濃いタイプのザクロがおすすめです。

日焼け対策に良い食べ物:お茶

食べ物というよりは飲み物ですが、お茶は美容効果が高いカテキンが豊富に含まれています。海外では化粧品に使われるほどで紫外線ダメージを防ぎ皮膚ガンの発生を抑える効果があるとされています。抗炎症作用もあるので、日焼け予防だけではなく日焼けダメージの回復効果が期待できます。食べたり飲んだりするだけでなく洗顔などで直接肌にあてても効果があるようなのでよろしければお試し下さい。

日焼け対策に良い食べ物:チョコレート

チョコレートが日焼け対策の食べ物として素晴らしいというと嘘のように聞こえるかも知れませんが、チョコレートには日焼け止め成分であるパルチミン酸が含まれるほか、テオブロミンなど血行を良くして傷ついた肌の回復効果がある成分などを含みます。お茶に含まれるものとは少し違いますが、同じく複数の美容効果を持つエピカテキンというカテキンもあるので、カロリーが少し気になりますが日焼け予防に毎日摂取しておきたい食べ物の一つだと思います。

日焼け対策に良い食べ物:スイカ

夏と言えばスイカですが、スイカは本来過酷な砂漠を生き抜いてきた植物であり紫外線に対してかなりの耐性をもっています。そのため紫外線のダメージから体を守り保湿力を高めるシトルリンを含んでおり、野生のスイカでは砂漠で何年も変わらずに貯蔵できるそうです。他にも栽培スイカにはベータカロチンが豊富で、サツマイモ同様の効果が得られるほか、トマトと同様のリコピンも多く含まれるのでトマト同様の効果にも期待できます。選び方としてはスイカのフラボノイドは糖度の高さに比例するので、甘いスイカは日焼け対策に最適という事になります。

日焼けしやすくなる食べ物もある

食べ物の中には日焼け対策に良い食べ物の他に、食べると日焼けしやすくなってしまう食べ物の存在が知られています。野菜ではキク科、セリ科、シソ科の仲間にはソラレンという日焼け促進作用のある成分が含まれることが知られています。例えば春菊、セロリ、パセリ、シソなどですね。他にはフルーツで言えばキウイやイチジクをはじめオレンジなどの柑橘類には同様の作用があると言われています。ただ出かける前に摂取するのが良くないだけなので、夜の場合やそれほど紫外線が気にならない天気の場合は気にする必要はありません。

終わりに

日焼け対策方法を意識するのがまず先で、次に普段使いできる日焼け止めを購入しておくと良いと思います。日焼け止めはむら無く均一に満遍なく塗り、出来れば2度塗りするくらいが良いのではないでしょうか?酷暑の夏が増えている日本では、夏が来る前に日焼け対策グッズを揃えておく事も大切ですね。日焼け対策に効く食べ物はチョコレートとスイカの効果が非常に高いのですが、糖分の摂り過ぎやカロリーの摂り過ぎなどが気になると思うので、ひとまずトマトから始めて見ると良いでしょう。ミニトマトは成分含有量が高くオススメです。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の1」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の1の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは1についてご紹介しています。...

【ショアジギング】根がかりのはずし方完全攻略!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

【ショアジギング】初心者でも安心!ボトムの取り方!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

親子で手作り・ハンドメイドしたい方へおすすめ!オーガンジーリボンのヘアゴムの作り方✨【ゆめかわポニー】

今回は親子で手作り・ハンドメイドしたい方へおすすめの内容です!100均セリアで購入した材料を使って「オーガンジーリボンのヘアゴムの作り方」をご紹介しました!お子様がお好きな、ゆめかわなポニーとなってい...

【Halloween🎃】セリアのガラスドームで作るハーバリウム風ピアスの作り方✨

今回は100均セリアで購入した材料を使って「セリアのガラスドームで作るハーバリウム風ピアスの作り方」をご紹介しました!ハロウィンデザインでゆめかわな雰囲気にしています♪ 用意するものは下記です。 ...