Twitter
Facebook
LINE

深海魚「どんこ」とは?その生態から旬な時期、美味しい食べ方までご紹介!

深海魚「どんこ」とは?その生態から旬な時期、美味しい食べ方までご紹介!

佐藤3

関東以北でよく穫れるどんこという魚。海の深いところにいる深海魚です。このどんこという魚はとてもよい出汁が出る魚で調理して食べるととても美味しくいただけます。今日はこのどんこの旬から食べ方まで、どんこに関する情報をご紹介していきます。

どんこってどんな魚?美味しい食べ方も知りたい!

どんこという魚。スーパーでも時々見かける魚ですがいったいどんなところでいつ頃穫れる魚なのか全く知らないで食べているという人もいるでしょう。今日は、このどんこという深海魚について調べてみました。ちょっとグロテスクな姿をしていますが、とっても美味しい魚です。

どんこについて

美味しいどんこ料理レシピをご紹介する前に、まずはどんこの基礎情報から見ていきましょう。どんこは何の魚の仲間なのか、その生態や特徴は?気になるどんこの別名もご紹介します。

科・属

どんこは、タラ目チゴダラ科チゴダラ属の魚で正式名称は「エゾアイナメ」。このことから、どんこはタラの仲間であることがわかります。エゾアイナメという名前がついていますが、そういえば姿もアイナメよりも少しタラの方に似ていますね。

分布

どんこは日本では東北から北に分布している魚です。関東でも堤防釣りをしているときにかかることがあります。よくどんこが水揚げされる漁港は「青森」「岩手」「宮城」などの三陸の漁港です。どんこは涼しいところが好きなので北の方に分布しています。

見た目

どんこの色は赤みがかっています。頭は小さくシュッとしていますが特徴的なのがそのぽってりと丸々ふくらんだお腹の部分。ここに美味しい肝がつまっています。表面はぬるぬる、ヌメヌメしています。釣りをしている時でも、この見た目でリリースしそうになりますが結局美味しいので持ち帰る魚、それがどんこです。

生態



どんこは水温に敏感な魚です。涼しい水温が大好きで逆に温かい夏の海は苦手。海の底の水温の低いところへ逃げていってしまいます。どんこは警戒心が少ない魚なので、水温と場所さえ合っていれば釣り初心者にも簡単に釣れる魚となっています。

その他の名前

どんこという名前もエゾアイナメの別名ですが、その他にも地方によってズボ、グゾウ、グゾボ、グホソ、ヒゲダラなどと呼ばれています。

どんこという呼び方は千葉の銚子から三陸沿岸で主に呼ばれるエゾアイナメの通称名です。しかし、どんこという名前はエゾアイナメの別名以外にも存在します。次章では同じどんこという名前の魚についてご紹介していきます。

どんこには2種類ある

どんことは通称で正式名称ではないので「どんこ」という魚が2種類存在しています。もうひとつ「どんこ」で調べるとしいたけが出てきますが、しいたけと魚のどんこは全く関係ありません。今回ご紹介するのは深海魚の方のどんこ。もうひとつのどんこと違いを簡単に見ていきましょう。

エゾアイナメのどんこ

まずは今回の主役であるどんこです。海の底にいる深海魚。釣りもそれほど難しい魚ではなく、テトラポットの穴釣りなどでよく釣れる魚です。

ハゼの仲間のどんこ

ハゼ類の魚ですが珍しい淡水魚。エゾアイナメのどんことは釣りで穫れる場所がまったく違います。分布は新潟より西の本州、九州。どんこという魚以外にもハゼ類の総称としてどんこという呼び方をすることもあります。

どんこの旬は?

