スライドテーブルとは?後付けもできる便利なアイテムと自作方法をご紹介!のイメージ

スライドテーブルとは?後付けもできる便利なアイテムと自作方法をご紹介!

スライドテーブルといえば、狭いスペースのキッチンや書斎などの家具に採用されている、テーブルが収納されていて、引き出して都度使えるタイプのテーブルのことです。家電ラックなどに採用されているものが有名です。今回は、スライドテーブルについていろいろとご紹介します!

2018年10月19日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. スライドテーブルの使い方や自作方法をご紹介
  2. スライドテーブルの種類
  3. スライドテーブルの収納
  4. 収納型自作スライドテーブルの作り方【DIY】
  5. 市販のスライドテーブル金具で後付け
  6. DIY不要!簡単設置で自作スライドテーブル
  7. スライドテーブル設置時の注意点
  8. 市販のスライドテーブル付き家具
  9. おすすめ市販スライドテーブル付き家具
  10. まとめ

スライドテーブルの使い方や自作方法をご紹介

家電類を使いやすく!便利なスライドテーブル

shimikuni712さんの投稿
12445947 496047890606154 27141437 n

キッチン家電やパソコン、趣味で使うテーブルなど広さをプラスできる収納式スライドテーブルがついていると便利です。使わないときはコンパクトになって、狭い間取りでもスッキリ!自作の後付けスライドテーブルの作り方から、おすすめのスライドテーブル付き家具をご紹介していきます。

スライドテーブルの種類

書斎・趣味の机に

b.b.brownieさんの投稿
41433643 2302690089760758 5984238237623872193 n

スライドテーブル付きの家具といえば、パソコンデスクを思い出す人も多いでしょう。キーボードなどを置くことが出来るスペースを、使うときだけ引き出せるものです。パソコンデスクの他、ミシン前に作業する場所を作ったり、スライドテーブルを後付けすると、いろいろ便利なラックやデスクはあるものです。

キッチン用

hime216さんの投稿
23279223 271252073396789 8602364536592269312 n

パソコンやミシンなど使わない人でも、一度は見たことがあるのがキッチンラックのスライドテーブルではないでしょうか。炊飯器やポットなど、上にフタが開くキッチン家電を使うとき、ラックの中に家電を収納してしまうととっても使いにくい。置いている棚を引き出して使い、使わないときはでっぱらないように収納しておけるのが良いですね。

スライドテーブルの収納

目立たない収納型スライドテーブル

michi_fujiyamaさんの投稿
17126246 1873346216246343 5635755549216735232 n

スライドテーブルは、名前のとおりスライドして引き出したり、収納できるのがポイント。こちらは、自作の飾り棚ですが、飾るものの数や大きさによって、スライドテーブルで置くスペースを広げることができます。もちろん、不要な時は棚板の下に収納できるで、スッキリとしたインテリアとなっています。

収納できるから邪魔にならない

日本は、土地が狭い上に人口も多く、1戸あたりの面積が狭くてどうしても家族で狭い家に住むことになってしまうことも多々あります。狭い居住空間を少しでも広く活用するには、収納できるテーブルや棚が欲しいですね。動線から飛び出た部分を、スライドテーブルに変えると、動く時にも邪魔になりません。

収納型自作スライドテーブルの作り方【DIY】

後付けでスライドテーブルをDIY

codachi.nailさんの投稿
40056536 1407252829377432 6763315031422533632 n

まずは、金具を使わないスライドテーブルの作り方から。こちらは、家具としての見た目がよくなるというメリットがありますが、ほぞ穴あけが少し面倒というデメリットがあります。DIYは時間をかけても良いので、見た目よくしたいという人におすすめの作り方です。家電などを設置するラックから、自分で自作することも可能です。キッチンの隙間のスペースに合わせて、ピッタリに作りたい人向けです。

材料と費用の目安

SPF ツーバイフォー ツーバイ材

メーカー:川島材木店 サイズ:3.8cmx8.7cmx240cm

Amazonで詳細を見る

ここで作り方をご説明するスライドテーブルは、金具を使用せず、木材だけで仕上げるタイプ。木材でほぞを作ってスライドさせるので、裏側から見ても非常に綺麗に仕上がるのが特徴です。使用材料は2×4材などの木材。価格の目安は、長さ240cmのものが1本1700円程度。テーブルにするなら、これを何本かつなぎ合わせることになるので、この値段×使用幅で計算できます。

