Twitter
Facebook
LINE

ガーデニング初心者入門!必要な道具リストと簡単で楽しい始め方をご紹介!

haduki0

ガーデニング初心者入門!必要な道具リストと簡単で楽しい始め方をご紹介!

haduki0

ガーデニングの定義とは?

ガーデニングとは、家庭で行う園芸の一種を指します。自宅の庭に草木や鼻を好きなように活けたり、レンガや木材などを利用して柵や敷石を作ったりなど、自分の感性で箱庭を作り、その過程や完成した庭を眺めて楽しむのです。
 

園芸とはどう違う?

ガーデニングと園芸はよく区別されているように、似てはいますが厳密には違います。園芸とはガーデニングも含めて、菜園や農業など、総合的な庭いじりの事を指すのです。園芸とは本来「園藝」であり、「藝」とは植えるという意味があります。つまり、「園(庭)に藝(植える)」こと全般が園芸というわけです。
あまり区別しなくても問題はありませんが、家庭で行う趣味の園芸がガーデニングと覚えておきましょう。

初心者におすすめするガーデニング用品:①

基本の園芸セット

GardenHOME ガーデニング(庭造り手工具)

園芸セットには基本となる道具が存在します。物によって変わってきますが、基本的なセットは「スコップ」「熊手」「スキ」の3つです。個別でも販売していますが、ハサミなどと合わせたセット販売もしており、初心者でも簡単にそろえることができます。
気に入ったので構いませんが、手になじみやすく軽い道具だとガーデニングを楽しめておすすめです。



園芸にスコップ(園芸用こて)は必需品

【 OWL/オウル 】 ファイバーグラス ハンドスコップ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

基本となる園芸用品の一つです。植物を植えるためには絶対に欠かせませんので、必需品といってもいいでしょう。おすすめのスコップは掘る部分に目盛りのあるスコップです。植物によっては植える深さがある程度決まっており、間違えると上手く育たない物もあります。ですが、目盛りがあればどの程度掘ればいいかがすぐにわかることでしょう。どの程度掘ればいいかが感覚でわかりにくい初心者におすすめの道具です。
ちなみに、正確には「園芸用こて」「移植ごて」と呼ぶそうですよ。

雑草を抜くなら熊手が便利

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 万能熊手ネット付 M-6266

出典: Amazon


基本となる園芸用品の一つです。潮干狩りなどで使用するような熊手も園芸用品のセットに含まれています。基本的な使い方は、簡単に耕す場合と雑草を抜く場合に使用します。雑草が密集している場所に熊手を入れることで、地面を耕すと共に雑草も抜き取ってくれるのです。一つ一つ抜く必要が無くとても便利に感じるでしょう。

耕すならスキがあると便利

トンボ 片手鍬 イカ型 102 AZU102

出典: Amazon

基本となる園芸用品の一つです。熊手と似ていますが、こちらは先端が長く、しっかり地面に食い込みます。そのため、熊手よりも簡単に耕すことができるでしょう。ただ、熊手でも同じことはできますので、園芸用品の基本セットの中に含まれていない場合もよくあります。あると便利ではありますが、初心者には持て余しやすく、必需品とはいえないのかもしれません。

シャベルやクワもあると便利

GARDEN FRIENDS 園芸ショベル 木柄 剣型

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

大規模にガーデニングをするのなら、大型のシャベルやクワも必要になります。庭全体となるとスコップや熊手だけでは到底無理ですので、まとめて耕す必要があるのです。少しづつ開拓してもいいですが、庭が広いようなら検討しておきましょう。

初心者におすすめするガーデニング用品:②

ジョウロ

トンボ ジョーロ 8型

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

植物を植えたら水やりをしなけれなりません。雨だけに頼っていたら枯れてしまいますので、ジョウロは必需品となります。ジョウロを選ぶ際は気に入った物で構いませんが、先端がシャワーになる物にしてください。種を蒔いた際など、ストレートに水やりをすると一緒に流れてしまいますので、シャワータイプのジョウロは必需品になります。あとは、ガーデニングの広さに合わせて容量を決めましょう。

ホースがあれば簡単に水やりできる

タカギ(takagi) ホース ホースリール コンパクトリール 10m R110FJ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

