検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

スペイン「マヨルカ島」の観光スポット8選!絶景リゾート地を満喫しよう!

「マヨルカ島」は、スペインにある、ビーチの美しいリゾート地です。良いお天気が多いと言われている「マヨルカ島」は、年間300日以上は晴れているので、リゾートに最適です。ビーチ以外にも草原や山と自然も満喫できる、ステキな「マヨルカ」島の観光スポットをご紹介します。
2020年8月27日
wisura2519

スペイン「マヨルカ島」の基本情報

その①:スペイン「マヨルカ島」の名称由来は?

ラテン語の「大きな島」という意味に由来し、その後カタルーニャ語になり、発音現象で現在のマヨルカになりました。英語ではマジョリカ、フランス語ではマジョルクなど、国によって呼び方は違います。


その②:スペイン「マヨルカ島」の位置は?

スペイン本土から見ると、左側にあり、地中海西部のバレアレス諸島の中の一番大きな島です。日本でいえば、沖縄本島の約3倍の大きさになります。バレアレス諸島の州都が、パルマ・デ・マヨルカです。

その③:スペイン「マヨルカ島」に山地はある?

マヨルカ島はビーチだけではなく、山もありトレッキングも楽しめます。マヨルカ島には、トラムンターナ山脈とリェバン山地の2つの山脈があり、最高峰は標高1445メートルのプッジ・マジョ―があります。頂上は軍用となっているので、一般の人が行けるのは標高1364メートルの、プッジ・ダ・マッサネーリャになります。

スペイン「マヨルカ島」のトラムンターナ山脈は世界文化遺産


ビーチがメインに思いがちのマヨルカ島ですが、トラムンターナ山脈は石灰岩で出来ていて、浸食作用により洞窟や湧水、急流と景観が素晴しく、文化的景観がすばらしいスポットで、2011年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。湧水場が約700ヶ所もあるといわれているので、その多さに驚きますね。

スペイン「マヨルカ島」の魅力は?

スペイン「マヨルカ島」の魅力①:ビーチリゾート

スペイン「マヨルカ島」は、ヨーロッパのハワイと呼ばれるほどリゾート地として人気です。日本ではあまり知られていないリゾート地ですね。気候が良く晴天率も高くどんなシーズンでも楽しめ、ハワイに負けないくらい太陽がきらめくリゾート地は、ハネムーンにもおすすめできるビーチリゾート地です。魅力的なマヨルカ島へ旅行してみませんか?


スペイン「マヨルカ島」の魅力②:マヨルカ産の食べ物・飲み物

旅行の楽しみは、ビーチだけではなく食べ物も気になるところですね。マヨルカ島の美味しい食べ物がたくさんあります。どんな食べ物があるか紹介しますね。マヨルカ旅行で美味しい食べ物を満喫しましょう。

その①:マヨルカ名産・エンサイマダ

ほんのり甘さを感じる、ドーナツ風で渦巻き状の粉砂糖がかけられているパンです。種類もいろいろあり、アプリコットやジャム、クリームなどが入っているエンサイマダもあり、日本人にも好まれる味です。日本でもあるようですが、マーガリン代用でふんわりしています。マヨルカ島では、ラード使用でサクサクに仕上がっています。

その②:ソパ・マヨジョルキナ (マヨルカ風スープ)

ソパとはスープと言う意味ですが、スープなのに汁気がない食べものです。メインはキャベツで他にも玉ねぎ、トマト、豆などのほかにパンも入っていて体に良い物がたくさんですね。気候やシーズンによりスープの量をかえるといわれていて、冬はスープの量が多め、夏はほとんど汁気なしで野菜煮付けのような食べ物になります。

その③:カサ・パドリーナ社の手作りワイン

マヨルカ島では、ローマ時代紀元前120BC(西暦)よりワインが作られていて、今では約30ものワイナリーが存在しています。おすすめは、白ワインの【モレ】。柔らかい酸味で飲みやすいワインになっています。その年の気候で味も変わるのでぜひご賞味下さい。他にもマヨルカには美味しいワインがたくさんあるので試してみて下さいね。

スペイン「マヨルカ島」の行き方

スペイン「マヨルカ島」の行き方はツアーがおすすめ!

