Twitter
Facebook
LINE

キャンピングカーの値段・相場はいくら?車中泊仕様にできる車種もご紹介!

佐藤尚登

キャンピングカーの値段・相場はいくら?車中泊仕様にできる車種もご紹介!

佐藤尚登

キャンピングカーがいま注目を集めています。選べる車種が増え、値段の折り合いが付きやすくなった為です。また、車中泊ができる装備のみ搭載したお手軽キャンピングカーが流行しており、しかも自己流にカスタムでき値段を抑えられるメリットがあります。おすすめをご紹介します。



キャンピングカーとは

近年、キャンピングカーが人気を集めています。どこのキャンプ場へ行っても、1台は見かけるキャンピングカーですが、その形態は様々で、装備や内装が実にバラエティに富んだ車種が登場しています。定番の車両からコンパクトな軽自動車サイズまで、大凡の相場を解説していきます。

キャンピングカーとはなにか

キャンピングカーとは、移動型の別荘のようなもので、車の中に住環境が整った車のことを指します。車両によりその装備や内装は異なりますが、大抵備わっているものがベッド、ダイニングテーブル、キッチンです。車両によってトイレやシャワールームが付き、まさに動く家です。車両のサイズは、大きなバスからコンパクトな軽自動車まで様々です。

キャンピングカーの魅力

キャンピングカーは、何と言ってもレジャーへの冒険心を掻き立てられる外観と装備、そして誰に気兼ねすることなくどこにでも旅に行ける「自由」さが一番の魅力です。旅先での宿泊先の心配をすることもなく、人のいない僻地に行っても快適性を失わない、レジャーの幅を一気に広げてくれる夢の車です。

キャンピングカーの運転、保有に必要な資格



一般的なキャンピングカーは、8ナンバーで特殊用途自動車に分類されます。ただし、キャンピングカーとして登録されるためには、基準を満たすため必要な装備が備わっていなければなりません。日本で販売されている大抵のキャンピングカーは。運転免除証は普通自動車免許で運転が可能です。ただし、近年は免許証のルールが改定され、若年者は車両層重量の制限があるため、事前に把握が必要です。

キャンピングカーの値段、相場について

キャンピングカーの相場はピンキリで、軽自動車サイズやバンコンなど安いものは普通の自動車と同等の価格で購入できます。豪華な内装や装備を備えたキャブコンでも、その内容を考えれば、決して高い買い物ではないと言えます。



キャンピングカーの値段は高い?

安価なものは軽自動車を改造した車両で200万円~400万円の価格で、バンを改造したバンコンは300~600万円ほどが相場となります。トラックを改造したキャブコンでも、新車価格で700万~1,000万円程度で手に入れることが可能です。価格だけ見れば高く思いますが、ベッドやテーブル、空調、キッチンまで備わっているので、別荘を購入することを考えたら十分納得のいく価格です。

キャンピングカーを買うには

全国には、キャンピングカー専門の販社や、ハイエースなどをベースにしたバンコンをオリジナルモデルとして販売しているメーカーが国内にあります。また、中古でもキャブコンやバンコンを中心に売り出されているので、チェックしてみてください。なお、居住スペースが思いのほかコンパクトだった、何て事が無いように、実車を確認しましょう。また、年に1回、幕張メッセでキャンピングカーショーが行われるのでチェックしてみてください。

キャンピングカーが人気の理由

近年、キャンピングカー人気が高まっている背景には、何があるのでしょうか。キャンピングカーに魅了される方は、団塊世代を始め、若年層にも広がっています。

近年の相場は価格がリーズナブル?

キャンピングカーの定義としては、住環境が整っていることが挙げられると思いますが、必要な装備を絞ってコンパクトにし、ハイエースなどのバンや軽自動車などでもキャンピングカーとしての装備や内装を備えた車両が増えています。これにより、従来よりキャンピングカーの相場が下がり、誰でも手の届く価格になっていることが第一にあります。

普段使いもできるお手軽さ

アウトドア愛好家の中には、頼もしい4WDに荷物を満載しレジャーに出かけ、時には車中泊をしながら趣味に没頭するユーザーも少なくありません。そんな愛車は、通勤用車両だったり普段の足としても使っていることが多いです。そのため、近年増えているコンパクトなキャンピングカーは普段の生活にも無理なく使え、駐車場などの心配もいらない便利さがあります。

キャンピングカーの維持費

大きなボディを連想するキャンピングカーですが、その維持費はどの程度でしょうか。とてつもない維持費やメンテナンスを想像して、手を出せずにいる方も多いようです。

雲の上の存在ではない?

