タカサゴユリとは?その特徴や日本の原種まで解説!テッポウユリとの違いは?のイメージ

タカサゴユリとは?その特徴や日本の原種まで解説!テッポウユリとの違いは?

タカサゴユリをご存知でしょうか?タカサゴユリとは有名なテッポウユリととてもよく似たユリで、冠婚葬祭でもよく使われている生命力の強い植物です。今回はそんなタカサゴユリの特徴やテッポウユリとの違い、また日本原種のユリまで紹介していきます!

2019年10月29日更新

T・S
T・S
元農家で農業検定を持つライターです!植物に関すること、海のこと、DIYについて主に書かせて頂きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. タカサゴユリとは?
  2. タカサゴユリの外観の特徴
  3. タカサゴユリの名前の由来
  4. タカサゴユリの生息地や環境
  5. タカサゴユリとテッポウユリの違い
  6. その他の日本原種ユリ
  7. タカサゴユリは冠婚葬祭で好まれる
  8. タカサゴユリの花言葉
  9. タカサゴユリの育て方
  10. タカサゴユリに関するTwitter
  11. まとめ:タカサゴユリとは

タカサゴユリとは?

masaichi.yさんの投稿
20901906 194840891053049 312072422511607808 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「タカサゴユリ」という花の名前はあまり聞きなじみがないかもしれません。ユリで有名なのは白くて大きなテッポウユリですよね。しかし、このタカサゴユリはテッポウユリにそっくりな花で、特徴をよく知らない方は普通に勘違いしてしまう程なのです。今回はそんなタカサゴユリの特徴やテッポウユリとの違い、また日本原種のユリまで紹介していきます!

タカサゴユリの外観の特徴

タカサゴユリの高さは1.5mに達する

shonan124さんの投稿
26072459 1304124179733641 471592477162209280 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

非常に背の高い野生植物で、最大で1.5mもの茎を出します。茎の幅は大体1㎝くらいあり、立派な太さですね。また、葉にも特徴があり、葉が少し細めで、長さは15㎝ほど。花の見た目でも他のユリとの違いに気付くことが出来ますが、花の特徴を忘れてしまっても、細めの葉が密に生えているならタカサゴユリだと分かります。

大きなラッパ状の花をつける

mitachannさんの投稿
21227742 1453450044690817 8201182116898144256 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

花は上記画像のようにとても大きく、そしてラッパ状になっているのが特徴です。花の大きさは、長さが15㎝、直径は13㎝ほどになります。花弁は全部で6枚あり、内側は白色ですが、外側には少しくすんだ紫色の線が入っていますよね。この紫褐色の線が見た目の最大の特徴で、ここだけ覚えておけば他のユリと判別が出来ます。

タカサゴユリの名前の由来

mikan_miyamaさんの投稿
33963797 1052298961601397 964189337266683904 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

タカサゴユリという特徴的な名前は、実は沖縄の方言から来ています。タカサゴユリは元々は台湾から来た外来種で、沖縄の方言で台湾は「タカサング」と言います。そこからタカサゴユリという名前になったのですね。因みに、テッポウユリにとても似ている、葉の細いユリということで「ホソバテッポウユリ」と呼ばれることもあります。

タカサゴユリの生息地や環境

元々は台湾で自然分布している外来種植物

yanomitzさんの投稿
26068394 349997845467989 5738968999228604416 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

少し先述しましたが、タカサゴユリは元々は台湾で繫殖していた外来種でした。それが19世紀にイギリスに入りはじめ、日本には1924年にやってきたのです。このタカサゴユリは雑草の如き繫殖力を持っており、すぐに野生化をはじめ、日本中に広がっていきました。気温としては亜熱帯から温帯を好み、雑草の如き生命力で荒地で生息することが出来ます。

観賞用として導入後、日本で広がっていった

yanomitzさんの投稿
25024591 803177049864237 43579130481999872 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

元々は観賞用として日本に入ってきましたが、タカサゴユリは風に乗せて種子を広範囲に飛ばすことが出来、道路脇などでも繫殖するほどの生命力を持ちます。しかし、連作障害をする植物であるため、何年かすると同じ場所では生きられなくなり、パタっと姿を消す存在でもあるのです。見た目も綺麗ですので、雑草扱いではなく、生えてきて嬉しい花というイメージもあります。

タカサゴユリとテッポウユリの違い

テッポウユリとは?

streak_eagleさんの投稿
36614175 2101428830177653 4509341251320938496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