スペインのマヨルカ島までの直行便はありません。マヨルカ島の近くと言えばバルセロナですが、日本から直行便がなく、ヨーロッパの各主要都市で乗換が必要になります。バルセロまでは約18時間前後ですが、待ち時間によりかなりの違いがあります。始めてと言う方は、どこが良いか困ると思いますのでツアーがおすすめです。

その①:マヨルカ島へのツアー内容を確認!

各観光会社でツアーを選ぶ場合、どのようなスケジュールになっているか充分確認しましょう。マヨルカ島とその他の観光地のセット内容で、自分好みのツアーを選んでみて下さい。観光会社に、行きたい場所の相談をするのも良いですね。気候の悪い時はどうするかの確認もわすれずに行いましょう。

その②:個人で行く場合の乗換地

日本からバルセロナまでの行き方は、たくさんの航空会社があります。おすすめをご紹介しますので参考にしてみて下さいね。詳細は旅行に行く前に、充分な確認をすると良いですね。気候の悪い時の確認も忘れずしましょう。

①:ヘルシンキ乗換の行き方

成田 :arrow_right: ヘルシンキ
所要時間 約10時間半
ヘルシンキ :arrow_right: バルセロ
所要時間 約4時間

航空会社 Finnair (待ち時間は要確認!)

②:イタリア乗換の行き方

成田 :arrow_right: フィウミチ(イタリア)
所要時間 約12時間45分
フィウミチ(イタリア) :arrow_right: バルセロナ
所要時間 約2時間

航空会社 Alitaria (待ち時間は要確認!)

③:アムステル乗換の行き方

成田 :arrow_right: アムステルダム
所要時間 約11時間40分
アムステルダム :arrow_right: バルセロナ
所要時間 約2時間15分

航空会社 KLM (待ち時間は要確認!)

その③:バルセロナからマヨルカ島の行き方

バルセロナからマヨルカ島までのアクセス方法は、空路か航路になります。注意しなければならないのは、マヨルカ島は悪い気候が滅多にないのですが、悪い場合は空も海も休止になるので、旅行は余裕のある日程で計画することをおすすめします。

①:空路

バルセロナからパルマ・デ・マヨルカ空港までたくさんの航空会社が就航しています。島と言ってもスペインで3番目に旅客数が多い空港といわれています。ビーチリゾートで夏の混雑は、驚くほどです。それも年間300日以上も気候が良いと言われているからですね。

②:航路

バルセロナ港ターミナルから、Transmediterrannea社が高速フェリーを運航しています。運航会社は変更になっている場合もあるので、時間、料金なども含め、ターミナルで確認して下さいね。待合室から乗場まですこし遠いので時間に余裕を持ちましょう。

スペイン「マヨルカ島」のおすすめ宿泊施設は?

①:インサイド・バイ・メリア・パルマ・ボスケ

パルマ大聖堂から徒歩約20分、パルマの海辺から徒歩約5分のテラス付きホテルです。フィットネスやサウナ、プールがあり、ミニバーもある部屋があります。自転車レンタルもあり、、パルマビーチまで約10分で行くことが出来る便利なホテルですね。

②:ホテル・コスタ・アルス

パルマ港の景色が望めるホテルで、空港まで約9キロのところにあります。プールやサウナはもちろんのこと、カフェテラスからは海が眺められ、海側の部屋も予約できます。空港までのシャトルサービスはありませんが、空港や市内中心までの直通バス停留所があるので便利です。

③:ホテル・パラジウム

ビーチまでは徒歩で約20分ですが、パルマのショッピング街に近く、マヨルカ通りに面しているガラス張りのモダンなホテルです。近くには、空港行きのバスが発着するので便利です。市内中心地まで約500メートルでショップやレストランも多く立ち並ぶエリアです。

④:エウロエスタルス・マリヴェン

パルマ旧市街地までは車で約17分と少し遠いですが、ビーチまで徒歩約4分、ミロ美術館まで徒歩、約5分のところにあります。プールは、大人用と子供用のエリアがあり、プールサイドにはカフェバーもあるステキなホテルです。すぐ近くにはショッピングセンターもあり便利なエリアといえます。

⑤:ブロンド・アーキテクト・ホテル

パルマの旧市街地にある豪華ホテル!なんといっても建築がすごいです。伝統的マヨルカ建築に、モダンでありシックであるデザインガがバランスよく、落ち着くホテルですね。ソファー付きの屋上テラスもあり、太陽を浴びながらゆっくりできます。

スペイン「マヨルカ島」の気候は?