庭が広いようなら水やり用のホースも必要になります。ジョウロだけでは何度も往復する必要があり、水やりだけで疲れてしまいます。水を汲む必要が無くジョウロよりも水やりが簡単になりおすすめです。

初心者におすすめするガーデニング用品:③

園芸用ハサミ

TaoTronics 園芸用はさみ 剪定鋏 芽切鋏 2本セット 安全ロック付き はさみ 刃 軽量 果樹 庭木の剪定 盆栽剪定 生け花

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

植物の管理は水やりだけではありません。枝が伸びたら剪定したり、植え替えの際に古い根を切る必要もあります。そのため、園芸用ハサミもガーデニングには必需品です。園芸用ハサミを選ぶ際は、刃が鋭いかどうかで選んでください。枝や根を切る際、刃が鋭くないと切り口を潰してしまい、植物にダメージを与えてしまいます。負担を少なくするために、スパっと簡単に切れる園芸用ハサミが必要です。

初心者におすすめするガーデニング用品:④

軍手

ショーワグローブ 【軽作業用手袋】

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

実際にガーデニングを始めてみればわかりますが、ガーデニングをすると手が痛くなってきます。雑草を抜いたり、道具を使用したりするので、素手のままでは痛くなってしまうのです。また、サボテンやバラなどは棘があり、素手で触るのは危険があります。それらの問題から手を守るため、軍手や園芸用のグローブが必要になるのです。必需品とまではいいませんが100均でも購入できますので、安全のためにも用意しておいた方がいいでしょう。

初心者におすすめするガーデニング用品:⑤

作業着・帽子

daysy 撥水TC胸付前縛りエプロン フリー カーキ NS-20

出典: Amazon

当たり前ですが、ガーデニングをすれば服が汚れます。プランターで育てるならともかく、庭いじりではどんなやり方であっても、汚れは回避できません。そのため、汚れても大丈夫な作業着は必要になります。動きやすく通気性が良い作業着なら、汚れを気にせず作業に集中できます。ジャージなどでも構いませんが、ないようなら用意しておきましょう。

日射病対策に帽子がおすすめ

【ノーブランド】遮光 UVカット 麦わら 日よけ 帽子

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

作業着のほかにも、帽子をおすすめします。ガーデニングの多くは野外での作業になりますので、日射病対策に必要になります。特に、夏の日差しが強い日に帽子は必需品といっても過言ではありません。水分補強を良く行い、日射病や熱射病に注意しながら作業を行ってください。

初心者におすすめするガーデニング用品:⑥

携帯チェア

GardenHOME 2WAYガーデンチェア・庭仕事用・農作業用【椅子と膝置き2種類の使用法で効率UP・簡単持ち運び】110kgもの重量に耐える頑丈な設計

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ガーデニングをするなら携帯チェアがあると便利です。草むしりや植え替えなど、ガーデニングではよく腰を落として作業を行います。ですが、長い時間そのような態勢だと腰を悪くしてしまいます。腰を悪くしないためにも、無理のない姿勢で作業ができる携帯チェアはおすすめです。腰痛持ちの人には必需品となるでしょう。

初心者におすすめするガーデニング用品:⑦

鉢・プランター

スクエアプランター 長方形 幅595mm×奥行230mm×高さ205mm DB(ダークブラウン)色

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

必需品ではありませんが、鉢があるといろいろなことができます。レイアウトへの使用、一時的な植え替え先、追加用の土壌作成など、様々な目的で使えて便利です。量を揃える必要はありませんが、簡単なプランターを1~2個程度用意しておくといいかもしれません。
 

初心者に知っておいてほしいガーデニングの知識:①

土作り

ガーデニングの基本は土作りから始めます。というよりも、土台となる部分ですので、土作りに失敗すると植物が育ちません。特に気にしなくても育つときは育ちますが、植物が元気に育つような土壌にしましょう。