少し先述してきましたが、タカサゴユリはテッポウユリに酷似しています。上記画像がテッポウユリなのですが、知識が無いと一緒な花に見えてしまいますよね。このテッポウユリは大体50㎝から1m程度の大きさまで成長します。葉の形は長めの楕円形。原産地は沖縄付近となっており、香りはとても爽やか。鉄砲のような形なのでテッポウユリと名付けられました。

タカサゴユリとテッポウユリの違い

london_shinさんの投稿
36792163 224989091468179 6935508185943900160 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

タカサゴユリとテッポウユリはとても似ていますが、第一の違いとして、テッポウユリは純白であるのに対し、タカサゴユリは花の外側に紫色の線が入っています。形は似ていても色で見分けがつきますね。また、タカサゴユリの方が背丈が伸びやすく、葉も細めですので、並べてみると色々な違いを感じられるはずです。ただし、テッポウユリとタカサゴユリが交雑したものが野生化して生えており、両方の特徴をもったものもいます。

その他の日本原種ユリ

日本原種のユリ①ヤマユリ

piemarineさんの投稿
19955668 116902355596943 535507848294039552 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

日本で野生に生えているユリは10種類以上ありますが、中でもよく知られている品種をいくつか紹介します!まず一つ目の種類が「ヤマユリ」です。ヤマユリは上記画像のように葉がくるっと外側に巻いており、また色と斑点があるのも特徴的です。生息地は本州の平地・山地で、7月から8月頃に、香りの強い大きな花を咲かせます。

日本原種のユリ②ササユリ

gura.to.guriさんの投稿
36589778 937872326416500 8298425966095499264 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

二つ目の種類が「ササユリ」です。こちらは少しピンクがかった色をしているのが特徴で、もう少し白い色のものもあります。生息地は本州中部から九州にかけて自生しており、日本固有のユリとして知られています。実はこのササユリは、種を植えてから花をつけるまでに7年以上の時間がかかる上に、最近は勝手に盗掘されていることもあって野生のものが減っている種類でもあります。

日本原種のユリ③オトメユリ・ヒメサユリ

kamisaki_mizuhoさんの投稿
32247545 181384835900439 8458825488314400768 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

三つ目の種類が「ヒメサユリ(オトメユリ)」です。こちらは可愛らしい名前の通り、少し小さめの花が特徴で、大体サイズは5㎝ほどです。色もピンク色で可愛らしいですよね。普通のユリはある程度成長してから花芽をつけるのですが、ヒメサユリは前年の夏から蕾を作りますので、手間暇をかけなくても蕾がちゃんとつき、確実に開花するというメリットがあります。

日本原種のユリ④カノコユリ

hoppyplusshiroさんの投稿
20479276 169570280254688 555717417473409024 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

四つ目の種類は「カノコユリ」です。こちらは四国や九州、また台湾や中国などにも分布しているユリです。海外の壁や草原など至るところで野生植物として繫殖しており、案外身近な植物と言えますね。開花期は7月中旬から8月中旬と少し遅め。花のサイズは大体10㎝ほどになり、草丈は大きめの1.5mほどです。花の色は決まっておらず、ピンクや黄色、白色など様々あります。

日本原種のユリ⑤オニユリ

oratuyr81さんの投稿
37004026 1550014888442308 6064377935144419328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

五つ目の種類は「オニユリ」です。こちらはアジア圏に生息しているユリで、日本では北海道から九州まで幅広く生息しています。オニユリの特徴は繫殖方法で、種ではなく、葉の付け根のところにムカゴという実をつけます。このムカゴは芽のようなもので、球根のように扱い繫殖させていくことが出来ます。草丈は最大で2mまで伸びますのでとても立派なユリですね。

日本原種のユリ⑥スカシユリ

nagisatei_taro_anさんの投稿
36615757 209273413106132 8774776932014227456 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

六つ目の種類は「スカシユリ」です。こちらはとても綺麗な花を持った種類で、特徴は花と花の間に離れている部分があることです。このことから「透かし」という言葉が入っています。大きさは大体60㎝ほどと少し小柄。花期は場所によって違いがあり、太平洋側では7月から8月頃ですが、日本海側のものは5月から6月に花を咲かせます。

タカサゴユリは冠婚葬祭で好まれる

タカサゴユリとテッポウユリの使われ方

matsuidakazuracoさんの投稿
22639317 1933271796998983 2357587654209437696 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

台湾から入ってきて野生化した外来種ですが、決して雑草のような扱いをされている訳ではありません。元々観賞用として入ってきたのが雑草の如く広がっていっただけで、とても美しい花であることに変わりはないのです。タカサゴユリやテッポウユリはその見た目の華やかさから、よく冠婚葬祭に使われ、切り花としても重宝されています。

球根の分球で増やすことが出来る

ekko_takeさんの投稿
23417164 124787101548859 7904341301980561408 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

