検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

スキレットでパンが焼けちゃう?モチモチちぎりパンの簡単レシピをご紹介!

スキレットはさまざまな料理に使える大人気の調理道具です。ただ、スキレットでパンが焼けることを知っている方はまだ少ないのでは?スキレットで焼くちぎりパンはモチモチでとても美味しいと好評です。スキレットを使ったちぎりパンの簡単レシピを分かりやすくご紹介します!
更新: 2021年5月14日
石倉

スキレットでパンが焼けちゃう?:はじめに

神秘の鉄鍋スキレット

暮らしーのでもたびたび特集している神秘の鉄鍋スキレット。皆さんのなかにも、スキレット鍋をお持ちの方は多いのでは?ご家庭での調理から、キャンプ場での調理まで幅広いシチュエーションでこのお鍋は活躍してくれますよね。


いくらスキレットでもパンは焼けない?

煮る・焼く・揚げると、どんなレシピであっても高いポテンシャルを発揮してくれるスキレット。ただ、「パンはさすがに焼けないのでは・・・」と思われるのでありませんか?いやいや、そんなことはないんです。スキレットでも、レシピさえ知っていればふわふわ美味しいパンを焼くことができます!

作り方を2パターンに分けてご紹介!


今回は、スキレットを使った変り種レシピ「モチモチちぎりパン」についてご紹介します。オーブンを使う作り方と、でオーブンを使わない作り方の2パターンに分けて解説しますのでぜひ最後までお付き合いください。

モチモチちぎりパンを簡単レシピで作ってみよう!

まずは材料から

レシピを見ていく前に材料から解説していきましょう。スキレットで作れるパンの材料はスーパーなどで簡単に入手できるものばかりです。直径15センチのスキレットでは下記材料だとできる生地の量が多いため1回の調理で使いきることができません。ご家庭であれば保存できますが、キャンプでパンを作る際には材料を1/2~1/3に調節するのがおすすめです。


■ ✿惣菜パン生地✿ 強力粉 240g(80%) 薄力粉60g(20%) 砂糖(三温糖)15g(5%) バター(無塩)15g(5%) 塩(天然塩)5g(1.6%) ドライイースト(サフ)4g(1.3%) 卵40g(13%) 牛乳(半分は水でもOK)150ml(国産粉)~165ml(外国産粉)(50~55%) ■ ※牛乳をスキムミルクで代用する場合※ スキムミルク+水10~12g(3~4%)+150(国産粉)~165ml(外国産粉)(50~55%)

基本のパン生地✿菓子パン&惣菜パン✿ by アトリエ沙羅 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが299万品
「基本のパン生地✿菓子パン&惣菜パン✿」:heart:100人話題入り感謝:heart:とても扱い易い万能生地です♪フープロ・手捏ね・スタンドミキサーの3通りでご紹介★ 材料:✿菓子パン生地✿、強力粉、薄力粉..

調理道具はたったこれだけ!

「パンを焼くとなるといろいろな道具が必要になるのでは?」と思われる方もいることでしょう。調理道具としてスキレットを使うことはもちろんですが、他に必要な道具としては
●ボール×3
●ゴムベラ
●キッチンペーパー(クッキングペーパー)
の3種類だけです。ボールは種生地をこねるためのもの。キッチンペーパーは発酵させる段階で生地の上にかぶせておくためのものですね。ゴムベラは初期の生地を混ぜるときに使います。これについては、スプーンなどで代用できます。たったこれだけの調理道具で美味しいパンを焼けますよ!

作り方のコツは?

作り方のコツは生地を混ぜ合わせる順番にあります。レシピ自体は簡単ですが、だからといって生地を適当に作ると上手く発酵してくれずにカッチカチのパンになってしまいます。あとは、発酵のための時間をきちんと置くことですね。この2つさえ守れば、まず間違いありません。

モチモチちぎりパンの簡単レシピ①:生地の作り方

パン生地は簡単に作れる

まずはパン生地を作っていきましょう。はじめてパンを作る方にとっては、何やら難しそうに思える工程ですが手順を守ればとても簡単です。

簡単レシピ手順1/5

まず、ボールに人肌に温めたお湯30cc(材料とは別)とドライイースト、そしてお砂糖をひとつまみほど入れます。このまま15分から20分ほど置き、イーストが発酵するのを待ちましょう。別のボールに牛乳(水)と卵を入れて混ぜておきます。

簡単レシピ手順2/5

発酵を待っている間に、もう一つのボールに小麦粉と塩、残った砂糖を入れてゴムベラでよくかき混ぜます。よく混ざったなら、手順1のドライイーストを入れます。その後でまた少し混ぜ合わせたらさらに、手順1の牛乳(水)と卵の混合液を入れましょう。さっくりと切るように混ぜつつ材料を均等にならしていくイメージでゴムベラを動かしてください。

簡単レシピ手順3/5

生地に粘りが出てきたなら、手を使ってコネていきます。ここでバターを細かくちぎりつつ生地にコネ入れていきます。ここでバターの代わりにオリーブオイルを使っても風味が爽やかなパンになります。

簡単レシピ手順4/5

生地の表面がなめらかになるまで根気よくコネていきます。生地を10分ほどコネたなら、大福のような球状にまとめてボールに入れます。そして、キッチンペーパーをかぶせてから約60分発酵させます。

発酵のコツ

発酵のコツは時間と温度で、特に温度は重要です。26度~30度の温度環境で生地を寝かせてあげましょう。生地の大きさが2倍に膨らんだら発酵完了(一次発酵)の合図です!