キャンピングカーの維持費ははっきり言ってピンキリです。しかし、軽自動車やバンをベースにした車両も多く、キャブコンでもディーゼルエンジンを選択すれば燃料費を抑えられます。また、軽自動車ベースやバンベースの車両は排気量も抑えられ税金も安くなります。駐車スペースも普通車と変わらず、場所によっては駐車代も抑えられるので、車両価格が割高な点を差し引いても、割りと身近な存在に思えます。

およその経費、維持費

8ナンバー登録されたキャンピングカーは、同クラスの普通車よりも税金を抑えられます。燃費はディーゼルモデルも多く、10km前後が目安です。車検も普通車と同様です。ただし、内装や装備のメンテナンス費用は別で、2~3年にサブバッテリーの交換や、水回りの修繕費が発生します。税金で多少普通車より安く、保険料で若干高く、装備の修理で費用が嵩むイメージですが、車両により金額はピンキリです。

車中泊キャンパーが増加?車中泊が人気の理由

キャンピングカーは欲しい、でも高くてなかなか手が出ないといったユーザーや、最低限、快適に寝れれば良いという割り切ったユーザーの中には「車中泊」が快適にできる車両を選択する方も増えています。入浴施設やコンビニなどの普及により、お風呂やトイレなどの心配が少ない事も要因です。

値段が抑えられる

車の中で快適に寝れれば良いので、従来キャンピングカーに備わっているダイニングやキッチン、トイレといった機能を省いてあるため身軽で、価格がぐっと抑えられます。最近は車中泊用に各人気車両にサイズを合わせたエアベッドや目隠しなども普及しており、モバイルバッテリーがあれば短時間ですが照明やコンパクトな扇風機なども動かす事ができるので、低価格の予算で快適な車内を作れます。

テント設営&保管の手間いらず

軽自動車などでもワイドタイプが普及し、テント道具を満載してキャンプに行くユーザーも多いですが、車中泊なら場所を取るテントも不要で、組立や後片付けの手間もありません。その為、軽自動車のようなコンパクトな車でも荷物をコンパクトにすることで車中泊できる仕様に簡単に改装できます。

車中泊仕様へのカスタムにかかる値段

キャンピングカーに対しお手軽な車中泊ですが、安い価格で簡単に愛車を改装できます。また、人気車種はカスタムパーツが豊富なためフォトジェニックな個性を出すこともでき、DIY人気もあり巷では車中泊に注目が集まっています。

ベース車両の値段、相場

車中泊を快適にできる車両は、国内メーカーでも数多く出ています。ポイントは足を伸ばせるだけの全長とフラットになる座面です。人気のSUVやRV車はもちろん、コンパクトな軽自動車でも快適な車中泊を実現できます。その為、車中泊が可能な車両は100万円~の低価格からあります。国内の人気SUVの価格帯は200~300万円に集中しています。

必要な道具にかかる値段、相場

車中泊に必要な装備品は、質感や機能性を含めピンキリです。通常エアベッドと寝袋で1万~2万円、ランタンやライトで3000~5000円、その他プライバシー保護や収納品、モバイルバッテリーなど合わせても3万円程度で十分装備が揃います。また車両によっては、荷室をフラットにできる社外品の専用キットが売られており、1万~数万円で購入可能がです。

車中泊仕様への改造が気になる方はこちらもチェック!

