【2018】新作バス釣りルアーまとめ!注目ルアー11選の評判はこれだ!のイメージ

【2018】新作バス釣りルアーまとめ!注目ルアー11選の評判はこれだ!

2018年も数々の新作バス釣りルアーが発売されました。おすすめのタックルや、おすすめの使い方まで詳しく解説していきます。人気のメーカの2018年の新作ルアーを紹介していきます。バス釣りほどルアーの種類が多い釣りはないので、しっかりとチェックしていきましょう。

2020年06月08日更新

ゆうだい
ゆうだい
よろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 最近のルアー事情
  2. 【2018】新作のバス用ルアー(メガロダンクル)
  3. 【2018】新作のバス用ルアー(チョップトップ)
  4. 【2018】新作のバス用ルアー(メガアベンタ)
  5. 【2018】新作のバス用ルアー(IXIシャッド)
  6. 【2018】新作のバス用ルアー(スウェジー)
  7. 【2018】新作のバス用ルアー(スピンガバチョ)
  8. 【2018】新作のバス用ルアー(ディズラ)
  9. 【2018】新作のバス用ルアー(KROスピンテール)
  10. 【2018】新作のバス用ルアー(NZクローラー)
  11. 【2018】新作のバス用ルアー(グランサーチャー)
  12. 【2018】新作のバス用ルアー(バラム300)
  13. (番外編)【2018】バス用ロッド
  14. (番外編)【2018】おすすめのリール
  15. やはりどのルアーにするか迷う

最近のルアー事情

巨大化

最近のバス用のルアーはどれも巨大化をしていると思います。大きくなればなるほど、バスを引っ張てくる力は強くなります。そのため、バスがどこにいるかを探すためには持ってこいといった感じですね。しかし、専用のタックルが必要となってしまうため、初心者にはあまりお勧めはできませんね。大きいバスだけをサクサクと探して釣るといったときに向いていそうです。

【2018】新作のバス用ルアー(メガロダンクル)

秦拓馬さんプロデュースのダンクルのサイズアップバージョンですね。長さは9インチという長さでダンクル史上一番大きなサイズとなっています。やはり、注目すべきは、大さが売りですね。アクションはオリジナルのダンクルと同じアクションをしていますね。オリジナルのダンクルよりもよりパワフルになったというインプレでしょうか。ダンクル自体人気のバス用ルアーだったので、よりパワーを求める人にはおすすめのルアーです。

JACKALL(ジャッカル) ワーム メガロダンクル 9インチ 4.6oz ダンクルシャーク ルアー
Amazonで詳細を見る

メガロダンクルの使い方

まずはサーチベイトとして使うとよいでしょう。とりあえず投げてゆっくりと巻いてみましょう。そうすれば、バスがチェイスしてくるかもしれません。そういうときは、バスの活性がとても高いということが分かりますね。また、ウエイトを付けて、深いレンジをゆっくりと探ることができます。

インプレ動画

アクションは言わなくてもわかるくらいいいアクションをしていますね。やはり秦さんが作る大きいルアーはどれも評判がいいですね。

【2018】新作のバス用ルアー(チョップトップ)

チョップトップは大型のスウィッシャーが付いたルアーとなります。ジャッカルの川島勉さんがプロデュースしたものになります。大きなスウィッシャーも左右違う形のものがついていたり、ボディーが扁平な形をしていたりとたくさんのギミックが施されているトップウォータープラグになります。今までにはないスウィッシャーとなります。

JACKALL(ジャッカル) ルアー チョップカット ブラックインパクトボーン.
Amazonで詳細を見る

チョップカットの使い方

チョップカットの使い方は、いろいろあります。ただ巻き、トゥイッチ、ジャーク、放置といった使い方があります。実はチョップカットの大きな特徴は放置していても、わずかな水流を受けて大型のぺらが微妙に動くので、それがアピールとなり、バイトに持ち込むことができることです。放置からジャークからストップといったいろいろな使い方を組み合わせて使うことでよりバスにアピールすることができます。

インプレ動画

川島さんはやはりトップの釣りが好きみたいですね。いつでもトップを投げているイメージです。そんなトッププラグのプロ中のプロでもあるので、やはりいい評判のルアーです。アクションも素晴らしいです。

【2018】新作のバス用ルアー(メガアベンタ)

