【2019】初心者必見のソロキャンプの始め方!最新装備や費用、やり方まで解説!のイメージ

【2019】初心者必見のソロキャンプの始め方!最新装備や費用、やり方まで解説!

今回は初心者ソロキャンプの始め方・やり方をご紹介していきます。ソロキャンプ初心者ですと、1人でするキャンプはどうしても身構えてしまいます。しかし、普通のキャンプと大きく違うところは案外少なくキャンプになれている人ならばぜひソロキャンプに挑戦してみてください。

2019年08月15日更新

kawakawaken5
kawakawaken5
アウトドア情報をみていただいた方に興味が湧いてくるような執筆を心がけています。また、長年の調理経験から、料理やアウトドアで使えるレシピも執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 初心者必見ソロキャンプの始め方
  2. 初心者ソロキャンプの注意点
  3. 初心者ソロキャンプ準備の始め方①キャンプ場選び
  4. 初心者ソロキャンプ準備の始め方②キャンプ情報の注意点
  5. 初心者ソロキャンプ準備の始め方③キャンプでの緊急対応
  6. 初心者ソロキャンプ準備の始め方④最低限の道具・装備
  7. ソロキャンプ当日のキャンプやり方を確認
  8. ソロキャンプのやり方①テント張りの場所を選ぶ
  9. ソロキャンプのやり方②キャンプテント張り
  10. ソロキャンプのやり方③キャンプでの焚き火作り
  11. ソロキャンプのやり方④ソロキャンプ自分の時間
  12. ソロキャンプのやり方⑤ソロキャンプ料理
  13. ソロキャンプのやり方⑥ソロキャンプ就寝準備
  14. ソロキャンプのやり方⑦ソロキャンプ朝準備
  15. ソロキャンプのやり方⑧ソロキャンプ緊急時注意点
  16. 初心者必見ソロキャンプの始め方:まとめ

初心者必見ソロキャンプの始め方

ソロキャンプは初心者でも意外と簡単

キャンプは何度かしたことがあってもソロキャンプをするのはハードルが高そうと考える人は意外と多くいます。そこで、今回は初心者のソロキャンプはどんな準備から始めればいいのか、キャンプ場選びや費用、当日のキャンプのやり方、注意点なんかを交えながら解説していきます。ソロキャンプを始めたいけどどんなことからソロキャンプの準備を始めればいいのかわからない人はぜひチェックしてみてください。

初心者ソロキャンプは下準備が大切

普通の大人数でのキャンプでも同じですが、ソロキャンプはさらにキャンプに行く前の下準備が必要です。ソロキャンプは通常のキャンプとは違い1人、ソロでやる必要があります。周囲に知り合いがいないので助けてくれる人が必然的に少なくなります。そのため、ソロキャンプは1人ですべてのキャンプのやり方を覚えておく必要がありますので、しっかりと下準備を行い楽しいソロキャンプを行いましょう。もちろん、ソロキャンプに優しい助けてくれるキャンプ場もありますので、安心してソロキャンプの準備の始め方をチェックしてください。

初心者ソロキャンプの注意点

ソロキャンプ初心者は装備をしっかりと準備

ソロキャンプはしっかりと準備を行わなければなりません。しかし、キャンプであるから必要最低限の道具さえあれば、意外と快適に過ごすことができるのがソロキャンプになります。通常のキャンプのように大人数で行う場合には全員の道具が必要になってきて必然的に道具の量が多くなります。しかし、ソロキャンプならば自分の過ごしたいキャンプの道具を揃えるだけなので意外と道具が少なく、費用もあまりかかりません。

ソロキャンプは注意点がたくさん

ソロキャンプは、注意点を設けるポイントがたくさんあります。ソロキャンプは、人気の少ない山奥や管理人のいないオートキャンプ場などの静かなキャンプポイントをキャンプ場として設定する場合が多いです。そのため、人に頼れない場面が多くできるだけキャンプでやることを決めておきどんなトラブルが起きるかをしっかりと考えて置く必要があります。初心者では、人気の少ないキャンプ場ではなく、人気がありすぐに道路に出られるキャンプ場がおすすめになります。