車中泊を快適にするためには、限られたスペースを有効に使い、便利グッズなどを組み合わせることでより快適になります。また中にはウッドパネルなどDIYでキャンピングカー風にカスタムする達人までおります。気になる方は以下を参考にしてください。

キャンピングカー、車中泊ベース車の相場感を覚えよう

今後、キャンピングカーを手に入れたい方や、車中泊で十分という方に、おすすめの車両をご紹介します。それぞれの装備や内装、購入にかかる費用を参考にしてみてください。

別荘も同然?の1台を手に入れたい

キャンピングカーといえば、まさに移動する別荘も同然です。価格は通常の車よりも割高にはなりますが、快適レジャーライフを実現できるでしょう。とはいえ安い買い物ではありませんので、損をしないようにしっかりと資金計画を立て購入を目指しましょう。

自分の生活に見合った1台を

生活上、どのようなキャンピングカーも手に入れられるとは限りません。駐車スペースの問題や維持費、購入費を自身の状況に合わせて無理のないレジャーライフを実現しましょう。軽自動車をベースとした軽キャンパーは最もコンパクトで都心部の方にも最適です。普通車サイズのバンコンも、キャブコンに比べコンパクトで価格も抑えられます。コンパクトながら快適な車両が多いのも、昨今のキャンピングカー人気の恩恵です。

憧れのキャンピングカーとの生活が気になる方はこちらもチェック!

キャンピングカーを手に入れたその先の生活とは、どのような変化が起こるのでしょうか。キャンピングカーとの生活をイメージしたい方は以下を参考にして下さい。

おすすめの人気キャンピングカー①

出典: http://www.fieldlife.co.jp/new_cars/sirius/index.htm

内装、装備、概要

メーカー/フィールドライフ
車種名/シリウス6.7
ベース/三菱FUSO ローザ 特装車
サイズ/全長5980×全幅2100×全高3150(mm)
規格/セミフルコン(バスコン)
定員/乗車9名、就寝6名

値段、相場

新車価格:13,060,000円~15,542,700円
同クラス相場:1,000万~3,000万円

おすすめの理由

バスを改造したいわゆるバスコンです。国内メーカーの中でもトップクラスのボディサイズと豪華な内装を供えています。木目を基調とした内装はくつろげる空間となっており、ホテルのようなダイニングが魅力です。トイレやシャワールームまで標準装備した豪華仕様です。

おすすめの人気キャンピングカー②

出典: https://towa-motors.com/lineup/wohn_exc.html

内装、装備、概要

メーカー/東和モータース
車種名/ヴォーンEXCLUSIVE
ベース/トヨタ カムロード
サイズ/全長5180×全幅2100×全高2860(mm)
規格/キャブコン
定員/乗車7名、就寝6名

値段、相場

新車価格:7,080,000円~8,100,000円
同クラス相場:700万~1,000万円

おすすめの理由

急速充電システム「EVOシステム」を搭載したモデルです。アイドリング時でもバッテリーを充電できるので、アイドリングだけで標準装備の家庭用エアコンが動かせます。また、サブバッテリーへの急速充電も可能となっています。快適な家族での旅が実現できるでしょう。また、車内を立って移動できるスペースがあるのがキャブコンの魅力です。

おすすめの人気キャンピングカー③

出典: https://www.toy-factory.jp/lineup/2016/01/baden-altamoda.php

内装、装備、概要

メーカー/トイファクトリー
車種名/バーデン ALTAMODA
ベース/トヨタ ハイエース スーパーハイルーフ
サイズ/全長5380×全幅1920×全高2540(mm)
規格/バンコン
定員/乗車7名、就寝5名

値段、相場

新車価格:6,460,000円~6,770,000円
同クラス相場:300万~600万円

おすすめの理由

バンベースでありながら、室内高180cmとかなりの広さを実現したモデルです。バンコンの中でも8ナンバーに該当します。冷蔵庫にシンクと常設ベッドを装備しており、収納もたっぷり使える広さです。またバンコンなので運転もしやすく、安定した走りが魅力です。ディーゼルエンジン未設定なのが惜しいところです。

おすすめの人気キャンピングカー④

出典: https://www.tacos.co.jp/camp.html

内装、装備、概要

メーカー/タコス
車種名/HANA EVE
ベース/トヨタ ライトエース
サイズ/全長4045×全幅1665×全高2100(mm)
規格/バンコン
定員/乗車5名、就寝4~5名

値段、相場

新車価格:3,450,000円~3,719,000円
同クラス相場:300万~600万円

おすすめの理由

バンコンの中でも最もコンパクトなモデルながら、しっかりベッドやダイニング、格納式のギャレー(キッチン)を備えています。普通車並みのボディサイズのため、取り回しがしやすく、普段の通勤や買い物にも併用できます。1台で仕事も生活もレジャーも使い回したいユーザーに最適な車両です。8ナンバーなので税金が安く維持しやすいでしょう。

