Twitter
Facebook
LINE

変な深海生物「ヌタウナギ」!ヌルヌル粘液の正体は?食べられるの?

変な深海生物「ヌタウナギ」!ヌルヌル粘液の正体は?食べられるの?

石倉

ヌルヌルの粘液で体を保護している変な生き物「ヌタウナギ」をご存知でしょうか。実はこのヌタウナギ、世界中で漁獲されている大変利用価値の高い生き物なのです。ヌタウナギの生態から、ヌルヌルの粘液の正体。そして、意外な美味しさと隠れた利用法まで徹底的にご紹介します!

変な深海生物「ヌタウナギ」とは?

はじめに

「これ美味しそう!」と誰もが思えるような食材は世の中にたくさんありますよね。ただ、その逆で「これまずそう!」と思わず声が漏れるような、そんなグロテスクな食材もたくさんあります。ですが、実は食べてみると意外な美味しさがある、そんな食材に出会えたときの喜びは見た目がグロテスクであればあるほど大きいものです。

粘液ヌルヌルのヌタウナギをご紹介!

今回は、そんなグロテスクな食材のなかでも類を見ないほどの圧倒的な気持ち悪さを誇る「ヌタウナギ」をご紹介します。深海を生息場所としている生き物で、体表をヌルヌルの粘液で保護しており、外見的にはウナギやアナゴに類似しています。 ヌタウナギの生態からはじまり、食べ方、内臓のさばき方や美味しい料理まで解説しましょう!できるだけグロテスクすぎる画像などは控えるようにしますので安心してお付き合いください!

変な深海生物「ヌタウナギ」の基本情報

ヌタウナギ綱ヌタウナギ目ヌタウナギ科

一般的に「ヌタウナギ」と呼ぶ場合には単一の種を指すのではなく、「ヌタウナギ綱」に分類される全ての生物を総称します。日本や韓国などのアジア地方で主に利用されている種は正式には「Eptatretus burgeri」という名のヌタウナギ綱のなかの一種というわけです。一般に流通する際にはヌタウナギの名前で販売されていますので便宜上、当サイトでもこの種を指して「ヌタウナギ」と表現します。

世界には70種のヌタウナギが

ヌタウナギとして知られる生き物は世界には70種類が存在します。そのほとんどが深海を生息地としている生き物ですが、日本の周辺海域で漁獲されるヌタウナギは比較的浅い水域(水深5メートルから260メートルほど)を住処とする少し変わり者の種で、古くから水産資源として漁獲され、さまざまな用途で利用されています。 アメリカでもヌタウナギは特定の海域で漁獲されますが、主に皮を目当てにしたもので食用とする文化はありません。



厳密にはヌタウナギは魚ではない

実は、この生き物は魚類ではありません。また、名前の一部にもなっている「ウナギ」とも種としての関連はほぼ見られない独立した生き物です。日本では「ヤツメウナギ」が最も近しい種で、骨格に脊椎をもつ生き物のなかでは最も原始的な種類のものであるとされています。

変な深海生物「ヌタウナギ」の生態

無顎類

一般的な魚の場合には口の部分に顎が存在しますが、この生き物は無顎類、すなわち顎が存在しない種類のもので、顎の力で噛み砕くという動作ができないために、主に腐乱した水生生物の死骸に張り付いて食事をとります。他に、釣りエサとして知られるゴカイなどを捕食する他、小型のエビやカニなどがヌタウナギの内臓から発見され研究者を驚かせました。

ヌタウナギの歯

「ヌタウナギは顎がないのにどうやって食事するの?」という疑問への答えはこの画像にあります。この生き物は確かに顎がないので噛み砕くという動作はできません。口の部分にこのような歯が突起状に無数に付いており、獲物を削りながら摂取していきます。見慣れない方には少しグロテスクかもしれませんね。ちなみにヤツメウナギにも同様の特徴があります。

骨格のほとんどが軟骨

ヌタウナギは水生生物のなかでも飛びぬけて柔軟な体をもつことで知られます。その柔軟性の秘密は骨格にあり、ヌタウナギの骨格はほとんどが軟骨で構成されているのです。

目はあるが退化している

ヤツメウナギと同様に、体の両側に15対前後の数のエラ穴があり、目も同じく存在しますが、深海での生活に適応しているためほぼ機能しません。この生き物の体色自体は暗い色合いで統一されていますが、目に当たる部分は少しだけ色素が薄くなっているのでよく観察すれば目の位置を判別できます。

精巣と卵巣の両方をもつが小脳は存在しない

精巣と卵巣を体のなかに両方もっていることでも知られているヌタウナギですが、完全な雌雄同体というわけではなく、あくまで機能しているのはどちらか一方だけです。精巣が機能しているヌタウナギは卵巣の機能が停止しており、その逆もまた同じくといったところ。また、運動機能の調整を司る小脳が存在しない生き物でもあります。

変な深海生物「ヌタウナギ」のヌルヌル粘液の正体は?