初心者ソロキャンプ準備の始め方①キャンプ場選び

初心者のソロキャンプは電波が届く範囲で

ソロキャンプ初心者のおすすめのキャンプ場の選び方は、電波が届く範囲のキャンプ場を選ぶことです。これは万が一の時に調べ物をしたり、緊急時にすぐに連絡がつくようにしておくのが精神的に安定するからです。自然に慣れてない人がいきなり自然の中に保織り出されると意外と不安になって予期せぬトラブルを起こしてしまいます。そういったソロキャンプの注意点を冷静に考えることができるように電波が届くスマホが使える範囲で初心者はソロキャンプのキャンプ場を選びましょう。

初心者ソロキャンプはキャンプ場がおすすめ

初心者のソロキャンプは、キャンプ場がおすすめです。なにを言ってるのかわからないですが、重要なことです。ソロキャンプというと必要最低限な道具で費用をかけずに、山の中や無人島などキャンプ場以外の場所で行うサバイバルのようなものをソロキャンプと考える方もいます。初心者はテントを立てるのもソロでは大変です。そのため、はじめはテント張りの練習をして、万が一の時には助けてもらえるオートキャンプ場などのサイト内で自由に設営でき、管理人がしっかりといる場所をソロキャンプの場所として選びましょう。

初心者ソロキャンプ準備の始め方②キャンプ情報の注意点

水道・トイレは使えるのか

ソロキャンプを行う場合には、しっかりとソロキャンプを行う場所に情報を仕入れておく必要があります。ほとんどのキャンプを行える場所は、シーズンを夏に設定しています。しかし、シーズン真っ盛りのときは他にキャンプをしている人が多くてソロキャンプをやる気が無くなります。しかし、オフシーズンのキャンプ場はトイレが使えなかったり、水道が使えなかったりとインフレが制限されている場合が多いです。そのため、まずは情報を装備するのがソロキャンプの始め方の第一段階となります。

水害や土砂災害のおそれはないのか

ソロキャンプを行得る場所は、山場や海辺などの場所が多いです。そのため、水害や土砂災害などの可能性を考慮しなければなりません。そのため、テントを設営する際にはそういった災害の危険が少ないところを見極めてからテントとを設営するようにしましょう。

初心者ソロキャンプ準備の始め方③キャンプでの緊急対応

緊急時の対応は冷静に

ソロキャンプで一番怖いのはトラブルの時にパニックになってしまうことです。特に多いのが火の怪我です。お湯を沸かしたのみこぼしてやけどをおってしまったり、鉈で焚き火を小さく切りそろえていたら指を深く切ってしまったりと考えられる注意点がたくさんです。そんな時に冷静に対処できるようにソロキャンプに訪れる際には緊急セットを持っていくことをおすすめします。

装備・道具はチェックリストに書き出す

ソロキャンプの注意点でも忘れ物は意外と怖いです。キャンプをする場所によっては、スーパーやコンビニが遠く24時間営業でない場合も多くあります。そのため、基本的な注意点ですが装備・道具のチェックリストを作ってソロキャンプに訪れる前に忘れ物がないようにチェックするのがおすすめです。

初心者ソロキャンプ準備の始め方④最低限の道具・装備

キャンプの最低限必要な道具①テントと寝袋

ソロキャンプの必須装備であるテントと寝袋は当然必要になってきます。夏用のものは意外と安いので費用を抑えるならば夏に初心者はソロキャンプを行うことをおすすめします。テントともソロキャンプ用ならば、最新型のテントでも12,000円くらいのものもあるので、キャンプ用品のカタログをチェックしてみましょう。ソロキャンプ初心者が考えるよりも意外と費用はかかりません。

キャンプの最低限必要な道具②調理道具と刃物

ソロキャンプでも食事は必要になるので、調理器具と刃物は必要になります。調理器具はクッカーなどの一式セットのものが5,000円くらいで販売されています。刃物は鉈などの薪を割る丈夫なものと調理用の装備を用意しましょう。焚き火で料理を行うのもソロキャンプの醍醐味ですが、ソロキャンプで失敗のしやすい焚き火に火の元を頼り切るのは危険なので、6,000円ほどで五徳がついたキャンプコンロが購入できるので、費用と相談ですが、しっかりと準備しておきましょう。

