検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

女性ライダー必見!! ソロキャンプデビューで必要な準備や楽しみ方を教えます!

女性ライダーでもソロキャンプは楽しいめるものです。私もバイクでのソロキャンプやってみたいなと思っている方向けにソロキャンプデビューに必要な準備や楽しみ方を実際にやっていた方法を教えますね。女性ライダーの方も恐れずにソロキャンプをはじめてみましょう。
2020年8月27日
HANA0087

女性ライダーソロキャンプデビュー

初心者の女性ライダーソロキャンプ心の準備

バイクツーリングの雑誌やアウトドアの情報誌など見ていると女性ライダーのソロキャンプ特集が掲載されていますよね。憧れるしかっこいいと思う反面、私にもバイクでソロツーリングをしながらソロキャンプの旅ができるのか不安がよぎります。でも心配することはありませんよ!事前の準備や計画をたてればソロキャンプが楽しいものになります。女性ライダーのみなさんもぜひソロキャンプの楽しさを知って下さいね。心の準備ひとつで、あなたはもう女性ライダーソロキャンパーの仲間入りです。


女性ライダー初心者ソロキャンプで必要な準備1

ソロキャンプ必要な荷物を準備

初心者の女性ライダーがソロキャンプを始めるにあたって一番最初に気になる事は、ソロキャンプに必要な荷物がどのようなものなのか?だと思います。何が必要なのか?これは持って行った方が良いの?などの疑問はベテランの女性ライダーソロキャンパーの方が近くにいる場合は聞くこともできますが、近くに聞ける方がいない場合は悩みます。また男性ライダーのソロキャンパーの方と女性ライダーソロキャンパーの方とでは準備する荷物も若干かわってきますので、私が初心者だった頃にどのようなやり方で準備をしてきたか解説しますね。


初心者はノートに書きだしてみる

初心者の方はとりあえず必要かな?と思ったものをノートに書きだしてみましょう。リスト形式に書き出しておくと、次回ソロキャンプに行くときに準備が非常に楽になりますよ。私の場合はノートに縦線を引きソロキャンプでのキャンプ場で必要なもの、日用品や服装、食事をする時に必要なものの3項目に分けてリストアップしていきました。バイク旅でソロキャンプをおこなっていくうちに、これは絶対必要なもの!これは使わなかったなどが段々わかってきますので、初心者の方はノートに自分で必要だと思う荷物を書き出してみてくださいね。

ソロキャンプで必要な荷物


女性ライダーソロキャンプをおこなっていてこれは必要だなと思った荷物をまとめてみますね。ソロキャンプ部門:テント・ランタン・銀マット・シュラフ・テーブル・チェアー・ヘットライト・LEDライト(テントの室内用)焚き火台などです。日用品部門:カッパ・入浴セット・タオル・着替え・サンダル(キャンプ場であると便利)・化粧セット・クシや鏡などです。最後に食事部門:クッカーセット・コンロ・包丁(ナイフでもOK)・食器洗い洗剤・スポンジ・調味料セット・コーヒー・スープ(飲みたい方は)などになりますね。

必要・不必要の荷物の選別は?

この他にもこれがあったら便利かも!と思ったら持って行くのも良いでしょう。ただし一度も使用しなかったものは次回のソロキャンプには使わないものとしてリストから外してみてください。人によってソロキャンプのスタイルは違いますし、便利だと思う感じ方もまちまちですので、とりあえず必要だと思った荷物を持って行き不必要だと思うものを徐々に減らしていく方法を初心者の方にはおすすめします。

女性ライダー初心者ソロキャンプで必要な準備2

旅先の場所を決める

女性ライダーソロキャンプグッズが準備できたら、次は旅先の場所を決めてみましょう。最終的な行き先を考えます。自分の住んでいる位置からどのくらいの場所まで行けるのか?何が見たくてその場所でソロキャンプをおこなうのか?想像を膨らませて旅先の場所を決めているとワクワクしてきて楽しくなりますよ。何が目的でそこの場所までソロ旅をおこなうのか、ソロキャンプをおこなうのかを考えてみましょう。

旅先の場所を決めるのに役立つもの

旅先の場所を決めるのに役立つものは、ツーリングマップルやツーリングパーフェクトガイド、ツーリングベストガイド、日本の絶景を紹介している雑誌などがあります。ツーリングマップルなどはライダー向けの情報がたくさん地図上に記載されていますので参考にしてみてください。おすすめですよ。

