Twitter
Facebook
LINE

ネジなめた時の対処や外し方は?潰れたネジ頭の回し方や便利な工具をご紹介!

haduki0

ネジなめた時の対処や外し方は?潰れたネジ頭の回し方や便利な工具をご紹介!

haduki0

ネジ頭が潰れて回せない状態の事を「なめた」と呼びます。なめたネジはドライバーがハマらず回すことができません。交換しようにもできないネジをどうすればいいのでしょうか?そんな、なめた状態のネジの回し方や専門の工具などを紹介します。

なめたネジ頭ってなに?

「ネジがなめる」とは、ネジ頭の溝が潰れた状態の事を指します。本来、ネジ頭にはドライバーを回すための溝が刻まれています。ですが、何度もドライバーで回すことによって溝が削れ、潰れた状態になってしまいます。

こうなると、ドライバーを回すことができなくなり、ネジが外せなくなってしまうのです。

溝が削れているため、ネジ頭を復活させることもできず、「外せない、復活できない」として邪魔な状態になってしますのです。

なぜ回すことができないのか

ネジの外し方は、ドライバーの突起をネジ頭の溝に引っ掛けることで回すことができます。ですが、溝がつぶれた状態だと、ドライバーが溝に引っかからず、力が空回りしてしまいます。その結果、ネジは回らず外すことができないのです。

なぜ「なめた」というの?

「なめた」は漢字で「滑めた」と書きます。ドライバーが溝に引っかからず、「滑る」様子から滑めたと呼ばれているそうです。
決して「ネジになめられる(見下される)」というわけではないということです。

なめたネジの外し方①:「輪ゴムを使う」

もっとも手軽な方法は、「溝に輪ゴムを咬ませ輪ゴム越しにドライバーを使用する」ことです。輪ゴムをかませることで摩擦を増やし対処します。摩擦が増えればドライバーが溝に引っかかり、滑ることなく回すことができます。

また、ゴムが押されることで溝にしっかりとハマり、削れた部分の隙間を埋めて回しやすくなるでしょう。

ゴムなら何でも可能

比較的入手しやすいことから「輪ゴム」と紹介しましたが、摩擦がしっかりありドライバーが滑らなければ、どんなゴムでも構いません。

ただし、ゴムは薄めの方が良いです。あまりに太いゴムだと溝に咬まず回すことができないからです。なるべく薄く、そして丈夫なゴムで対処しましょう。



なめたネジの外し方②:「ネジ頭を挟んで回す」

「ネジの溝が潰れたならネジ頭を持って回せばいい」です。極論をいえばネジの外し方は「ネジを回す」だけです。つまりは、どのような回し方であろうとネジが回りさえすれば外すことができます。

多くのネジはネジ頭があり、掴むことが可能です。ペンチなどでネジ頭を掴み、回すことができれば問題なく外すことができるのです。
 

挟んで回すことの欠点

この回し方のポイントは、「ネジ頭を掴む」ことにあります。そのため、ネジ頭がないネジに対しては使うことができません。
木ネジなどはネジ頭が平らで、実際に使用するとネジがすべて埋まってしまうことが多いです。

掴んで回そうにもつかむ場所がありませんので外すことができません。ネジの種類によってできない場合がありますので注意してください。

おすすめの工具「ネジザウルス」

エンジニア ネジザウルスGT φ3~9.5mm用 PZ-58

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ネジを挟む工具で有名なのが「ネジサウルス」です。株式会社エンジニアから発売されるネジザウルスは先端が太く、ネジ頭を挟みやすくなっています。一般的なペンチでも構いませんが、ネジザウルスの方が掴みやすく力を入れやすいです。

つぶれた・錆びた・固着したネジなど、ネジを選ばず対処できます。

なめたネジの外し方③:「ドライバーを叩いて回す」

ネジ頭にドライバーを垂直に突き立て、ドライバーを後ろから叩く回し方もあります。

ドライバーを叩くことにより振動がネジに伝わり、ネジが緩むことがあるのです。また、ドライバーがネジに食い込み回しやすくもなります。ネジが緩めば弱い力でも簡単に回すことができますので、ネジがなめた状態でも外すことができるようになるでしょう。

ドライバーを叩く際の注意点

ドライバーに衝撃を入れる都合上、ドライバーが壊れる可能性があります。また、衝撃がなめたネジ以外にも伝わってしまい、ほかのネジが緩んだり、台座が傷んでしまうこともあります。