作り方・取り付け方①

まずは、基本となるラックを用意するか、自分で作ります(ここでは、この作り方については割愛)。木材で作りますので、ラックも木製が好ましいです。

作り方・取り付け方②

yaccoyさんの投稿
16123330 1301132873241223 8394990703653945344 n

木製でスライドテーブルを作るには、ほぞを作る彫る必要があります。ほぞとは、組み合わされる木材に、それぞれ凸と凹の部分を作り、その凸凹を組み合わせる木工の工作方法。90度に柱を組み合わせたり、短い木材を組み合わせて長くしたりするのにも使用されます。ほぞの掘り方は、ほぞ掘り用の丸鋸や、ノミを使います。凹の部分は、ほぞ幅に合わせて2本の切り込みを入れ、中をくり抜きます。凸の部分も同じように2本の切り込みを入れて、逆に外側を切り落とすことで作れます。これを組み合わせることで、簡単に木材だけでスライドレールのようなものを作ることができます。

作り方・取り付け方③

adachifactoryさんの投稿
30943458 1668881496531071 4375746435312779264 n

凸凹のほぞを掘った木材は、ラックにレールのように木ねじを使って、凹の方をしっかりと取り付けます。板に凸をつければ、棚ごとスライドできますし、角材にほぞを作って、その上に使うときに棚板を乗せる形でも作ることができます。

レール金具を使わない木製スライドテーブルDIY

こちらは、テーブルのサイズをスライドさせて調整できる、大きさ調整のスライドテーブルを自作している動画です。木材だけで、どのように棚をスライドさせるのか、その部分を知ることができます。

市販のスライドテーブル金具で後付け

簡単に自作スライドテーブル

木材だけでスライドする部分を作った方が、見た目は格段に良いですがほぞを開けたり、耐荷重がハッキリわからなかったりと、なにかと不便なことや、使いにくいところがあります。もっと簡単にスライドテーブルを自作するなら、市販のスライドレール金具を使用するのがおすすめです。

レールをラックと棚板両方にネジで留める

m__home_17さんの投稿
23594863 130363410969461 8517939309347602432 n

使い方は、後付けするラックの取り付けたい部分にレールの凹金具を、取り付けたい棚部分に凸金具を取り付けて組み合わせるだけ。スライドレールに耐荷重が記載されているので、どのくらいの重さの家電を置けるのか、わかりやすいというメリットがありますが、横から見ると、金具が丸見えなので、家具としての見た目は少し…となります。

気になる価格とサイズは

yociellさんの投稿
10593401 295521610637138 607511267 n

スライドレールはビスで取り付けるだけで簡単にスライドテーブルを後付けできる金具。サイズも細かく揃っています。Amazonで取り扱っているものはサイズは150mmから500mm。レールのみの価格は、1セット700円から1500円程度と安価で購入することができます。

スライドレール

メーカー:アイワ タイプ:ベアリング サイズ:310mm

Amazonで詳細を見る

DIY不要!簡単設置で自作スライドテーブル

設置だけで使えるスライドテーブル

02konaka26さんの投稿
13117972 554159521422510 2004693194 n

木材で作るものも、スライドレール金具を付けて棚板をラックにつけるにしても、ビスを打ち込んだり、ネジで止めたり、吊り下げるのならL字金具が必要だったりといろいろと手間がかかります。ラックの平な場所なら、もっと簡単に簡易的にスライドテーブルを設置できる市販品があります。ラックの収納スペースが、スライドテーブルの高さ分狭くなってはしまうのですが、買って置くだけ。上に乗せるものの重さで安定されることができるので、乗せる家電によってはとっても丈夫になります。

気になる耐荷重やサイズ

スライドテーブル

メーカー:インテリアオフィスワン サイズ: 幅45×奥行40×高さ4.5cm 材質:ステンレス 日本製 日本製 耐荷重:約3kg

Amazonで詳細を見る

置くだけのスライドテーブルは幅は45センチから80センチほどが主流。価格は、5,000円から1万を切るくらいの価格であります。横幅が広いタイプは、耐荷重をあげるために、引き出せるテーブルが2つに分かれているものが目立ちます。耐荷重は3kgから5kg程度が目安です。

スライドテーブル設置時の注意点

後付けスライドテーブルの落とし穴

yukawakagu_minoさんの投稿
22157441 812331208927246 7882615437547012096 n

注意点①耐荷重

ここまでも、ご紹介で何度も触れてきた耐荷重。スライドテーブルは空中に浮いているので下からの支えがありません。あまり重い物に耐えられるだけの、耐久がないのです。何をどのくらい乗せるのか、使用するレールにはどのくらいの耐荷重があるのか、チェックしてから取り付けることが必要となってきます。特に、スライドレールは横に付けるか、吊り下げるかで耐荷重が大きく変わってきます。取り付け方にも、注意が必要となってきます。ちなみにも横付けの方が耐荷重がアップします。詳しくは、買った金具のパッケージをご参照ください。