どんこの美味しい季節、どんこ釣りで釣果があがる旬の季節をご紹介します。どんこ料理を作るときや釣りに行くときの参考にしてください。

どんこ釣りの旬とポイント

どんこは水温が16度~18度くらいで活発に動き回る魚です。季節は春ころがベスト。それ以上水温が高くなってしまうと底のディープなところに隠れて動かなくなってしまうので釣りをするには難しくなってくるでしょう。涼しいところが好きなので、夏でもテトラの隙間の穴釣りがどんこ狙いの釣りのポイントとなるでしょう。

料理の旬

どんこの水揚げ量が多くなるのは11月から3月頃。やはりどんこの活動の旬とかぶってきます。この頃に脂がのって美味しくなったどんこをいただけるでしょう。

どんこ料理~選び方・さばき方~

丸のまま手に入ったどんこは、早速さばいていきましょう。見た目はちょっと触るのに躊躇してしまうような感じですが、これから美味しい料理になってくれると思えば少しも苦にならないでしょう。さばき方のポイントはその内臓にあります。

美味しいどんこの選び方

スーパーなどで一匹丸々のどんこを買う機会があれば、美味しい選び方を覚えておいて損はないでしょう。美味しいどんこはまず身がパンパンにつまってる感じがします。体に丸みがあって弾力があるものの方が良いです。魚の鮮度が落ちてくると色が薄くなってきますので色鮮やかなものを選ぶのもひとつの方法です。

ヌルヌル注意

どんこを目の前にすると「ヌルヌルした魚だな」と感じることでしょう。このヌメリは魚をさばくときに邪魔になりますので、どんこをさばこうと思ったらまずこのヌメリをウロコを落としてから調理していきましょう。

頭を落として肝を取り出す

どんこはその身ももちろんですが、肝が美味しい魚です。調理する時は肝を崩さないよう丁寧にさばいていきましょう。

1.頭を落とす
2.頭の切り口から包丁を入れお腹を開く
3.肝を取り出す

鍋にするなら、ここから身はぶつ切りに。刺身やソテーにするならここから三枚におろしていきます。肝が美味しいので肝は捨ててしまわないよう注意です。

どんこ料理レシピ1:刺身

日本人が大好きなシンプルな魚の食べ方刺身。どんこも刺身で食べると美味しい魚です。他の魚と同じように三枚おろしにして皮を剥いでから刺身用にカットします。どんこの旬の時期には、ぜひ新鮮などんこの刺身を味わってみてください。

どんこの刺身は肝醤油で

さばき方で頭を落とし内蔵も取り除いてあるどんこを3枚におろします。この時に肝は捨てないように。その他の部分は捨ててしまってもかまいません。身は皮をはぎ、お刺身用に切り分けてお皿に並べます。刺身を食べる時は、取り出しておいた肝を醤油に溶いて肝醤油にしていただくと、どんこの刺身がさらに美味しくいただけます。

肝と一緒に叩いても

皮をはぎ、小骨を取り除いたどんこの身と霜降りした肝をネギやしょうがなどの薬味と一緒・味噌と一緒に包丁で叩いたものもどんこの刺身の食べ方としてぜひ試してみてください。味噌などの調味料を使わずにただ叩いたものに後からしょうゆを垂らして食べてもまた一味変わります。

どんこ料理レシピ2:鍋

どんこの調理方法でポピュラーなのは何といっても鍋でしょう。タラやあんこうと同じような食べ方が基本的にできると思ってよいでしょう。冬場がどんこ鍋の旬です。

どんこ鍋の材料

どんこ、にんじん、ねぎなど鍋に向いた野菜を用意します。味付けはどんこには味噌が合いますが簡単にめんつゆを使って調理してもOK。

どんこ鍋の作り方

1.頭と内臓を取ったどんこの身をぶつ切りにします。
2.網にどんこの身と肝を入れ、熱湯を欠けて霜降りしておきます。
3.土鍋に食べやすくカットした野菜、どんこ、どんこの肝を入れて鍋つゆをひたひたに入れて火にかけます。
4.アクを取りながら具材が煮えたら食べごろです。

一言ポイント

三陸のどんこのよく穫れる地域ではどんこは鍋や汁物として味噌仕立てで食べられることが多いです。簡単にめんつゆのレシピをご紹介しましたが、出汁と味噌、日本酒などを合わせた味噌仕立ての鍋つゆもおすすめです。

どんこ料理レシピ3:フライ

どんこは白身の魚です。タラの仲間なので食べ方は基本一緒。白身フライとして調理しても美味しくいただけます。

どんこフライの材料

どんこの頭と内臓を取ったもの。パン粉、とき卵、小麦粉、揚げ油、付け合せにレモンなどの柑橘類。

どんこフライの作り方

1.どんこは三枚おろしにして身を塩コショウしておきます。
2.パン粉、とき卵、小麦粉の順番でつけ、170度の油でフライにします。
3.皿にもりつけ、レモンなどを添えてできあがり。

