沖縄行くならビオスの丘!こんなに楽しめる人気スポットを知らないの?

沖縄行くならビオスの丘!こんなに楽しめる人気スポットを知らないの?

今回は沖縄の「ビオスの丘」をご紹介!沖縄といえば美しくきらめく海、美ら海水族館や首里城などの観光旅行が人気です。ですが「山も素晴らしいですよ」と、お伝えしたい。世界遺産登録間近の山原の山に連なる亜熱帯の森。その大自然の中にあるビオスの丘で沖縄を満喫しましょう!

記事の目次

  1. 1.ビオスの丘のとはどんなところ?
  2. 2.ビオスの丘の場所
  3. 3.ビオスの丘の園内施設情報
  4. 4.ビオスの丘で楽しむアクティビティ
  5. 5.ビオスの丘での楽しむスポーツ
  6. 6.ビオスの丘で見られる植物
  7. 7.ビオスの丘で見られる花
  8. 8.ビオスの丘で見られる生き物
  9. 9.ビオスの丘で見られる動物
  10. 10.ビオスの丘のツアー
  11. 11.ビオスの丘の文化体験
  12. 12.ビオスの丘でランチ
  13. 13.ビオスの丘でのお土産
  14. 14.ビオスの丘の周辺施設
  15. 15.ビオスの丘の良さのまとめ

ビオスの丘のとはどんなところ?

ビオスの丘のとは

ビオスの丘とは、沖縄本島の真ん中、沖縄県うるま市の山頂付近の通称、石川高原と呼ばれる丘の上にある、約7万5千坪の広大な敷地内に沖縄の亜熱帯植物が生い茂る巨大な植物園です。湖畔を擁した亜熱帯の原生林と湖畔では各種のスポーツや鑑賞が出来るアクテビティゾーンなどがあります。 ファミリーでの行楽、動植物鑑賞、スポーツ他のアクティビティ、ヒーリングなどが一挙に楽しめます。園内には水上、陸上でガイド付きの遊覧鑑賞ツアーがあり、乗り物に揺られながら沖縄の知識を楽しく学べ、家族で行く沖縄旅行などで、口コミで好評が広まっています。

ビオスの丘の場所

場所(アクセスは)レンタカーで行く場合

場所は沖縄本島のほぼ真ん中です。「住所:沖縄県うるま市石川嘉手刈961-1935」 アクセスは沖縄空港から高速道路に乗って約50分、石川インターを降り石川バイパス(国道329号線)に出て沖縄市方面へ。伊波交差点で右折して県道6号線に入り、案内板に沿って進みます。石川インターより約10分、空港から約1時間の場所に立地していて、沖縄本島の旅行では、どこからでもアクセスが楽なのも嬉しいです。

場所(アクセスは)公共機関車両で行く場合

那覇バスターミナルから(ゆいレール旭橋駅から徒歩3分の場所)より、20番、120番いずれかのバスに乗り約70分。バス停「中泊」下車し、中泊からタクシーに乗って10分の場所です。 各観光地からの所要時間「首里城」「国際通り」より車で50分。「美ら海水族館」「古宇利島」より車で約1時間の場所です。

入場料、所要時間

入場料は大人900円、小人500円 ※20名以上の団体料金の設定もあります。オプションツアーの利用料金は別途です。 園内の見学の所要時間は1時間~2時間 ※(沖縄観光チャンネルより抜粋、最小の所要時間)植物や花々が好きな人には1日掛かります。 定休日は無く、年中無休です!旅行中、雨天時などに思い立った時、気軽に行けるのも嬉しいです。営業時間は9:00~18:00(入場は17:00まで)

ビオスの丘の園内施設情報

園内施設情報・散策通路

園内通路は全長2㎞あり全て散策コースになっていて、勾配も無いのでゆっくりと植物や昆虫を観察できます。ですので園内全てを見て廻った場合は所要時間、3時間は必要です。 コースの途中には川のせせらぎを眺めたり、ランが咲き乱れる通路や、シダやヤシのジャングルなどのコースもあり、全て見て廻る事もお勧めします。 コースの3分の1は湖畔や池やせせらぎがあり、ヒーリングに最適です。道中に広場が各所点在し、ハンモックや木製のベットなどもあってゆっくり休憩する事が出来てリラックス出来ます。またコースに隣接する飲食店は適所に3件あり、軽食やランチも安心して楽しめます。