タカサゴユリを見つけて育ててみたくなったら、球根の分球がおすすめです。基本的な繫殖方法は実を風で飛ばすことなのですが、球根を分球すれば確実に、容易に増やすことが出来ます。ただし、連作障害がある為、数年に一度は植えてある場所を変えてあげなくてはいけません。生命力は雑草のように強いので、育てるのは容易です。

タカサゴユリの花言葉

mamefumineko55さんの投稿
22344577 286751281820253 3930506009168052224 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

花言葉は「正直・甘美・威厳・純潔・無垢」となっています。元々白いユリは威厳や純潔といった誇り高いイメージのある花言葉がつけられており、タカサゴユリも同じような言葉が並んでいますね。特に白いユリは純潔のイメージが強く、無垢や正直といった言葉も色のイメージからついた言葉でしょう。どなたかに贈る際には、花言葉も添えて贈ると喜ばれるかもしれません。

タカサゴユリの育て方

もしタカサゴユリを育てる際には、水はけの良い土で育てるのがおすすめです。とはいえ、あまり環境を選り好みしすぎない外来種植物でもありますので、気軽に植えてみましょう。一旦しっかり育ちはじめると、どんどん繫殖していきます。シーズンになると大きなラッパ状の花が沢山咲き、お庭が賑やかになりますね。野生化する外来種はとても強いので、育てやすくおすすめです。

タカサゴユリに関するTwitter

生息域を広げすぎている外来種

こちらは外来種であるタカサゴユリがどれだけ生息域を広げているのかがよく分かるツイートです。実は近年、タカサゴユリの生息範囲が大きく広がっており、高速道路や荒地などにどんどん生息域を広げているのです。見た目がとても美しいので伐採する方は少ないのですが、あまりに広がってきている為問題視されていたりもします。

タカサゴユリってどんなユリ?

こちらは何ユリか分からず、なんとなくタカサゴユリではないかと書いてあるツイートです。少し距離が離れた写真ですが、沢山の斑点がありますのでタカサゴユリでは無さそうですね。しかし、タカサゴユリは現在生息域を広げており、他のユリと交雑することも多く、雑種のユリも多数登場しているのが現状。案外混ざっていることもあるかもしれません。

タカサゴユリの大量の種子

こちらはタカサゴユリの大量の種子が紹介されています。大きく生息域を広げている外来種ですが、その原因は強い生命力と繫殖力です。1000個もの種子が風に乗ってどんどんばらまかれていけば、全部がちゃんと育つ訳ではなくとも、増えていくのは納得ですよね。あまりにも増えていくようであれば伐採も考えなくてはいけないかもしれません。

雑草が枯れだす時期でも頑張るタカサゴユリ

こちらは雑草も枯れる12月にまだ頑張っているタカサゴユリが紹介されています。基本的な花期は7月から9月ですので、かなり遅めに成長してしまったようですね。普通の花であれば枯れてしまうところですが、その生命力の強さから、周囲の雑草が枯れてもまだ頑張っています。また、周囲の土地も全然整備されていないのに生えていることから、繫殖力の強さを感じますよね。

まとめ:タカサゴユリとは

katsuran299さんの投稿
21909691 721730048027093 7876092941297516544 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

今回の「タカサゴユリとは?その特徴や日本の原種まで解説!テッポウユリとの違いは?」はいかがでしたでしょうか?

タカサゴユリの歴史や特徴からテッポウユリとの違いなどまで様々な点について解説させて頂きましたが、どのような花か大体把握出来ましたでしょうか。生命力が強い外来種として、日本でも野生化したものが普通に見られるようになりましたので、まだ見たことが無い方もいずれ見られるかもしれませんね!

タカサゴユリが気になる方はこちらもチェック!

今回はタカサゴユリについて解説しましたが、他にも花・ガーデニングに関する記事が沢山あります。気になる方は是非見てみて下さい。

Thumb黒百合(クロユリ)の花言葉!贈るのはNG?怖すぎる呪いの由来とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
クロユリ、見た目も名前も少しミステリアスな雰囲気の花、あの真っ白い純白のユリとは真逆ですね。...
Thumbネジバナとは?雑草だけど根強い人気!育て方や花言葉をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
まっすぐな茎にらせん状に巻きつくように花をつけるネジバナ。公園などで見かけることもあるのに、...
Thumb雑草の種類図鑑!庭や道端でよく見る雑草は?厄介な雑草の見分け方は? | 暮らし~の[クラシーノ]
雑草はどこに行っても目に入りますが、つい素通りしがちです。しかし、ガーデニングにおいては図鑑...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