おすすめの人気キャンピングカー⑤

出典: http://www.az-max.co.jp/lakunn/lakunn20.html

内装、装備、概要

メーカー/AZ-MAX
車種名/ラ・クーンⅡ
ベース/マツダ スクラム、スズキ キャリー
サイズ/全長3780×全幅1750×全高2430(mm)
規格/キャブコン(軽キャン)
定員/乗車5名、就寝4名(大人2、子供2)

値段、相場

新車価格:2,838,000円~2,976,000円
同クラス相場:200万~400万円

おすすめの理由

軽トラックを改造したまさに軽キャブコンなモデルです。コンパクトな車体でありながらも、バンコン以上の室内天井高を誇り、小さいお子さんがいるご家族での旅やペットを連れての旅などにおすすめです。室内レイアウトは2パターンから選択可能です。なおベースは軽トラですが、シンクなどキャンピングカー装備品を含むため、8ナンバー登録車両となります。

おすすめの人気キャンピングカー⑥

出典: http://www.autoone.co.jp/kcamper/detail_16.html

内装、装備、概要

メーカー/AUTOONE
車種名/ピッコロキャンパー+
ベース/スズキ エブリーバン、日産 NV100クリッパーハイルーフ
サイズ/全長3395×全幅1475×全高1875(mm)
規格/バンコン(軽キャン)
定員/乗車4名、就寝2名

値段、相場

新車価格:1,499,000円~1,619,000円
同クラス相場:200万~400万円

おすすめの理由

まさに軽自動車並みの低価格で売り出し中の軽バンベースのキャンピングカーです。軽自動車とはいえ、しっかり大人2人で足を伸ばして就寝ができるので、ご夫婦での旅や1人旅にうってつけの車両です。収納式テーブルや、カセットコンロも装備しています。必要最低限の装備を積んだ、圧倒的ロープライスな1台です。

おすすめの人気車中泊ベース車①

内装、装備、概要

メーカー/日産
車種名/エクストレイル
サイズ/全長4690×全幅1820×全高1740(mm)
規格/SUV
定員/乗車5名

値段、相場

新車価格:2,197,800円~3,638,520円
同クラス相場:200万~400万円

おすすめの理由

エクストレイルは、室内が防水性能を持っているのが特徴です。ウインタースポーツや釣り、サーフィンなどに最適です。また、後部座席を倒せばやや傾斜はあるもののフラットになり、大人が足を伸ばして寝ることができます。またトランク下部に隠しスペースがあり、収納性も高いです。またラゲッジボードをオプションで購入可能で、机変わりにもなり便利です。

おすすめの人気車中泊ベース車②

内装、装備、概要

メーカー/三菱
車種名/デリカD:5
サイズ/全長4790×全幅1795×全高1870(mm)
規格/ミニバン
定員/乗車7~8名

値段、相場

新車価格:2,408,400円~4,055,400円
同クラス相場:250万~450万円

おすすめの理由

ミニバンながら圧倒的オフロード性能を持つので、まさにどこでも寝れる車を実現してくれる1台です。オフロード走行を想定した車両のため、カーゴフェンスやマッドフラップなどオプション装備も豊富です。ただしシートを倒してもフラットとは程遠い凸凹が生まれるため、分厚いエアベッドや社外品の専用フラットキットの使用がおすすめです。コンパネなどでベッドを自作する方も多いです。

おすすめの人気車中泊ベース車③

内装、装備、概要

メーカー/ホンダ
車種名/フリード+
サイズ/全長4265~4295×全幅1695×全高1710~1735(mm)
規格/ミニバン
定員/乗車5名

値段、相場

新車価格:2,276,000円~2,748,200円
同クラス相場:250万~450万円

おすすめの理由

フリード+はミニバンながら5人乗りで、後部座席を倒すとフルフラットになるモデルです。マットを敷くだけでベッドの完成です。専用オプション装備でラゲッジボードなどが選べ、机や収納に大変便利です。自転車も詰めるサイズながら5ナンバーなので取り回りが非常に楽チンなのも魅力です。