女性ライダー初心者ソロキャンプで必要な準備3

旅先のルート決め

旅先までのルート決めはソロ旅をおこなううえで重要なポイントとなってきます。何日かかけてソロ旅をしながらソロキャンプをおこなうのならなおさら重要です。せっかくソロ旅を楽しむなら国道や混雑している道市街地などは避けて景色の良い道をゆっくり走ってみませんか?山道や海沿い、田んぼが広がる道や草原を見ながら走るルートはとても楽しく気分もテンションもあがりますよ。

地図を見るのがおすすめ

地図にはナビには無い魅力があります。地図を眺めてルートを設定して走れるのです。自分で景色の良いルートを設定して写真を撮りながら進んでいくソロ旅は一度味わってしまうと病みつきになりますよ。ソロキャンプをおこなう場所までストレートに急いで行ってしまうのではなく、ゆっくり進みながら道中も楽しめるルート設定をおこなってみてください。どうしても道がわからなくなってしまってからでもナビは目的地まで連れてってくれるのでなるべく地図を使って楽しんでみてくださいね。

ライディングに自信のない方は

ライディングに自信のない初心者の方は初めから無理はせず、日帰りツーリングで走っている場所などでソロキャンプの場所を決めても良いと思います。楽しむ事が一番なので無理してソロキャンプが嫌いになってしまうのであれば無理せず楽しいソロキャンプをおこないましょうね。

女性ライダー初心者ソロキャンプで必要な準備4

ソロキャンプ初心者でも安心できるキャンプ場を探す

初心者の女性ライダーのソロキャンプはソロでも安心してキャンプが出来るキャンプ場をおすすめします。女性は一人でも安心できるキャンプ場で共通している点は、管理人の方が在中しているキャンプ場や区画整理されているオートキャンプ場などが初心者には安心でしょう。また初心者のうちは不安がつきものなので近くにスーパーや買い物ができる場所があるキャンプ場なら必要なものを忘れても買い足す事もできます。ソロキャンプに慣れたら色々な場所を探してキャンプができますが初心者のうちは安心できるキャンプ場を探してみましょう。

初心者のキャンプ場の探し方

初心者向けの安心できるキャンプ場の探し方ですが、私の場合はツーリングマップルを使い宿泊する場所の地図を見て、キャンプ場を何件か探します。そのあとにキャンプ場の場所や名前でインターネットでキャンプ場のホームページを検索するとキャンプ場の画像が出てくるので、その中で雰囲気が良いキャンプ場を探します。初心者のうちは前もって予約をとっておくと安心でしょう。また予約する前に女性ライダー1人でソロキャンプをしたいが大丈夫か?などの不安な事を電話で問い合わせをしてみるとキャンプ場の管理人さんの人柄も分かるのでおすすめですよ。

女性ライダー初心者ソロキャンプで必要な準備5

必要な荷物をバイクに積載してみる

ソロ旅の場所も日にちもキャンプ場も決まったら、そろえた荷物をパッキングして実際にバイクに積載してみましょう。箱やバッグなどを使用して積載していくわけですが、バイクによっても積載方法が変わってきますしどのように積載したら良いのか初心者のうちはわからない事だらけでした。ヒントは自分と同じような種類のバイクで旅をしている人の積載方法を見てみると、なるほど!と感心できる積載方法をしている方も多くいらっしゃいます。駐車場などで停まっている旅バイクを観察してみると良いかもしれませんよ。

パッキング方法基本はズレない事!

パッキングで一番重要なことは、どのバイクでも共通点があります。荷物の重たいものは運転手側で下側にしまいます。軽いものは上のほうへ置きます。そしてなるべくコンパクトになるように、重さを均等にずれないような方法でパッキングしていきます。なるべく隙間をつくらないように上手にパッキングしていきましょう。

積載方法の基本もズレない事!