通称メガアベンタと呼ばれる2018年の最新作ルアー。やはり、従来のアベンタクローラーと比べるとより巨大化をしています。ウエイトは2ozくらいの重さとなっています。人気のメーカーでもあるイマカツからの発売です。ウッドでできているので、浮力が普段のものよりもあり、羽も大きくなっているので、より一点でのアピールすることができます。発売前から非常に評判がよいルアーでした。

イマカツ アベンタクローラー ウッドリミテッドモデル IMAKATSU Aventa Crawler Wood 02 アナコンダ フローティング
Amazonで詳細を見る

マグナムアベンタクローラーの使い方

スーパーデッドスローに使うとよいです。とにかくゆっくりと一点で丁寧に誘うことができます。ここぞという場面で、スローに使うとかなりのハイアピールになってデカバスに口を使わせることができます。あまり早く動かしてしまうと、バタバタとなってしまって、あまりいい動きはしないイメージです。とにかく一点で丁寧に誘う使い方をしていきましょう。

インプレ動画

とにかくでかくて驚いたものですね。とてもでかくて2018年のフィッシングショーからずっと注目されていたアベンタクローラーですね。

【2018】新作のバス用ルアー(IXIシャッド)

IXI(アイバイアイ)シャッド

このルアーの注目するべき点は、人気メーカーであるイマカツと、メガバスがコラボして作られたルアーです。2018年には特に注目されたルアーの一つですね。人気のバスルアーメーカーの今江プロと伊藤プロのコラボということでIXIとなったのでしょうね。メガバスといえば数々の人気のシャッドを作ってきたメーカーです。

メガバス(Megabass) ルアー IXI SHAD(アイバイアイ シャッド) TYPE-R 和銀ハス
Amazonで詳細を見る

IXIシャッドの使い方

シャッドといえば冬に使うことが多いかもしれませんね。難しい時期にリアクションバイトで釣ろうというときに有効になります。その使い方が、高速巻きからのストップです。その時の動きがとても良いのです。高速で巻いていても動きが破綻しないので、そこからのピタッと止まるときにバイトが来ます。高速巻きからのストップという使い方でのリアクションの釣りがおすすめです。

インプレ動画

やはり、ルアーの形の美しさに注目してほしいです。また、きれいなカラーリングが特徴的です。メガバスのプラグといった感じの形になっていますね。冬や、ちょっと厳しい時期におすすめです。

【2018】新作のバス用ルアー(スウェジー)

スウェジー

バンタムから発売されてた2018年に最も注目したスピナーベイトです。今までは、スピナーベイトというルアーについては、どれもそんなに違いを感じたことがありませんでした。チューニング的にも、アシストフックを付ける、もしくは、ブレードの大きさやカラーを変えるくらいの感じで使っていました。発売前からの評判もよく、新たなスピナーベイトといった感じのルアーです。インプレを見ていても今までの使い方とは少し違った使いかもできそうな感じです。

シマノ(Shimano) バンタム スウェジー DW 1/2oz ZO-214R 214 タイダルキラー /バスルアー スピナーベイト ダブルウィロー
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

スウェジーの特徴

一番の特徴は、ヘッドについているアイです。ここには、ウェイトを付けてヘッドのサイズを変えることなくスピナーベイト自体の重量を変えられるということです。また、ウェイトだけでなくブレードや、トレブルフックを付けることもできる為、カスタムの幅が非常に広いのが特徴。いままでにこのヘッドにアイがついたスピナーベイトは見たことがありません。チューニングしだいで無限の可能性のあるスピナーベイトですね。

スウェジーの使い方

使い方はいたってシンプルです。今までのスピナーベイトと一緒で、投げて巻くだけで十分すぎるくらいのアクションをしてくれます。しかし、この人気のスウェジーはもっとタイトにストラクチャ周りを狙ってほしいというルアーです。2018年に発売されていますが、ヘッド部分をタングステンを使っているのでいつまででも長く使えると思います。2018年からバス釣りを始める人には、特におすすめのスピナーベイトとなっています。根がかりもかなり少なそうです。

インプレ動画

一番注目していたのがこのスピナーベイトでした。毎年いろいろなメーカーから発売していますが、毎年あまり変わり映えのしないようなイメージでしたが、このスウェジーは目からうろこのスピナーベイトでした。スピナーベイト自体がおすすめですが、よりおすすめです。

