Twitter
Facebook
LINE

札幌観光のおすすめモデルコース&スポット13選!王道以外も楽しみたい!

おりょう

札幌観光のおすすめモデルコース&スポット13選!王道以外も楽しみたい!

おりょう

札幌の街について

広大な北海道の中でも抜群のアクセスの良さ

日本一の面積を誇る北海道。道内には各地に魅力的な観光地がありますが、交通手段や時間も問題で訪れることが難しい場所がたくさんあります。そんな中、札幌は北海道の空の玄関口である「千歳国際空港」から JR で40分ほどで訪れることができます。アクセスの良さもあり、1年を通して国内からたくさん観光客はもちろん外国人観光客も訪れます。

おすすめの観光地をご紹介!札幌観光のモデルコースもお伝えします!

札幌では定番の札幌ラーメンやスープカレー、ウニやカニなどの海産物といった北海道内の美味しいものがたくさん味わえます。グルメ以外にも観光地も充実しています。例えば、年中イベント満載な「大通公園」、日本新三大夜景のも数えられる「藻岩山」からの夜景、歴史を感じさせる札幌時計台など楽しいスポットもたくさんあります。そんな魅力たっぷりの札幌からおすすめのスポットや観光ルートをご紹介します!札幌に旅行に訪れるときの参考にして下さい!

札幌観光といえばここ!

大通公園



一年をとおして春夏秋冬の季節に合わせたイベントが開催されています。春はライラックの花の開花時期に合わせて「ライラック花祭り」、夏には「札幌夏祭り」と称して盆踊りやビアガーデンが開催されます。秋には「さっぽろオータムフェスト」でご当地の人気グルメのお店が軒を連ねます。冬は「さっぽろホワイトイルミネーション」が行われ、雪化粧した大通公園ではイルミネーションの明かりで映えてとても綺麗ですよ。また冬は札幌に旅行に来たことがない方でも聞いたことがあるであろう「札幌雪祭り」が開催されます。ご紹介した以外にもイベントは開催されていますので、いつ旅行に来ても大通は要チェックです!

札幌テレビ塔



札幌のランドマークともいえる「札幌テレビ塔」は大通公園内にあります。札幌テレビ塔の展望スペースからの景色は美しく、とても人気があります。特に冬の「さっぽろホワイトイルミネーション」が開催される11月下旬~1月上旬の時期はビルや街頭の明かりに加えてイルミネーションの鮮やかな明かりも見ることができて一番きれいな夜景が見える季節だと思います。 展望台への入場料金は大人:720円、高校生:600円、中学生:400円、小学生、300円です。

料金のご案内|さっぽろテレビ塔公式サイト
札幌市のランドマーク「さっぽろテレビ塔」のご利用料金について。

秋の札幌観光モデルコースをご紹介

秋の北海道大学を中心としたモデルコース

秋の紅葉スポットと北海道大学を中心にした一日のルートをご紹介します 札幌駅(10:00発)→徒歩7分→①北海道大学(12:30発)→徒歩10分→②北海道大学植物園(14:00発)→徒歩3分→③北海道庁旧庁舎(15:00) 北海道大学にある「いちょう並木」や「ポプラ並木」や北海道大学植物園の植物たちは秋に綺麗な紅葉が色づきます。北海道植物園すぐそばにある北海道庁旧庁舎にもいちょうなどの植物が多数あり、一日紅葉狩りしたい人におすすめのルートです! またお昼ご飯は北海道大学の学食を食べてみてください。「行ってみた学食」というランキングで1位になったこともあり、お手頃でボリューム満点!おいしい学食が食べられますよ!

秋といえば紅葉!紅葉を見るなら北海道大学がおすすめ!