①:マヨルカ島の平地では300日以上良い天気!

マヨルカ島の気候は、地中海性気候です。降水量の多くは、秋季と冬にしていて、一番降水量が多い時期は10月~12月といわれています。平地は年間通して300日以上良い天気が続くので、【地中海の楽園】と呼ばれています。

②:降雪もあるトラムンターナ山脈の冬

冬季は平地より気温が低くなるトラムンターナ山脈は、降雪もあるというから驚きですね。トラムンターナ山脈は、冬季~春季に強風が吹き、アフリカ大陸の砂漠から赤砂を運んでくるといわれていますが、トラムターラ山脈は、北風体から島を守ってくれています。

スペイン「マヨルカ島」のベストシーズンは?

オールシーズンがベストシーズン!

スペイン【マヨルカ島】は、年中観光客が多く、ビーチリゾートのベストシーズンは6月~9月で、海水浴客がとても多く賑わっています。春は過ごしやすいですが、寒暖のさもあり上着の用意をすると良いですね。マヨルカ島は、閑散としているということはなく、オールシーズンがベストシーズンと言えますね。

スペイン「マヨルカ島」のおすすめ観光スポット①

パルマ・デ・マヨルカ大聖堂

キリスト教の教会で、内部の改修にはアントニオ・ガウディが関わったとして有名な大聖堂です。見どころは、大聖堂内のステンドグラスです。なんと、1236枚と世界有数のステングラス!さらに巨大なバラ窓からは、太陽が燦燦と降り注ぎすてきな色彩を満喫できます。

①:営業時間

【営業期間と時間】

  •  6月~ 9月の月~金:10:00~18:15
  • 11月~3月の月~金:10:00~15:15
  • 4月5月10月の月~金:10:00~17:15
  • 土曜日のみ10:00~14:00となります
  • 定休日:日曜・祝日

※期間・時間は変更の可能性もあるので参考まで!詳細は公式サイトで確認のこと!
 

②:料金

6ユーロとなっています。

※料金は変更になる場合もあるので、事前に確認すると良いでしょう。

スペイン「マヨルカ島」のおすすめ観光スポット②

エス・トレンク・ビーチ

マヨルカ島で一番美しいビーチとして人気のリゾート地です。旅行で行ったら、是非行ってみて下さい。エメラルドに輝く、透き通るように美しい海と白い砂浜を、こころゆくまで楽しめます。スペイン風のレストランも、ビーチ沿いにあるので、最高のビーチを眺めながら食事を楽しんでみて下さい。

①:エス・トレンクビーチの行き方

タクシーもありますが、マヨルカ島観光はレンタカーがおすすめです。パルマ中心地はバスが多く走ってますが、それ以外は車がおすすめ!自由に行きたいところに時間も気にせずいけます。エス・トレンクビーチは、パルマの中心地から車で約1時間のところにあります。ドライブしながら美しいビーチを眺めてみてはいかがでしょう。

②:マヨルカ空港でレンタカーを借りよう!

マヨルカ空港の到着ロビー付近には、大手のレンタカー会社があります。看板がでているので探してみて下さい。レンタルする時の注意点は、パスポート、運転する本人のクレジットカード、国際免許。セカンドドライバーがいるときは、セカンドドライバーの登録も必要です。交通ルールは日本と違うので良く説明を聞くと良いですね。

スペイン「マヨルカ島」のおすすめ観光スポット③

アルクディア旧市街地

マヨルカ島の北にあるおすすめ観光スポット、アルクディア旧市街地は城壁に囲まれているスポットで、西側にはマヨルカ門という城門もあり、小さな町です。行き方は、パルマ中心地から車で約1時間のところにあります。

地図で見どころチェックしよう

インフォメーションセンターで地図をもらい、見どころのチェックを事前にしておくと、スムーズにまわれます。東側のシャーラ門には、カフェやレストランが並んでいます。夏のシーズンは、市場もでて賑やかですが、11月末にもなると閉まっているお店も多くなります。活気あるシーズンをおすすめします。

