検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022年最新】ゼインアーツ注目の新作ギア4つ!各商品の魅力ポイントをご紹介!

新進気鋭ブランド「ゼインアーツ」が2022年の新作ブランドを発売。大型ツールームシェルター(2ルームテント)やLEDランタンなどのゼインアーツの新作ギアを4種類紹介します。また、ゼインアーツがどんなブランドなのかも合わせて紹介します。
2022年9月18日
揚げ餅

目次

ゼインアーツとは

2018年にできた新しいブランド

ゼインアーツは、2018年に登場した非常に新しい日本のアウトドアブランド。代表の小杉敬氏は元スノーピークの企画や開発を担当しており、そのノウハウを生かしたアイテムを生産しています。初期ロットが発売後すぐに売りきれた実績もあり、これからが楽しみな新進気鋭の大注目のブランドです。

なお、今回紹介するゼインアーツの2022年の新作ギアの発売日や販売方法などの情報は同年の9月16日時点のものとなります。


ゼインアーツの新作ギアの販売状況について

ゼインアーツのアイテムはゼクーなどの人気アイテムを含め、Amazonや楽天などのECサイトやA&Fカントリーなどのアウトドアショップでも購入可能です。また、今回紹介するゼインアーツのアイテムの発売日はすべて2022年7月頃となっており、現在はすべて発売されています。

そのため、店頭によっては抽選販売になっていたり売り切れている可能性もあります。詳しくは下記のゼインアーツの公式HPで取扱店を確認してください。

ゼインアーツ取扱店
ゼインアーツの製品を取り扱っているショップの一覧です

どんなギアが注目されているのか

初期ロットがすぐに売り切れたゼクー


クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ゼインアーツは起業してわずか4年という非常にフレッシュなブランドですが、同年に発売したシェルターのゼクーシリーズはデザイン性や機能性の高さなどが支持されています。

ゼクーは後述する新作のロロと異なり、インナーが別売になっているシェルターです。サイズはMとLがありリビングシートが付属しており土間にしたり、シングルウォールのワンポールテントとしても活用できます。

オキトマとは

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

オキトマは1~2人用の小型テントです。完全自立式で吊り下げ式インナーを採用しているためシェルターとしても活用できるためさまざまなスタイルで利用できます。小杉氏のデザインが光る形状をしており2ルームテントのように使用できます。本品も2022年9月時点で売り切れが多く入手が難しいテントです。


新作テント・ランタン2種を紹介

1:ロロ

ロロはゼインアーツの2022年に発売した新作の2ルームシェルターです。シェルターやテントは大型になるほど設営手順が複雑化したり、設営時間がかかるようになりますが、本品はワンポール構造と独自のフレームワークにより設営が簡単になるように作られています。

ゼインアーツではロロを2ルームシェルターと呼称していますが、4-~5人用インナーテントが標準装備しているため2ルームテントと使い勝手は変わりません。

通気性が高い

ロロの前室には、一般的な2ルームテントと同じように大型のメッシュパネルがあり、フルクローズ、オープンが可能です。また、インナーも出入り口だけではなく背面にメッシュ窓、左右からも出入りできるようになっており荷物を出し入れするとき便利で、風通しを確保するときにも活用できます。

フロント部分は雨の日でも開けられるようにひさしがついている独自の形状も大きなポイント。雨の入り込みを軽減してくれる作りです。

ロロの発売日は7月下旬

前述したようにゼインアーツの2022年の新作アイテムの発売日は7月頃となっておりすでに発売されています。そのため、ECサイトでは売り切れ中になっており現在入手が難しいアイテムの一つです。

2:ジグ

ゼインアーツ ジグ

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

本品は、ゼインアーツの2022年の新作LEDランタンです。使用電池はリチウムイオン電池の18650型です。18650型は単三電池よりも二回りほど大きいサイズとなっており2480mAhの大容量バッテリーを使用しています。

そのため、ソロキャンプでは十分な明るさとなる200ルーメンで7時間も点灯が可能。さらに、光量は4段階に調整でき最長55時間も使用できます。大容量電池ですが充電時間は3.5時間しかありません。