園内施設情報・広場、軽食店

園内には順路に従って進むと大きな中央広場があり、手前左側と奥左側に茶屋があり、手前左側は「おもろ茶屋」で沖縄そばやブルーシールのアイスがあります。奥側は「東村屋」といって軽食や沖縄ぜんざいがあり、どちらもランチを楽しめます。 中央広場は「遊御庭=あしびなー」といって学校のグラウンド位の広さで、綺麗な芝生が整備され芝生の上でピクニックが出来ます。子供を連れてのご旅行で一息という時には最適な広場で、広場右側には手作りの大型アスレチックがあり、奥にはヤギがいて子供たちは思きり遊ぶ事が出来ます。その他も子供が喜ぶ大きなブランコや、機関車と水牛者の遊覧乗り口も「遊御庭=あしびなー」から発着しています。

園内施設情報・湖

園内には3つの池や湖があり、中央広場「あしびなー」を左に進むと湖畔んの船着き場「綾船場=あやふにば」に着きます。ここは湖の遊覧船の発着場所となっていて、小さな喫茶店もありオシャレです。遊覧船、カヌー、スタンドアップパドルが入場料金とは別途で楽しめます。

園内施設情報・ガーデンセンター、生産農場

「生産農場」ではパパイヤやパッションフルーツなどの熱帯フルーツを生産しています。農場見学や、体験、収穫が出来、ここへ行くのには電動機関車の「巡車=みぐいぐるま」で大人も子供も乗車して楽しく行きます。「ガーデンセンター」は出口にあり、温室内に様々な南国の蘭が咲き乱れ、展示即売をしています。蘭の綺麗な店内で軽食も出来、お土産品店、革細工などのおもちゃ造り体験、琉球衣装を着て撮影もここで出来ます。

ビオスの丘で楽しむアクティビティ

園内散策

園内の通路は全て整備されていて、全てが熱帯、亜熱帯の植物園となっています。散策路では沖縄でしか見れない植物、昆虫、小動物がいて、好きな人や子供の教育、または旅行の思い出作りに最適です。沖縄限定の固有種の植物と熱帯特有のハイビスカスや蘭が咲き乱れて、写真が好きな人達にも、とても人気があります。何より、熱帯植物に覆われた散策路は沖縄旅行に来た充実感、「沖縄に来た感」が満点と口コミで噂され、大好評です!

熱帯農場体験

農場では肥料やりや、収穫(時期による)の体験農業が出来ます。熱帯の大きなパパイヤや、真っ赤なパッションフルーツを見た子供たちは大興奮です。イチゴやトマトもあるので時期を外しても楽しめます。 農場の横にはヤギやブタの養畜場があり、餌やり体験も出来ます。

おもちゃ造り他の体験物

ガーデンセンターでは沖縄に自生するクバという椰子の木の葉でストラップやコースター作りなどの体験が出来ます。革細工での工作体験もあり、どちらも子供に大人気でリピートする子供もいると聞きます。 また家族におすすめなのが琉球王朝の衣装に着替え撮影する「琉装撮影」です。ランと椰子を背景に、美しい琉球衣装を着ての撮影は、沖縄旅行の思い出深い1枚になる事は間違いありません!

乗り物系

ビオスの丘では3種類の乗り物に乗って周遊出来、それぞれ大人気です。1つ目は電気機関車の「巡車=みぐいぐるま」大人も子供も乗車出来て、運転手さんの沖縄や植物などのガイドが嬉しく、園内の緑のカーテン道をゆっくりと駆けます。 2つ目は沖縄ではお馴染みの「水牛車」です。牛の歩く速度でゆっくりと綺麗な園内を、とてもスローなでリラックス出来る世界へ導いてくれます。ガイドさんの歌も好評です。 3つ目は湖を周遊する、「湖水鑑賞船」です。園内の湖を一周するツアーですが、ジャングルクルーズといった趣、表現が最適です。ここでもガイドさんが一生懸命植物や沖縄の事を説明してくれて、異空間を味わう事が出来、子供の笑顔溢れるクルーズが約束されます!