スペイン「マヨルカ島」のおすすめ観光スポット④

地底湖のあるドラック洞窟

ヨーロッパ最大の地底湖のあるドラック洞窟は、照明が整備されていて、神秘的な光景を見ることが出来ます。洞窟の名前のドラックは、マヨルカ語でドラゴンのことで、無数にある鍾乳石はドラゴンの牙のようにもみえませんか?10分間のクラッシックコンサートや手漕ぎボートの遊覧もできます。

①:チケット購入方法は?

※車で行って洞窟に到着してからのチケット購入

※オフィシャルサイトで事前に購入
 注意!チケットは忘れずに印刷しましょう!

②:おすすめの行き方はバスツアーがおすすめ

パルマ・デ・マヨルカ発のバスツアーがあります。事前に観光会社やホテルなどで確認すると良いでしょう。洞窟は、天候に左右されることなく楽しめますね。半日コースや1日コースといろいろあるので、スケジュールに合わせて選んでみて下さいね。

スペイン「マヨルカ島」のおすすめ観光スポット⑤

ポルト・デ・ソーイェル

海の美しいポルト・デ・ソーイェルに観光列車で行ってみましょう。港町のステキなカフェでゆっくりすごしてみませんか?海水浴も出来て、ショップや美味しいお店もたくさんあります。マヨルカ旅行に行ったら立ち寄りたい観光スポット!

①:行き方は木製観光列車がおすすめ

ポルト・デ・ソーイェルは、バスもありますが、おすすめはレトロな木製電車!パルマ駅のすぐ脇の方にレトロな観光列車の駅があります。速度はあまり速くはありませんが、田園風景をゆっくり眺めることができます。1日に6~7本なので時間の確認は必須です。

②:木製トラム(路面電車)

路面電車は観光列車より本数が多いです。往復パスを購入すると、観光列車と路面電車のどちらも乗れて料金もお得になっています。

スペイン「マヨルカ島」のおすすめ観光スポット⑥

カラ・デ・ディア

穴場スポットで、マヨルカ島の西側にある小さな村です。入り江のとても美しいスポットで、とても静かな穴場スポット!賑やかなビーチリゾートと雰囲気がまったく違い、のんびり過ごす事ができます。

カラ・デ・ディアの行き方

ポルト・デ・ソーイェルからバスが出ています。山の斜面に作られた小さな村で、穴場的スポットです。時間や料金は、ホテルや観光会社に確認してみると良いですね。静かな村で美しい海を楽しんでみて下さい。

スペイン「マヨルカ島」のおすすめ観光スポット⑦

ベルベル城

丘の上に建つ、14世紀に建てられた円形型のお城です。昔は牢獄として使われていたといわれていますが、現在は博物館になっていて当時の歴史的な雰囲気を堪能でき、天候に関係なく楽しめます。旅行客が観光に訪れる場所として外せないスポットですね。

スペイン「マヨルカ島」のおすすめ観光スポット⑧

バルデモサ村

パルマ駅構内にあるバスターミナルからバルデモサまでバスで約30分。料金は運転手さんに直接払います。バルデモサは、音楽家ショパンとフランスの女流作家ジョルジョ・サンドの避行先として有名なスポットです。バス停から離れたところにインフォメーションセンターがあるのでパンフレットをもらっておきましょう。

①カルトゥハ修道院とサンチョ王宮

修道院と王宮のチケットはセットになっています。300日以上晴れの気候のマヨルカなので、旅行中の晴天率は高いですね。青空の下で歴史的な風景を満喫してみてはいかがでしょう。修道院はショパンの直筆楽譜や、ショパンがパリから運ばせたピアノなども展示してあります。

まとめ

マヨルカ島の観光スポットをご紹介しました。マヨルカ島はオールシーズン楽しめるので、泳ぐだけではなく、気候に左右されないスポットもあり、旅行先としては言うことなしの観光地です。300日以上も晴天とは、日本ではありえないですね。海外旅行でどんなシーズンにも対応できるマヨルカ島を最高の旅行先としておすすめします。