パッキングした荷物の積載方法でも同じ事が言えます。一番大きいバッグや箱を下側にして防水バッグなどを上側に置きズレないように固定をしていきます。しかし最初は難しいと思います。とにかく安定して荷物を走行中に落とさないように固定さえしてあれば大丈夫ですよ。私も最初のうちは積載するのに時間がかかりキャンプ場から出発するのに時間がかかりましたよ。不安な方は前もって積載し走ってみて荷物が落ちないか確認してみるのも良いですね。

積載に必要な固定具

バイクの種類によって積載に必要な固定具は若干変わってきますが、アメリカンのタイプならストレッチストラップ(ゴム部分が太いコード)でしっかりと固定をした後に念のためツーリングネットでカバーをしていきます。ネイキッドやスポーツタイプのバイクならキャリングコードでしっかり固定をした後にツーリングネットをかぶせます。荷物の量にもよりますがコードやネットは実際に使用する本数より多めに持っていくと万が一切れてしまった時でも安心ですよ。

女性ライダー初心者ソロキャンプ準備の注意点

準備段階である程度のトラブルを想定しておく

女性ライダーソロキャンプや旅などはトラブルもあることを想定しておきましょう。誰か助けてくれる人が居るときは良いのですが、ソロの場合は助けてくれる人がいるとも限らないので最低限の工具を持っていく事や事前に最低限の修理ができるように覚えておくと良いと思います。出発前にバイク屋さんなどで最低限のトラブルを想定した対処法を聞いておいたり、トラブルを起こした場合に対処法を電話で聞ける場所をつくっておくことも賢い方法といえますよ。

立ちごけした場合

一番多いのは立ちごけです。荷物の重さに耐え切れなくてバランスを崩して立ちごけなどは良くある話です。そのような場合には、まずは落ち着きましょう。そしてエンジンを停止させバイクをおこしますが、ここで注意しなくてはいけないのが普段よりバイクが積載している荷物の分重たいという事です。そのままおこそうとしても、ほとんどが無理ですね。一番的確にバイクをおこす方法は、積載してある荷物を全ておろすという事です。せっかく頑張って積んだのにと思う方もいらっしゃると思いますが、この方法がスムーズに対処できる方法なのです。いつまでも倒したままでいるとガソリンがもれてしまったりエンジンがかからなくなってしまったり通行の妨げになるので重たい荷物はいったん降ろし、速やかにバイクをおこしましょう。

エンジンがかからない

もし立ちごけなどでバイクをおこしたあとにエンジンがかからなくなってしまった場合キャブ車の場合は、プラグがかぶってしまっている可能性があります。そのような場合は落ち着いて少し自然乾燥させてみるとガソリンが気化するのでエンジンがかかります。プラグレンチなどの工具を持っているときはいったんプラグを抜き乾かすと早いでしょう。インジェクション車はキルスイッチがオンになっていないかを確認したあと、再始動を試みてください。それでもかからない場合は他の場所が破損をしていないか確認して自分で対処できない場合にはロードサービスなどを使用しましょう。

女性ライダー初心者ソロキャンプでの楽しみ方!!

何を目的としてキャンプを楽しむか

ソロキャンプでの楽しみ方は人それぞれ違うと思いますが、何を目的としてソロキャンプを楽しんでいくかを考えておくと1人の時間が楽しく過ごせます。早めにキャンプ場について散策や料理作りを楽しむのもよし、ゆっくりお昼寝するのもよし、たまにツーリングメインの人でぎりぎりまで走り夜にテントの設営や食事に入る方もいますが、初心者の方は遅くても午後3時~4時までの間にキャンプ場に入り明るいうちにテント設営や食事の準備をしておくと夜の時間がまったり過ごせるので良いと思いますよ。

女性ライダー初心者ソロキャンプでの楽しみ方1

景色の良い場所で写真を撮る

キャンプ場に到着するまでの道中でも素敵な景色はたくさんあり、思わず写真を撮りたくなってしまうものですが、キャンプ場のまわりも景色の良い場所はたくさんあります。設営が終わって一休みしたあとに夕日などの写真を撮影するなどしてはいかがでしょうか?上手に撮れるとかなりテンションもあがり楽しくなってしまいますよ。夕日がおちる時間帯は限られていてあっという間に沈んでしまうなんて事もありますので、ぜひシャッターチャンスを逃さないように楽しみましょう。

女性ライダー初心者ソロキャンプでの楽しみ方2

夜空を眺める

晴れた日の夜には満天の星空が見られます。山のキャンプ場でも海沿いのキャンプ場でも晴れてさえいればものすごく綺麗に星空を見られます。夜のキャンプの楽しみ方としてぜひおすすめします。焚火をしながら星空を眺めていると、なぜだかとっても癒されます。普段の日常生活から解放され静かなキャンプ場で星空を眺める事はとても贅沢で幸せな時間ですね。晴れた日のキャンプの夜には星空観察を楽しんでみてください。星座などがあまり得意でない方も見ているだけで癒されますので星空観察はおすすめですよ。