ビオスの丘での楽しむスポーツ

カヌー、スタンドアップパドル

湖ではカヌーとスタンドアップパドルが楽しめます。カヌーは大人二人で乗れるもので、スタンドアップパドルは中学生から1人1台です。波や風の影響のない湖畔でのカヤック、パドルはスムーズで、漕ぐたびにそよぐ風が心地よいです。湖上では安心して練習可能で、ギンヤンマや沖縄でしか見れないウチワヤンマなども鑑賞できます。 海でのシーカヤックやパドルをツアー体験する前に、この湖で練習してからの順番でチャレンジがおすすめです。海は風や波があり、慣れるまで時間を要し、慣れたころ終わり!?という事もありますので、ここでの練習からの海のツアーをおすすめします。

ビオスの丘で見られる植物

亜熱帯の樹木

全部は残念ながら紹介不可能ですので、代表的な物をご紹介します。「コバテイシ」「オキナワキョウチクトウ」駐車場で木陰を作っている広葉樹です。オキナワキョウチクトウはプラムの様な実を付けます。散策路での植物は「アダン」タコの足の様な根っこでパイナップルの様な実を付けます。「ガジュマル」枝を横に伸ばす大木で、枝から地中に根を下ろします。また意外とも思えると思いますが、松が多く「リュウキュウマツ」チャンプルーの沖縄をここでも見れます。その他も色々な木がありますが、樹種が多いのも亜熱帯の沖縄の特徴ですので、色々と見て、「沖縄感」を高める事をおすすめします。

観葉植物

「ヒカゲヘゴ」椰子の様なシダ植物で、恐竜がいたジュラ紀を想い起させます。「モンステラ」「ポトス」両方とも気に寄生するツルの植物で、モンステラは綺麗な葉の形が顕著で、ポトスは緑と黄色の彩画が鮮やかです。「ハブカズラ」というモンステラに似たツル系植物がありますが、「ハブ」と名乗るだけあって、鋭角な葉が印象的です。「ヤエヤマヤシ」世界で石垣、西表島にしか自生していない椰子で、ここでは植樹として見られます。まだまだ、魅力的な植物は多く、皆さんの目で是非ご確認下さい!

ビオスの丘で見られる花

熱帯の花から季節の花

蘭の花が多く、散策路には蘭のカーテンがあって、「天国の様な雰囲気」を演出していて、広場には蘭のツリーがあり圧巻です。沖縄自生のランもあり、洋蘭の様に華やかで大きくありませんが、慎ましく優しく咲いています。代表的な物は「ナゴラン」「カクチョウラン」です。 また南国ではお馴染みのブーゲンビリア、ハイビスカスは至る所に植樹され、咲き誇って南国ムードを盛り上げます。池にはハスが一面に自生し、シーズンには咲き乱れます。季節では寒緋桜やデイゴの花も見れます。ガーデンセンターでは蘭の展示即売をしており、お値打ちで販売していますので、要チェックです!

ビオスの丘で見られる生き物

天然の昆虫や小動物

いつ行っても花が咲き乱れ暖かいビオスの丘では、沖縄本島で見られる蝶の57種類のうち51種類が確認される「蝶の楽園」です。また池や湖畔の周りではトンボも30種類が確認され、子供たちの思い出に印象深く残ります! 沖縄でしか見れないリュウキュウキノボリトカゲや、美しい赤い鳥のアカショウビンも普通に見られ、亜熱帯の大自然の中で、癒しの旅行も実感できるヒーリングゾーンとしても大変おすすめです。

ビオスの丘で見られる動物

飼育されている動物

中央広場(あしびなー)周辺にはニワトリが放し飼いにされ、人慣れしていて、ひょこひょこと歩き回っています。あしびなー奥側では子ヤギがいます。犬位の大きさの人懐っこいヤギで、遠くから見ていると「めえ~」と鳴いて子供たちを誘います。囲われていないので、一緒に触れ合え、餌やりや写真撮影をしたりと人気です。 水牛は案内用に飼育されているのですが、あしびなー周辺の牛舎に常に待機していてのんびりと草を食べていて、家族で写真を撮ったりする事が出来ます。黒豚も飼育しており、時折スタッフが散歩するので、その時は子供たちの人気者となっていて触れ合っています。 全ての動物たちがのんびりとしていて、スローライフのビオスの丘を演出しています。