一言ポイント

脂が乗ったどんこの身はフライにすると、人によってはくどいと感じるかも知れません。少し時期を外れたどんこが手に入ったという時にはフライにして食べてみるのも良いでしょう。タルタルソースやしょうゆなど白身魚フライと同じようなソースでいただきます。

どんこ料理レシピ4:ホイル焼き

どんこはホイル焼きにも使えます。ホイルで蒸し焼きにされたぷりっぷりのどんこの身をほぐして口に運べば、こんなレシピもアリだなと気付かされるでしょう。

どんこのホイル焼きの材料

どんこの切り身、バター、塩コショウ、えのきなどお好みの野菜をプラスしても。

どんこのホイル焼きの作り方

1.頭と内臓を取ったどんこの身は三枚におろして食べやすい大きさにカットします。
2.塩コショウをして、バター、お好みの野菜と共にアルミホイルに包みます。
3.オーブンや魚焼きグリルで焼いてできあがりです。
お好みでしょうゆやポン酢でいただきます。

一言ポイント

もう一品おかずが欲しいというときにアルミホイルに包んで焼くだけの簡単で美味しいホイル焼きレシピです。しめじやえのきなどきのこ類と一緒に焼くのがポピュラーですが、にんじん、パプリカなど色味をプラスしても見た目も良く栄養バランスも整います。

どんこ料理レシピ5:みそそぼろ

どんこ料理の中でも珍しいどんこの肝を使ったそぼろ料理の食べ方をご紹介します。とてもシンプルな材料で出来るのにとっても美味。白いご飯や日本酒が進みそうなレシピです。

どんこのみそそぼろの材料

どんこ、どんこの肝、日本酒、味噌。この調理方法ではどんこの肝も使います。

どんこのみそそぼろの作り方

1.どんこの肝、味噌、日本酒をフライパンに入れて溶き、炒めます。
2.どんこはあらかじめ焼いておいたものを身をほぐしながら1のフライパンに投入します。
3.水分がなくなるまで炒めたらどんこの味噌そぼろの調理完了です。

一言ポイント

どんこがよく手に入るところで考えられ作られたレシピです。どんこの身と味噌の相性がバッチリ。できたてを白いホカホカご飯に乗せていただけば食欲待ったなしの美味しさです。しっかり味付けをしているのでお酒のアテにもなるでしょう。

まとめ

どんこという魚は深海に住むちょっとグロテスクな魚でした。しかし、その見た目と違い食べるととても美味しい魚です。特に肝の部分が美味しいのでぜひ肝だけは捨てずに鍋や味噌汁の具材などにして美味しさを味わってみてください。

深海魚が気になる人はこちらをチェック!

どんこの他、深海魚に関する記事もご用意しています。深海魚について気になる人はこちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【基本】ダーツの縫い方・やり方を解説!慣れれば楽勝です♪

今回はダーツの縫い方・やり方を解説させて頂きました!ダーツを縫うこと自体は簡単ですが、ちょっとしたコツで仕上がりの美しさに差が出ますので、動画を参考にしてやってみて下さい! ご視聴ありがとうございま...

遂に完成!ステッカープレゼント企画だよ!!

☆応募はコチラからどうぞ☆ https://forms.gle/9LhGYdTKdkU1q1T87 【締切4/28】

【基本】ギャザーの寄せ方を解説!ミシンを使いますが楽チンです♪

今回はギャザーの寄せ方をご紹介しました!ミシンを使いましたが、簡単ですのでぜひやってみて下さい♪ ミシンでギャザーを寄せる場合は、ミシンの幅を大きくします!ミシンの幅はあまり大きくしすぎるとギャザーが...

【基本】地直しのやり方を解説!簡単すぎる作業でその後が変わる!

今回は地直しのやり方について解説させて頂きました!買ってきた生地はどうしても多少のゆがみがあります。また、天然素材は縮みやすいものが多いため、買った生地をそのまま裁断してしまうと、一度洗濯をしたら型崩...

釣りのラジオ釣りラじ「全部忘れちゃう第33回」

★プレゼント企画応募はコチラから★ kurashino.present@gmail.com ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?lis...