女性ライダー初心者ソロキャンプでの楽しみ方3

料理を楽しむ

キャンプ場でのキャンプ飯も楽しみ方のひとつです。その土地で美味しいものを探すのも楽しいですね。食材をゲットしたらキャンプ場に持ち帰り料理をしてみるのも最高です。また海沿いのキャンプ場などで釣りを楽しみ自分で釣った魚を焚火で焼いて食べるのも良いかもしれませんよ。女性ライダーで海釣りを楽しんでいる女性はかっこいいと思いませんか?その他にも時間を使って手の込んだ料理を作る事も女性らしくて素晴らしいと思います。

女性ライダー初心者ソロキャンプでの楽しみ方4

旅の小説を読む

旅の小説などを楽しむ楽しみ方は、雨の日のキャンプでテントの中で過ごす時におすすめです。長期でバイク旅をしていると何日かは必ずといってよいほど雨に見舞われる事があります。そんな時は気分を切り替えてテントの中でまったりと旅の小説などを楽しみます。また雨の日だけではなく夜テントの中に入ったあと寝る前に読んでみても良いですよ。読んでいるうちにイメージがわいてきて次の日のツーリングルートが楽しくすすめますよ。

女性ライダー初心者ソロキャンプでの楽しみ方5

散策やハイキング・トレッキングを楽しむ

キャンプ場のまわりを散策したり近くの山を散策・トレッキングなどして遊ぶのも楽しいです。バイクで走ってキャンプ場につく前にトレッキングを楽しんできたり、ソロキャンプをしてから次の日にトレッキングを楽しむ。どちらでも楽しいと思います。トレッキングに自信がない方は近くを散策してみませんか?テント設営や荷物をおろしてから歩いて散策してみると色々なものが発見できて面白いですよ。

女性ライダー初心者ソロキャンプでの楽しみ方6

帰宅した後に地図や旅ノートを作成する

旅から帰ってきたあとも楽しむ事ができますよ。地図に色々記入したり旅ノートを書いておいたりします。このようにして残しておくことで、女性ライダーソロキャンプのおさらいになりますし、思い出にもなります。次にソロキャンプにでかけた時にも役にたちますよ。思い出しながら記入していると再度旅をしている気分になり得した気分にもなれますよ。

地図に行った場所の記入をしておきましょう

地図に通ってきたルートを記入しておくと良いでしょう。またルートの特徴や地図に記載されていない特徴などを書き込んでおいても楽しいです。次回のツーリングルートの参考にもなりますし、地図を見返した時にそこの場所のイメージがわいてきますよ。地図上のルート記載には蛍光ペンが適しています。その横に何年にそのルートを走ったのかを書いてみても楽しいと思います。自分だけのオリジナル地図作ってみませんか?

旅ノートには通った場所の特徴・キャンプ場などの情報をまとめると便利

B5版サイズのルーズリーフで旅ノートを作成しておくのも楽しいです。私の旅ノートには高速道路のガソリンスタンドの地図やおおまかなルートに実際通ってみてどのようになっていたか、ソロキャンプをおこなったキャンプ場の特徴や料金・雰囲気はどうだったなどが書かれています。またガソリンのレシートなども張り付けていて、実際にソロキャンプでどのくらいの金額で行けたのか?が分かるようになっています。次のソロキャンプでだいたいの金額の予定がたてられるので楽しみながら役にたつノートができあがります。

女性ライダーソロキャンプデビューで必要な準備や楽しみ方のまとめ

実際やってみると女性ライダーソロキャンプは楽しいもの

女性ライダー必見!!ソロキャンプデビューで必要な準備や楽しみ方をお届けいたしましたがいかがだったでしょうか?初心者のうちは不安もあると思いますが、一歩踏み出して女性ライダーソロキャンプをおこなってみると楽しいものなのです。女性ライダーのみなさんおそれずにどんどんソロキャンプを始めてみてくださいね。

初心者ソロキャンプが気になる方はこちらもチェック

初心者ソロキャンパーに役立つ記事が書かれています。初心者ソロキャンプを始めたい方はこちらも参考にしてくださいね。