栄養

培養土 国華園 きれいに育てる花の土 25L 2袋組 そのまま使える培養土 花 土 園芸用土 家庭菜園 ガーデニング

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

植物を育てるためには、「窒素」「リン酸」「カリウム」が必要といわれています。元々含まれている成分量でも構いませんが、より元気に育てるためには土作りの際に混ぜ込む必要があるのです。ですが、難しく考える必要はありません。それら必要な成分が含まれた肥料や土が販売していますので、それらを蒔いて混ぜ合わせれば終わりになります。化成肥料でも有機肥料でもどちらでも構いませんので、育てる植物に合う肥料を購入しましょう。

PH(水素イオン指数)

日清ガーデンメイト すぐ植え石灰 3kg

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

日本は酸性の雨が降りますので、酸性よりの土壌をしています。ですが、植物によっては中性やアルカリ性を好む植物も多く、そのままの土壌では育ちが悪くなってしまいます。そこで、植物が育ちやすい土壌にするため、PHを調節する必要があるのです。やり方としてはアルカリ性の石灰を使用します。ガーデニングに慣れると「有機石灰」「消灰石」などPHによって使い分けたり、道具を使ってPHを測定したりもしますが、初心者ならそこまでする必要はないでしょう。基本的な園芸用の石灰を購入し、それを混ぜるだけで十分です。

PHは気にしなくてもいい?

PHは植物の成長に関わってきますが、必ず調節しなければいけないわけではありません。いくら酸性寄りだからといって、植物が育たないほど強い酸性というわけでもないですので、調節しなくても植物は育ちます。ハーブなどの土壌をあまり選ばない植物なら、調節しなくても元気に育ちます。ハーブなら育てるのも簡単ですので、初めはPHを気にしなくても育つ植物から始めといいでしょう。

土壌作りのやり方

1:土壌を耕す
2:雑草や小石、ごみなどの不要な物を取り除く
3:石灰を蒔きPHを調節する
4:約1週間置いてPHを調節したのち、肥料や腐葉土などを混ぜる

土壌の完成には時間が必要

大切なのは「石灰を蒔いた後に時間をあける」ことです。PHは石灰を蒔いてすぐに変化するわけではありませんので、事前に準備しておく必要があります。土壌によって馴染ませる日にちは変わりますが、大体1~2週間馴染ませれば十分なはずです。そして、調節したのちに肥料や腐葉土などを混ぜ込み、土壌を完成ましょう。
詳しくは下記のサイトで紹介されていますので参考にしてください。

初心者に知っておいてほしいガーデニングの知識:②

植物の特性

植物には特徴があります。寒い場所でも育つ植物もあれば、暑く湿気がある場所を好む植物など、分布によって違ってきます。そのため、元気に育てるためには植物の特性を理解しなければなりません。耐熱性、耐陰性、耐湿性など、植物に合った環境を作ってあげましょう。

日当たりは大丈夫?

植物は光合成をしますが、種類によって耐陰性は違います。たとえ植物であっても、日差しによって葉焼けを起こしてしまうなど、種類によっては害となってしまうこともあるのです。ある程度の日差しは必要ですが、シャガや雪割草といった耐陰性の植物は、建物の陰や木漏れ日などの日陰で育てる必要があります。どの植物が耐陰性が強いのかを調べ、植物に合う場所に植えてください。

温度は大丈夫?

日当たりと同じように温度も植物によって違ってきます。高山植物や北陸の植物は寒さに強いですし、逆に多肉植物や沖縄の植物は暑さに強いです。日当たりが良い場所は暑く日陰は寒いですので、耐陰性と合わせて植物を選びましょう。また、ひまわりやスノードロップなど、季節によって育つ花も違ってきます。初心者は無難にゼラニウムや桔梗などの多年草から始めるといいでしょう。

風通しは大丈夫?

風通しはすべての植物に必要な要素です。湿度が多いとカビが生えたり根腐れを起こしてしまいますので、湿気を好む植物でもある程度の風通しは必要になります。そのため、あまり密集させて育てると、植物の成長と共に風通しが悪くなってしまいますので注意が必要になります。園芸用ハサミなどの道具も使えますが、手間が少ないように、間をあけて植えるようにしましょう。他にも、植物によりますが水が溜まりやすい窪地などの、ジメジメした場所などで育てるのもやめた方がいいです。