強く叩かなければ意味がありませんが、強く叩きすぎると壊れる可能性があるのを覚えておきましょう。

おすすめの工具「メガドラインパクタ貫通ドライバー」

ベッセル(VESSEL) メガドラ インパクタ 貫通ドライバー +2×100 980

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ドライバーは何でも構いませんが「メガドラインパクタ貫通ドライバー」をおすすめします。このドライバーは、お尻に衝撃を加えると芯が回転する仕組みになっています。何度もお尻を叩くことで芯は回転し、しっかりとネジの溝に食い込むのです。

また、食い込ませた後も叩くことで芯と共にネジも回転し外すことができます。

なめたネジの外し方④:「すべり止めを利用する」

「ドライバーが滑って回らないのなら滑らないようにすればいい」のです。ネジ専用のすべり止めが存在していますので、それを使用して外します。

すべり止めはペースト状になっており、溝とドライバーを密着させます。すると、摩擦係数が上がり、簡単に回せるようになるのです。削れた部分も密着させますので、潰れたネジ頭でも問題なく使用できます。

おすすめの工具「ネジすべり止め液」

アネックス(ANEX) ネジすべり止め液 No.40

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

工具で有名なANEXブランドのすべり止め液です。1、2滴ネジの溝に垂らしてから回すことで滑らず回せるようになります。値段も手ごろですので、所持しておいて損はないと思います。

なめたネジの外し方⑤:「接着剤を使用する」

すべり止めと似ていますが、こちらはネジとドライバーを固定してしまいます。いくら溝が潰れた状態でも、固定してしまえば関係ありません。

使い方はすべり止めと同じです。ネジ頭の溝に接着剤を付け、そこにドライバーを押し付けます。そして、接着剤が乾いたら回して外します。外した後はドライバーとネジを外さなければなりませんが、強力な接着剤ほど確実な外し方といえるでしょう。

別の回し方

別の方法として、「溝に大量に接着剤を付けて、乾いてからドライバーで回す」方法もあります。接着剤は乾くと弾力性のある物質になります。ドライバーで押し付けることでその形に凹み、溝の代わりにすることができます。

考え方としては輪ゴムを使用する回し方と同じです。輪ゴムの代わりに固まった接着剤を使用するのです。
固める回し方の方が確実性がありますが、こちらの方が後始末が簡単です。揮発性が低い接着剤を使用しましょう。

なめたネジの外し方⑥:「ネジ頭を加熱する」

ネジを加熱して外しやすくする方法もあります。ネジを加熱することで熱膨張を起こさせ、ネジを緩めます。ネジさえ緩めば後は簡単に取り外すことができるでしょう。

やけどと火事に注意

当たり前のことですが、やけどと火事に注意です。火だけではなく、ネジを熱すればネジも熱くなります。うっかり触るとやけどしてしまうでしょう。

また、木材などに打ち付けてある場合、火を使うことで燃えてしまいます。危険な方法でもありますので、別の手段が用意できるのならそちらを選択した方がいいかもしれません。

なめたネジの外し方⑦:「ネジ頭に穴をあける」

電動ドリルなどを使用してネジ頭に穴をあけてしまいます。穴の開いたネジ頭にドライバーを差し込み回すことでネジを取り外しするのです。また、上手くネジを壊せれば、ドリルだけで取り外すことも可能です。

ある意味、穴をあけることでネジを復活させる方法といえるでしょう。
ただし、ドリルで穴をあけるのはとても難しいです。専用の工具もありますので、可能ならそちらを使用しましょう。

おすすめの工具「なめたネジはずしビット」

アネックス(ANEX) なめたネジはずしビット カラー塗装仕様 ステンレスネジ対応 3本組 ANH23

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

工具で有名なANEXブランドのネジ外しです。インパクトドライバーに取り付けて使用します。3本セットでそれぞれ違うネジのサイズに対応しています。どのようなネジにも対処可能で、電動の力で固いネジも簡単に外すことができる可能です。

まるで、ネジが復活したかのように簡単に取り外すことができるでしょう。
ただ、インパクトドライバーがあることが前提の商品です。

また、電動の力に先端が耐えきれず、ドリルが折れてしまうという口コミもいくつかありますので、使い方には注意してください。

おすすめの工具「ネジとりインパクト 」

アネックス(ANEX) ネジとりインパクト No.1903-N

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

工具で有名なANEXブランドのネジ外しです。こちらの商品は手動で行います。まず、貫通ドライバーと同じように打ち付け穴をあけていきます。そして、ある程度穴ができたら先端を変更して、ネジを取り外します。

「なめたネジはずしビット」と比べると手動で大変ですが、インパクトドライバが無くても使えます。また、電動の力でドリルが折れる心配もありませんので、こちらの方が使いやすい人も多いのではないでしょうか?