使いやすさに注目

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

小型LEDランタンですが、本品は使いやすいようにさまざまな工夫があります。例えば本体上部には電池残量を指し示すインジケーターがあり、3灯で80%以上、2灯で50%以上となり1灯で20%以上というふうに大まかな残量がわかります。

また、設置部分の中央部分にはU1/4インチネジのねじ切りが施されておりカメラ三脚へのセットも可能。置いたり吊るす以外の使い方もできます。

充電方法

本品はアウトドアでも使いやすい充電方法を採用しており、USBケーブルのtypeCでつなぐだけです。そのため、USBケーブルtypeCに対応しているソーラーパネルやモバイルバッテリーからも充電ができます。

新作カトラリーとタンブラー2種を紹介

1:ルーブシリーズ

ゼインアーツ ルーブ

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

ルーブシリーズはゼインアーツの新作カトラリーのシリーズです。スプーンとフォーク、スプーンとフォークのいいとこ取りをしたルーブスポークのさん種類があります。

注目すべきは金属製でではなく樹脂できたカトラリーとなっておりアルミクッカーやチタンクッカーと一緒に使うと金属がこすれる嫌な音が発生せず、樹脂のためクッカーに傷がつきにくくなります。紹介しているモデルは、3点セットになっていますが1種類ずつ購入可能です。

形状にも注目

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

本品はスプーンのカップ深さやフォークのピック断面など細かくこだわって作られている新作のカトラリー。口当たりのいい形になっていたり、滑りやすい食べ物がエッジに引っ掛かりやすくなっています。

また、スタッキングできるため携帯しやすい点も大きな特徴です。樹脂のため軽く、スタッキングできるためキャンプだけではなく登山でも使いやすいモデルです。材質はポリプロピレンとなっており耐熱温度100℃のため暖かい料理でも使えます。

ショップ限定カラーも

カラー違いがあるところも本品のポイントです。ゼインアーツのHPで紹介されている新作カトラリーの色はブラック系統ですが、上記で紹介しているようにA&Fやオレンジなどのアウトドアショップ限定カラーなどもあります。

2:スタッキングタンブラー

スタッキングタンブラー

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

ゼインアーツの新作として7月上旬頃に発売されたシンプルなタンブラー。発売日から時間が経っていますが、ショップによっては売り切れに状態になっています。カラーはブラックとシルバーの2種類で展開されており、シンプルなタンブラーですが、スタッキングできるため運搬しやすい点が特徴です。

カトラリーと同様に形状にもこだわりがあり、日本人の小さい手に馴染むちょうどいい大きさになっています。

アウトドアでもインドアでも使いやすい

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ゼインアーツの新作のタンブラーは持ちやすいだけではなく、真空断熱構造になっており、冷たい飲み物が気温の影響で温まりにくくなっており、反対に温かい飲み物は冷めにくくなっています。夏季は氷が溶けにくいため飲み物が薄くなりにくくアウトドアでも室内でも使いやすいモデルです。

また、本品の内側は角がないデザインとなっておりかき混ぜやすいのもポイント。砂糖が素早く溶かせます。

こだわりの底部

本品は底全体が重ならないように作られており、重ねても汚れが移りにくくなっています。コンソメスープやブイヨンなどの油の多い飲料を飲んだ後でもスタッキングして洗い場まで持ち運べるようになっており汚れが広がらないため手入れしやすいところも大きな魅力です。

ゼインアーツは大注目のブランド

Photo byMaria1968

ゼインアーツの製品は起業した当初に発売したゼクーでも入手が難しい状態が続いている大人気ブランド。カトラリーやタンブラーなどの小物でも形状や使い勝手など細部までこだわって作られているところが、ゼインアーツの魅力です。

今回紹介した新作は7月頃に発売していますが、さまざまなストアで売り切れになっているため、販売方法が抽選になる場合も多く購入したい方は取り扱い店やECストアをこまめに確認してみましょう。

 

スノーピークのアイテムが気になる方はこちらもチェック!

ゼインアーツの代表の小杉氏が携わ去っていた人気ブランド「スノーピーク」からは、使いやすく高機能なテントやシェルターなどが豊富に発売されています。初心者から上級者まで使いやすアイテムがたくさんあるためよかったらチェックしてくださいね。