初心者に知っておいてほしいガーデニングの知識:③

水やり

植物には必ず水やりが必要です。基本は「土が乾いたらたっぷり水やりをする」ことで問題ありませんが、水やりのタイミングが違うと、逆に枯らしてしまうこともあります。

生長期と休眠期


植物には生長期と休眠期があります。生長期はグングン育つため水が必要になり、逆に休眠期では植物は眠っているためほとんど水を必要としません。もし、休眠期に水やりを頻繁に行うと、水を吸収しきれずに根腐れを起こしてしまいます。そのようなことが無いよう、季節によって水やりの量を調整する必要があるのです。多くの植物は成長期が5~9月ごろの夏で、休眠期が11~2月ごろの冬です。ただし、冬に咲く植物は逆になりますので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。

朝と昼の水やり

夏の日中に水やりをすると、水滴が温まってしまい植物にとって良くありません。また、冬の朝や夜に水やりをすると、水滴が凍ってしまい良くありません。このように、水やりは季節によって悪影響を及ぼしてしまうこともあります。夏は朝や夜の涼しい時間帯、冬は日中の温かい時間帯に水やりをしましょう。

根元に水やりをする

水やりをする際は植物の根元に直接水やりをするようにします。上から水やりをするだけでは根元まで水が届かないだけではなく、葉や花に残った水滴によってカビが生える恐れがあるからです。また、勢いよく水やりをすると土がえぐれてしまいますので、シャワーノズルで優しく水やりをするようにしてください。

ガーデニング初心者に向いている植物

ガーデニングは個人の趣味ですので、好きな植物を育てるといいです。ですが、中には育つるのが難しい植物もあり、初心者に向いていない植物もあります。初心者でも比較的簡単な植物を紹介しますので、慣れるまでは参考にしてみてください。

ハーブ系

「ほっといても勝手に増殖する」ことで有名なハーブ系統の植物です。その繁殖力はすさまじく「ハーブテロ」とも呼ばれています。種類にもよりますが、基本的に放置していても勝手に育ちますので、初心者でも簡単にガーデニングができるでしょう。見た目が良いだけではなく食べられますので、実用的な人にもおすすめです。

管理を怠ると大変なことになる

ハーブは放置しておいても育ちますが、管理をし忘れると増殖し過ぎてしまいます。ハーブテロと呼ばれるだけあって、雑草と同じようにそこら中に生えてしまうことでしょう。育てるはずのハーブが、逆に除草する必要がある「雑草」になってしまうのです。ハーブを直植えする場合は、増殖しすぎないよう注意しながら育ててください。

多肉植物系

サボテンなどの多肉植物は、葉の内部に水分が多く含まれているため、水やりをあまり必要としません。また、暑さや湿気にも強く、世話があまりかからず初心者に向いている植物です。見た目も華やかな物が多く、ガーデニングに向いている植物といえるでしょう。鉢栽培の印象が強いですが、直植えして一区画を多肉植物でまとめてみるのも面白いですよ。

多年草

初心者にとって難しいのは季節ごとの植え替えです。ひまわりやアジサイなどの植物は季節によっては咲きませんので、そのことを考えて植え替えしなければなりません。ですが、一年中咲いている多年草ならそのような心配もありません。季節ごとで考える必要もないですので、庭の設計や植え替えについてあれこれ悩む必要はなくなります。しっかり世話をし、一年を通して楽しみましょう。

簡単なガーデニングのやり方:①

設計

ガーデニングを始めるには、まず全体の設計図が必要になります。直感でガーデニングをしても構いませんが、用意しておくと全体像が把握しやすくなりスムーズに事が進みます。やり方は大まかに必要な道具や植物の配置などを書き込む程度で十分です。自分がわかればいいので細かくする必要はありません。何かあったとしても、意外とアドリブで何とかなるものです。多くの人は設計図を描いたことは無いとは思いますが、変に悩まず好きなやり方で作成してください。

テーマを決める

折角ガーデニングをするのならテーマを決めると楽しめます。洋風庭園のようにしたいのならバラやアーチを多用したり、童話の世界を再現したりなど、方向性を決めておくと作りやすくなります。実用性を考えて、野菜や果物だけのガーデニングも面白いかもしれません。テーマによっては、外灯や陶器の置物などがあると見た目が華やかになります。