ヌルヌル粘液の正体

外敵などのストレスがかかると分泌されるヌタウナギのヌルヌルの正体は粘液と体内で生成される微細な繊維で構成されています。この微細な繊維同士が絡み合うことによって、動画にあるようなヌルヌルの状態へと変貌するのです。

体に70から200個の粘液放出口が

ヌタウナギの体にはおびただしい数の粘液放出口が存在します。深海を住処とする生き物は過酷な環境から体を保護するために油を皮膚にまとうアブラボウズや、ヌタウナギと同じく粘液を出すアンコウなどが存在しますが、ヌタウナギの場合は単純な防御手段ではなく、武器としても粘液を使用します。 獲物のエラ部分に粘液を絡ませて窒息死させ、死骸を貪るのです。

ヌタウナギのヌルヌル粘液で大事故

主に韓国で食用として利用されるヌタウナギですが、アメリカはヌタウナギを韓国に輸出している国の一つです。7月の初夏にアメリカ西部のオレゴンで悲劇が起きました。4トンの出荷用ヌタウナギを輸送していたトレーラーが横転し、路面に大量のヌルヌル粘液があふれ出したのです。 結果、後続の車4台がヌルヌル粘液のためタイヤをスリップさせ大事故に発展。死者がでなかったことがせめてもの救いですね。

変な深海生物「ヌタウナギ」は食べられるの?

韓国では人気の食べ物

この生き物は主に韓国で食べられている食材です。韓国に観光したことがある方は屋台などでヌタウナギが串に刺されて焼かれている様子を見たことがあるかもしれませんね。国内でもごく一部の地域では郷土料理として食べられています。

ヌタウナギの味は?

一般的な魚とはまるっきり違う味をしています。そもそも便宜上は魚類として分類されていますが、生物学上は魚ではありませんので当然と言えば当然です。味は牛や豚などの哺乳類の内臓部位に近いと言われています。 ハツやミノのようなムチっとした食感とレバーのような鉄分を感じられる風味が特徴的な味です。

山形県では人気のヌタウナギ料理

珍味 男鹿の棒アナゴ 約30cm×2本

1,080円(税別1,000円)

この画像をご覧ください。ヌタウナギをパリっと香ばしく焼き上げた山形県の郷土料理です。皮のなかはふっくらぷりぷりの白身で旨みたっぷりの汁がしたたっています。居酒屋などの人気メニューで大人はもちろん、地元の子供たちにも大変人気のある絶品料理です。通販でも購入できますが、非常に人気の品で、頻繁に品切れとなるので注意が必要ですね。

おいしかったです。思っていたより焼いてしまうと小さくなりますが、大根おろしたっぷりで食べると最高でした。

購入者のレビューから引用。

変な深海生物「ヌタウナギ」の食べ方

ヌタウナギは滋養強壮に効果抜群!

ヌタウナギは日本の市場では「棒アナゴ」や「黒アナゴ」の名前で販売されることもあります。ビタミン豊富で良質な脂がたっぷりとのっており、夏バテ防止に効果があるとされ、地域によっては土用の丑の日にはウナギではなく、ヌタウナギを食べる風習があるそうです。

網焼きなども大変美味しい

日本国内でも東京都の大久保などでは網焼きなどの食べ方で提供されているヌタウナギ。シンプルな食べ方はヌタウナギのコリコリフワフワの食感を存分に楽しめますのでおすすめです。

いろいろな食べ方で

ヌタウナギの食べ方としては加熱調理がおすすめです。皮のまま粘液を取り除いたものを炭火でカリっと焼き上げる食べ方も大変美味しく人気がありますし、皮を剥いた後で甘辛く醤油で煮ても絶品です。 ヌタウナギは切り身の状態よりも、そのまま生の状態で市場に並べられることが多い食材。次項でさばき方を簡単にご紹介しますので是非参考にしてください!