なめたネジの外し方⑧:「ネジ頭をマイナス溝に作り替える」

「ネジの溝が引っかからないのなら、新たに引っかかりをつくればいい」のです。ネジ頭にマイナス溝を作り、ネジの溝を復活させます。ヤスリ(グラインダー)でも鋸でも構いません。

ネジ頭に直線の溝を作り、マイナスドライバが引っかかるように作り直しましょう。

ただし、ネジが復活したわけではありません。あくまでも応急処置で溝を復活させているだけですので、取り外した後は新しいネジに取り換えてください。

なめたネジ頭にしないためには

なめたネジの対処法を知ることも大切ですが、それ以前になめたネジをつくらないことが肝心です。わざわざ余計な手間をかけないためにも、知っておきましょう。

正しくドライバーを使用する

ネジの溝を削らないようにするためにも、正しいドライバーを使用する必要があります。ネジの溝にドライバーを垂直に立てて回します。もし、ドライバーの先端と溝に隙間ができたり、簡単にドライバーが滑るようならサイズが違います。

サイズを変えて再び試しましょう。ポイントは回す力よりも押す力を強くすることです。

しっかりドライバーを押し付けないと、サイズが合っていても滑ってしまいます。垂直にドライバーを押し付けてから回しましょう。

なめ始めたら交換する

もし、何度も滑るようならネジを取り換えた方が良いです。ネジはまだ使うことはできますが、ネジの溝が欠け始めているからです。今はまだ滑らないで回すことができますが、そのうち滑るようになります。

完全になめてしまうと対処が面倒です。勿体ないですが、ネジの溝が欠け始めたら取り換えた方が良いでしょう。

無理にドライバーを使用しない

完全にネジがなめてしまう前なら無理に回す人も多いと思います。ですが、無理に回すのは止めてください。より溝を削って、なめた状態が悪化してしまいます。面倒だからといって合わないドライバーを使用するのは止めましょう。

ネジがなめてしまったら手遅れです。どうしても合うサイズが用意できないようなら、ペンチなどで挟んで回すなどした方がまだマシです。

まとめ

ネジの溝が潰れた状態でもネジを外す方法はいろいろあります。好きな方法でネジを外しましょう。どうせ、ネジを外したら交換しますので、思いっきり試して下さい。ただし、外し方を失敗すると台座まで傷つけてしまう方法もいくつかあります。

外す際は「輪ゴムで外す」からなど、簡単なの物から試していきましょう。
それと、なめたネジの外し方は、あくまでも最終手段です。たとえ溝を復活させる方法でも応急処置でしかありません。

最終手段に頼ることが無いよう、なめないように工具を扱っていきましょう。

なめたネジが気になる方はこちらもチェック!

なめたネジについて他にも記事があります。なめたネジの対処法を詳しく知ることができます。また、ネジの種類や使い方なども紹介されています。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

重ねて縛って貼り付ければ完成!リボンのバンスの簡単な作り方を解説♪

今回は「リボンのバンスの簡単な作り方」をご紹介しました!材料は100均で揃いますし、手順もとっても簡単です!ぜひ作ってみて下さい♪ 【解説】 用意するものはリボンとバンス(100均にあります) ほつ...

桜餅(道明寺)の刺繡!葉の表現とつぶつぶの表現を実演解説します♪

今回は「桜餅(道明寺)の刺繡」をご紹介しました!小さめの刺繡ですので、初心者の方でも気軽に楽しめるかと思います♪ 初心者が覚えるべき基本ステッチの解説動画もありますのでご参考に!↓ https://...

【刺繡】桜の木の刺し方!3つのステップに分けて解説します♪

今回は「桜の木の刺繡」をご紹介しました!チェーンステッチ・デイジーレイジーステッチ・フレンチノットステッチの3つのステッチを使って刺していますので、参考にしてやってみて下さい♪ 初心者が覚えるべき基...

ロックショア初心者タックルの選び方を徹底解説!!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

縫わない!編まない!世界一簡単!毛糸のシュシュ作り方を実演解説♪

今回は「世界一簡単で材料も超少ない毛糸のシュシュの作り方」を実演解説しました♪なんと、材料は毛糸とゴムとストロー、使う道具ははさみだけ! お子様でも簡単に作れます。 毛糸はモコモコのタイプのものがオス...