キャンプの最低限必要な道具③火を起こす道具と食料

火を起こす道具はなにも、きりもみ式のセットが必要というわけではありません。趣味の道具として準備するのはいいですが、失敗しやすい無茶な装備は注意点の1つです。そのため、ライターと着火剤を用意しておきましょう。また、キャンプサイトによっては焚き火の直火が禁止になっている場合もあるので、焚き火台グリルが6,000円ほどで購入できるので焚き火がいつでもできるように購入しておきましょう。これだけならば、1,0000円かからずにしっかりとしたものが用意出るので、ソロキャンプ費用の心配もありません。食料は1日ならばカップ麺でも大丈夫ですのでソロキャンプ費用の心配はいりません。

キャンプの最低限必要な道具④趣味の道具と防寒装備

趣味の道具はソロキャンプを充実なものにするのに必要な装備になります。そのため、静かなところで読書がしたい人は、本はもちろんのこと簡易テーブルや、コット、1人用の椅子を用意しておくのがおすすめです。また、外の気温は意外と変化が激しいので防寒装備として毛布やブランケットは最低限装備の中に入れておきましょう。

キャンプの最低限必要な道具⑤緊急道具と通信機器

緊急時の応急処置装備と通信器具は欠かすことのできないソロキャンプ道具です。簡単な切り傷ややけどに対応できる救急セット、そしてスマホ。スマホは誰もが忘れずに持っていきますが、バッテリーも必要になります。ソロキャンプを行う場所では充電ができません。使いたい時にすぐに使用できるように予備のバッテリーを装備しておくのがおすすめです。

ソロキャンプ当日のキャンプやり方を確認

ソロキャンプ当日の流れを確認

ソロキャンプに持っていくテントなどの道具を選び終わったらいよいよソロキャンプ当日の流れを確認してソロキャンプのやり方を本格的に確認していきます。ソロキャンプの始め方でも、説明しましたがソロキャンプは事前の準備が大切です。そのためにも事前にソロキャンプの当日の流れを確認して、トラブルや本当に最低限必要なものが揃っているかを明らかにしておくことが、ソロキャンプの始め方の第1歩になります。

事前にリストを作ってソロキャンプトラブルを逆算

おすすめのソロキャンプの流れのチェックには、チェックリストを作って確認することです。ソロキャンプ当日に何を行うかを自分で明文化することで、客観的に計画に漏れがないかを確認するわけです。キャンプ場の位置や使用状況、天気予報のチェックなどもソロキャンプを始めるには必要になってきます。そして、実際に用意したソロキャンプ装備とチェックリストを見比べて当日不便がないようにしましょう。

キャンプサイトをチェックして焚き火のチェック

まずは、キャンプサイトをチェックして焚き火台が必要かそうでないのかをチェックします。基本的なキャンプの注意点ですのでしっかりとチェックしましょう。直火でいい場合には、焚き火を用意するのもソロキャンプの楽しみなので挑戦してみましょう。焚き火グリルは、焚き火台と調理グリルが一体になっているものなので、キャンプサイトが直火OKでも邪魔になりません。

薪が必要なのか、着火剤が必要なのか

薪を販売されているキャンプ場もありますが、キャンプ場によっては焚き火用の薪を自分で森の中から広い集める場合もありますのでチェックしておきましょう。安全を考慮するならば、薪を事前に準備をしておくのがいいでしょう。しかし、どうしても薪は荷物になるのでキャンプサイトをチェックする際に決めて事前に置きましょう。

ソロキャンプのやり方①テント張りの場所を選ぶ

静かな場所にキャンプテントを張る

ソロキャンプの楽しみ方は人それぞれですが、静かな空間でソロキャンプをしたいというのが多くのソロキャンプをする人の望みです。そのため、オートキャンプ場などのキャンプテントを張る場所を自分で選ぶことができる場合には静かで人が少ない場所を選ぶのがおすすめです。また、初心者は火の管理が大変なので、燃え広がらない枯れ木などが少ない場所をキャンプテントを張る場所に選ぶのもおすすめです。