ビオスの丘のツアー

湖水鑑賞船(ジャングルクルーズツアー)

湖畔を屋根付きの鑑賞船(定員、最大40名)で湖畔を1kmでクルーズします。ガイドさんの説明で湖畔の植物などを楽しく鑑賞できます。所要時間は25分。ツアー料金は大人1名800円、小人500円(4歳未満無料)入場料+乗船ツアーセットで料金は大人1600円、小人900円とお得となっています。(※ 入場料 大人900円 小人500円)

水牛車(園内散策ツアー)

園内の広々としたあしびなーから緑のカーテンの散策路を、ゆっくりとガイドさんの案内で時間を忘れて楽しめます。所要時間は20~25分 ツアー料金は大人900円 小人(4歳~小学生)600円(※入場料別途)

カヌーツアー

カヌーツアーはガイド付きと、貸しカヌーがあります。貸しカヌーは大人1500円、小人800円です。年齢制限は4歳以上、所要時間は30分です。(※入場料別途) ガイド(案内人付き)カヌーツアーは入場口から入場料金とセットで選択出来ます。入り口からガイドが案内してくれて、湖畔まで案内してくれて、安全に留意しレクチャーを受けます。初心者にはお勧めのツアーです。料金は入場料金とセットで3000円(中学生以上のみ対象)所要時間は90分です。 さらにガイドの解説付きツアーもあり、こちらも入場料とセットで大人6000円、小人4000円です。沖縄の様々な自然をカヌー上で学びながら鑑賞できます。旅行に深みが増す事請け合いです。

平舟(ひらぶに=スタンドアップパドルツアー)

湖畔では平船=ひらぶにと呼ばれるスタンドアップパドルの体験ツアーもあります。鏡の様な水面をまるで歩いているような感覚が得れると好評です。ツアー料金は3000円 年齢制限は中学生以上です。所要時間は45分(※入場料金別途)旅行中でこれから、海のスタンドアップパドルに挑戦という初心者には是非おすすめです!

ビオスの丘の文化体験

沖縄文化の体験

「簡単革細工」キーホルダー写真立てなどの革細工作りです。料金は材料費込みで1080円(※入場料金別途)10:00~17:00  「おもちゃ作り」昔から伝わる沖縄のおもちゃ作りです。 料金は材料費込みで540円(※入場料金別途)10:00~17:00 「ビオスの塗り絵」ビオスの丘で見た動植物の塗り絵です。料金は台紙等込みで108円(※入場料金別途)10:00~17:00 沖縄旅行を形に残すの事は、帰ってからの日常生活のふとした時に見た時に思い出が蘇ります。御家族で是非ご参加下さい。

その他の体験

「農業体験」巡車(みぐいぐるま)に乗って農場へ行き、農場見学や時期によっては収穫や肥料やりの体験が出来ます。料金は大人600円、小人400円です。所要時間30分 (※入場料金別途) 「お手軽琉装写真」ガーデンセンター の中で綺麗な蘭などの花々を背景に 立派な琉球衣装を着て記念写真撮影が出来ます。料金は1080円 所要時間は15分~受付はガーデンセンター内の西町屋(いりまちや)(※入場料金別途)

ビオスの丘でランチ

おもろ茶屋でランチ

おもろ茶屋ではランチのみの営業ですがメニュー豊富です。沖縄では定番の「沖縄そば・ソーキそば」はさっぱりしてコクがあるスープが口コミでも評判です。 ここでは2つの珍しいメニューがあり、口コミで流行っており地元の家族に人気で、穴場のソウルフードとして話題です。それは「イカ墨汁定食」と「タコそば」イカ墨汁はイカ墨とイカの身や、野菜がたっぷり入ったそばだしのスープです。具が沢山あり、おかずとしても満足です。(※時期によって無い場合あり) タコそばは沖縄そばの上にタコスがのっていて、そばの素朴な味にエスニックな刺激的な味が混ざり、沖縄のチャンプルー料理のさらに上を行く料理!と口コミで静かなブームとなっています。