【2018】新作のバス用ルアー(スピンガバチョ)

コンセプトは小さいガバチョです。2018年は特に各メーカーのルアーのサイズがどんどん大きくなっているのに対して、このスピンガヴァチョその逆で小さくなっています。PEラインとスピニングタックルで使いやすいようなサイズになっています。スピニングタックルで使えるガヴァチョということで今までフロッグ専用のタックルをもっていなかった人にも簡単に扱うことができそうですね。前評判はかなりよいです。

ジャッカル(JACKALL) スピンガヴァチョ マルハタブラックギル
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

スピンガバチョの使い方

使い方は今までのガヴァチョと同じ使い方でよいです。しかし、登場シーンが若干違ったりします。登場シーンはやはり、ハイプレッシャーな時だったり、より虫に見せたいとき、よりピンスポットで狙いたいときに使うとよいでしょう。秦拓馬さん本人がインプレをしてくれていますが、オリジナルとアピール度はほぼ変わらないということでした。かなり手軽にフロッグゲームを楽しむことができるのでこれからフロッグゲームを楽しみたいという方におすすめです。

インプレ動画

ガバチョを小さくしたものですが、やはり、秦さんが作るルアーはどれも評判がよいです。独特のセンスがあってかなり好きなルアーですね。

【2018】新作のバス用ルアー(ディズラ)

ディズラもマーモこと加木屋守さんが手がけたジャッカルというメーカーの初めてのバスルアーになります。このルアーの注目するところは、スイムベイトとプロップが合体してあるというところに注目です。今までありそうでなかった組み合わせですね。見てみたらなるほどそういうことかといった感じの作りになっています。

JACKALL(ジャッカル) ワーム ディズラ115 マグマーモ.
Amazonで詳細を見る

ディズラの使い方

インプレの動画を確認すると、かなりいい動きをするルアーという印象を受けますね。よく見るスイムベイトのテール部分と少し違い、しっかり魚のテールの形をしています。それにより、よりリアルな動きを出しているという印象です。プロップがスレたバスによく効くそうです。加木屋守さんのイメージは、スイムベイトで寄せて、プロップで食わせるというイメージだそうです。インプレ動画でもそのような使い方をしています。

インプレ動画

あまり見ないタイプのルアーなので注目をしています。動きも釣れそうな動きをしているので、楽しみです。

【2018】新作のバス用ルアー(KROスピンテール)

人気バス釣りメーカーのデプスから2018年に発売されたスピンテールのルアー。デブスというメーカーはいつもバス釣りのルアーやほかのルアーフィッシングについてかなり人気で、評判の釣り具メーカーですね。そんなデプスが出したのがこのスピンテールジグです。特徴は、長いアシストフックです。このアシストフックがあることで、スピンテールジグによくある当たるけど乗らないということを軽減してくれます。

デプス ケーアルオースピンテール deps KRO SPIN TAIL 02 タナゴ 44mm
Amazonで詳細を見る

KROスピンテールの使い方

スピンテールジグの使い方は基本的に後ろにあるブレードがしっかりとアピールをしてくれるので、とにかく投げて巻いてみましょう。いろいろなリトリーブスピードを試して見ましょう。その中で、一番引き抵抗が気持ちよく感じるスピードが一番よくアピールしています。そして独特のアシストフックがあるので、自動的にフッキングしてくれますよ。

インプレ動画

この計算しつくされた形やフックが素晴らしいルアーだと思います。カラーもかなりきれいにできていて飾っておきたくなるような感じですね。

【2018】新作のバス用ルアー(NZクローラー)

このNZクローラーも2018年に発売されたデプス注目のルアーでした。注目すべきは、平たいボディーに、巨大な羽がついていてさらに、ジョイントタイプであることです。さらに、注目してほしいのは、なんといっても顔がかわいいこと。ナマズのような顔をしているので、目が小さくとてもかわいい顔をしていますね。ちょっと遊び心がありながらもしっかりとしたつくりをしているのでとてもおすすめです。

deps NZクローラー レッドテールキャット キープキャスト2018 限定  デプス
Amazonで詳細を見る

NZクローラーの使い方

とにかく足元までしっかりと巻くことが大切です。足元でもバイトが非常に多いのがこのNZクローラーの特徴でもありますので、使うときは必ず足元まで気を抜かずに巻いてみましょう。また、羽の角度を変えたりするとまた、違った動きをするので、いろいろと自分好みのアクションになるように羽の角度を変えてみましょう。