導線を考える

庭を造る際には「道」のことも考えて設計します。寄せ植えすればその分沢山植えることができますが、その分移動がしにくくなり管理がしにくくなります。鑑賞するだけではなく、今後も手入れをしていくのですから植物を植えないスペースも作る必要があるのです。また、水場まで遠いと水やりが億劫になります。水場を近くしたり、ホースですべて行えるようにすると便利です。
 

レイアウトを考える

気に入った場所に気に入った植物を植えるのもいいですが、全体のレイアウトを考えるのも大切です。同じ場所に植えるのなら、背の高い植物を後ろ、背の低い植物は前の方になど、観賞しやすいようにするとガーデニングのしがいがあります。他にも、配色や季節ごと、同じ種類の植物など、様々な組み合わせによる見せ方があります。レイアウトは感性が試されますが、完成した際の達成感は何事にも代えられません。

簡単なガーデニングのやり方:②

整備

ガーデニングの設計図ができたら、実際の行動に移していきます。上記で紹介したやり方で土壌を用意していきます。それと、レンガで区画を作ったり柵や飛び石を設置したりなど、植物以外の下地も作っておくといいです。

簡単なガーデニングのやり方:③

植え替え

土壌作りをして下地が整ったら植え替えをします。設計した場所に植物を植え替えていきましょう。やり方としては密集させすぎないことです。上記でも触れましたが、密集させすぎると成長した時に風通しが悪くなってしまいます。そうでなくても、密集すると植物は元気に育ちませんし、見た目も悪くなってしまいます。植物によって間の開け方は違いますが、大体10~15cm程は開けておいた方が後々便利です。植え替えした後は水やりをして、長く大切に管理していきましょう。

初心者にもおすすめしやすい「プランター栽培」

ガーデニングといえば庭が必要と思われがちですが、プランターや鉢のみで行うガーデニングもあります。地植えとは違い細かな管理が必要になりますが、吊り下げたりできるため、幅広いレイアウトができるようになります。移動もしやすく、室内やベランダなどでもガーデニングができますので、マンションなどの庭がない家庭ではプランター栽培がおすすめです。

まとめ

極論を言ってしまうと、ガーデニングは素手何でもすることができます。植物も、もやしや大根の上半分などで十分ガーデニングをすることができるのです。ですが、それでは面白くはありません。すべて素手でするのは大変に辛く、植物も綺麗で気に入った物を育てたいことでしょう。ガーデニングは義務ではなく趣味で行います。辛い部分を簡単にし、楽しい部分を満喫するために、紹介した数多くの便利な道具が必要になるのです。慣れてくれば「あれも」「これも」と必需品は増えてくると思います。より簡単に、そして便利な道具を増やしていき、ガーデニングを極めていきましょう。

初心者向けのガーデニングが気になる方はこちらもチェック!

ガーデニングに興味がある人は下記のサイトもおすすめです。初心者でも簡単にできるやり方や、便利な道具の紹介なども紹介しています。他にも、初心者でも育てやすい植物の紹介など、初心者のための情報が満載です。初心者以外が見ても、アイデアの参考になりますので、ガーデニングの前に是非参考にしてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【秘境】宇久・古志岐三礁で巨大青物を追う!【ロックショア】

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

【ABC×撃投】撃投ジグ開発者に聞く、アシストフックの秘密

【出演】 オーナーばりカルティバ 吉成秀人 氏 俺 ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkY...

まさかのアマゾン撃投ジグセール開催中!今しかないぞっ!

★Amazon販売ページはコチラ★ 【撃投ジグ レベル ゼブラグロー 100g】 https://www.amazon.co.jp/dp/B0055ABV76?tag=kurashino0b-22&l...

まさかのアマゾン撃投ジグセール開催中!今しかないぞっ!

★Amazon販売ページはコチラ★ 【撃投ジグ レベル ゼブラグロー 100g】 https://www.amazon.co.jp/dp/B0055ABV76?tag=kurashino0b-22&l...

ABCシャツについて皆様へ大切なご連絡です。

既にほとんどの方にご予約・お支払いを頂いております。 誠にありがとうございます。 一部の方には未だご迷惑をお掛けしており、大変申し訳御座いません。 該当の方は下記リンクよりご連絡をお願い致します。 お...