キャンプ場のトイレ・管理棟を確認しておく

テントを貼る場所を決めたら、そこからのキャンプ場のトイレや管理棟などの場所をチェックしておくことが大切です。特にトイレなどは必ず使う場所などはしっかりとチェックしておきましょう。急いでいて貴重品を携帯せずに訪れてなど不要なトラブルのもとにもなるので、注意してキャンプテントを張る場所を決めるようにしましょう。

ソロキャンプのやり方②キャンプテント張り

一人でキャンプテントを貼れるようになっておこう

ソロキャンプを行うならばテントは1人で張れるようになっておくのがおすすめです。ソロキャンプのテントは小さいので自分1人でも比較的簡単に張ることができますが、慣れておくことが大切ですので、キャンプ場に訪れる前にテント張りを練習を行いましょう。

ソロキャンプでテントを貼るなら固定しながら

ソロキャンプでテントを張るコツは、テントを固定しながら行うことです。こうすれば、風が強いキャンプ場でも比較的簡単にテントを張ることができるのでおすすめです。テント張りはソロキャンプの基本なので頑張りましょう。

ソロキャンプのやり方③キャンプでの焚き火作り

ソロキャンプの醍醐味

焚き火はソロキャンプの醍醐味と言えます。ソロキャンプに訪れたらぜひ行いたいです。まずは、薪を持ってきた鉈で細かく削ります。目安としては割り箸よりも少し太いくらいがおすすめです。そこまでできたら、空気を含むように薪を組んで、着火剤に火をつければあとは自然に燃えてくれるので、火が強くなれば大きな薪を入れても大丈夫です。

焚き火はキャンプ服を気を付けて

ソロキャンプの醍醐味といえる焚き火ですが、実はソロキャンプで行う際には注意点があります。1つは消火の方法です。薪を燃やす程度なら完全燃焼させてしまえばいいですが、炭や大きな木を燃やした場合には注意しましょう。炭や大きな木は水をかけても内部に熱がこもり火がついてしまう場合があります。そこで、砂をかけてほかの燃焼物と触れ合わないようにしましょう。特にソロキャンプでは自分で管理するしかないので、ソロキャンプでは火の始末はしっかりと行いましょう。

ソロキャンプのやり方④ソロキャンプ自分の時間

ソロキャンプは自分のキャンプ時間を楽しむ

ソロキャンプでテント張りと焚き火などの防寒対策ができたら、あとはソロキャンプの楽しみの1つである自分の趣味の時間を楽しみましょう。ソロキャンプならではの自然の中での贅沢な自分の時間を過ごして、日々のストレスかた開放されるのが、ソロキャンプの魅力になります。

初心者におすすめなのは挑戦かゆとり

ソロキャンプ初心者は趣味をするといっても運動は1人でするには向きません。釣りなどのゆったりとしたスポーツを楽しむこともできます。しかし、道具の持ち運びなどがネックになってきます。そこで、おすすめしたいのがサバイバル挑戦です。例えば、火をフェザースティックと呼ばれる自分で作れる着火剤を作ってみたり、自然の着火剤を調べてみて試したりと材料がほとんど必要なく、キャンプを楽しむ方法もあります。キャンプ自体が趣味の方は、キャンプの技術向上にもなるのでためしてみてください。

ソロキャンプのやり方⑤ソロキャンプ料理

ソロキャンプのキャンプ料理を楽しもう

ソロキャンプでの料理はクッカーを使った食器と調理器具が一体となった洗い物が少ない物がおすすめになります。自然の中で食べるとどんな料理でも美味しくなるのでソロキャンプは不思議です。自分の趣味の時にこだわってソロキャンプならではのキャンプ料理を作る時間にする人もいるので、ここまできたらソロキャンプをする人によって行動は異なってくるので、自分なりのソロキャンプの楽しみ方を考えましょう。