上の写真が北海道大学の「いちょう並木」の秋の紅葉の様子です。北海道大学内の道路の両脇にいちょうの木が立ち並び、秋に紅葉すると目の前一杯が黄色と赤色に包まれて見とれてしまう美しさです。北海道大学は広大な敷地面積を誇り、大学でありながら、観光地としての側面もあります。特に秋の紅葉の時期はたくさんの観光客で賑わいます。 また、「いちょう並木」だけでなく、北海道大学内には「ポプラ並木」も紅葉が綺麗で秋に観光に来た際は外せません。「いちょう並木」→「ポプラ並木」というコースがおすすめですよ。見学可能な博物館や学食が食べれる食堂もいくつかあり、北海道大学だけでも一日居れるくらい見どころいっぱいです!

穴場のスポット!北海道大学植物園がおすすめ!

「いちょう並木」や「ポプラ並木」など見どころ満載の秋の北海道大学ですが、北海道大学から出て徒歩15分ほどに北海道大学植物園があり、おすすめのスポットです!ここは北海道の植物が多数見学することができます。秋には紅葉もとてもきれいですよ。また札幌の中心地にあるは思えないような広い敷地で静かで心落ち着く場所です。植物以外にも北海道の建築・アイヌ民族などの歴史的な資料を見ることができ観光以外にも歴史や風土を知りたい方にも訪れてほしいスポットです。定番の観光地ではないのでそれほど混むことも少なくおすすめのスポットです。

定番の札幌観光モデルコースをご紹介

北海道人気の定番スポットをめぐるモデルコース

はじめて札幌に旅行する方にはまず訪れてほしいスポットを一日でまわるルートです。 札幌駅(10:00発)→徒歩7分→北海道庁旧庁舎(11:30発)→昼食(13:00発)→徒歩10分→札幌時計台(14:30発)→徒歩5分→大通公園(16:00発)→札幌テレビ塔 札幌駅・大通駅エリアの定番の観光スポット巡り、夜は札幌テレビ塔からの夜景を見たり、繁華街である「すすきの」に遊びに出かけるのがおすすめです。

北海道庁旧庁舎

赤いレンガ造りが印象的な「北海道庁旧庁舎」は札幌駅から徒歩5分圏内ということもあり、旅行者が初めに訪れる観光スポットといえます。北海道庁旧庁舎の中は歴史的な資料が展示されており、入館は無料です。また敷地内には大きな庭園があり、池や四季折々の植物を楽しむことができます。 一味違う楽しみ方をしたい方は、真向かいに建設されている商業ビル「赤レンガテラス」の5階展望スペースから北海道庁旧庁舎を眺めてみてください!庁舎の全体像を上から眺めることができおすすめのスポットです!

札幌時計台

札幌市民に古くから親しまれている「札幌時計台」の中は資料館として活用されています。正式名称は「旧札幌農学校演武場」で資料館となる前は、農学校の生徒の入学式や卒業式などの行事の際に利用される施設でした。農学校時代の歴史資料などが展示されており、見ごたえのあるスポットです。毎正時時間を告げる鐘が鳴りますので、鐘がなる時間は特におすすめです。入館料は大人:200円、小・中・高校生:無料です。

冬の札幌観光モデルコースをご紹介①

冬のイルミネーションを満喫するモデルコース

冬が長い北海道では11月ごろからたくさん観光地がイルミネーションスポットとしての顔を見せます。冬の間、雪が常に積もっている札幌ではイルミネーションの光が雪に反射して一層眩しく美しく感じられます。一日の終わりにイルミネーションを楽しみたい11月から12月ごろに札幌に旅行される方におすすめしたい観光ルートです。 赤レンガテラス(18:00発)→徒歩5分→大通公園

おすすめのイルミネーションはここ!

赤レンガテラス越しの北海道旧庁舎が美しい

赤レンガテラスにある木は冬になると根本から枝先まで電飾が施されます。冬にピッタリの音楽とともに電飾の色が赤・青・黄・緑など様々な色に変わります。イルミネーションの奥にはオレンジの色に輝いた北海道庁旧庁舎を見ることができ、とてもきれいです。北海道庁旧庁舎内にもイルミネーションが施されていますのでそちらもおすすめです!

イルミネーションといえば大通公園!