東村屋(あがりむらや)でランチ

東村屋では、洋食やタコライスを主にに取り扱っていています。メニューはタコライス、パスタ、ハンバーグなど、どれも評判が良、賑わっています。また、テラス席でも食事が可能で、大自然の中で食事が楽しめる事も、口コミで人気が広がっています。 パンケーキなどのスイーツや沖縄では大人気の「沖縄ぜんざい」も取り扱っていて、地元の人達も、口コミで高い支持を得ていて、タコライス、沖縄ぜんざいなどの「ロコフード」を食べたい人には是非おすすめです。

ビオスの丘でのお土産

独特のお土産

お土産は「ガーデンセンター」内と、船着き場の「かしぬちや」でお求め出来ます。Tシャツやお菓子なども豊富ですが、ここでしかない、独特なお土産も豊富で、口コミなどで評判になっています。小さな鉢植えのランや、かしぬちでの木や皮製品のオリジナルのお土産や、ビオスの丘に棲む黒豚やヤギの可愛いぬいぐるみなど、オリジナルで独特なお土産が豊富で、ここにしかない物が中心に人気が高まっています。

ビオスの丘の周辺施設

ビオスの丘の周辺施設 ビーチ

ビオスの丘を恩納村方面に下ると、一大観光地のムーンビーチ周辺にたどり着きます。この周辺にはムーンビーチ、や他のビーチもがあり、美しい海で海水浴が楽しめます。ムーンビーチは有料ですが、レンタルやツアーが充実しているので、水着だけ用意すればシュノーケリングなどのマリンスポーツが楽しめます。 周辺には飲食店、アロマ店、ガラス工房やサーフショップ(マリンスポーツ店)もあり、ランチ、買い物、体験アクティビティに溢れています。

ビオスの丘の周辺施設 お土産物などの買い物

ビオスの丘から恩納村方面に下って北側は一流ホテルが点在する観光地になっていて、その周辺の旧国道58号線沿いはミニ国際通りの様に賑わっています。路地裏まで、お店があり口コミで訪れるお客さんも多いです。お土産屋さんは旧国道沿いに多く、ガラス工房店や貝専門店、またムービーチ周辺の漁港には海ぶどうの直売店もあって、どのお店も口コミなどで評判が高く賑わってます。旅行の合間に立ち寄る事をおすすめします。

ビオスの丘の周辺施設 ランチなどの飲食店

時間を忘れてゆったり出来るビオスの丘ですが、海からも遠くなく、ビーチサイドで海を眺めながらランチも、少し足を延ばせば可能です。「ムーンビーチホテル」はビオスの丘から15分位の立地で、テラスやオーシャンビューの店内でランチを楽しめます。その料理は多種ありますが非常に評判が良いと口コミで伝えられ、お客さんが絶えません。 ホテル周辺にも美味しい飲食店が多く、駐車場に車を止めて歩いてランチのお店を探すのも楽しくお勧めです。ランチ他、帰り道での夕食も、口コミでの人気店が軒を連ねているので、ホテル周辺はおすすめの飲食スポットです。

ビオスの丘の良さのまとめ

知らないのも、行かないのも勿体ない!

沖縄旅行では、海を主体としたプランで組む事が多いと、口コミやレビューなどで目にします。ですが残念な事に東京やハワイの様に、晴れて安定した天気は沖縄では少なく、ホテルやドライブなどで残念な思いをする事もあると思います。 ビオスの丘なら、雨でも緑や花々が美しく、人気の船上クルーズや水牛車が楽しめます。亜熱帯の沖縄では本土とは明らかに違う動植物がいて、ここでは簡単に目の当たりにできます。また、ガイドもお願いすればさらに深く楽しめます。 沖縄旅行を色濃いものにする事、または日常を忘れゆっくりする事、更には家族皆で体験を通して楽しむ事。そのどれをとっても最適です。皆さんの沖縄旅行がこのWebで少しでもお役立ち出来ましたら幸いです。良い沖縄旅行を!

予約や口コミチェックはこちらから!

ビオスの丘の予約や口コミを確認したい方はこちらのサイトがおすすめです。

ビオスの丘の予約・口コミはこちら!

adanokinawa83
ライター

adanokinawa83

よろしくお願い致します。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking