検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

コールマン・ツーリングドームLXで冬キャンプはできる?防寒対策のポイントも!

コールマンから発売されているロングセラーモデルの人気テント「ツーリングドームLX」にはスカートがありません。しかし、工夫すると冬でも使えるテントです。今回はどのようにすればツーリングドームLXで冬キャンプが楽しめるか紹介しますね。
2022年10月17日
揚げ餅

目次

ツーリングドームLXは使い勝手のいいテント

コールマンの人気テント

テントは、ソロキャンプやファミリーキャンプ、オートキャンプやツーリングキャンプのようにキャンプのスタイルで大きさや構造が変わってきます。コールマンが発売するツーリングドームLXはツーリングでも積載しやすいようにコンパクトに収納でき、インナーは2人でゆったり使えるテントです。


ツーリングドームLXを紹介

ツーリングドームLX

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

本品はコールマンのロングセラーのテントとなっており、ゆとりのあるサイズ感だけではなく生地の厚みや耐水圧、居住性の高さも評価されています。バイクに積載するために作られているため収納サイズは、49×21cmしかなく2人から3人用テントととして考えるとコンパクトです。

現行モデルはコットンのような風合いをもつ落ち着いたグリーンカラーを採用しています。

ツーリングドームLXの魅力

ツーリングドームLXはツーリング向きのテントですが、荷物をおいたり机をおいたりできる広い前室があります。また、フライシートを跳ね上げることもできタープを使わなくても快適なスペースが作れる構造です。

バイクで持ち運ぶことを前提としたテントのため、一人でも設営できるようにポールポケット式になっている点もポイントです。ポールを通していくだけで簡単に設営できます。


冬キャンプで使うには

冬には向いていない

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ツーリングドームLXはスカートが付いていないためフライシートと地面の間に隙間ができます。そのため、風が入り込みやすくスカート付きのテントと比べると冬にはあまり向いていません。

ただし、インナー自体はフルメッシュではなく化繊の通常のインナーを採用しているため冬キャンプができないといわけではありません。暖かい寝袋やフロアをマットやラグをいくつも使い冷気を遮断すると冬キャンプでも活用できます。

前室で過ごす場合は寒い


インナーは出入り口をメッシュにせず閉めておくと風の吹き込みが軽減されますが、前室でくつろぐ場合は隙間風が入ってくるためそのままでは寒くなります。そのため、フライシートに自作のスカートを取り付ける風対策を施すと冬キャンプでも前室を活用できます。

自作のスカートの作り方は、ブルーシートを使い磁石で固定する方法や面ファスナーで固定する方法などさまざまな方法があるため、作りやすいやり方を選ぶといいでしょう。

暖房器具で快適に

構造自体は冬キャンプに向いていませんが、高さが低めで2人でゆったりサイズのため暖房器具との相性がいいテントです。出力が小さめのセラミックファンヒーターやガスストーブでも暖かくなるため、暖房器具と併用しましょう。

快適に過ごすためのおすすめアイテム2選

マイ暖

マイ暖

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

バイクでも簡単に積載できるコンパクトなテントのため出力の低い暖房器具でもよく暖まります。そのため、本品のようなカセットガスを燃料にするストーブがあるだけでもツーリングドームLXで冬キャンプが楽しめます。

本品は、消え安全装置、転倒時消火装置、圧力感知安全装置の3つの安全装置がありテントの付近でも使いやすいアイテムです。暖房器具を使うときは自己責任で導入しましょう。

セラミックヒーター ミニタイプ

セラミックヒーター ミニタイプ

出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

セラミックファンヒーターは電源付きサイトを利用する必要がありますが、その分一酸化炭素が発生しないためテント内でも使いやすい暖房器具です。コンパクトなモデルが多くツーリングドームLXでも導入しやすいためおすすめです。

本品はロータリスイッチ式で無段階調節でき、細かい温度調整が可能なモデルとなっており重量も1.5kgしかないため運搬しやすいアイテム。冬キャンプは暖房器具を使うことで快適に過ごせます。

冬キャンプの注意点

焚き火の火の粉に注意

ウィンドスクリーン FIELDOOR

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

ツーリングドームLXの素材は化学繊維のため、火の粉がテントに触れると簡単に穴があいてしまいます。そのため、焚き火台のレイアウトに注意してテントの近くで焚火をしないように注意しましょう。

冬キャンプは焚き火で暖を取ることが多いため、どうしてもテントの近くで焚き火をしたい場合はTC素材の幕を使って、風の吹込みを抑えるなどの工夫をすることで穴の開く確率が下がります。

 

一酸化炭素に注意

テント内でガスストーブや石油ストーブなどの燃料を使用して暖かくなるストーブは酸素を消費します。ツーリングドームLXに限らず、テント内は比較的密閉空間に近いためテント内でガスストーブや石油ストーブを使うと酸欠する恐れがあります。

酸欠になると人体に有毒な一酸化炭素が発生するため、風通しをよくして自己責任でストーブを取り扱いましょう。一酸化炭素は無色透明のため、センサーを用意しておいたほうが安全です。

工夫するとより使いやすくなる人気テント

Photo byYassine_Noamani

ツーリングドームLXはロングセラーの人気テント。そのまま使うと春~秋でも使いやすく自作のスカートや暖房器具をうまく活用すると冬キャンプでも使いやすくなります。設営も収納も簡単で比較的リーズナブルなため初心者のテントとしてもおすすめです。

ツーリングドームLXにはグリーンカラーの通常モデルの他に、遮光率の高いシルバーの特殊なモデルもあるため色味や機能などを比較して選ぶといいでしょう。

ツーリング用のテントが気になる方はこちらもチェック

ツーリングは積載能力が車よりも少ないため収納サイズがコンパクトなテントが必要です。そのためさまざまなブランドから小型テントが発売されています。当サイトにも小型テントに関するさまざまな記事があるためよかったらチェックしてくださいね。