注意点②棚の幅

shop.onpuさんの投稿
18011386 1293917177329913 7665856040210006016 n

自分で後付けでスライドテーブルを付ける場合、棚板となる部品と、スライドレールなどを用意していざ取り付けようとしたときに金具幅で棚が入らないということになります。下に吊り下げ式で取り付けるのなら棚板の大きさはラック幅と同じでよいのですが、レールを横付けにする場合は、レール幅分狭いサイズの棚板を用意しましょう。

市販のスライドテーブル付き家具

自作DIYが難しかったら

sugary.voiceさんの投稿
21149340 1946267722295655 6361250876417376256 n

自作スライドテーブルのメリットは、自分の欲しいところに取り付けられるということがあります。でも、スライドテーブルは下に支えがないという点から、失敗も多いDIYです。自信がない…という人は、市販品を買ってしまった方が丈夫で安い!ということも。自分は何を乗せたいのか、自作と既成品どちらが向いているのかよく考えて決めましょう。

耐荷重がわかりやすい

スライドテーブルを自作せずに、買うという選択肢を選ぶメリットは、「耐荷重がハッキリしている」というところがあります。乗せるものが決まっており、それがある程度重くなるとわかっていれば、自作して「テーブルが下に落ちた!」などということを避けられます。スライドレール金具を使えば、ある程度耐荷重は予想できますが、その耐荷重には棚の重さも含まれます。棚やテーブル板の重さによっては、上に重い物を乗せられないということもあります。

買った方が安い?

自分で使うものをDIYする人の中には、作るのが楽しい!という人もいますが、安く自分の欲しい物を手に入れたいという人も多いのではないでしょうか。もし後者であれば、自作するよりも、市販で自分の目的にあったものを探した方が安くすむ場合もあります。自分がどのような目的で使いたいのか。それにあった家具が無いのか。自作する場合どのくらいの材料費がかかるのか、見直してみましょう。

おすすめ市販スライドテーブル付き家具

①WLIVE キッチンラック

大容量!オシャレな食器棚

メーカー:快適生活百貨店 サイズ:幅90cmx奥行41cmx高さ180cm ガラス扉・2口コンセント付き

Amazonで詳細を見る

市販品と自作を見比べるために、スライドテーブル付きのキッチン家具を3つご紹介しましょう。まずは、ブラウンと白のカラーリングがおしゃれなキッチン収納家具。ガラス扉もついていて、下の観音開きの扉の上の棚がスライド式になっています。背後のコンセントから電源をとって前に2つのコンセント口が使えるようになっています。サイズが合うならばおすすめです。

②オープンラック レンジ台 「フローリエ」

オープンラック レンジ台 「フローリエ」

メーカー:エムケー精工(MK精工) サイズ:巾49.5×奥行42.5×高さ136.5cm スライドテーブル耐荷重:12kg カラー:ブラウン

Amazonで詳細を見る

スライドテーブルがついた、スリムなキッチンラック。最近は家具としてスチールラックが、若い人を中心に人気があります。お手入れが楽、見た目がおしゃれ。組み立ても簡単。そんなメリットがあります。また、丈夫さもメタルラックの特徴のひとつ。スライドテーブルの耐荷重も12kgもあるので安心して重い家電も置くことができます。

③メタルラック レンジ台 4段

メタルラック レンジ台 4段

メーカー:アイリスオーヤマ サイズ:幅55×奥行45×高さ139cm 耐荷重:約8kg スチールパイプ製

Amazonで詳細を見る

こちらも流行りのメッシュタイプのスチールラックです。耐荷重こそ、さきほどのパイプ式のものよりも4kg軽い8kgですが、8kgあればいろんなものを置くことができるでしょう。

まとめ

スライドテーブルを使って便利なキッチンに

出典: https://www.amazon.co.jp

便利なスライドテーブル。後付けで自作で取り付ける方法、便利なスライドレール、設置するだけの簡単なスライドテーブルなどなど。いろんな付け方があります。後付けが難しいと感じたら、スライドテーブル付きの新しいラックに買い換えてしまった方が安くててっとり早い…などの場合もあります。スライドテーブルは便利な家具。乗せるものの耐荷重などに注意して選ぶことで、生活が一段と便利になるでしょう。

キッチンDIYが気になる人はこちらをチェック

Thumbサブウェイタイルを使ったキッチンDIY術!おしゃれな貼り方や実例9選! | 暮らし~の[クラシーノ]
サブウェイタイルを使って、キッチンをおしゃれにコーディネートしましょう。シンプルなタイルで色...
Thumbディアウォールを活用したキッチンDIY術11選!簡単で便利な収納棚が作れる! | 暮らし~の[クラシーノ]
ディアウォールを使ってキッチンをリメイクDIYすれば、収納棚を簡単に作れます。調味料棚やレン...
ThumbキッチンDIY集11選!やり方を学んで自分でおしゃれにリフォームしよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
キッチンはDIYでおしゃれにリフォームできます。賃貸や古い台所でも問題ありません。やり方が分...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