冬の札幌旅行でイルミネーションを観光するなら大通公園は外せません。11月下旬~1月上旬は「札幌イルミネーション」が開催され、大通公園全体が綺麗な電飾で彩られます。札幌テレビ塔もクリスマスツリーをイメージしたような光を放ち、大通公園のイルミネーション越しに写真を撮るのがおすすめです! また11月下旬~12月までは札幌と姉妹都市であるミュンヘンのクリスマス市を模した「ミュンヘン・クリスマス市」が開催されます。ホットワインやホットビール、ミュンヘンのあるドイツの工芸品が販売され、とても盛り上がります。一日の終わりをホットワインを楽しむのもおしゃれですね!

冬の札幌観光モデルコースをご紹介②

冬の札幌観光といえば雪まつり!一日で満喫できるモデルコースをご紹介

札幌の冬の風物詩である「雪まつり」の開催時期は2月上旬です。この時期の旅行であれば、絶対に見るべきおすすめスポットです!一日で各会場を周るルートをご紹介しますので参考にしてみてください! すすきの会場(13:30発)→徒歩10分→大通会場(15:00発)→大通駅→地下鉄13分→栄町駅→シャトルバス5分→つどーむ会場(17:00発)→シャトルバス15分→大通会場(19:00発)→徒歩10分→すすきの会場 雪まつりは「大通会場」、「すすきの会場」、「つどーむ会場」の3か所で開催されます。昼と氷像や雪像がライトアップした夜では印象が異なるので是非各会場を2度ずつ行くのがおすすめです!

雪まつりはこう楽しもう!

大通会場・すすきの会場

人気の観光地である大通公園とすすきのは雪まつりでは雪像や氷像の展示される会場に変化します。大通会場では氷像や雪像以外にも北海道グルメの味わえるブースや巨大なジャンプ台のセットが設置されます。ジャンプ台ではスノーボードジャンプなどの迫力のあるパフォーマンスを見ることができます。両会場は夜になるとライトアップされ氷像・雪像がより美しく感じられます。特に大通会場でのプロジェクションマッピングなどのパフォーマンスは必見です!大通会場・すすきの会場だけでも一日居られるくらいイベント満載です!

つどーむ会場

観光地としては馴染みのない「つどーむ」ですが、雪まつりの時期は旅行客の増える人気のスポットに変化します。津ドーム会場の特徴は大通会場・すすきの会場とは異なり、雪像に加えてスノーチューブスライダーや氷の滑り台といった体験型のアトラクションがあることです。子供から大人まで体を使って楽しめる会場です。大通会場・すすきの会場からは少し離れていますが、雪まつりを楽しみに旅行に訪れるのであれば絶対観光ルートに加えるべきですよ!

札幌観光で夜景を楽しむモデルコースをご紹介

札幌に旅行に訪れたら夜景を見てみたいと思っている方は多いはず!しかし、札幌には夜景を眺めることができるスポットはいくつかあります。ですので、ここでは定番の藻岩山から眺めるルートや無料で夜景を眺めることができる穴場ルートをご紹介します!

藻岩山で夜景を見るモデルコース

大通公園(18:25発)→徒歩3分→大通駅→札幌市電→20分→「ロープウェイ入口駅」→無料シャトルバス5分→藻岩山(19:00発)→ロープウェイ→10分→藻岩山山頂(19:30着) 藻岩山へ公共交通機関を利用していく方法は大きく分けて2つあり、地下鉄とバスを乗り継いで行く方法と、路面電車である札幌市電を利用していく方法がありますがおすすめしたいのは札幌市電のルートです。運賃が 200 円とお手頃であることも理由の一つですが、何より、レトロな路面電車に揺られながら札幌の街並みを車窓から眺めることがき札幌に旅行に来ていることを実感できるということです。また、最寄り駅である「ロープウェイ入口駅」からは15分間隔で運行しているシャトルバスを利用できるのでアクセスも簡単です。

新日本三大夜景の藻岩山からの夜景

札幌の夜景を見る時の定番の観光地といえば藻岩山です。標高531メートルの頂上からは札幌の街並みを一望できます。その眺めは新三大夜景に数えられるにふさわしい絶景です。頂上へはゴンドラとケーブルカーを乗り継いで行くことが可能で、上がっていくにつれて景色が段々と開けていきワクワクとした気持ちにさせてくれます! 利用料金:大人:1700円.小人(小学生以下):850円

夏季営業 :10:30~22:00(上り最終21:30) 冬季営業 :11:00~22:00(上り最終21:30) 整備休業期間:11/21~11/30

札幌の観光名所 もいわ山ロープウェイ

札幌観光で無料で夜景を楽しむモデルコースをご紹介

大通公園(18:30発)→徒歩3分→大通駅→地下鉄5分→円山公園駅→バス11分→旭山公園前駅→徒歩10分→旭山記念公園展望台(19:00着) 「藻岩山からの夜景も見たい!けどロープウェイはちょっと高いかも」という人向けに無料で札幌の夜景を楽しめるルートです。

無料で夜景をみたいならココ!旭山記念公園!

旭山記念公園は藻岩山のすぐそばにあります。札幌の町が見渡せる展望台は標高137.5mに位置し藻岩山と比べると低いですが無料とは思えないくらい十分綺麗な夜景が楽しめます!旭山記念公園の前にはバスの停留所もありアクセスも簡単でおすすめです!

札幌観光で温泉を楽しむモデルコースをご紹介

札幌駅(10:00発)→バス約1時間→定山渓温泉(11:00着)でランチビュッフェや温泉を満喫→定山渓温泉(16:50発)バスで約1時間→札幌(18:00着) 定山渓温泉は札幌駅からバスで1時間弱つくことができ、一日あれば簡単に往復ができますので日帰りで温泉を楽しむむモデルコースをご紹介しました。ですが定山渓温泉にはたくさんのホテル・旅館がありますので時間のある方であれば是非一泊してみてください!

時間のある札幌観光なら定山渓温泉へ!

定山渓温泉にはホテル・旅館がたくさんあり、そのほとんどが日帰り入浴が可能です。一日でいろんな温泉に入って比べてみるというのも贅沢で楽しいと思います!中にはランチビュッフェも利用できるところもあり、入浴はとセットでお得な値段で楽しむことができます。

日帰り湯・エステ | 定山渓温泉の観光ナビ「定山渓観光協会公式サイト」札幌の湯の杜 定山渓温泉の湯、食、遊びを目一杯楽しむためのガイド。お得な最新情報からイベント情報が満載!
日帰り湯・エステ |

札幌の奥座敷「定山渓温泉」一番のおすすめはココ!

源泉かけ流しの露天風呂が人気の「豊平峡温泉」

定山渓温泉の温泉街からも一歩足を延ばしたところに「豊平峡温泉」はあります。自然に囲まれた源泉かけ流しの露天風呂は静かでゆっくりとしたひと時を過ごせます。また館内にはインドカレーが食べることができ、美味しいと評判です。訪れた際は食べてみてください。豊平峡温泉近くにある「豊平峡ダム」は紅葉の名所で、ここも人気の観光地の一つです。定山渓温泉に来た際は観光ルートに加えてみてください!

やわらぎの里 豊平峡温泉 公式ホームページ
北海道定山渓の秘湯「やわらぎの里 豊平峡温泉」の公式ホームページです

おすすめの札幌観光まとめ

定番の観光地から定番以外まで一日で周るモデルコースを交えながら紹介しました。札幌には紹介した以外にもたくさんの観光地・おいしいグルメがあります。楽しみ方は無限大にあるので今回紹介したモデルコースを参考にあなただけの楽しみ方を見つけてみてください!

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【ラグゼ】2022年のフィッシングギアも激アツ!便利グッズが目白押しだ!

★がまかつラグゼ アパレル・ギア一覧★ https://luxxe.jp/products?fishing=&p_category=apparel&s=&submit=SEARCH ※画像出典元 ★...

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...