変な深海生物「ヌタウナギ」のさばき方

ヌタウナギを自宅でさばく際の注意点

ヌタウナギをさばく際には「粘液から取り除こう」という考えをまず捨ててください。極めて困難ですし、この生き物の粘液は水に触れるとすぐに膨張していきますので台所の流し台が大惨事になることでしょう。皮の下に粘液の源泉となる袋が存在しますので、皮を剥いたときに一緒にその袋を除去していきます。

ヌタウナギのさばき方.1

最初にヌタウナギの頭の下部に包丁で切れ目を入れていきます。そして片手で頭を固定し、もう一方の手で切れ目を入れた皮をつかみ、思い切り引っ張りましょう。

ヌタウナギのさばき方.2

思い切り引っ張ると、ペリペリと皮が頭から尻尾まで剥けます。このときに粘液の源になる袋も剥いた皮にくっ付いて除去できます。

ヌタウナギのさばき方.3

腹部に包丁を入れて内臓を取り除きましょう。調理バサミを利用すると簡単に作業できます。内臓を取り除いたら、このタイミングで身を水洗いをして粘液を除去しましょう。

韓国では皮や内臓ごと丸焼きに

ヌタウナギ料理を愛する韓国では皮を剥いたものではなく、主にそのまま皮付きで内臓を除去せずに丸焼きにする串焼きが人気の食べ方です。韓国へ旅行の際には是非お召し上がりください!

変な深海生物「ヌタウナギ」の美味しい料理

多くのファンに愛されるヌタウナギ料理

ヌタウナギはグロテスクですが、一度食べたら必ずファンになると言われるほどのクセになる味です。以下でメジャーな料理を2つほどご紹介しましょう!

ヌタウナギのコチュジャン炒め

ヌタウナギ料理を愛する韓国で人気の料理です。豪快な料理法が多い韓国料理のなかでも特にインパクトの強い一品。ニンニクをたっぷりと入れてコチュジャンの辛味と一緒に口に運び、夏の猛暑を乗り切るだけのスタミナをつけましょう。

ヌタウナギの皮焼き

日本の居酒屋でよく提供されているヌタウナギ料理です。大根おろしや紅葉おろしでさっぱりとヌタウナギの脂を包み込んで口に入れればジュワリとした旨みが広がります。ご飯のお供にもお酒のおつまみにも絶品のおすすめ料理です。

変な深海生物「ヌタウナギ」の剥いた皮

剥いた皮は丈夫で滑らか

【うなぎ皮】パカッ!桃の財布 春財布 がま口【151-5】レディース がまぐち 工芸品 プレゼント EElSKIN イールスキン ヌタウナギ 【あす楽_土曜営業】【コンビニ受取対応商品】【楽ギフ_包装】【02P03Dec16】(3-3)

ヌルヌルの粘液に覆われているため意外に思われる方も多いのですが、この生き物の剥いた皮は丈夫で非常に滑らかなことで有名です。皮製品を作る際には牛皮や蛇皮に並ぶ素材として知られ、工芸目的でも漁獲されます。通販でも幅広い価格帯の製品が販売されていますので、珍しい皮製品に興味がある方はチェックしてみましょう!

剥いた皮(イールスキン)の製品レビュー

軽くてしっかりした皮は他の製品にはない味わいがあります。主に世界市場で出回っているヌタウナギの剥いた皮(イールスキン)は韓国製のものが多いです。隣国の日本であれば輸送費がおさえられ、安い価格で購入できるのも嬉しいポイントですね。

ピンクを購入しました。色は写真より温かみのある色、思ったより大きめです。とても軽いですが、しっかりしています。イールスキン独特の、サラサラとした柔らかい手触りが気持ちいいです。

変な深海生物「ヌタウナギ」のまとめ

変だけど魅力的なヌタウナギ

グロテスクな外見から敬遠されがちなヌタウナギですが、その粘液は学術資料に、皮は工芸品に、身は食品にと捨てる部分のほとんどない大変価値の高い生き物です。皆さんもヌタウナギの外見を恐れずに是非、その味を体感してみましょう!

他の深海生物について知りたい方はこちらもチェック!

当サイト「暮らし~の」には他にもユニークな深海生物についての情報がたくさん掲載されております。いくつかおすすめの記事をピックアップしておきましたので是非ご覧ください!

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【基本】地直しのやり方を解説!簡単すぎる作業でその後が変わる!

今回は地直しのやり方について解説させて頂きました!買ってきた生地はどうしても多少のゆがみがあります。また、天然素材は縮みやすいものが多いため、買った生地をそのまま裁断してしまうと、一度洗濯をしたら型崩...

釣りのラジオ釣りラじ「全部忘れちゃう第33回」

★プレゼント企画応募はコチラから★ kurashino.present@gmail.com ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?lis...

【基本】ファスナーの簡単な付け方を紹介!慣れればすぐ!

今回はファスナーの簡単な付け方をご紹介させて頂きました! ファスナーには様々な種類があります。一般的なファスナーや、玉つき、レース付きのものなど、あとはコンシールファスナーです。コンシールファスナーは...

21ツインパワーSW開封インプレッション!やっぱりシマノリールだね。

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

コルトスナイパーBB100M実釣インプレ・・・どころじゃない

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...