おすすめの人気車中泊ベース車④

内装、装備、概要

メーカー/スズキ
車種名/ハスラー
サイズ/全長3395×全幅1475×全高1665(mm)
規格/軽自動車
定員/乗車4名

値段、相場

新車価格:1,100,520円~1,748,520円
同クラス相場:100万~200万円

おすすめの理由

ハスラーはアウトドア向けに作られた軽自動車なので、最低地上高も確保されており悪路走行も向いています。また、各レジャーに最適なオプションパーツが用意されているのも嬉しいです。まさにメーカーが車中泊をおすすめしているかのようですね。運転席までまとめてフラットにできるXまたはGグレードがおすすめです。これにより足を伸ばして寝れるスペースが確保されます。

おすすめの人気車中泊ベース車⑤

内装、装備、概要

メーカー/ダイハツ
車種名/ウェイク
サイズ/全長3395×全幅1475×全高1835(mm)
規格/軽自動車
定員/乗車4名

値段、相場

新車価格:1,350,000円~1,841,400円
同クラス相場:100万~200万円

おすすめの理由

クラス最大級の室内空間を持っている車両で、天井高は軽自動車ながらミニバンに匹敵します。もちろんフラットな車内にでき、小さいお子さんなら立って着替えができる広さです。オプションも豊富でレジャーに合わせたパーツを選べます。ロッドホルダーも選べるので釣り人には嬉しいですね。またグレードによっては防水フロアを選べるのも嬉しい装備です。

おすすめの人気車中泊ベース車⑥

内装、装備、概要

メーカー/ホンダ
車種名/N-BOX+
サイズ/全長3395×全幅1475×全高1780~1800(mm)
規格/軽自動車
定員/乗車4名

値段、相場

新車価格:1,340,000円~1,689,400円(中古相場700,000円~1,600,000円)
同クラス相場:100万~200万円

おすすめの理由

軽自動車でも力強いエンジンフィールをを持つNシリーズの中で、唯一シートをフルフラットにできるモデルです。また、荷室にやや傾斜が付いており、荷室と地面を繋ぐ専用スロープがあれば自転車などの積み込みも楽チンです。なお、現在は新車製造がなく新型の登場が待ち遠しいところです。但し人気車種のため中古市場には潤沢に在庫があります。

人気のキャンピングカーについてまとめ

キャンピングカーには実に様々なタイプがあり、これからキャンピングカーを手に入れようとするユーザーには大変嬉しいご時世でもあります。価格相場も幅広く、選択肢が多い分、自分の生活に見合った1台をきっと見つけられることでしょう。

値段や装備のお手軽さが一番のウリ

特にキャンピングカーの中でも人気なのが、バンや軽自動車をベースにしたモデルです。価格がお手頃なうえに、必要最低限な装備を整えており運転が楽なので、使い勝手は抜群です。女性のキャンピングカーオーナーも増えており、今後益々、キャンピングカーの開発が白熱してきそうです。

オシャレカスタムが気になる方はこちらもチェック!

キャンピングカーは基本的にオーダーメイドです。メーカーによりますが、豊富なオプションも選べます。そのため、自分のこだわりを反映させやすく、またDIYでフォトジェニックな愛車に仕上げることも可能です。気になる方は以下をご覧下さい。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【かぎ針編み】初心者の方向け!長々編み(ながながあみ)の基本のやり方を解説✨How to treble crochet knitting

どうも皆さんこんにちは!暮らしーのインドアライフチャンネルです!今回は「長々編み(カギ針)の仕方」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 鎖編み...

釣りのラジオ釣りラじ「第53回ぐらんでぇじおじさんより」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ▼釣りラジをSpo...

釣りのラジオ釣りラじ「第53回ぐらんでぇじおじさんより」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ▼釣りラジをSpo...

【室内再生栽培】Amazonで売ってる植物育成ライトで小松菜とカブをリボベジしてみたら、収穫までいけました!✨

どうも皆さんこんにちは!暮らしーのインドアライフCHです!今回は「Amazonで売ってる植物育成ライトで再生栽培をしてみた結果」をご紹介します! 今回使用したAmazonライトはこちらです↓ htt...

【かぎ針編み】初心者の方向け!長編み(ながあみ)の基本のやり方を解説✨How to crochet long knitting

どうも皆さんこんにちは!暮らしーのインドアライフチャンネルです!今回は「長編み(カギ針)の仕方」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 細編みの...