インプレ動画

キムケンのようなパワーゲームが好きな人にはたまらないルアーだと思います。とにかくでかいのを投げてドカンと出してオリャーって感じのつりが好きな人にはおすすめです。

【2018】新作のバス用ルアー(グランサーチャー)

バス釣りの人気のメーカーであるエバーグリーンから発売されているグランサーチャーです。このルアーの特徴は、クランクでもない、シャッドでもないといったところでしょうか。見た目はシャッドですが、動きはどちらかというとクランクのような動き方をします。ハイピッチなロールアクションが基本となっています。

【ルアー】エバーグリーン:グランサーチャー #371:ブラッディクロー【ミノー・シャッド】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

グランサーチャーの使い方

グランサーチャーの使い方は、基本的にクランクと同じような使い方をするとよいです。クランクで食わない魚をリアクションの要素も加えながら釣るというスタイルが基本となります。長いリップがしっかりとついていますので、それをガンガンボトムやストラクチャにあてながら使っていきましょう。そうすることで、シャープな動きが出るので、よりリアクションバイトを得られやすいです。

インプレ動画

ベイトタックルでもしっかりと使えて、このとても細かいハイピッチなローリングアクションがかなりいいと思います。レンジキープもしやすそうですし、ボトムコンタクトして使うのがよさそうです。

新たなカテゴリ

グランサーチャーはクランクとシャッドの中間のようなものなので、2018年だけでなく、どんどん新たなカテゴリや釣り方が生まれていきますね。やはり、日本のバスは頭がいいので、新たなカテゴリのルアーがないと見切られてしまいますね。

【2018】新作のバス用ルアー(バラム300)

バラム300とは、ビッグベイトを超えたジャイアントベイトといわれる部類に入るものです。全長が300㎜というかなり大きいルアーです。しかしバスはこんな大きなものでもしっかりと追って口を使ってくれます。特に大きなバスほど、大きいものを好むのでデカバスを求めていくとどんどんルアーも大きくなるのでしょう。今回はそんな評判の高いバラムの菊元俊文カラーが発売されました。

MADNESS(マドネス) ルアー ジャイアントベイト バラム300#09 ブラックバス.
Amazonで詳細を見る

バラム300の使い方

基本の使い方は3種類あります。しかし、最近流行りの釣り方が、八の字を書く釣りです。最初はリトリーブやトゥイッチで誘いをかけます。そして足元までチェイスしてきたときに足もとで八の字を書くように素早く動かします。そうすることによって、ベイトがパニックに陥ったようにバスからは見えるので、バスにスイッチを入れてバイトに持ち込むことができます。そんな使い方もできるので一度試してみてください。

(番外編)【2018】バス用ロッド

巨大化するルアーに対応したタックルを

2018年よりも前からですが、バス用のルアーはどんどん巨大化していっています。そのため、専用のタックルをそろえなくてはいけなくなってきました。今まで使っていたバーサタイルなモデルでは少し、厳しいかなという人も増えてきているのではないでしょうか?そんなときのためにいくつかおすすめのロッドを紹介したいと思います。

シマノ ポイズングロリアス 176XXH-SB

このロッドはビッグベイトにも対応しているので、これからビッグベイトを使いたいという人にはとてもおすすめです。300gまでのウェイトを背負うことができるので、2018年に発売されているほとんどのルアーが投げられることになります。XXHという表記ですが、しっかりと竿もしなってくれるので、ビッグベイトでも繊細な釣りができます。

シマノ(SHIMANO) ポイズングロリアス 176XXH-SB 37892 【大型商品】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シマノ ワールドシャウラ 1754R-2

バス釣り専用ではありませんが、どの釣りにも対応してるロッドです。このロッド1つあればほとんどの釣りができるのではないでしょうか。このロッドは15g~80gまでが投げられるという表記になっています。しかし、開発者の村田基さんによると倍の重さくらいまでなら余裕で投げられるということです。その言葉を信じると、160gまで投げられることになりますね。評判もかなりいい竿なので、1つ持っていてもよいかもしれませんね。