簡単レシピ手順5/5

ぽってりと膨らんだ生地を手で押さえて発酵によって生じたガスを抜いていきます。ガスが抜けたなら、ゴムベラなどでお好みの大きさにカットして生地は完成です。ちぎりパンですと4等分~10等分にカットするのが一般的ですね。スキレットの大きさと相談しながらカットしていきましょう。

モチモチちぎりパンの簡単レシピ②:オーブンあり

オーブンを使った作り方

それでは、まずオーブンを使ったモチモチちぎりパンの作り方を見ていきましょう。オーブンなしのレシピと重なる部分もありますので、順に解説していきます。

オーブンを使った作り方1/4

スキレットにキッチンペーパーを敷くかバターやオリーブオイルを塗ります。キッチンペーパーを敷くとあとのお手入れが簡単に済みます。また、バターやオリーブオイルを塗るとできあがりが香ばしく仕上がります。

オーブンを使った作り方2/4

スキレットにカットした生地を、お好みの形に並べていきます。二次発酵でまた少し膨らむのであまりぎゅうぎゅうに詰め込みすぎないように気をつけましょう。並べたら、水で濡らしたキッチンペーパーを生地の上からかぶせて20分~30分ほど置きます(二次発酵)。

オーブンを使った作り方3/4

二次発酵が完了するとスキレットにみっちりと生地が詰まった状態になります。この状態になったなら生地の上から表面に強力粉をまぶしましょう。粉雪をかけるようなイメージで優しくまぶします。

オーブンを使った作り方4/4

いよいよオーブンで焼いていきます。あらかじめ190度に熱しておいたオーブンにスキレットごと生地を入れます。そして、時間にして15分ほど焼成してください。表面が美味しそうなきつね色になり、香ばしい匂いが漂ってきたなら食べごろの合図です。

モチモチちぎりパンの簡単レシピ③:オーブンなし

オーブンを使わない作り方

オーブンを使わない作り方では、スキレットをさらにもう一つ使います。いわゆる「2刀流」です。スキレットを上下逆さまに重ねることで、直火であってもまるでオーブンのようにパンを焼くことができます。

オーブンを使わない作り方1/3

焼き上げるまでの工程は前述した「オーブンを使った作り方」と同じです。まず、「オーブンを使った作り方3/5」でスキレットにパン生地を詰めたら、生地の上にかぶせるようにクッキングシートを一枚敷いてください。

オーブンを使わない作り方2/3

スキレットをもう一つ用意し、貝殻のように生地を挟みこみ密封します。このときに使用するスキレットは、生地を詰めてある側のものと同じサイズのものを使いましょう。

オーブンを使わない作り方3/3

直火で焼いていきます。時間にして片面5分を目安に弱火~中火でコロコロとスキレットをひっくり返しながらジワジワとじっくり焼いていきましょう。火が強すぎると焦げてしまいますので火加減には注意してください。表面がきつね色になったなら完成です!

スキレットで簡単に作れるアレンジパン!

食感が楽しいクルミパン

まさに秋の味ですね。秋にその美味しさを高める食材であるクルミをふんだんにトッピングしたパンです。ふわふわのなかにクルミのカリカリ食感を楽しめる、食べていて楽しいパンとなっています。

風味ゆたかなチーズパン

ちぎりパンはまるで白いキャンパス。アレンジによってさまざまな変化を楽しめます。ブロックチーズを生地に練りこみ焼き上げてから、パルメザンをかければ風味ゆたかなチーズパンに進化します。チーズ好きにはたまりません!

朝食にうれしいコーンベーコンパン

パン生地を保存しておけば、朝のわずかな時間でもスキレットで簡単に焼きたてパンが楽しめるのがちぎりパンの魅力です。そこで、冷蔵庫にあるコーンとベーコンをぶすっと生地に入れて焼成すればブレックファーストにぴったりなコーンベーコンパンの完成です。あとはコーヒーを淹れればごきげんな朝食のできあがり!

スキレットでパンが焼けちゃう?:まとめ

美味しいモチモチちぎりパンをスキレットで!

スキレットで作るちぎりパンについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。作り方も簡単で時間もかからないちぎりパンはご家庭でもキャンプでもいろいろな場面で大活躍します。皆さんの思い思いのアレンジで、オンリーワンなちぎりパンを作ってみてください!

スキレットの役立つ情報を知りたい方はこちらもチェック!

暮らしーのでは、スキレットの使い方から美味しい料理レシピの情報までいろいろと役立つ情報を掲載しております。奥の深い調理道具であるスキレットの真髄を極めたいという方はぜひこちらの記事もお読みになってください。それでは、最後までありがとうございました!