ソロキャンプのやり方⑥ソロキャンプ就寝準備

ソロキャンプではコットがおすすめ

ソロキャンプでは、大それた装備をもって行く人はなかなか費用を潤沢に使える上級者なのです。しかし、ソロキャンプ初心者でも快適に寝たいといったときにおすすめなのが、コットになります。コットとは、ソロキャンプで使える1人用の簡易ベットのように使える便利アイテムです。ソロキャンプならば数秒で底冷え対策を行えるのでソロキャンプ以外でもキャンプのときに便利なアイテムです。

ソロキャンプの費用を抑えるなら銀マット

ソロキャンプでコットのような専門のキャンプアイテムを揃えるのは費用面でなかなか大変です。そこで、ソロキャンプをより簡単に行える寝床キャンプアイテムが、銀マットとダンボールになります。キャンプで銀マットのうえにダンボールを2重で置くと簡単に底冷えキャンプ対策になるので費用をかけたくないソロキャンプ初心者にはおすすめです。

ソロキャンプのやり方⑦ソロキャンプ朝準備

ソロキャンプの片付けはしっかりと

ソロキャンプは、朝もいろいろと作業する必要があります。朝は焚き火などの時間が掛かり後始末が大変なキャンプ行動は控えましょう。朝食はキャンプ用のガスコンロを使って済ませて洗い物や、キャンプ場のチェックアウト時間に間に合うようにしましょう。

ソロキャンプ最終確認

ソロキャンプの最後は忘れ物確認です。ソロキャンプのアイテムは高い物は本当に高いので忘れると大変です。また、ソロキャンプのアイテムは1回で使えなくなるようなキャンプアイテムは少ないです。そのキャンプアイテムがあれば何度でもソロキャンプを行うことができるので忘れ物はしないようにしましょう。

ソロキャンプのやり方⑧ソロキャンプ緊急時注意点

ソロキャンプで怪我をした場合は応急処置と病院

ソロキャンプで切り傷や打撲をおってしまった場合には、持ってきたキャンプセットの中に緊急セットを用意して傷口を消毒して傷を抑えます。打撲の場合は患部を冷やして炎症を抑えましょう。1日様子をみて、怪我が悪化するようならすぐに病院にいきましょう。ソロキャンプは危険がいっぱいです。

ソロキャンプで病気になったら

ソロキャンプで急に病気になってしまったら、キャンプセットで持ってきた緊急セットの中に解熱剤あるならば服用しておきましょう。そして、可能な限りタクシーや救急車を使って病院に移動しましょう。ソロキャンプを行う場所は大抵道路に慣れていません。体調不良のときに運転するのは危険です。熱の高い低いに関わらず自分で運転することは控えましょう。

初心者必見ソロキャンプの始め方:まとめ

いかがでしょうか?今回は初心者ソロキャンプの始め方・やり方をまとめてきました。ソロキャンプはハードルを高くかませすぎてしまいますが、大きくソロキャンプとキャンプの違いは少ないです。頼れる人が少ないので心配事も多いですが、自然の中で自分の好きなように過ごせる時間はそんな心配を飛ばしてくれます。都会では味わえない自然のソロキャンプを体験してみましょう。

ソロキャンプが気になるならコチラもチェック!

ソロキャンプは、ソロキャンプ用の道具や装備が日々新しいものが出てきています。また、ソロキャンプ上級者になるとロケットストーブや、三脚などを手作りする猛者もいます。そんな奥が深いソロキャンプが気になる方はこちらの記事をチェックしてみてください。

Thumb【2019】ソロキャンプ初心者が揃える道具&装備まとめ!準備リストを大公開! | 暮らし~の[クラシーノ]
ソロキャンプ初心者におすすめできる装備をご紹介していきます。ソロキャンプ初心者ですと、どうし...
Thumbソロキャンプに必要な道具一式24選!初心者キャンパーの必需品はコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はソロキャンプに欠かせない道具類一式を様々ご紹介していきます。初心者のソロキャンパーでも...
Thumbソロキャンプにおすすめキャンプ場6選!エリア別にご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
みなさんはソロキャンプを経験した事がありますか?ソロでキャンプを張る時は野営するより、やはり...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