シマノ 14WORLD SHAULA ワールドシャウラ 1754R-2
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

(番外編)【2018】おすすめのリール

太いラインを巻けるものを選ぼう

巨大化してたルアーに対して負けないように、太いラインをたくさん巻けるようなリールを選ぶようにしましょう。そうすることによって、根がかりをしても強引に回収することもできます。太いラインを巻いていることによって、フックをまげてルアーを回収なんてことも可能になります。

剛性のしっかりとしたものを選ぼう

ヘビーウェイトに対応するには剛性のしっかりとしたものを選ぶようにしましょう。そうでないと、リールが負けてしまうということがあります。リールの故障の原因となったりもしますので、大きなルアーには剛性感のあるしっかりとしたリールを選ぶようにしましょう。たまに巻き取りの時にギアが負けてしまって、ギアの歯がかけてしまうということもあるので、なるべくギアがしっかりとした評判のものを選ぶのもコツです。

シマノ 15カルカッタコンクエスト 200HG RIGHT(右ハンドル) コード:03439 7
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シマノ メタニウム

やはり、このリールに勝てるリールはないかもしれません。評判は言わなくてもわかるくらいの高性能なハイエンドモデルとなりますね。シマノというメーカの持てる技術をすべて詰め込んで作ったというようなリールです。一度使ってしまうとほかに戻れなくなってしまうので注意が必要です。HAGANEGIA採用なのでギアがかけてしまうということもほとんどありません。また、マグネシウム合金を使っているので、剛性感、軽さすべてが完璧なリールです。

【ポイント3倍】シマノ (SHIMANO) ベイトリール 16 メタニウム MGL HG 右ハンドル
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ダイワ ジリオン

ダイワではジリオンが太いラインをたくさん巻くことができるので、お勧めです。またSVスプールを採用しているので、飛距離をより出すことが可能となっています。またダイワのリールの特徴として、マグネットブレーキを採用しているので、いつでも簡単にブレーキ調整をすることができますね。これで、大きなルアーから小さなルアーまでリールを変えることなく釣りをすることができます。

ダイワ 16ジリオン SV TW 1016SV-SHL(左ハンドル) コード:954631
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

やはりどのルアーにするか迷う

バス用ルアーが一番種類が多い

バス釣りというのが、やはり、いろいろと細分化されていて、ルアーの種類が一番多いジャンルだと思います。さらにバス専門のメーカーもかなり多いので、いろんなメーカーからいろんな種類のルアーが発売されています。2018年だけを見ても今回紹介していないものもたくさん発売されています。その中から自分の好きなものを選んで使ってそれで釣るのもバス釣りのだいご味ではないでしょうか?

自分の好きなルアーを選ぼう

最初はどんなルアーでもいいと思います。自分が釣れそうと思えるルアーを買ってみてそれを使い込んでいくのが大事だと思います。同じルアーを使っているので、そのルアーの特徴や、釣れるタイミング、使い方がわかってきます。そうなってからほかのルアーと比較してみるといいと思います。ブラックバスは動くものならなんでも釣れると思っていますので、一度なんでもいいのでいろいろな使い方をしてみましょう。多くの発見があると思います。

バス釣りのタックルが気になる人はこちらもチェック

どんなルアーを使えばいいのかはわかってきたと思います。また、バス釣り用のタックルも紹介しきれていないものもあるので、どんなルアーにはどんなタックルで臨めばよいのかもチェックしてみましょう。バス釣りは、タックルも細分化されていますので、いろいろな角度からタックルを決めるとよいですね。

Thumbシマノ「19 スコーピオン MGL」!人気のスコーピオンにMGLが登場! | 暮らし~の[クラシーノ]
19スコーピオンMGLは、シマノの2019年新作バスベイトリールです。マグナムライトスプール...
Thumb【2018】初心者向けスピニングリールまとめ!ハイコスパな新作をまとめてチェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
スピニングリールの2018年新製品まとめです。初心者の方でも検討しやすい入門向けのモデルから...
Thumbダイワ「18フリームス」の高評価が止まらない?その性能やスペックに迫る! | 暮らし~の[クラシーノ]
ダイワの2018年新作リール、18フリームスの性能やスペックをご紹介!モデルごとのインプレも...

あなたへのおすすめ